« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

「いざ志願! おひとりさま自衛隊」読了

Sdf

酔った勢いで“予備自補”に応募し、晴れて“予備自衛官”になった岡田真理予備陸士長の体験談。
「“予備自衛官”なんて制度があったんだ」というのが、この本を見つけたときの第一印象です。

自衛隊の皆さんがどれだけ頑張ってくれているか、阪神淡路大震災や東日本大震災での逸話は多く聞きます。でも、自衛官の生の声というのはなかなか聞こえてきません。
実際の訓練の内容や自衛官の心構えといったものが、一人の予備自衛官を通して語られています。自衛官にとって「自分の命より重いもの」とは何か、心の底から「戦争反対」を願う気持ちとは。

「九条があれば戦争にならないんだから早く武力放棄を」なんてお花畑で夢を見ている人にこそ読んで欲しい本です。これを読んだ上で反論があるなら聞きましょう。
自衛官の皆さんが日本の平和を守るために、どれだけ(無駄な)努力をしてくれているか。しかも自らが「この努力がすべて無駄になれば良い」と思いながら。常に極限の訓練をしているからこそ、極限状態で救援活動ができるそうです。

他には国旗掲揚時の正しい振る舞い方なんかも紹介されています。
自分も国旗についてしっかり学ばずに育った世代です。この本を通して作法を学んだので、これからはきちんと振る舞いたいと思います。

自衛隊に理解を示すと、すぐに「右翼!」とか言われるご時世ですが、自衛隊を正しく理解するためにも日本国民の必読の書として良いくらい。中学の道徳かなんかの副読本にしてみてはいかが?
まぁ難しく考えずとも、面白おかしく読むだけで理解が深まる良書です。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

フィギュアマニアックス

いつの間にやら“フィギュア・マニアックス”が発売されていました。パラパラと中を見ていると、うちの新作(ミクさんの方)も写真が掲載されていたりします。「ミクさんと認識されて良かった。(;´▽`A``」と微妙に喜びつつ最後のページまでたどり着くと・・・。
Figu_mani_1 水玉蛍之丞さんの記事に“不思議の国のなぎさ”が取り上げられていました。∑(゚∇゚*) twitterでもつぶやいてもらったけど、ここにまで。(感涙)

↓この写真は拡大します。
Figu_mani_2_2 そして「橙星」や「くおんの森」もチェックしてもらえたことが、さらに嬉しかったり。(^-^) どこまでもマイナーどころを行っているので、スルーされることの方が多いのですよ。
賑やかに楽しく作ったので「楽しそう」と見てもらえれば本望です。途中はかなり苦しみましたが・・・。(笑)
この作品は“モデグラ”にも取り上げてもらえて、ここにも載って・・・。
これが私のピークかも。f(^^;
あとは下るだけか・・・。orz
いやいや、それでも好きなものを作り続けることは止めないでいようと思うのでした。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

あぁーそうかそうか今年も四国かぁ

藩士の皆さん、お待たせされました。(笑) どうでしょうDVD第19弾『試験に出るどうでしょう(石川県・富山県) 四国八十八カ所Ⅱ』が2日前に発売されました。
Sui_dou 討ち入りは覚えていたのですが、討ち入りし忘れるという失態で、受け取りは一日遅れになりました。“藩士失格!”と言いたいところですが、気負いなく日々に流されるがままというのが、どうでしょうさん気質と思えばよろしいかと。(^^;

さて、今回はディレクター陣も出張中で恒例となりつつあるユーストリーム放送が2日遅れだそうです。放送は本日(29日)の19:00から。時間が少し早くなるので、お聞き逃しのないように。d(^^) しかし、お仕事をされている方には、早すぎるでしょうか。(^^;

~続き~に、どうでしょうさん公式サイトの日記を転載しておきます。

それでは、夜を楽しみに解散!(うれしー風)

(byふらっと)

続きを読む "あぁーそうかそうか今年も四国かぁ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

赤帽チョロQ

3月31日発売予定だったBRZのチョロQが、少し早めにamazonさんから届きました。
が、肝心の赤帽サンバーはamazonさんで発注できずじまい。いずれ再入荷するのでしょうが、待ちきれない! お花見に出かけたついでに、新宿のヨドバシカメラ・ホビー館でゲットしてきました。
定価の2割引+10%ポイント還元なので、プレ値で買わされたり、安いと思ったら送料が掛かったりするよりは良かったことにしておきましょう。

で、さっそくサンバーそろい踏み。Akabou_q1 左から青サンバー、旧赤帽サンバーパネルバン、旧赤帽の塗装を一部剥がした新赤帽、そして今回の最終型赤帽サンバーバンです。(^-^) いやぁ、並べると気持ち良いですね。

ところで、事前の商品説明では「サイドミラーパーツを追加しました。」と書いてあったので楽しみにしていたのですが、サイドミラー付いてないよ? ダメじゃん!
前輪が後ろに寄ったのは実車のフルキャブ仕様の再現率が上がって良かった反面、フロントスクリーン前のボンネット部分が短くなってしまったのは残念。トータルのスタイルでは旧赤帽サンバーの方が纏まっていたと思います。Akabou_q2
BRZは通常版の青と、ディティールアップ版の黒を購入しました。
以前も書いたとおり、自分のデフォルメ感に影響を受けたくないので未開封で、黒の方は撮影のベースにしたamazonさんの箱の中から出してすらいません。(^^;)
しかし、赤帽サンバーにミラーがないということは、「もちろんドアミラーとリアスポイラーを別パーツで追加。」というBRZの謳い文句も怪しいもの。(--;) ミラーとスポイラーがないなら青と黒の2台もいらないんだけど、大丈夫だよね?

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

エル・グレコ展

もう終わりが近いエル・グレコ展にやっと行ってきました。前売りを買ったのは、昨年の11月の話ですよ。(^^;
Elgreco エル・グレコ・・・なんとも不思議な画家です。万人受けする絵ではないと思うし、自分の趣味からも外れていると思うのに、好きな画家の一人だったりします。(^^;
16-17世紀に活躍し、マニエリスム最大の画家でもあります。時代を考えると、この人の絵はいろいろと先駆的であったようです。印象派に近いような筆使いや漫画チックとも言える顔や奇抜な構図など。光のエフェクトなんかも斬新だと思うし。
そう・・・とても魅力的なんだけど、宗教画としての厳粛的な趣は感じません。フェリぺ二世が「祈る気がしない」と言ったのは、分かる気がします。(^m^;

さて、このエル・グレコ展ですが「これでもか!」というほどエル・グレコを堪能できます。(笑) 好物もこんだけあると飽き・・・ゴニョゴニョ。(^x^)
冗談はさておき、かなりいい絵が揃っています。ありすぎて列挙できません。これだけ一気に見ることが出来るのは、そうないと思うのでオススメです。

ちなみにエル・グレコは、ベラスケス、ゴヤと並んで、スペイン三大画家の一人です。また、世界三大絵画(ベラスケスの“ラス・メニーナス”、レンブラントの“夜警”、エル・グレコの“オルガス伯爵の埋葬”)にも入っています。(注:世界三大絵画は諸説有り、エル・グレコではなくダ・ヴィンチの“モナリザ”だったりもしますが。)日本ではマイナーだけど、世界的にはかなり有名です。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

お花見

今年は桜の開花が早いですね。10日ほど旅に出ている間に、すっかり満開ですよ。∑(=゚ω゚=;)
休暇が1日残っていたので、慌ててお花見に出かけました。

まずは上野公園。Sakura_2013_1 何度も行ったことがある場所ですが、平日は初めて。
平日なので空いているかと思いきや、相変わらずの人出です。そして、明らかに職場関係と思われる場所取りの方が沢山。(^^;) あぁ、日本の春ですねぇ...。

その後、湯島から地下鉄に乗って竹橋へ。北の丸公園から千鳥ヶ淵を散策してきました。Sakura_2013_2 こちらは初めて行ってみたのですが、お堀に掛かる桜が見事でした。ここの桜を本当に満喫するならボートに乗るべきなのでしょうが、長蛇の列で2時間待ちとか。orz 平日...なんだよねぇ?(^^;)

残念ながら曇り空で写真はイマイチでしたが、春の気分は味わえました。
それにしても、帰国した昨日は冷たい雨で、今日も肌寒い曇り空。こんなに寒いのに、なぜ桜は満開? 我々が日本を離れている間は暖かかったのかな?
明日は雨の予報も出ているので、今年の桜はもう見納めかもしれませんね。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

桜が満開ですと!

メキシコ時間で23日夜に出国。太陽から逃げるように夜の中を飛び続け、日本近くで追いつかれました。(^^; そして到着は日本時間25日の早朝です。24日はどこに行ったんでしょう。(笑)
Mexico_20ちょうど通勤ラッシュに当たってしまうので、電車での帰宅は止めてリムジンバスを使いました。都心は桜が満開のようです。散る前に帰ってこられて良かった。
Mexico_21 飛行機の中でたっぷり寝たので、今日は時差ボケもなく過ごせるかと思ったら・・・。夕方、ひとっ風呂浴びて昼寝をしたら、既に10時を過ぎてました。∑q|゚Д゚|p 気分的には、まだ寝たりない感じですよ。もうこのまま朝まで寝ようかしら。orz

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

さよなら、メキシコ

カンクン二日目。昨日に続き、太陽は燦々と照っていますが嵐のようです。波は高いし、風は暴風ですよ。orz
出発までのフリータイムにビーチとプールサイドで日光浴などして、一応リゾートっぽいこともしてきました。Mexico_19 これからカンクンの空港からメキシコ・シティまで国内便、そして日本へ向けて15時間あまりの空の旅です。
こちらは23日の午後ですが、20時間弱の旅が終わって日本に着くのは25日の朝。我々の24日は時差の狭間に消えてなくなります。orz

(byぶらっと@カンクン 現地時間 23日13:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

グラン・セノーテ

カリブ海に面した世界屈指のリゾート地、カンクンにやって来ました。これほど自分たちに不似合いな場所もないですね。ホテルでも勝手が分からずオタオタ。(笑)
Mexico_16 さて、一日フリーの今日は、車をチャーターしてグラン・セノーテに行きました。数あるセノーテの中でもカンクンに近く、手軽に泳ぐことが出来る場所です。それでも片道2時間くらい掛かりますが。(^^;
Mexico_17 水の透明度が高いので、太陽の光がまっすぐに泉の中に差し込みます。まぁ、綺麗な水なんですけど、魚もいますし水草も生えているので、泳いでみると浮遊物が多いのも目立っちゃうんですけどね。それでも鍾乳洞のようになっている泉を泳ぎ回るのは、そう出来ることではないので楽しかったです。
Mexico_18 水着で泳ぎまくるなんて、何年ぶりでしょう。ちょっとはしゃぎすぎたかな。(笑) とりあえず、今日はもう寝ます。おやすみなさい。

(byふらっと@カンクン 現地時間 22日23:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

ククルカン降臨!

春分の日ということで、チチェン・イッツァに「ククルカンの降臨」を見に行ってきました。
昨日までと同様にガイドさんに遺跡を案内してもらって2時間くらい巡った後、降臨現象を見るためにククルカンの神殿の前に陣取って2時間くらい夕日待ち。orz
今日も意識を失う直前くらいまで行って、球技場の見学はパスしました。同行のツアー参加者の方は皆さんお元気で感心します。

さて、ぐったりするくらいの炎天下で我慢した甲斐があって、綺麗な降臨現象を拝むことができました。
クライマックス5分前というところで厚い雲に夕日が遮られ、一同が「もうダメか?」と思う場面もありました。実際、隣のグループは雲の動きを見て早々に諦めて帰ってしまったくらい。
しかし、クライマックスの直前に雲が切れ、完璧なククルカンが降臨!!Mexico_15※写真はクリックで拡大します。
諦めかけただけあって、より感動します。場内からも歓声が上がりました。

だいたい4万人くらいの人が広場に集まるらしいですが、「ワンフェスの1日の入場者数が一時に集まるのか!?」と妙な感想を抱いたり。(^^;)
今日はもう、他の話題も写真も要らないですね。

(byぶらっと@カンクン 現地時間 21日22:50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

ウシュマル遺跡

頭痛のみならず、連日の疲れとメキシコ料理に対する内臓の拒絶反応から腹痛まで発症している“ぶらっと”です。何を食べても塩っ辛過ぎ。サルサソースで辛みを付ける前提なら、ベースの味は物足りないくらいにしてくれ! しかもコーヒーの産地なはずなのに、コーヒーが美味しくないってどういうこと? 色ばかりはドス黒いのに、味も香りもまったくしないって...。orz

朝の観光は、宿泊したホテルから歩いてスタート。
カンペチェの旧市街、歴史的要塞都市の港町を散策です。
Mexico_12 金銀の積出港だったためカリブの海賊に狙われ、城壁を築いて抗戦した歴史があるそうです。建物毎に役所に色を届け出て調和を計っている街並みが綺麗でした。城壁は邪魔なんで壊しちゃった後、観光資源にするのに慌てて修復してる最中でしたが。(^^;)

さてさて、日に日に厳しくなってくる遺跡巡りの方は、本日は炎天下のウシュマル遺跡とちょっと離れたカバー遺跡の2本立て。昨日のパレンケ遺跡に比べると緑が少ない=湿気がないので、ジメジメした暑さはありません。が、緑がない=日陰がない!ということでもあり、ジリジリと焼けこげるような暑さが半端じゃないです。持って歩いているペットボトルの水が、小一時間でお湯になってしまうくらい。日本でも水がなま温かくはなりますが、「熱湯!?」って感じるくらい熱くなるのには驚きました。

Mexico_13 上の写真(これだけクリックで拡大します)がウシュマル遺跡、下の写真がカバー遺跡です。
Mexico_14 説明は...暑さで朦朧として歩くのがやっとだったので、ここに書けるほどの記憶はありません。(^^;) 後日“ふらっと”に追記してもらうことにしましょう。

その後、マヤの末裔が暮らす民家を訪問...したらしいですが、激しい頭痛でバスに残ったため見てません。(><)

明日はいよいよクライマックス、チチェン・イッツァ遺跡での『ククルカンの降臨』です。
本日同様に炎天下の遺跡で、しかも昼過ぎから夕日待ちという超ハードスケジュール。この現象を見るために世界から何万人もの観光客が集合するというので、負けずに頑張らないといけません。(`・∞・´)

(byぶらっと@メリダ 現地時間 21日0:28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

パレンケ遺跡

メキシコ旅行も4日目、半分を折り返しました。偏頭痛に悩まされ続けている“ぶらっと”くんは、さらに腹痛にも襲われ悶絶の中で観光しています。なんというか、浮かばれない方です。(^^;
Mexico_9 さて、本日はパレンケの遺跡を観光しました。ここの遺跡はとても景観演出が良いです。遺跡は森の中にあるので、周囲の緑と遺跡のバランスが絶妙です。遺跡に登り、上から見渡すとさらに深い森であることを実感できます。そしてテオティワカンやチチェン・イッツァよりマイナー(というかアクセスが悪い?)為か、観光客も少ないです。ゆっくり見ることが出来ます。
Mexico_10 ・・・と、良いことばかり書きましたが、今日は汗だくの観光でもありました。(笑)気温は30℃を超え、前日雨が降ったようで、湿度もありました。「朝の涼しいうちに」とか言って、もうヘトヘト。orz しかし、明日のメリダは38℃を越える予想だそうで。メキシコが“ぶらっと”くんにとどめを刺しに来ているようだ。(笑)

オマケ
昼食で寄ったレストランにいたイグアナくん。餌付けされているので、5~6匹は集まってきました。
Mexico_11

(byふらっと@カンペチェ 現地時間 19日22:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

オルメカ文明

本日は飛行機でバビュッと移動して、タバスコ州の州都ビジャ・エルモッサに来ました。Mexico_7
日本では弥生時代くらいにメソアメリカで栄えたオルメカ文明。マヤ文明の母体とも言われています。その時代の遺跡を集めたラ・ベンタの野外博物館を観光するためです。
あまり聞かないオルメカ文明ですが、その説明を聞くと面白いです。世界の構造(5本のセイバーの木に支えられて天地が分かれている)とか、ジャガー信仰(人間の女性とジャガーから新たな人間が生まれる)とか、それは文明と言うよりファンタジー。(笑)

その遺跡で有名なのが巨石人頭像です。Mexico_8日本にもレプリカがシャボテン公園にありますが、こっちは正真正銘オリジナルですよ。(^^;
何で身体はないの?と思う訳ですが、それは大地(地球)が身体なのだそうです。随分なバランスです。(笑) まぁ、ほとんど謎の文明ですから、説明もどれくらい正しいのか疑問ですけどね。

今のところ観光ばかりでお土産をまったく買っていないので、ちょっと買い物がしたい気持ちです。

(byふらっと@パレンケ 現地時間 18日23:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

メキシコでも頭痛

ども、偏頭痛持ちの“ぶらっと”です。
沖縄であんなに大変な思いをして、メキシコ旅行なんて大丈夫?と思ったでしょ。もちろんダメに決まっているじゃないですか。\(^o^)/
沖縄から帰ったときにはメキシコ旅行をやめたかったくらいですが、既にキャンセル料が発生する期日になってましたからね。諦めて来ちゃいましたよ。orz
まぁ、薬の使い方になれてきたので、被害は最小限で押さえられていますが。初日は軽い頭痛を我慢しながら博物館も見られたし、2日目の今日は大聖堂やテオティワカンをしっかり観光して夕飯抜きだけで済んだし。(^^;) 明日以降どうなるかですね。Mexico_3 さて、観光の方はというと、まずはソカロ広場を経由して大聖堂へ。背景がものすごい青空ですが、冬のメキシコでこんなに綺麗に晴れるのは1シーズンに数日しかないそうです。乾期でも寒冷前線が下りてきて雨が3日ほど続くことが何度かあるらしく、ちょうどその雨が上がって良い風が吹いたおかげだろうということ。Mexico_4
その後、バチカンに認められた世界3大奇跡「褐色のマリア様」へ。ツアーのコースには入っていなかったのですが、添乗員さんが1月に訪れて感動したとのことで特別に立ち寄ることに。っていうか、大聖堂内部での説明からキリスト教人と思しき現地ガイドさん(日本人だけど奥さんはメキシコ人)の趣味ではないかと。(^^;)
私たちは昨年のポルトガルのファティマに続いて3大奇跡の2つ目を訪れることができたので大満足です。

午後は楽しみにしていたテオティワカンへ。3月21日はメキシコの祝日なのですが、日本のハッピーマンデー同様に月曜に前倒しして3連休としているらしく、観光客でごった返していました。太陽の神殿は登るのに2時間以上の待ち行列とかで、月の神殿の方に登ってきました。
遺跡に登っちゃって良いの?と思いますが、ここの遺跡の90%は復元したもの。場所と形が重要なだけで、遺跡そのものに歴史的価値は低いみたい。Mexico_5 写真は月の神殿中腹から、死者の道とその先にある太陽の神殿を臨む景色。景観としては太陽の神殿頂上より、こちらの方が良いらしいので結果オーライ。
太陽の神殿には登れませんでしたが、神殿に奉納されている踊りを堪能してきました。Mexico_6 そんなこんなで、2日目も充実した観光でした。

(byぶらっと@メキシコ・シティ 現地時間 17日22:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

直行便は楽です♪

南北合わせて初のアメリカ大陸。遠いからと避けて来ましたが、直行便でメキシコ・シティまで行ければやっぱり楽です。それでも行きに12時間掛かりますけどね。(^^;
初日は成田出発が2時間遅れたため、着いてからの観光が変更になりました。2日目に予定されていた国立人類学博物館からスタートです。
Mexico_1 まず、アフリカからアメリカ大陸への人類の移動や狩猟の様子と種類、当時の壁画(レプリカ)などの説明を受けました。その後、マヤとアステカ時代の遺跡から出土した品々を見ました。日本でも時々博物館で見ますが、当然の事ながら量・内容はさすがです。(^-^)

Mexico_2 そして造形的に楽しいモノばかり。(≧∇≦) ガイコツもいいのですが、この魚のかぶり物をしているように見える頭が気に入った。真面目なもののように見えないけどね。(^m^*
とても面白かったので、せめて日本語のガイドブックを買いたかったのですが、閉館まで見学していたら、ミュージアム・ショップが閉店してました。・・・まだ10分はあったはずなのに。orz
なにこのメキシコ時間。飛行機といい、ショップといい、初日からメキシコの洗礼を受けまくりです。(;´д`)

(byふらっと@メキシコ・シティ 現地時間 16日21:30)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

スーツケースのキャスター修理

Caster_1 スーツケースのキャスターが、1輪だけ偏って摩耗してしまいました。
前回の旅行のときに転がらなくなり、使い物にならなくなっていました。(><)

キャスターの修理をネットで検索すると、タイヤだけの交換で1カ所千円ちょっと。キャスターごと交換すると3千円くらい。往復の送料も考えると、どうせ修理に出すなら4輪全部交換したくなります。Caster_6
が、元々が量販店で買った1万円前後という安物のスーツケースだし、本体もそこそこ痛んできているので、いっそ買い替えた方が安上がりな気がします。(^^;) とは言えキャスター1つでスーツケースを捨てるのも忍びない。なにより既に絶版のナデシコステッカーも貼ってあるしね。

そういえばDIYのお店でタイヤだけって売ってるよね...ということで、ダメ元の修理をしてみることに。Caster_3
まずはタイヤ(95円)とボルト・ナット(3本160円)を購入。
偏摩耗したタイヤの軸を金鋸で切断して外し、ボルトでタイヤを固定しました。タイヤの穴の直径が6mmだったので、ボルトは5mmのものを購入したのですが、思った以上にスカスカだったのでスペーサーを入れてみました。

Caster_4超お手軽だけど、これで無事に旅行を終えられるか!?
という訳で、今日からしばらく旅に出ます。\(^o^)/ 行き先はメキシコ。ネジがゆるんで外れたときに備えて、予備パーツと小さなレンチも持っていきましょう。
ホテルでネットが使えるはずなので、修理したキャスターの状態は逐一レポートしたいと思います。あ、もちろん旅行記もね。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

詐欺だ!・・・友人談(笑)

友達が「とろ~り半熟卵が流れる“Bubby's”のエッグベネディクトが食べたい」というので、八重洲のバビーズ・ヤエチカに行ってきました。しかし・・・
Bubbys_1 ざんね~ん。(笑) 卵はすっかり固ゆででした。(ノ∀`)・゚・。
「半熟卵じゃないエッグベネディクトなんてっ!(`◇´*) ずっと食べたかったのに、これは詐欺だ。(/□≦、)」と泣いてました。強く憧れてしまうと、期待と違った時の反動が半端ないですね。(笑)
ちなみに“マック”のエッグマックマフィンは、これをもとに作られたそうです。なるほど、同じ味だ。(^^;

さて、もう一つ評判のアップルパイも食べました。
Bubbys_2
友人 「 一切れにリンゴが2個分入っているだって。(n‘∀‘)η」
私  「・・・そんな量には見えないけど。(^-^;」
友人 「紅玉は小さいのよ。(^-^)」
私  「・・・ホンマかいな。(^_^;」

山のように盛り上がった形で焼いたアップルパイは、カットされるとリンゴがこぼれ出たようになります。温めて生クリームと一緒に食べるのは、なかなか美味しかったです。こちらは期待通りだったようですよ。(笑)
1勝1敗に終わったBubby's。またチャレンジするなら、つき合おう。
・・・面白いから。(^m^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

上野下アパート見納め?

Doujunkai_1

先日の模型塾でのワンフェス大反省会に行く際、上野駅から浅草までは徒歩で行きました。
その目的はこちら。
3年ほど前にも見に行ったアコニーの舞台です。
※本日の写真はクリックで拡大します。

Doujunkai_3

現存する最後の同潤会アパートでもある「上野下アパート」も、今年の5月には取り壊されることが決まってしまったので、味のあるこの建物もそろそろ見納めです。
アパートの霊とか写らないかと写真を撮ってきましたが、残念ながらそんなことはなく。マンガの世界とは違って、現実の建物は取り壊しに抵抗できないんですね。(´・ω・`)

Doujunkai_2

まだ居住者がいるので、敷地内への部外者の立ち入りはできません。
が、壊す前に一度は中を見てみたい! すべての居住者が退居した後で良いから、見学会とかやってくれないかなぁ。まぁ、老朽化でコンクリが剥がれ落ちたりして危ないって言われているので、事なかれ主義の日本じゃ無理だろうけど。orz
前回リンクさせていただいたサイトとは別に、綺麗な写真と詳細な説明をしているサイトを見つけたのでリンクしておきます

そうそう、前回の記事の最後に赤ザクの写真がありましたが、今回行ったら同スケールのガンダムになってました。残念ながら写真は失敗したので、次の機会に再チャレンジです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

神田ランチ女子会

Kanda_1

久しぶりに学生時代の友人と神田でランチ女子会。(^-^) あまり時間がないので、“近江屋”でパンとドリンクバー、そのままケーキに流れ込もう・・・と話ながら歩いていると手打ちそばの“まつや”に目がとまりました。
「蕎麦なら直後にケーキもいけそう。(^Q^)」ということになり、“まつや”へ。オーソドックスにもり蕎麦を注文。少し甘めのめんつゆが、懐かしい感じです。
Kanda_2 店を出た後、先日火事で焼けてしまった“かんだやぶそば”を見てみました。外観は結構残ってますが、再建にあたって建て替えだそうです。( ´・ω・`)

さらに歩いて“近江屋”に到着。大きなガラスの扉の向こう(店内)がまったく見えません。(笑) 営業しているのか・・・というか、ここはケーキ屋なのか?ちょっと不安になります。扉を押してはいると、如何にも“昭和~♪”な店内に思わず笑みがこぼれます。
Kanda_3
ケーキとドリンクバーでお茶タイム。ドリンクバーは、スープ、フルーツジュース、珈琲など、かなりお得なラインナップ。ケーキは看板メニューのアップルパイを選びました。
Kanda_4 ちょっと懐かしいしっとり系アップルパイです。わたし好み!今度はホールで買って帰ろう。今回はお店で食べちゃったので、パウンドケーキを買ってみました。しっとり、ずっしり系のケーキです。シンプルだからこそ、素材の味を楽しめます。まぁ~ひとつ難を言うと、ケーキの底に干しぶどうが入っています。私、干しぶどう苦手なんです。(ノ_-。) これじゃないもの、もしくは入ってない方が良かったぁ。(^^;
Kanda_6

~オマケ~
お土産にパウンドケーキを買ったので「もうなにも買わない!」って決めたのに、神田で諦めた“竹隆庵 岡埜”のこごめ大福に上野駅で再会。「あぁ、これは運命!」と買ってしまいました。(^^; これも美味しかったです。もう少し小さいか、餡が少ないと、さらにわたし好み。なかなかの重量系でございました。(笑)
Kanda_5

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

WF2013夏 スタート!

昨日がWF2013夏の申込みの締切でした。当方も参加申込みをしました。PRカードもアップロードしたし、版権申請もした!これで大丈夫...だよね。ι(´Д`υ)
Wf2013s_pr いつもの事ながら、今回も新作をギリギリまで決めかねていました。版権枠に制限がなければ、とりあえず仮申請してもう少し悩んだかもしれません。だからって思うもの全部作れるわけないから、いずれ決めることなんですけどね。f(^^;

さて、新作ですが、ひとつは昨年から作りかけている『妖精さん』です。さすがに12体全部はくどいので、何体かをセットにした感じで。(笑) 今さら感がありますが、妖精さん好きなんで、諦め切れませんでした。
もう一つが、かなりマイナーなアニメキャラになりました。琉球朝日放送の“はいたい七葉”です。この中の『イーナ』の色彩がとても気に入りました。もちろん、カワイイ! 悲惨だった沖縄旅行での唯一の収穫かも。(笑) 版権が下りるか分かりませんが、チャレンジします!(^O^)/

妖精さんは作りかけていますが、イーナの方は未着手です。これから粘土をこねますよ~。でも、まぁ4月からでいいかな~。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国って...

twitterで被災地に住んでいる方が、3/11だからといって思い出したように震災に触れることに疑問を呈していたりしたので、敢えて震災ネタはスルーしていました。
震災支援業務で現地で経験したことは鮮明に覚えていますし、折に触れて思い返してはいますが、だからといって何ができる訳でも何をしている訳でもありませんからね。m(_ _)m

しかし、ネットで見かけた台湾さんを引き合いに出した暴言に我慢できず、この件だけはどうしても文句を書いておきたくなりました。
韓国は東日本大震災で台湾の何倍もの寄付をしたのに、なぜ日本人は台湾にばかり感謝するの?(リンク先は2チャンネルの纏めサイトです。)
なんか、日本人が台湾さんに感謝の意を表すことに嫉妬しているらしいです。

でも、実際はこんなだったよね?
震災直後の韓国の行動(リンク先は2チャンネルの纏めサイトです。)

政府によって捏造された歴史教育しか受けられない所為で、正しい歴史認識ができないのは可哀想だと思います。が、何故ほんの2年前のことすら正しく覚えていられないんだろう?
都合の悪いことは三歩で忘れ、都合の良い記憶で上書きする。ものすごくポジティブシンキングな民族なんだと感心します。...もちろん、悪い意味でですが。

今回の件で思い出したので、有名なコピペを貼っておきましょう。

---(ここからコピペ)---

9 モアイ(神奈川県)2010/11/11(木) 23:07:51.82 ID:HCSY9uFN0
芸人 「実はたけしさんに助けてもらったことあるんですよ」
たけし「よせよバカヤロー そんなんじゃないよ」

芸人 「実はさんまさんに助けてもらったことあるんですよ」
さんま「ちょっとそういうことは!もっといって!!もしかして俺、好感度アップ!?」

芸人 「実は石橋さんに助けてもらったことあるんですよ」
石橋 「やーめーろーよー そんなこというと次はいじめるぞ!!」

芸人 「実は高田さんに助けてもらったことあるんですよ」
高田 「あ!あの時の鶴?待ってたのよ~」

紳助 「あんなー実はなー 俺こいつ助けてやったことあんねん な?」
芸人 「え、ええ・・・」

---(ここまでコピペ)---

どういう人が好かれて、どういう人が嫌われるか、自戒した方がよろしいようで。

あと、関連してこの話題も貼っておきましょう。>>41の動画の38分過ぎくらいからが本題です。
NHKが中山成彬の従軍慰安婦捏造証明神動画をYoutubeから削除 国会中継削除は史上初(リンク先は2チャンネルの纏めサイトです。)
「嘘も100回言えば本当になると、プ­ロパガンダに励んでいる国民もいることを忘れてはいけない。」だそうですよ。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

鉄なオフ会

週末2日連続のスバルなオフ会、その2。
日曜はアルテさんの絵師さんとその師匠と、以前からお約束していたオフ会をしてきました。Iron_off2
会場は青梅鉄道公園。蒸気機関車を中心に、旧国鉄の車両や資料が数多く展示されています。0系新幹線とか、超懐かしいです!
師匠が鉄道に詳しく、機関車と客車の間の電気や蒸気の流れ、ブレーキの仕組み等々、この人は機関士か整備士ですか?っていうくらい色々な説明をしてくれました。“鉄な人”の神髄を見た!って感じです。※写真はすべてクリックで拡大します。

Iron_off1

次は大宮の鉄道博物館...と思ったら、入場料が高い! 青梅の10倍もするじゃないですか!? まぁ、青梅が安すぎなんですけどね。ちょっと場所が不便ですが、内容は充実していて楽しめる所でした。

この日の“残念”は偏頭痛の発症。自宅から青梅まで、信号の多い単調な市街路を1時間も走っていたら、到着する頃にはすっかり頭痛状態になってしまいました。(><)
マクサルトを飲んで少し休んだらなんとか小康状態まで復活したものの、食事をしてしばらくすると薬が切れてきて、自宅まで辿り着くのがやっとなことに。(;´д`)トホホ…

Iron_off3

そうそう、帰りの道中にふと気が付けば、積算距離が55,000kmを超えていました。そろそろとは思っていたのですがキリ番を気にする余裕もなく、6kmほど超えたところで撮影。
55,000kmちょうどでトリップをクリアして、55,555kmmのときに555.5kmを並べる目論見も泡と消えました。orz
次は66,666km...うちのペースだと5~6年後かな?(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

ヴィヴィオなオフ会

週末2日連続のスバルなオフ会、その1。
Vivio_off 山口県在住のヴィヴィオ乗りの方が関東に遠征してきているということだったので、昨日オフ会をしてきました。※写真はクリックで拡大します。

ヴィヴィオ一筋なこの方は、とにかく走る! ここ数年だけで震災後の東北、群馬、栃木と何度も遠征をされています。行き先だけ見ると信じられませんが、起点は本州の西の端っこ山口県ですよ!∑(=゚ω゚=;) 私が所属するスバルオーナーズクラブ16PSでも群馬でハンバーグを食べるだけのオフ会に大阪から自走で参加などという逸話がありますが、間違いなくその上を行っています。

めったに会えない方とゆっくりお話できたので、とても楽しい時間でした。なかなか連絡が上手く取れず、せっかく地元だったのにしっかりと予定を立てられなかったのが心残りでしたが。
次はレガシィで山口へ...!?(ヾノ・∀・`)ナイナイ

(byぶらっと)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

PHOTOLAを使ってみた

WFで買ってきたPHOTOLA(フォトラ)のレポで~す。( ^ω^ )
Photola_1 大きな箱の中身は、こんな感じです。背景板と背景紙が折れないから、必然的に箱が大きくなるのですね。

Photola_2 モノはコンパクトでも、撮影するとなるとそれ相応の広さが必要です。良い場所がなかったので、床にセッティング。これでも撮れないことはない。カメラマンが匍匐前進みたいな恰好になるけど。(笑)
被写体を適当な台の上に置いて、フォトラを三脚にセットする方法もありかも。今度試してみましょう。

Photola_3 よく分からないなりに撮影しても、この程度には撮れます。一方向の光が強くて陰が出来てしまうとか、暗くて全体的に沈んでしまうなどの心配がありません。これがラクなんだねぇ。(^^;
ただ、慣れるまでは被写体とフォトラの距離感や角度をうまく決められないです。私は暗いんじゃないかと心配して、ついつい寄り過ぎちゃう傾向にあるらしい。orz

    この写真は少しだけ拡大します。
Photola_4 ガイドブックには、正面から当てる方法の他に左右や上下から照らす方法などが紹介されています。上の写真の場合、ひとつは後ろから光をあてればクリアパーツが暗くならず、綺麗に撮れたのかもしれません。(--;
その他、背景紙は、すぐにボロボロになりそうです。うちのは最初から折れ目が入っていたし。orz これはバリエーションを増やすためにも、予備の紙を早めに買いたいです。

片づけは、簡単です。フォトラ本体は本棚に収まるし。まぁ、背景板と背景紙の収納性は、どうしようもありません。(笑) ジャマというほどでもないので、良しとしましょう。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

86オープンコンセプト

先日イラストが発表された86オープンコンセプトですが、先週末に写真も発表されました。 どこから出た画像なのか確認していませんが、ニュースサイトで見たものの他にも多数の画像があった(※リンク先は2ちゃんねるの纏めサイトです)ので“引用”(^^;)させてもらいます。
66e4b71e
C3c70053 8eecd8f2
F92b279b 8324fb6 7b6fe8e7
※写真はクリックで拡大します。

友人のblogなどをみると「思い切って2シーターにすれば良かったのに」という意見が大半。中途半端さが残念だという印象が世間的には強いようです。
が、私は個人的に好印象でした。 60年代くらいのアメリカンな青春映画などで、オープンカーに若造が4人乗車とかして馬鹿騒ぎしているシーンがあります。いかにもな“若気の至り”っぽさが楽しげで好きなんですよ。若い頃にそんな車の乗り方をしてみたかった...というか、今からでも不良ジジイが4人乗りとか楽しそう。(≧m≦)

動画も見つけたので貼っておきます。

うん、これはこれで4シーターもありですよ。

BRZ/86は大きさも価格帯も、明らかにお金を持っている中高年向け。オープンでも4人乗れないと家族の同意を得られないし、ちょっと駅までお客さん2人を迎えに行くのも2シーターじゃ無理ですからね。
ミニバンやトールワゴンしか売れない今の時代、オープンスポーツにユーザーを呼び戻すには良くできたモデルだと思います。

確かに思い切った2シーターも良いのですが、それはインプレッサの1,600ccエンジンを使った5ナンバーサイズの車でやってほしいです。そんな車が乗り出し200万円を切れば、それこそ若者向けにもなるし、子離れ世代にも走り専用のセカンドカーとして買いやすいでしょうから。
そんなモデルの販売に繋げるためにも、86オープン・コンセプトの市販バージョンの成功に期待したいです。あ、もちろんBRZオープンも出ますよね?

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

How to make G.K.(5)

HowTo」カテゴリでキットを作る5回目、「1.下準備 (4)パーツ洗浄」です。
ゲートとバリを取る作業で疲れてきた頃でしょうし、きりの良いところで少し気分転換をしましょう。

◆なぜ洗う?
パーツ洗浄とは、文字通りパーツを洗います。一般的には中性洗剤でゴシゴシと。
なぜそんなことが必要かというと、パーツの表面には複製時に油分がたっぷり付いていることが多いから。シリコン型からパーツを外し易いように離型剤を塗ったり、シリコンによっては離型剤代わりに油分がしみ出してくる物もあるんです。パーツが油まみれのまま作り続けると、色を塗っている過程でペロッと剥がれたりします。下地処理中ならまだしも、仕上げ塗りなんかでマスキングテープと一緒に塗った色が剥がれたら悲劇です。

何度も言うようですが、もちろんリカバリーは可能です。ですが、それは「技術的に可能」ということで、「精神的には厳しい」です。気持ちが折れます。
あと、イベント前なんかだと「時間的に間に合わない」ということもありますので、パーツ洗浄はしっかりやっておきましょう。

◆どうやって洗う?
Howto_5_1コップ1杯の水に、食器洗い用の中性洗剤を数滴というのが普通じゃないかと思います。で、使い古しの歯ブラシなどでゴシゴシ洗います。
人によっては液体クレンザーを使うというのも聞いたことがあります。良い感じに表面に細かいキズが付いて、塗料の乗りが良くなるとか。(敢えて細かいキズを付けることになるので、この後の作業「表面処理」をどこまでツルツルにしたいかによっては向きません。)
何を使うにしても、造形が入り組んだ奥までしっかり洗ってください。

◆流すのは洗剤だけ
Howto_5_2洗った後は綺麗な水ですすぐことになりますが、大事なのは、小さなパーツを間違って流してしまわないこと。小さいパーツをなくすリスクが一番高いのは、このタイミングです。ハードタイプのコンタクトレンズを扱うように慎重に洗いましょう。コンタクトレンズと違ってお金じゃ取り戻せないので、流してしまった場合の被害は甚大ですよ。
うちでは100均のザルを使ってます。割と便利で安全度が上がります。

◆手抜きは入れ歯洗浄剤で!?
さて、10パーツくらいなら30分も掛からず洗い終わるでしょうが、40~50パーツのビネットやもっとパーツの多いメカなどになると1~2時間掛けても終わりが見えなかったりします。
そこでイベント前など時間がない時に重宝するのが“入れ歯洗浄剤”Σ(゚д゚;)です。これは商品の本来の用途から外れますので、過去記事とそこからのリンク先を参考にしてください。
気を付けるコツとしては、錠剤の数を水の量ではなく、パーツの表面積で決めることでしょうか。錠剤が少ないと洗浄効果が落ちて後で塗料が剥がれる被害に遭いますので、最近はちょっと多めにしています。翌日ザルに揚げ、真水ですすいで乾かせば洗浄完了です。

◆いつ洗うのが正解?
このパーツ洗浄の作業は、ゲート・バリ取りの前に済ませちゃってもOKです。が、歯ブラシで手洗いする場合などはゲートの際などが洗いにくいので、このくらいのタイミングが良いんじゃないかな。まぁ、慣れてきたら効率を考えて色々試してみてください。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

ラファエロ展

3月2日から国立西洋美術館でラファエロ展が始まりました。いつもなら前売りを買ったって、終了ギリギリにしか行かないのに、今回は4日目に見に行くという素早さですよ。v(^o^)v
Raffaello_1 日本でこれだけの数が揃うのが凄いというのは分かるのですが、普段のノリで絵画鑑賞と思うとやっぱり小粒感が否めません。(^^; 「えぇーもう終わり~( ´・ω・`)」みたいな。
ラファエロは好きな画家なのですが、その時影響を受けた画家が分かる絵を描きますよね。初期のペルジーノやダヴィンチ、ミケランジェロとか。(^^; 最終的には自分の絵を確立していますけど。
この展覧会は、ほぼ全てが見どころと言って良いと思います。それくらい意気込んでも見きれる量ですし。(^m^; 結構いいのが素描です。数はありませんが、普段見ることがないので貴重かと思います。

Raffaello_2 余談になりますが、大本命の“大公の聖母”や“エゼキエルの幻視”などなど、フィレンツェのパラティーナ美術館の所蔵です。フィレンツェというとウフィツィ美術館が超有名ですが、このパラティーナ美術館は大穴です。(≧∇≦) まぁ、ラファエロの“小椅子の聖母”が有名ですから、大穴と言えるか微妙ですが。f(^^; とにかく、展示されている絵は、量・質共に半端ないです。もし、フィレンツェに行く機会がありましたら、是非!とオススメします。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

EYESIGHT×SHOJI KAWAMORI

Kawamori_6

本日の夕方、スバルWEBコミュニティより「なんだかなぁ...」なお知らせメールが届きました。「アイサイトのひみつ」のロボの最新情報。特設サイトが公開されたそうです。
※本日の画像はすべてクリックで拡大します。

Kawamori_7

トップページの右端にあるスクロールボタンをクリックすると、ロボからヘリへの変形アニメーションが見られます。このサイトの何がスゴイって、マウスのホイールでスクロールすることで変形の過程ををコマ送りで再生できること。河森監督こだわりの変形を一コマずつじっくり検証することができます。

Kawamori_8

そして、バナームービーを選択すると、変則的な2画面を使った30秒ぼどのアニメーションが見られます。
全5話が公開されていて、舞台はすべて富士重工業の本社がある新宿。第1話はEyesightロボがスバルビルの上から街を見守っています。BGMも音声もないショートストーリーですが、それなりに楽しめますよ。

ところで、しつこいようですが「放課後のプレアデス」はどうなっているんでしょうかね。「EYESIGHT×SHOJI KAWAMORI」も良いですが、「SUBARU×GAINAX」も♪忘れな~いで~♪忘れな~いで~♪

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

WF大反省会2013冬!

昨日は模型塾の『WF大反省会2013冬』に参加してきました。
こちらは反省会のラストに撮ったフィギュアの集合写真です。(拡大します)
Wf_hansei_1 前に反省会に参加したのが2011夏だったので、1年半ぶりになりました。流れは以前と同じで、自己紹介、出品作紹介、売れ行き、自己採点、質問です。今回は2Fでの開催だったので少々狭い感じでしたが、それが逆に一体感というか親近感に繋がって話が弾んだように思います。
これは休憩中の風景。テーブル2つに18名で、わいわいって感じ。(^-^)
Wf_hansei_4
持ち寄った完成品を回していくので、イベントではじっくり見ることが出来ない作品も、舐め回すように見ることが出来ます。(笑)
雰囲気の良いフィギュアです。普通見えない足の裏もバッチリ!(拡大します)
Wf_hansei_2 WF会場で見たかったクオンがここで!∑(゚∇゚|||) 眼福!眼福!(拡大します)Wf_hansei_3 質問と回答もいろいろ勉強になりました。「完成品を考えていますか?」というのに、「まずはカラーキャストで塗装を減らすところから」という回答も実践的でいいなと思いました。
展示についても、展示台全体の照明に良い方法や完成品をスポット的に照らす効果などが出ました。作ることで手一杯になりがちなので、こうした話が聞けたのは良かったです。

そして一番盛り上がるのが、シリコン型でしょうか。(^^;
“手仕事のタカヤマ”さんは相変わらずトリッキーな3面型です。
Wf_hansei_5こういう型設計が出来るって、超頭脳派ですよ。すごいな~。 Wf_hansei_6 うちも型を持ってたのですが、出すタイミングを逸してしまいました。この後の宴会場で披露したら、みんな立ち上がっちゃって焼肉屋らしからぬ風景が・・・。(^^; うちのはそんな珍しい型じゃないと思ったんだけど。
やっぱり型やキャストの話題は盛り上がります。みなさんいろいろ工夫されていますし、その分悩みも多いってことですよね。

あれやこれやの情報交換もバッチリ!うちもそろそろ夏に向けて始動したいと思います。(オッソーイ。笑)
Wf_hansei_7
(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

「古書の来歴(上・下)」読了

サラエボ・ハガダーという実在の祈祷書に纏わる史実をベースに、その本がどうやって歴史を生き延びてきたかをフィクションで補った物語です。※帯や裏表紙の解説以上のネタバレはない...はずです。
People_of_the_book イスラム同様に偶像崇拝を否定しているユダヤ教の祈祷書に描かれた細密な宗教画。どうしてそのような本が成立したのか、そしてその本が宗教対立による焚書の危機をどのようにかいくぐってきたのか。古書に付いた染み等の痕跡を頼りに、時代を遡りながら本に関わった人々の物語を紡いでいくという展開で、読み進めるほど本の物語が解き明かされます。

ユダヤ迫害の歴史やボスニア・ヘルツェゴビナの第二次大戦や民族対立による紛争などの前提知識がないと、上巻の前半くらいまではストレスが溜まります。分からないまま読んでいて良いのか、先にその辺を調べた方が物語を楽しめるのか...。
ボスニア・ヘルツェゴビナについてはネットでちょっと調べると大まかな歴史的な経緯が分かりました。その上で読み進めると、上巻の後半からは面白くて引き込まれます。ユダヤに関しては一般的な知識があれば、物語の中で補ってくれますし。

途中で何度も意外な展開(もちろんフィクションの部分で)があり、純粋にミステリーとしても楽しめます。そして、宗教や歴史、美術にも興味が持てるという、一粒で2度も3度も美味しいお話でした。

スペインでは15世紀にユダヤ教徒、キリスト教徒、ムスリムがお互いを尊重して共存していた「コンビベンシア」という時代があったそうです。そういう時代にそれぞれの文化を融合したサラエボ・ハガダーが作られ、宗教が対立する時代になっても、信仰を越えて芸術を守る人々によって現代まで伝えられてきた。そんな人々の数奇な運命に思いを馳せるのも、この物語の楽しみ方の一つです。

私は、「宗教は人が幸せになるためのものであるべき」と考えているので、自分の人生のよりどころにするのは良いですが、他の人に信仰を押しつけたり、そのために戦争になるというのでは本末転倒じゃないかと思っています。日本人の(ちょっといいかげんな)宗教観くらいがちょうど良いんじゃないですかね。
遠くない未来に、お互いの宗教を尊重する「コンビベンシア」のような時代が再びやってくる事を願います。

(byぶらっと)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

ワンフェス2013冬レポート~その他~

イケメン美少女とレポートしてきましたが、どちらにも入らなかったものを。※本日の写真はクリックで拡大します。

いきなりですが5-23-02【あとりえカルロス】さんでは、ブリアレオスがガンプラをパチ組してました。Wf2013w_14 版権申請作業に手抜かりがあり、モノがあっても展示・販売ができなかったとか。で、このパフォーマンスです。うつむいて作業する姿が哀愁を誘ってました。次回はがんばってください。(^^;)

Wf2013w_15

6-20-16【凸3】さんはオリジナルのロボとフィギュア。
絵心のある人は羨ましいなぁ。絵とフィギュアはずいぶんと違うようですが、フィギュア製作の作家性というもの含めて、オリジナリティに溢れていました。

絵心といえば、6-02-09【でんぷ椎】さんのクリーチャーもなかなか。オリジナルでしょうか、「サメ野郎」「サイ野郎」。怖いような怖くないような。
Wf2013w_16

「人類は衰退しました」から「わたし」ちゃん2作。
4-17-05【Pectry】さんと6-18-14【蒼風の工房】さん。Pectryさんは妖精さんのぬいぐるみが可愛かったです。
Wf2013w_17_2
蒼風の工房さんの原型を作られたのは、模型塾で知り合った日常さん。たくさんの妖精さんに囲まれて正にオープニングそのものでした。モデルグラフィックにも掲載されていましたね。Wf2013w_18
妖精さん繋がりでもう1作。まさかの「一斤さん」は5-23-08【みぃ・らぼ&ちきんだっくEX.】さん。5人くらいの合同卓らしく、この妖精さんを作られたのはこちらの方。大人気で、カメラの砲列ができていました。

写真を撮らせていただいた作品はまだまだ沢山ありますが、紹介しきれません。会場もほとんど周りきれいていないので見られなかった中にも素晴らしい作品がもっとあったと思います。もっとゆっくり見て回れると良いのですけどね。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

WF参加の回数

WFディーラーパスを見ていたら「綺麗だなぁ~」って思ったので、なんとなく並べてみました。なにやってんだか・・・自分。f(^^;
Wf0513 今までの参加はWFが15回、(今は無き)ホビコンが1回、トレフェスが1回でした。なんだかんだで、もう8年目なんですね。進歩してるかな・・・。(;´▽`A``

写真1段目で空いているのは、2006年夏です。その時のblogを見ると、一回休む理由なんかが書いてあります。この頃は仮申請までに大体の形を作っていました。その状態で本申請できるか考えていましたね。今じゃ仮申請してから作り始めたりしてるもんね~。(^^; 随分図々しくなったもんです。(ノ∀`)・゚・。

2段目で空いているのは、かのエスカレーター事故の直後です。2009年冬にあたるWFは、1回休みになりました。そしてその次から幕張に変わっています。最初はホール表記が有明の時と同じアルファベットでしたが、3回目から数字になっています。

3段目の右端は、トレフェスの時の物です。時系列に並べるなら3段目の左から3番目に入らないといけません。しかし・・・年に3回(オマケにイベント毎に新作を用意)はきつかったです。orz 終わってもすぐイベントが襲ってくる感じ。もうそんなハードなことはしない・・・かな。(笑)

さ~て、この後いくつディーラーパスが溜まるでしょうか。同じ紐の色が出たら卒業って事にしようかな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »