« 母の日サプライズ | トップページ | 白かったバラが! »

2013年5月13日 (月)

「ルピナス探偵団の当惑」読了

Lupinas

「ルピナス探偵団の当惑」(津原 泰水 著/創元推理文庫)を読んだのですが、一言で表すと「誰が探偵か分からない」お話しでした。
3つの短編から成り立っている物語は、1編目では「目の付け所が鋭い女子高生」を中心に、知識量がとんでもないクラスメイト男子がサポートして事件を解決します。2編目になるとクラスメイト男子の独壇場。ところが3編目ではクラスメイトの女子達が重要な役割を担うようになります。
まぁ、「探偵団」というタイトルから高校生達が知恵を出し合って事件を解決するスタイルを目指したんだと思いますが、そういうスタイルだと「なんかの二番煎じ?」感が拭えません。

しかも、1編目の主人公は過去に密室事件を解決したことで「目の付け所が鋭い」と言われるようになったということだけ触れられて、それがどんな事件だったかは分からずじまい。
続編の「ルピナス探偵団の憂愁」で語られるらしいですが、その前に興味を失ってしまうという残念な結果になりました。\(^o^)/
ミステリーとしての謎解きの面白さ以前に、ストーリーテリングの部分で私には合わなかったようです。

amazonさんの書評では評価が高いようですし、一つ一つのお話しはミステリーとして面白いんですけどね。興味を持たれた方は図書館とかで借りて読んでみても良いんじゃないかな?くらいにはお勧めですよ。(^^;)

(byぶらっと)

|

« 母の日サプライズ | トップページ | 白かったバラが! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/57333548

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルピナス探偵団の当惑」読了:

« 母の日サプライズ | トップページ | 白かったバラが! »