« お花見 | トップページ | 赤帽チョロQ »

2013年3月27日 (水)

エル・グレコ展

もう終わりが近いエル・グレコ展にやっと行ってきました。前売りを買ったのは、昨年の11月の話ですよ。(^^;
Elgreco エル・グレコ・・・なんとも不思議な画家です。万人受けする絵ではないと思うし、自分の趣味からも外れていると思うのに、好きな画家の一人だったりします。(^^;
16-17世紀に活躍し、マニエリスム最大の画家でもあります。時代を考えると、この人の絵はいろいろと先駆的であったようです。印象派に近いような筆使いや漫画チックとも言える顔や奇抜な構図など。光のエフェクトなんかも斬新だと思うし。
そう・・・とても魅力的なんだけど、宗教画としての厳粛的な趣は感じません。フェリぺ二世が「祈る気がしない」と言ったのは、分かる気がします。(^m^;

さて、このエル・グレコ展ですが「これでもか!」というほどエル・グレコを堪能できます。(笑) 好物もこんだけあると飽き・・・ゴニョゴニョ。(^x^)
冗談はさておき、かなりいい絵が揃っています。ありすぎて列挙できません。これだけ一気に見ることが出来るのは、そうないと思うのでオススメです。

ちなみにエル・グレコは、ベラスケス、ゴヤと並んで、スペイン三大画家の一人です。また、世界三大絵画(ベラスケスの“ラス・メニーナス”、レンブラントの“夜警”、エル・グレコの“オルガス伯爵の埋葬”)にも入っています。(注:世界三大絵画は諸説有り、エル・グレコではなくダ・ヴィンチの“モナリザ”だったりもしますが。)日本ではマイナーだけど、世界的にはかなり有名です。(^^;

(byふらっと)

|

« お花見 | トップページ | 赤帽チョロQ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/57046117

この記事へのトラックバック一覧です: エル・グレコ展:

« お花見 | トップページ | 赤帽チョロQ »