« 不思議の国のなぎさ製作記(5) | トップページ | Sake from Japan製作記(6) »

2012年7月22日 (日)

「ダブル・ジョーカー」読了

以前読んだ「ジョーカー・ゲーム」の続編です。
ひたすら地味なスパイ物ですが、派手なアクションよりリアリティがあって余程カッコイイ! いくつかの短編に分かれていて、一つのお話しが終わる都度つい読み返してしまいます。
最後の短編は、「ジョーカー・ゲーム」に収録されていたお話しの舞台裏となるもの。こういう趣向も楽しいですね。

太平洋戦争が始まってしまったことで平時のスパイ活動に終止符が打たれる。ということは、このシリーズも終了...と思ったら、巻末の広告ページを見たら第3弾があるとか。次の文庫化を楽しみに待ちたいと思います。(たくさん読むので保管場所と価格の両面からハードカバーは買えないんですよ。(^^;) )

で、お気に入りのこの作家さん。amazonのユーザー・レビューでは評価の高い「吾輩はシャーロック・ホームズである」も読んだのですが、これはハズレでした。ホームズシリーズをほとんど知らない私には苦痛でしかありませんでした。(><)
元ネタを知らずにパロディを見るようなものといえばわかりやすでしょうか。シャーロキアンさんやホームジストさんには面白いんだと思いますよ、たぶん。\(^o^)/

(byぶらっと)

|

« 不思議の国のなぎさ製作記(5) | トップページ | Sake from Japan製作記(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/55195196

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダブル・ジョーカー」読了:

« 不思議の国のなぎさ製作記(5) | トップページ | Sake from Japan製作記(6) »