« コーヒー用製作記(3) | トップページ | 荏胡麻(えごま)を使って »

2012年1月 4日 (水)

テレビが信用できない

ネットで真実(もちろんデマも混在してますが)が伝えられるようになって、テレビも新聞も鵜呑みにしてはいけないという認識が一般にも広まりつつある昨今。オウム真理教の平田容疑者の出頭に関する今朝のNHKの報道でいよいよ疑問が深まりました。

昨日のテレビニュース(どの局だったか記憶が曖昧ですが、リンク先は日テレです)と、今朝のNHKのニュースでの相違点には大きな違和感を覚えました。
「情報提供フリーダイヤルに電話したが相手にされなかった」→「10回掛けても話し中だった」
「大崎署に出頭しようとしたが入口が分からなかった」→「入口に警察官が不在だった」
「警視庁に行ったら機動隊員に門前払いされ、丸の内署へ」→「地下鉄で警視庁の本部へ向かった」
話の順番も「電話してから出頭」→「大崎署が分からなかったから電話」と入れ替わってます。

どっちが間違いなのかは分かりませんし、昨日の段階では正確な情報がなかっただけというのが真相なのかもしれません。
しかし一つ明確なことは、今朝の時点では「NHKが機動隊員の不始末をぼかした」こと。時間の制約等があったとしても、そこを省略するのは不自然じゃないかと思うんですよね。

報道機関による「やらせ」や「捏造」はたまにバレて大問題になってますが、こういった意図的な(?)情報の取捨選択はあまり表に出てきませんよね。でも、ネットで情報を見ていると、「報道の自由」に対する「報道しない自由」なんて皮肉が頻繁に話題に上がってたりします。
韓流のごり押しに代表される「公共の電波を使ったステルスマーケティング」もそうですが、国民一人一人がマスコミに踊らされないようにすることが大事です。
次に試されるのは衆議院総選挙ですかね。報道や他人の意見に流されず、自分で考えて判断できるように、日頃から意識しておかなければなりません。

あ、もちろん警察の不手際についても、しっかり検証して改善していただかないと困りますけどね。(^^;)

(byぶらっと)

|

« コーヒー用製作記(3) | トップページ | 荏胡麻(えごま)を使って »

コメント

テレビも新聞もよく確認しないで書くこと多いので、こんなことになることも…。
おいらの職場も説明したことと違うことを書かれることあるし…。

でも、警察もお粗末ですなぁ。
まぁ、事件が風化して、みな他人事なのが一番の原因なんでしょうけど。

投稿: MAKOTO(Cz75) | 2012年1月 5日 (木) 15時47分

■Cz75さん
直接実害を受けていらっしゃるんですね。(--;)

まぁ、報道なんて昔からいい加減なものだったことに変わりはないのでしょうが、それを見抜く術が得られただけ良しとしますか。(^^;)

常に緊張を強いられる警察も大変だと思いますが、世の平和を守るためにも頑張っていただきたいものです。
私も含め、どうせ世間の一般人はあてにならないんですから。\(^o^)/

投稿: ぶらっと | 2012年1月 6日 (金) 00時32分

ついでに。あの辺は、要人警備もしなきゃなので、下記のようなこともあるらしいですよ。
実際、めんどくさそうな人のお相手してるのみたことありますよ。

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235007

投稿: MAKOTO(Cz75) | 2012年1月 6日 (金) 01時59分

■Czさん
リンク先、笑わせていただきました。
年末やらエイプリルフールやら、オカシイのも多いでしょうから気持ちも分かります。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2012年1月 7日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/53655757

この記事へのトラックバック一覧です: テレビが信用できない:

« コーヒー用製作記(3) | トップページ | 荏胡麻(えごま)を使って »