« 妖精さん製作記(8) | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(3) »

2013年6月 2日 (日)

昭和な電話

「電話嫌い」を理由に携帯電話を持たないくせに、黒電話に郷愁を感じたりします。
のんびり回転するダイヤルとか、電子音じゃない生のベルの音とか、懐かしいんですよね。

何年か前、ヤフオクに出ている黒電話に興味を持ったことがありました。
物心ついた頃に初めて我が家に引かれた電話は600形でしたが、どうせ入手するなら「だるま」と呼ばれた一世代前の4号も可愛らしくて良いなーとか。しかし、600形は1,000~2,000円落札できるのもある反面、4号は10,000~18,000円くらいが平均的な落札価格のようで、その時は手が出せませんでした。

ところが、ここ2カ月のヤフオク中毒で「1万円台前半ならありじゃね?」くらいに感覚が麻痺してきました。\(^o^)/
我が家はダイヤル回線のままなので普通に着信も発信できるし、停電してても使えるので携帯電話を所持しない我が家には防災面を考えても有用だし等々、軟膏のように理屈をつけまくった結果...Tel 黒電話 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
11,500円+送料750円+振込手数料100円=12,350円でゲット。
状態が良いのと人気が高い電電公社のマーク入りなのとで、当初の予算より少々高めでしたが、ちょっとムキになっちゃいました。(^^;)
まぁ、メーカーや仕様などの希少性やオリジナル度合いよっては2万越えになることもある4号としては、ギリギリ許容範囲かと。二個一、三個一が当たり前でパーツ毎にメーカーがバラバラの個体が多い中、すべてのパーツが同じメーカーで揃っているのもポイント高かったです。

Tel_2

なんでしょう。可愛いね。無駄に電話を掛けたくなりますよ。っていうか、ベルの音を聞きたいので掛かってくるのを期待したり。
一つ難点があるとすれば、電話番号を覚えている所にしか掛けられない。orz
今どきの電話機には電話帳機能があるので、覚えている番号なんて、実家と勤務先、数年に一度しか掛けない母方の実家くらいか。(´・ω・`)

今回の入札にあたり黒電話について色々ググっていたら、面白いサイトを見つけました。
なんと、この4号にもカラー電話があったそうです。
600形とか、その後のプッシュホンのカラー電話は記憶に残っていますが、4号の方が色数が多かったというのは驚き。

その他、4号の受話器のコードの変遷とか、600形のA1とA2の違いとか、色々と無駄な知識を仕入れました。おかげでマニアの方が拘るのも少し理解できましたよ。いや、私はこれ以上のめり込む気はありませんけどね。
ただ、“ふらっと”が「私の家にあった電話はもっとシャープだったし、ベルの音も違う」と不満そう。それは600形も買って良いという事ですか?∑(゚∇゚|||)

(byぶらっと)

|

« 妖精さん製作記(8) | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(3) »

コメント

 そうなんですよ、4号電話機は滅多に見ないんですよね。「601A2」は良く見るのに。
 ちなみに「600系」のプッシュは「P601」って言うんですよ。確かカラーは11色近くあった気がします。
 ところで「キひも」は「2S」対応になっていますか?

投稿: ハギハラ | 2013年6月 2日 (日) 22時47分

■ハギハラさん
数が少ないのでヤフオクでは高値で競り合いになりがちですが、それでも常に1~2台は出品されている程度には流通しているようです。
程度とタイミングではもう少し安く落札できることもあるみたいですけどね。

私が入手した個体は、出品者さんによってローゼットを2芯のモジュラージャックに交換され、そこにモジュラーケーブルが接続されていました。
基盤の接続部分からモジュラーケーブルに替えちゃう荒っぽい出品者さんもいますが、それだとちょっと格好悪いんですよね。

投稿: ぶらっと | 2013年6月 3日 (月) 19時21分

うちのおばさんのところはまだ「現役」だよhappy01

投稿: 和紀 | 2013年6月 3日 (月) 22時16分

■和紀さん
ずっと現役という所も多いんですよね。

ちなみに母の実家も4号が現役です。
今は伯母が住んでいますが、そのうち4号同士で電話することがあるかもしれません。

投稿: ぶらっと | 2013年6月 3日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/57511598

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和な電話:

« 妖精さん製作記(8) | トップページ | 作ってみる~夏目貴志(3) »