« 渚ちゃんのプチ解説製作記(2) | トップページ | たまにはアニメの感想など。 »

2012年9月17日 (月)

東京消防庁本所防災館に行ってきた

Honjo_1

職場の自衛消防隊で外部研修として埼玉防災学習センターに行ったのが約2年前。2年で自衛消防隊員も半分くらいが入れ替わったこともあり、再び外部研修が行われることになりました。
今回は東京消防庁本所防災館に行ってきました。最寄り駅は錦糸町、または押上。スカイツリーがすぐ近くです。
埼玉防災学習センターのときは自分たち十数人だけでしたが、さすがは東京消防庁。企業や町内会などいくつもの団体が合同で受講する形となり、100人近い人数が集まりました!Σ( ̄ロ ̄lll) しかも直前まで小学生の団体が受講していて、ロビーはごった返してました。埼玉の片田舎とは違うのか、東日本大震災を挟んで防災意識が高まっている為かは定かではありませんが。(^^;)

Honjo_2

受講内容は、「3.11から何を学んだのか」というテーマで津波被害の映像を見せられた後、浸水した避難扉や水没した車のドアが開かない体験、地震体験、消火器体験、心肺蘇生でした。
3.11の映像は何度見ても悲しいものですが、風化させないためにも必要なことだと思います。地震体験は埼玉と違って家具付き。食器棚が落ちてくるのはスリリングでしたよ。

心肺蘇生も、昨年受けたときから変更されたところが沢山ありました。
以前は「顔を近づけて頬に息を感じるか」など慎重に判断していた呼吸確認ですが、そんなことで悩んでいる時間ももったいないということで「パッと見で息をしていなければすぐに胸部圧迫を」となっていました。明らかに呼吸をしている状態でなければ、止まっているものとして対処する。判断が付けにくければ、悪い方の事態を想定して対処するということだそうです。
そして「人工呼吸もするな」と。「感染症が...」とか「ちょっとキモイし...」とか躊躇う時間があれば、その間も胸部圧迫を続けろと。キューマスクとか支給されましたが、そんなモノを引っ張り出す時間も無駄みたい。先進国で人工呼吸をしていたのは日本くらいだったそうですよ。(lll゚Д゚) 常に最善を考えて更新されるようで、定期的に復習する重要性を再認識しました。

さて、こちらの防災館には売店もあります。Honjo_3
主に防災グッズや保存食などを取り扱っているのですが、記念品的なものもありました。
で、ちゃっかり買い物もしてきました。消防キティちゃんのクリアフォルダ(\100)と藍染めの手ぬぐい(\700)です。どちらもお買得価格です。団体の講習に紛れてしまえば売店だけ利用しても大丈夫そうなので、興味のある方はチャレンジしてみてください。

(byぶらっと)

|

« 渚ちゃんのプチ解説製作記(2) | トップページ | たまにはアニメの感想など。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/55683991

この記事へのトラックバック一覧です: 東京消防庁本所防災館に行ってきた:

« 渚ちゃんのプチ解説製作記(2) | トップページ | たまにはアニメの感想など。 »