« クリスマスの準備 | トップページ | 渚ちゃんのプチ解説製作記(4) »

2012年11月23日 (金)

和菓子のアン

最近流行の“ほのぼの日常ミステリー”系小説、『和菓子のアン』です。先日の『タレーラン』でつまずいて、若干食傷気味だったんですけど、“和菓子”の文字に負けました。(;´▽`A`` 今、私は無性に和菓子が食べたいんです。(笑)

デパ地下を舞台に、ちょっと太めの主人公アンちゃんと、個性豊かな職場の上司や同僚とのほんわかしたお話しでした。「これミステリーって言うの?」ってくらい軽いところもありますが、私は好きなお話しでした。大した事でもないのに「その謎、たいへんよく挽けました」とか言われるよりずっといい。(--; ・・・ゴホゴホ・・・。(^^;
アンちゃんもいいんだけど、周りを固める人達もいいんですよ。みんな憧れてしまうくらい素敵なのに、ちょっと残念な個性を持っていたりして。(笑) それと普段見えないデパ地下の様子が少し見えたり、和菓子のうんちくが出てきたり。ジェットコースターのような激しいストーリー展開はありませんが、じんわ~り読める本でした。せっかくいいキャラを登場させているのですし、もう1冊くらい続編があってもいいのになぁ~と期待してしまいます。(^^)

(byふらっと)

|

« クリスマスの準備 | トップページ | 渚ちゃんのプチ解説製作記(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/56176252

この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子のアン:

» 「和菓子のアン」~坂本司著 [ぴくるすの枕草子]
Ifoundthisbookatthebookstore.AndIborrowedandreadit. 書店で見つけました。そして、図書館で借りて読みました。 本屋さんで見つけた時、最初に目に入ったのは、おいしそうな表紙の写真!これに惹... [続きを読む]

受信: 2012年11月27日 (火) 19時33分

« クリスマスの準備 | トップページ | 渚ちゃんのプチ解説製作記(4) »