« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

How to make G.K.(8)

「HowTo」カテゴリでキットを作る8回目、今回は「コラム~パテの話~」を少々。
予定では「2.仮組 (3)軸打ちのリカバリー」ですが、軸打ちのリカバリーだけでなく気泡埋め・パーツの合わせ目の補正・キットの改造・追加パーツ作成など様々な場面で使うパテの話は、手順の中でするよりも後で参照しやすいように切り出しておくことにしました。
この「How To」カテゴリは初めてキットを作る方にも取っ掛かりとして読んでいただけるように書いていますので、「パテを使ったことがある」「自分のお気に入りのパテは決まっている」という方は読み飛ばしてください。

さて、一口に「パテ」と言っても、種類は色々です。
パテには大きく分けて「ポリエステル・パテ(略称:ポリパテ)」/「エポキシ・パテ(略称:エポパテ)」/「ラッカー・パテ(略称:プラパテ)」があります。
他にも光硬化パテとかありますし、追加パーツ(≒原型)を作る素材となるとファンドやスカルピーなど際限がありません。なので、ここではあくまでもガレージキットを組むことを前提に、代表的なポリパテ/エポパテ/プラパテのみ説明とします。

ポリパテは歯磨き粉のようなペーストに、練りカラシのような硬化剤を混ぜて使います。混合比率は歯磨き1回分に練りカラシを耳かき1杯くらい。
とても柔らかいので、少しずつ盛りつけて削りだすような使い方がメインになります。軸打ちのリカバリーや気泡埋めにはポリパテが適しています。
また、パーツ同士の合いが悪い場合の修正をしたり、パーツの表面にモールドを追加したりという時にも便利です。
商品は40g、120g、1kgの3種類あり、量が多いほど割安になりますが、始めは少ないので試してみた方が良いでしょう。

エポパテは2種類の粘土状の材料を混ぜることで硬化します。混合比率は1:1が基本。
粘土のように捏ねて形を作れますので、追加で小物を作ったりするような用途があります。

以上の2種類は化学変化で硬化します。気温や硬化剤の比率等によりますが、混ぜてから30分~1時間で硬化し始め、数時間~半日で完全硬化します。完全硬化してガチガチになると削るのも大変なので柔らかめのうちにざっくり形を出そうと思うなら、1~2時間くらいで削れるようになります。

プラパテは主にキズ埋めやパーツの繋ぎ目を埋めたりする場合に使います。溶剤が揮発することで硬化するので、あまり厚く盛りつけると芯が硬化しませんしヒケが大きくなります。あと、プラモデルに厚盛りするとプラスチックが溶けます。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
ラッカーシンナーで薄めることで筆で塗ったり、もっと薄めればサーフェーサーのようにエアブラシで吹き付けることも可能です。

筆塗りに適した濃度の「溶きパテ」という商品もあります。

仕上げ工程で使うスプレー缶のサーフェーサーというのも、プラパテの一種です。表面を均一にする下地処理剤でグレーが基本ですが、用途に応じて白や最近は黒いものもあるようです。
缶スプレーで吹き付けることでキズや気泡を目立たせて表面処理をしやすくしたり、塗装前に下地を均一にするために使います。

我が家で使っている商品は記事中でamazonのアフェリエイトを貼ったものですが、メーカーや商品によって色や堅さなど様々なので、少しずつ試して自分にあったものを使ってください。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

ごますりすり

ゴマは健康にいいし美味しい。でも、薬味かお浸しくらいで、あまり使わないんだよなぁ~と思っていました。もっと手軽に、ご飯のお供的に食べたい。やっぱり“ごますり器”を買おう!と思いながら月日は流れ・・・。先日、やっと買いました。多分、最初に考えはじめた頃から1年くらい経ってるんじゃないかと。(^^;
Goma さて、買うとなると選ぶ条件が噴出します。「電動はイヤ!」「形がシンプルで小さめ。手入れも楽で」「ミルの部分が金物はイヤ」「出来るだけお安く!」・・・うむ、我ながらあっぱれなワガママっぷり。(笑) でも、探してみるといろいろあるものですね。そんなに需要があることに結構驚いたり。そして買ったのが京セラのセラッミクミル。
とても気に入りました。(◎´∀`)ノ 食卓に置いてもいい大きさだし、セラミックなので金っけがないし、値段も手頃。(^m^*
擂った時の感触が妙にクセになるなぁ~。(笑) 今は炒りゴマを入れていますが、味付きゴマ用にもう一個欲しいくらいです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

妖精さん製作記(11)

いろいろ手抜きだけど、お菓子が完成しました。(笑)
Yousei_san_21 とにかくタミヤさんのスイーツデコ関係のツールには感謝です。いや~助かりました。ε-(^o^; 生クリームが乾くまでにダレちゃって、せっかくのスジが綺麗に出てない箇所があるのは残念ですが、それでもやっぱり手で造型することを考えると十分かと。
なんか思ったより面白かったです。時間が出来たら、もう少しスイーツデコで遊んでみようかという気になりました。
これに妖精さんを配置して確認したいところですが、もう組上がらないのでこのまま行きます。(^^; 沢山の不安を抱えて複製にGo!(いつものことです。orz)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

作ってみる~夏目貴志(5)

かなり手こずりましたが、なんとか及第点って感じ?(^^;
本日の写真は全て拡大します。
Natume_14 よしよし、これで先に進めるぞ!・・・と思ったのですが、本当は見て見ぬふりをしているところがあります。それは・・・。
Natume_15 やっぱり・・・。orz ランセルとベルトのダボ合わせはやり直しをしたんですけど、こっちは気にしつつスルー。このズレは私の軸打ち位置が良くないのかもしれません。腕が奥までちゃんと入っていないとか。それを見直しつつ、まだ隙間があるようならダボ合わせをやり直しましょう。

それはそれとして、残りパーツの磨きです。
Natume_16 ランドセルと一緒にズボンを進めていたので、これはもうすぐ終わり~。足も気泡が少ない感じ~。(^▽^) 微妙に厄介なのがネコさん。小さいのに細かい気泡が一杯です。orz 「でも、小さいから大丈夫」と自分に言い聞かせるのでした。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

もちろんラノベも読むよ!

1冊ずつ感想をblogに書いている本の陰で、ラノベもしっかり読んでいます。Litenobel_3 どれもシリーズとしては既にblogで取り上げていますし、今さら1冊ずつ記事にするほどでもないので、この2~3カ月で読んだ分を纏めて写真を撮ってみました。
ライトノベルっていうだけあって、軽いのでサクサク読めてしまいます。コストパフォーマンス悪すぎですよ。(^^;)

「モラトリアムシアター」はちょっと物足りない感じでした。同じ櫃洗市を舞台としたシリーズに腕貫探偵が出てこない「必然という名の偶然」というのがあるらしいのですが、腕貫さん不在じゃなぁと思って避けてました。が、これも近いものがありますよ。(--;)

そして、5年続いた「俺の妹」が完結したわけですが、落としどころとしてそうなんだろうと思いつつ、リアル妹持ちとしてはまったく納得できない終わり方。そんな兄妹いねーって。\(^o^)/

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ガウディ生誕161周年

今日のGoogleさんはアントニ・ガウディの生誕161周年。Gauds ガウディと言えば一般的にはサグラダ・ファミリアだったり、グエル公園だったり、カサ・ミラだったりすします。私もいつかは行ってみたいと思っています。

が、東京都下にもグエル公園(っぽい所)があるんですよ。(^^;)Horinoouchi_1
八王子市にある京王堀之内。駅前から続く階段が、まさにミニ・グエル公園。
結婚した年に新築された駅前の公団住宅に当選したので、このミニ・グエル公園ができた時から13年ほど、すぐ後ろに見える賃貸住宅に住んでいました。
※今日の写真はすべてクリックで拡大表示します。

「パクリ!」とか悪口が聞こえてきそうですが、ここを通っていた頃は毎日が楽しかったですよ。
今は普通にタイルの階段になってしまいましたが、できた当初は電飾付きの木の階段で夜景も綺麗でした。
Horinoouchi_2 Horinouchi_4
数年で電球は切れるし(この写真もだいぶ切れてきてからのものです)木は腐るしで、耐久性に難ありだったようですが。
工事が入った時は「修繕しているのかな?」とワクワクしていたらタイルになってガッカリでしたよ。orz 今なら球切れしないLEDが使えるんでしょうけど、20年以上前のことだから仕方ないですね。Horinouchi_3 エスカレーターと階段の間は上の噴水から段々になった川になっていて、夏場は一番下の水たまりで子供が水浴びをしたり大きな石に登ったりしていました。
いつの頃からか上の段に上れないように柵ができ、その後は水も流さなくなっていましたが、今はどうなっているのかな?

昼間に撮った写真もあったはずなのですが、あまりに昔のものですぐに出てきません。(><) ネットにはいろいろな方がアップロードした写真があるようなので、昼間の写真はGoogleさんの画像検索からどうぞ。

それにしても懐かしいなぁ。
いざスペインに行ったら思わず笑っちゃいそうなのが恐いです。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

「聖書」入門 読了

正式な書名は「図解とあらすじでよくわかる『聖書』入門」(知恵の森文庫 保坂俊司監修)です。Bible_1
表紙に使われたラファエロの「大公の聖母」や本文の始めの方に掲載されているミケランジェロの「天地創造」から、書名の「図解と~」の部分を「絵画と~」と勝手に誤解してしまい、そういう内容を期待して読んだためガッカリ。(^^;) 聖書に纏わる絵画の紹介は少ししかありませんでした。
地図や見取り図などを多用して旧約/新約聖書のあらすじを解説している内容は謳い文句どおりなんですけどね。

ざっくりと聖書のあらすじを把握できるのは良かったです。
知っている話や何となく聞いたことがある話が多いですが、初めて聞くような話もあったり、コラムで宗派闘争の背景なども解説されていて分かりやすかったりで、読んだ甲斐はありました。

ちょっと前に猪瀬都知事が「イスラムは喧嘩ばかりしている」などと問題発言をしていましたね。
しかし、あらすじで聖書をざっくり把握した限りでは、そもそものユダヤ教の根底が殺戮の歴史じゃないですか!?Σ( ̄ロ ̄lll) 唯一絶対神を信仰するって、つまりは他宗教を一切認められないってことですからね。しかも、旧約聖書の部分を共有するユダヤ・キリスト・イスラムの3宗教は元々同じ神を信じている分、余計にたちが悪いです。そして神のための「聖戦」(注:この言葉はイスラム特有ではありません)は認められてると来ては、そりゃ戦争がなくならない訳です。...なんてことが、何となく分かった気になれる内容です。

この本の前書きやamazonの商品紹介にも書かれていますが、「「聖書」がわかれば、文学や美術や映画がもっと楽しめ、世界情勢や海外ニュースの背景も、理解できるようになる」という意味で、一読してなんとなくでも分かった気になっておくには読む価値はあるんじゃないでしょうか。
読んだ上で宗教についてどう考えるかは、人それぞれでしょうけど。

ただ、あらすじを読むと、そのシーンの有名な絵画が浮かぶものの、絵が載ってないので少々欲求不満でした。
まぁ、その手の本は“ふらっと”の趣味で我が家にはいっぱいあるから、そっちを読めば良いんですけどね。Bible_2_2

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

栞子さん表紙画胸像集

先週、カプセルQフロイライン“ビブリア古書堂の事件手帖”が発売されました。「そのうちガチャ見つけたら1~2回やりたいねぇ~」なんて話していたのに、あっさり1セット買ってしまいました。(^^;
(写真は拡大します。)
Biburia_1
全高5.5cmほどの胸像です。どれもイラストの雰囲気のままに立体化されています。イラストの異様に長い首が上手く処理されているなと感心したり。(笑)

Biburia_2_2 Biburia_3
左が1巻の表紙。あじさいと本の組み合わせが好きです。背中の‘クリスタルの位牌’みたいな物は何だろう?と思ったら、どうも花瓶(?)らしい。(笑) これよりは、もう一羽鳥でも良かったんじゃないだろうか。
右、2巻の表紙は4つの中では、イマイチかな。背中の額縁(?)や本が身体に食い込んでいるようで、全体の印象が窮屈です。
Biburia_4 Biburia_5_2
ゆかたはキャンペーンイラストです。ゆかたと言えばうなじでしょ!って事で、写真は敢えて後ろ姿で。(^^*
最後が3巻の表紙。 髪の毛の流れやマダム風のストールがいい感じです。写真の角度で見ると、ちょっと聖母を思わせます。
ヴィネット風胸像もいいな~と、今後の参考にしたいです。(^m^*

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

富士山さん

世界“文化”遺産の登録おめでとー!
Googleさんも記念ロゴでお祝いしてくれてますね。Fujisan_san 除外を求められていた三保松原も含まれる事になったようで、良かったですね。
まぁ、ぶっちゃけ大して興味ないんですけど。(^^;) 個人的な興味はともかく、富士山さんが世界遺産に認められるのは地域の活性化には喜ばしいことです。

せっかくなので、今年2月の沖縄旅行のときに機内から撮った写真を載せておきます。※写真はクリックで拡大表示します。Fujisan_san4
ところでサクサカーとしては、このニュース報道をテレビで見ていて大きな違和感が。(;´д`)
sakusakuのMC黒幕さんは「富士山さんに敬意を表して敬称を付けて呼ぶべき」と主張しています。どのニュースでも富士山さんを呼び捨てにしているので、どうにも落ち着かないんですよ。\(^o^)/ まぁ、そんなバカなこと言うのはサクサカーだけなんですけど。

世界遺産登録を機に、世間一般でも敬称を付けるようにならないかなぁ。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

BRZ製作記(8)

前回の右側に続き、左側も拡幅が終了しました。Brz8_1 大きくしすぎた右側のライトの修正と、さらなるリア周りの厚みの解消も実施。
リアはマフラーを更に上に1mm上げ、トランクリッドを1mm下げ。たった2mmですが、スケールを考慮すると実車なら20cm分くらい削ぐ勢いでしょうか。
まぁ、こんなコロンとした実車はないですけど。(^^;)
Brz8_2 やっとアウトラインが満足いくものになったのですが、予定ではここまでを5月中に終わらせておくはずだったんですよね。
この後の作業として大きい所だけでも、前後ランプ部分のバキューム型作成と内部の造形、フォグランプ・フロントフェンダーのアウトレット風造形、ミラー・ホイール・リアスポイラーの作成、等々。作業は目白押しですよ。それらを6月頭から1カ月で見積もっていましたが、20日遅れのまま進めると原型完成が7月中旬!? その頃はフィギュアの複製&完成品作成を優先しなければならない時期のため、そこから型取り&複製なんて到底ワンフェスに間に合いません。(><)
Brz8_3 6月末までにどこまでできるか、その進捗度合いによっては今回のワンフェスも諦める決断をしなければならないような。
マンションのゴミ庫の換気扇の老朽化による騒音で、5月に部屋の模様替えを強いられたのが痛かったな。でも、あのまま安眠できない日が続いていたら、造形どころか日常生活に支障を来していただろうから仕方なかったんですけどね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

妖精さん製作記(10)

妖精さんに版権許諾が出ました~。ヽ(´▽`)/
さぁ、本気モードで行きますョ!・・・と、言いつつ停滞中。orz
Yousei_san_20 妖精さんのベースになるお菓子が上手くいかんのですよ。今流行のスイーツデコ。本を借りたり、ネットで調べたり、一応勉強したんですけど・・・。なんでしょう、自分この手のセンスがないっす。可愛くも美味しそうにも見えん。(`◇´*)

しかし、大丈夫!秘密兵器を買いました。生クリームがきっと私を救ってくれる。(笑) そう信じてがんばる。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

コンフェデの各国ポスター

Jリーグが始まった頃は、必死にチケットを取って観戦に行ったものです。しかし、今ではすっかり興味もなく・・・。(^^; でも日本戦くらいは気にしているんですよ。(言い訳)今やってるコンフェデもそれくらいの気持ちで見守っています。(^m^*
Nippon そのコンフェデのポスターがなかなか面白いです。2cnまとめスレにありますので、よろしければご覧ください
スペインのピカソ、イタリアはダ・ヴィンチ、タヒチのゴーギャンに日本は写楽ですか?その国っぽさとその画家っぽい感じを出しているのが面白いですね。世界の人々が各国に持っているイメージって、結構共通なんだな。(笑) まぁ、まだ日本には忍者やサムライが闊歩してると思っている人がいるらしいけど。(^^;
ちなみに私は結構スペインとタヒチが気に入ってます。日本もいいけどね。しかし、左腕の「天才自」ってなんだ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

「四十八歳の抵抗」読了

48

二十歳の頃、友人の影響で石川達三氏の小説を読みあさった時期がありました。
主人公と同世代となった今、たまたま本棚を整理していたら目に留まったのも何かの因縁かとを読み返してみました。「四十八歳の抵抗」(石川達三著/新潮文庫)です。

昭和30年の東京を舞台にした物語。定年(当時は55歳)を意識する歳になった主人公が「このまま老いていくのか?」との迷いから、もう少し人生を楽しみたい(=浮気の一つもしないで人生終わりたくない)と足掻きつつ、自分の娘に対しては厳格な父親という立場を取らなければならない葛藤とか、自分を上手いことあしらう妻への反発とか、戦後世代への反感とか、まぁ歳を取る事への様々な抵抗を試みるお話しです。

二十歳の頃にこれを読んでどう感じたのか、ほとんど覚えていません。石川氏の本は手元に残っているだけでも6冊は読んでいたようなので、それなりに感じるものはあったのでしょう。しかし、今読んでみると「何だかなぁ...(^^;)」という感じです。
定年間近まで真面目一辺倒に生きてきた主人公が、妻に軽くあしらわれ、浮気の一つもと焦ってみても上手くいかず、娘はデキ婚とか、馬鹿馬鹿しいくらいの転落具合。今時2ちゃんねる辺りに書いたら、「チラ裏(ここはお前の日記帳じゃないんだ、チラシの裏にでも書いてろ、な?)」とか、「メシウマ(他人の不幸で今日も飯がうまい)」なんて言われて終わりでしょう。っていうか、2ちゃんねるの創作話の方がもっと面白いものがあったりする恐ろしい時代です。
なんか、今さら読み返すものじゃなかったですね。陰鬱な後味だけが残ってしまいましたよ。(--;)

昭和30年と平成25年で社会状況もインフラも物価も大きく変化していますが、人の営みや欲望といった根本的なものは大差ないように感じます。昔も今も、日常生活の苦悩や疲れはほとんど一緒のようです。そういう時代によって変わるもの/変わらないものを風俗の変遷として読む分には面白いです。
反面、酒・煙草・女くらいしか楽しみがなかった昭和の“大人”と、ありとあらゆる楽しみがあふれている現代の“大人”の差も感じます。いい歳してアニメやフィギュアに夢中になっている“大人”なんて、当時は考えられなかったでしょうからね。
定年が60歳となった(追々65歳になろうとしている)現在において、定年を意識するのは50台も半ばになってからじゃないかな。そういう意味でも主人公の切羽詰まった気持ちを理解するには、少し早かったのでしょうか。

この本、今は絶版みたいですね。
けっしてお薦めするわけではありませんが、カスタマーレビューを参照できるようにamazonさんのアフェリエイトを貼っておきます。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

版権の行方~WF2013夏~

WF実行委員会から当日版権の途中経過報告書が届きました。
Wf2013s_1 まぁ~ネットで確認している内容通りなので驚きませんよ。┐(´-`)┌
今のところ再販3点の許諾はいただきました。しかし、新作2点がそろって保留。そろそろモチベーションがヤバイ感じです。(笑)
妖精さんは他ディーラーさんで実績があるので、余程のことがなければ下りると思っているのですが・・・。問題は“イーナ”の方ですよね~。(^^; 実績もないし、版元さまの名前すら聞いたことがない。ニッチなのも度が過ぎたか。(笑)
まだ1ヶ月以上はあるわけですし、あまり焦らず待ちましょう。
作業の方も、連日徹夜の恐怖を思い出し、気を抜かずに進め・・・たいです。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

妖精さん製作記(9)

妖精さんの磨き作業が終了しました。
Yousei_san_18ざっとこんな感じにこんもり。妖精さんらしいシュールな情景です。
パーツ分割を見直そうかと思いましたが、一人3パーツで統一しました。身体が抜きにくそうな子が、何人かいますけどね。まぁ何とかなるでしょう。(;´▽`A``

磨いて帽子のダボを合わせている時、段々顔と帽子の組み合わせが分からなくなって・・・。オマケに身体の組み合わせも分からなくなって・・・。間違った組み合わせで、作業してしまった子もいます。orz もちろん、やり直しましたけどね。
「これはヤバイ!」と、ペア同士にアルファベットを彫り込みました。
Yousei_san_19あまり丁寧じゃないけど、分かればいいかと。(笑) 頭が合えば、身体との合わせは問題ないでしょう。

さて、これからケーキやお菓子類の仕上げです。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

小林一茶 生誕250年

今日のGoogleさんより。Issa ここのところ、Doodleは動画になってたりすることが多く、blogネタにも拾いきれないのでスルーしていました。が、今日のバナーは可愛い! そして、さすがに一茶がテーマということでシンプル。(^-^)
久しぶりにネタにしたくなりました。

画像をマウスでポイントしたときに表示されるのは「ゆう然として山を見る蛙かな」という句。
一茶といえば誰もが一番に思い浮かべるであろう「雀の子~」とか「痩せ蛙~」ではないんですね。他にもメジャーな句は多い一茶ですが、この句でこの絵、そして平仮名で「ぐーぐる」というのが良いです。(^-^)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

弩裏威夢拳~のどごし生CM~

話題のCMらしいのですが、あまりテレビを見ないので知りませんでした。友達が「CMのメイキングがすごくカッコイイよ」と教えてくれたので、youtubeで一通り見てみました。

【180秒CM編】

これだけ妄想が出てくる石田さんがスゴイ!(笑) 私もカンフー映画が好き(特にジャッキーの初期映画が好き。heart01)なので、とても面白かった。「ジャッキーのアクションがもっと多かったらな。( ´・ω・`)」なんて最初は思ったアルョ。しかし・・・

【メイキング編】

これを見たら胸が熱くなった!石田サイコー!後輩サイコー!good
CMでこのスケールって!ちょっとした映画並ではありませんか!
声優さんもちゃんと石丸博也さんだし。豪華だぁ~。o(*^▽^*)o

【映画上映全編】

そして最後にこの映画上映全編を見ると、本当に目頭が熱くなります。あぁ、夢を叶えたね。「ええ話やぁ~crying」と泣き笑い。久しぶりに気持ちが良くて楽しいCMを見ました。

ちなみに「ドゥイブーチー」とは中国語で「ごめんなさい」らしい。しかし、中国人は使わないそうです。(笑) 台湾ではちょっとしたことで、使うらしいアルョ。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

作ってみる~夏目貴志(4)

WF原型が忙しいので、まったくこちらが進まなくなりました。とりあえず、身体、両手、ランドセルに入ります。(本日の写真は拡大します。)
Natume_08 Natume_09
まずはざっくりバリ取りをして、気泡欠けを埋めやすいように広げます。忘れないように赤でマークをしているというのに、埋め忘れが写っている。orz まぁ、1回じゃ上手く行かないんだからいいけど。
さて、ヤスって見たところで難題。
Natume_10 この表面のブツブツは発泡系の気泡?それとも離型剤の吹きすぎによる表面の荒れ?どう対処するのが一番簡単で早いのでしょうか?
原型を作っている自分ですが、それとキットの組立技術はまったく別物だと改めて実感します。つД`)
とりあえず、ランドセルの裏側で実験。半分を瞬着で、半分を溶きパテで埋めてみました。その後ヤスってサフを吹いてみると・・・。
Natume_11 これで分かったことは、「自分はヤスリがヘタだ!orz」という事実。
Natume_12 瞬着の方は、相変わらず塗りすぎてガタガタだし、溶きパテの方は、強くヤスリ過ぎて穴が復活してる・・・らしい。もうどうしたらいいの分かりません。(。>0<。)
Natume_13
ヤケクソになった私は、全体をポリパテで埋めました。バカみたいだけど、これが自分向きかも。さて、全体をヤスリ直すんだよね。(遠い目) これは先が長そうです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

今度は電気スタンドorz

もうしばらくは修理ネタはないだろうと思った矢先、電気スタンドの根元がポッキリ。Σ( ̄ロ ̄lll)Desk “ふらっと”がスタンドの角度を変えようとグニグニしていたら折れたそうです。

樹脂パーツが折れた場合、モデラーの定石として「軸を打って接着」という手を使うことが多いです。これもその手で...と思ったら、可動のために中が空洞ですよ!Desk_1_2 この1点に力が掛かるんだから、そりゃあ経年劣化で折れますよね。(--;) もう10年選手だし、仕方ないね。

これじゃあ接着しても強度が足りるとは思えません。かといって、照明の機能には何も問題がないのに捨てるのも勿体ない。
最後の手段として、可動を犠牲にして直すことにしました。元々壁際で使うため、根元部分はほとんど動かさないしね。
Desk_2 基部にドリルで穴を開けて、軸代わりに釘を挿しておきます。
で、可動部の空洞にレジンを流し込んで埋め、レジンが硬化する前に軸の部分を挿して基部を固定。レジンの堅さで強度が保てるか不安もありますが、無垢のレジンなら大丈夫と信じましょう。
Desk_3 というわけで、なんとか修理完了。
見た目は汚いけど、気にしない方向で。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

月の秤動

「月は常に同じ面を地球に向けている」っていうのは、私でも知っているくらいに有名な話です。これは月が地球の周りを回る公転と月の自転の周期がピッタリ合っているからなんですが、いくらなんでも「寸分違わずピッタリ」ではないため微妙にブレるらしいんですよ。
これを秤動というそうです。先月の「月面X」の際、twitterで知りました。
ちなみに天文の分野では「秤動」は「しょうどう」でなく「ひょうどう」と読むらしいです。

そのツイートでも比較していましたが、自分で撮った写真でも比較してみたいと思います。※写真はクリックで拡大します。Lunar_x3 左が今年の1月19日、右が5月17日の月面Xの写真です。。それぞれのblogに使った写真の向きを合わせてみました。
月面Xは月齢7(新月から7日目)の上弦の月の時に特定のクレーターに日陰の境目が来ることで観測できる事象です。つまり、月が寸分違わず同じ面を地球に向けているなら、月面Xの見える位置は常に一定で、その時の月の見え方もまったく同じになるはず。
しかし実際は、1月は1/2より太めに、5月は1/2より細めに見えます。つまり「X」のできるクレーターの位置が、その分ズレているということ。よく見ると縦方向にもズレているのが分かります。

秤動は満月でもクレーターの模様の見え方が違うことで確認できるそうですが、目印に「X」が付いている方が分かりやすいですよね。(≧m≦)
次回の「月面X」は11月10日の19:30頃。その時にはどう見えるのか、また比べてみたいです。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

ドラゴンボールPontaカード

今日、会社から帰ってくると「Pontaカードをお届けだポン!」と書かれた封筒が届いていました。Ponta_1 いや、ほぼ毎日お昼のパンをローソンで買うので、見ての通りPontaカードは持ってるんですけどね。クレジット機能があるわけじゃないから有効期限もないはずなんだけど?と封を開けてみると...

「ドラゴンボールZ 神と神オリジナルカード」
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!Ponta_2 3月にやっていたキャンペーンに当選したようです。たまたまPontaのWEBサイトにアクセスしたらやっていたので特に興味もないまま登録していたのですが、すっかり忘れていましたよ。無欲の勝利ってヤツでしょうか。
もっとも「抽選で50,000名様に当たる!」って、ほとんど全員プレゼントじゃないの?って気もしますが。

それにしても、いい歳をしたオッサンがローソンでこのカードを提示するのは抵抗があるなぁ。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

北海道フェア

近頃、大好きな物産展に行っていない寂しさがじわ~り。(i_i)
スーパーでやっていた北海道フェアで、少し気持ちを潤す私。orz
Komai 北海道のアスパラ、タコ・・・そして初めて食します“コマイ”です。漢字では氷下魚と書くそうです。“コマイ”はアイヌ語らしい。(゚0゚)
タラ目タラ科のかなり固いお魚らしいですが、この大きさで生干しだと焼いただけで食べられます。もう酒の肴にぴったり~。「久しぶりに日本酒行っちゃう~heart01」みたいな。(笑)
はじめて食べるお魚でちょっと気をよくしていますが、スイーツ系が充実していないぞ!自分!・・・とやっぱり満たされない。(笑) 今度はデパ地下で散財しよう! それか通販で鹿児島から“しろくま”を買う!(^^)v

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

久々のヤモリ

先週の日曜日のこと。
自転車で出かけようと庭に出てみると、門扉の所に小さなヤモリがいました。Yamori シッポが切れていて、まだ伸びてきていません。

我が家でヤモリを目撃したのは3回目。
初めて見たのが2009年7月28日。この時のは12~13cmと大きめでした。2回目が1カ月後の8月29日。こちらはシッポの先まで10cmほどで、今回よりちょっと大きいくらい?
今回は、頭からシッポの切れ目までで5~6cmくらい。シッポがあったとしても、今までで一番小さい印象です。

2年ほど前の2011年5月19日に、マンションの共有スペースでも見かけていました。Yamori_2 ただ、この時は型ガラスの向こう側にいて、写真に撮っても何だか分からないのでblogネタにはしませんでした。(^^;)

天気の良い日に庭でお茶をしていると、トカゲはよくチョロチョロしています。ヤモリも同じくらい気軽に姿を見せてくれれば良いのに。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

BRZ製作記(7)

前回の製作記から1カ月弱。
ゴールデンウィーク明けから部屋の模様替え作業ばかりしていたため、造型の方はあまり進捗がありません。キャビンを中心にボディ右側の拡幅がやっと終わっただけです。Brz7_1 真ん中の写真が現状、左側が拡幅していない側の反転コピー(拡幅前のイメージ)、右側が拡幅した側の反転コピー(全ての拡幅が終わった時のイメージ)です。
※本日の写真は全てクリックで拡大表示します。

同じように後ろから見た写真がこちら。Brz7_2 前後とも、幅が出てどっしりした感じにはなったと思います。

拡幅した側の斜め前がこちら。Brz7_3 ちょっとライトが大きいのが気になりますが、だいぶイメージに近づいてきました。

そして斜め後ろ。Brz7_4 後輪が大きいチョロQのフォーマットだと陥りがちなのが、後ろが分厚くなる事なんですよね。ちょっとマフラー周りがもっさりした感じになっちゃってます。テールランプの下をもう1mmくらい持ち上げたいですね。

ボディ左側も同じように拡幅しつつ、リアバンパー下部を薄くする。
3D造型だったら反転コピーと切り貼りであっという間なんでしょうけど、アナログ造型では大改造です。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

花より団子

結婚記念日でした。昨年みたいなネタはなしで。20130606

いや、花も団子もと思ったんですよ。
でもね、以前は勤務先の最寄り駅に花屋が2軒あったのに、久しぶりに行ったら両方ともなくなってたんですよ。orz まぁ、1軒はなくなったの知ってたんですが、もう片方は会社を出る前にググったらgoogleマップに掲載されてるし、リンクも生きてたから大丈夫だと思ったんですけどね。駅前に花屋がないって、結構困らないものですかね。(^^;

そんな訳で、まったく日常どおりの1日でした。チャンチャン!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

最近当たらない私

私は表紙絵と帯の謳い文句にとても弱い人間です。そこから内容や雰囲気を想像して、読みやすそうだとついつい買ってしまいます。もちろん、それで成功した例(ビブリア古書堂や浜村渚の計算ノートなど)もあるのですが、ここのところは失敗続きです。orz

そう言って挙げられた作品には申し訳ないが、これは個人的な感想なのでご容赦願いたい。(^^; (3冊目の謎解き~は買ってません。図書館で借りました。)
もうどこが面白くなかったか・・・を書く気にもなれませんが、“東海道~”はもろにあれです。夜の9時頃にやってるミステリーもどき番組。それをタレントを使わず文字で読ませられた感じ。ストーリー展開が面白くない訳じゃないから、読めば最後までさっさと読めますが、読後に面白かったという感想が残りません。何も残らない・・・そんな本でした。

“ぼくとユーレイ~”は短編モノです。推理と占いを上手く使ったモノかと思ったら、そうでもなくて。( ´・ω・`) 登場人物のキャラ立ては悪くないけど、肝心のミステリー部分は最悪でした。言い切った者勝ちというか、ねじ伏せたみたいな謎解きです。(´д`) トドメは後書きで作者が「いや~これはやっぱり面白い」と自画自賛されたので、心が折れました。(笑)

“謎解き~”は本屋大賞受賞作でしたか。まぁ~話題になったので読んでみました。この中では、まだ続きを読んでもいいなと思えました。買う気はまったくありませんが。(^^; 残念なのは、お嬢様がまったく“お嬢様”じゃないこと。「広大な屋敷でフォアグラ食べてワインを飲んでます」と書けばそれで“お嬢様”だと?言葉遣いや仕草、物の考え方がまったく一般人でした。

しばらく本を買うのを躊躇いそうです。orz

(byふらっと)
アフェリエイトはトラップです。お気を付けください。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

renomaウォッチ

CITIZENのrenomaウォッチを修理に出しました。Renoma バブルの頃に流行ったヤツですね。(^^;)

1年ちょっと前から電池を替えても半年くらいで停まってしまい、最後の電池交換では2カ月持たなかったかな。(´・ω・`)
同僚に同じ時計を使っている人がいて、同じ症状で修理に出したら8千円ちょっとで直ったと聞き、ヨドバシの時計修理受付に持って行ってみました。見積もりで10,500円という微妙な金額を提示され、ちょっと悩む。(--;) 元が2万円の時計だし、25年以上使ったし、普通なら直さないですよね。

でも、この時計は社会人になるにあたって「今までしていたダイバーウォッチで会社には行けないよね」と購入した物で、ちょっと思い入れがあるので修理することに。
修理が済んで受け取る際には、「もう部品がないので、今後部品交換を伴う修理は不可能」と念押しされました。
購入額の半分掛かったので、あと10年ちょっと使えるかな。定年まで使い切れると良いなぁ。

なんか最近、SEIKOの腕時計アイロンデジカメ三脚プリンターと修理ネタが続いています。物持ちが良いっていうか、買い替えてもいいんじゃない?っていうのもちらほら。
まぁ、これらの陰で直せずに捨ててるものもあるんですけどね。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

作ってみる~夏目貴志(3)

うわ~ん、思ったより時間が掛かったよ~ん。(。>0<。) ヤスリ掛けがヘタなのは、どうやっても直りませんかー!orz
(本日の写真は拡大します。)
Natume_06 顔の発泡系気泡を処理する時、ちょっと失敗しまして、危うく顔の形が全然違うモノになるところでした。(;´Д`A ``` いや、もしかすると一回り小さくなってるかもしれないけど。
穴埋めついでに眉毛を盛りました。ガイドがないと塗る時不安だったので。
頭部の処理はこれで終了です。

次は身体と両手、鞄かな。
Natume_07
テーブルから身体を落っことして、ランドセルのベルト部分を折ってしまいました。自分で作業増やしてどうする。(笑) パッと見て厄介そうなところはありません。ランドセルの段差(型ズレ)くらいでしょうか。指の先が少し欠けてますが、これはパテを埋めればいいかな~。今度はサクサクっと終わらせますよ~。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

昭和な電話

「電話嫌い」を理由に携帯電話を持たないくせに、黒電話に郷愁を感じたりします。
のんびり回転するダイヤルとか、電子音じゃない生のベルの音とか、懐かしいんですよね。

何年か前、ヤフオクに出ている黒電話に興味を持ったことがありました。
物心ついた頃に初めて我が家に引かれた電話は600形でしたが、どうせ入手するなら「だるま」と呼ばれた一世代前の4号も可愛らしくて良いなーとか。しかし、600形は1,000~2,000円落札できるのもある反面、4号は10,000~18,000円くらいが平均的な落札価格のようで、その時は手が出せませんでした。

ところが、ここ2カ月のヤフオク中毒で「1万円台前半ならありじゃね?」くらいに感覚が麻痺してきました。\(^o^)/
我が家はダイヤル回線のままなので普通に着信も発信できるし、停電してても使えるので携帯電話を所持しない我が家には防災面を考えても有用だし等々、軟膏のように理屈をつけまくった結果...Tel 黒電話 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
11,500円+送料750円+振込手数料100円=12,350円でゲット。
状態が良いのと人気が高い電電公社のマーク入りなのとで、当初の予算より少々高めでしたが、ちょっとムキになっちゃいました。(^^;)
まぁ、メーカーや仕様などの希少性やオリジナル度合いよっては2万越えになることもある4号としては、ギリギリ許容範囲かと。二個一、三個一が当たり前でパーツ毎にメーカーがバラバラの個体が多い中、すべてのパーツが同じメーカーで揃っているのもポイント高かったです。

Tel_2

なんでしょう。可愛いね。無駄に電話を掛けたくなりますよ。っていうか、ベルの音を聞きたいので掛かってくるのを期待したり。
一つ難点があるとすれば、電話番号を覚えている所にしか掛けられない。orz
今どきの電話機には電話帳機能があるので、覚えている番号なんて、実家と勤務先、数年に一度しか掛けない母方の実家くらいか。(´・ω・`)

今回の入札にあたり黒電話について色々ググっていたら、面白いサイトを見つけました。
なんと、この4号にもカラー電話があったそうです。
600形とか、その後のプッシュホンのカラー電話は記憶に残っていますが、4号の方が色数が多かったというのは驚き。

その他、4号の受話器のコードの変遷とか、600形のA1とA2の違いとか、色々と無駄な知識を仕入れました。おかげでマニアの方が拘るのも少し理解できましたよ。いや、私はこれ以上のめり込む気はありませんけどね。
ただ、“ふらっと”が「私の家にあった電話はもっとシャープだったし、ベルの音も違う」と不満そう。それは600形も買って良いという事ですか?∑(゚∇゚|||)

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

妖精さん製作記(8)

6月に入っちゃいましたが、原型完成なんて夢のまた夢。(ノ∀`)・゚・。
いつものパターンになってきましたよ。
さて、妖精さんの状態です。(本日の写真は拡大します。)
Yousei_san_16_2 基本的には微調整&磨きです。blogにアップしてきた妖精さんが左端。(妖精さん-いち) 実は複製の事を考えていないので、頭の部分が大五郎状態。(大五郎が分からない方は、子連れ狼を検索してください。笑) 顔の複製には問題ありませんが、その分帽子の中が深くなります。(妖精さん-に)
そこで不要な部分を切り取って、帽子の中に埋めます。(妖精さん-さん) 顔は厚みが減って、帽子の中は浅くなりますね。どちらも複製しやすくなる。(^^)v

Yousei_san_17 次に段差やキズを埋めます。気に入らないところを盛り始めると切りがありません。orz それを泣きながら磨くと・・・元の形に戻るところが、嬉しいやら悲しいやら。(笑) まだ、ダボ合わせをしていませんが、大体こんな感じで進めましょう。これが9体・・・。先は長いです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »