« ハロウィンっぽく | トップページ | クリスティーナ製作記(2) »

2011年11月 1日 (火)

TPPねぇ...

ここ最近、今さらのように議論が活発になってきたTPP参加の是非。どうも日本人のお尻に火がつくまで物事を先送りするという習性は変わらないようです。それこそ今さらですが、当blogでも取り上げたいと思います。

いつものとおり長いので、興味のある方は「続きを読む」をご覧ください。

TPP交渉について、どうすれば良いのか、どうすべきなのかは賛否両論ですね。
それというのも、大前提になる「参加した場合と参加しなかった場合、それぞれのメリット・デメリット」が根拠のあいまいな想定でしかない。そんな状況では、工業輸出と農業保護で意見が対立し、テレビなんかの討論番組でも結局どこまで行っても平行線になるのは当たり前です。

「農業も大規模化すれば世界に通用する」なんて意見もありますが、日本の国土で可能な大規模化では大陸に太刀打ちできないのは牛肉の自由化で実証済みです。
しかし工業の立場から見れば「関税を撤廃した国との競争に、関税を上乗せされていては勝負にならない」というのは当然。「俺たちが稼いできたカネを農家にばらまいてる」「農家は継続しても廃業しても補助があるが工業にはそんなもの全くない」と、先日お話しを伺った自動車メーカーの方がおっしゃっていたことも一理あります。

ただ、報道では工業v.s.農業の話ばかりで、食品の安全基準・医療・介護・保険・雇用・知的財産保護等々の事はあまり語られていません。
保険関係に勤務する私としても安易に参加などされては死活問題と考えていますが、同僚には「えっ? 保険は関係ないでしょ。工場と農家の話じゃないの?」という人もいるくらい。orz 国民の大多数がそんな認識なのに、このまま話を進めて大丈夫なのでしょうか。(--;)

そもそもTPP交渉に参加しないと議論の詳細は教えてもらえないというのが曲者です。そして、一度参加したら「やっぱやめとくわ」は通用しないでしょう。
だって、何やら楽しげに相談している人達がいたとして、
俺「なになに?教えて」
皆「仲間以外には教えられないよ」
俺「じゃぁ仲間に入れて」
皆「実はこんな事をしようって話なんだ」
俺「うわぁ、それは引くわ。(--;) やっぱヤメタ」
皆「今さらそんなことは許さん!」
って流れは学校でも会社でもありがちだよね。(w)
しかも、実はジャイアンみたいなガキ大将が「のび太に汚れ役やらせようぜ」って手ぐすね引いて待ってるところに、まんまと首を突っ込んじゃったりしたら目も当てられませんよ。の「ドラえも~ん 。・゚・(ノд`)・゚・。」 ド「だいたい君はいつもそうやってよく考えもせずに…」となるのは目に見えています。\(^o^)/
「TPPオバケ」なんて言って反対派を揶揄することでごまかそうとしていますが、正体も分からないオバケがいる可能性の方が高いなら近づかないのが吉。何の準備もなしに虎穴に入たって命を落とすばかりで、虎児を得られる可能性は限りなく低いってことです。参加の是非を問うのに、その辺の認識が甘いのが一番心配なんですよね。

何より忘れてはいけないのが、「一度やらせてみれば」と安易な政権交代をしたことで既に相当痛い目を見てるということ。
美味しい話ばかりして「やってみたら無理でした」というマニュフェスト詐欺。しかも選挙前には隠しておいた売国行為ばかり力を入れる政権です。「TPP交渉に参加してみて、条件が合わなければ止めればいい」なんて言って、後戻りできずに痛い目見るのだけは勘弁してもらいたい。
「自治権を持った国なので、相手の思い通りになんかなるはずがない」なんて脳天気な事を言っている政治家さんもいるようですが、一番大事な関税の自主権を捨てようって判断がそんなに楽観論で良いのでしょうか? 自治権を持っていたはずなのに相手国の思い通りの不平等FTPを押しつけられた韓国の例もあるのに。

本当に日本国の発展のためになるならTPP参加も必要でしょう。しかし、その判断をするにはあまりにも情報が少ないのが現状です。
なんでもそうですが、隠し事ありきの話をまともに取り合ってもろくな事はありません。
マスコミが自分たちの利害で報道統制をしているんじゃないかと疑いたくもなりますが、そうでないというなら正確な情報を提示してもらいたいものです。
そして日本国民は、もっと自分たちの将来に関心を持つべきだと思いますよ。

(byぶらっと)

|

« ハロウィンっぽく | トップページ | クリスティーナ製作記(2) »

コメント

一度やらせて見たらの政権
唐突に色々言って結局出来ませんで元通り多しですね
ちょっと言ってみただけの発言も

TPPも工業対農業の対決みたいですが
色んな事も医療。介護
47都道府県の首長は40が反対みたいですね
何か幕末みたいな様子

今日からR66に行き写真撮ってきます(笑)

投稿: BRAT | 2011年11月 2日 (水) 10時11分

正確な情報は内輪の人限定でしょう。駆け引きですから。 僕は美味しいもの売って稼げばいいじゃんと思ってます。美味しければ規模の話にはならない。あと、日本の人は外国人と付き合い慣れていない。これは慣れだから、言葉や人種が異なろうと、お互いに普通に暮らす人だとわかれば何とかなる。おもてなしや気遣いを示せれば、日本贔屓も増えますよ。

投稿: hiyama | 2011年11月 2日 (水) 15時26分

もう一つ。韓国はFTPに伴って規制改正等さっさと動いてます。そのとばっちりで忙しい。。。

投稿: hiyama | 2011年11月 2日 (水) 15時28分

■BRATさん
素人が思いつきで政治を行うのはいい加減にして欲しいですね。

幕末は、主張が違うなりに皆が日本のためを一途に考えていただけ良かったと思います。
今はどこの国のためにやっているのか疑うところからとは情けない。外国人から献金もらっても「知らなかった」で返金すれば終わりというのを改めないと。(--;)

R66でどんな写真を撮られるのか楽しみです。
みんカラの更新を期待しています。

■hiyamaさん
大規模化で惨敗した牛肉なんかも、結局はブランド化で生き残りを図りましたからね。個々の農家はそういう対策しかないでしょうね。
しかし逆に言えば、工業製品だって少数の高品質な高級品で勝負すれば良いということにもなってしまいます。

これほど立場によって言い分が違うのに、正確な情報もないなかで半端な議論しかしていないことが一番の問題だと思うのですよ。

その上、食の安全や食糧自給率、さらには非関税障壁のあれこれを犠牲にして大丈夫なの?って心配が乗っかりますからね。
参加してもしなくても打撃をうけるなら、韓国や他のTPP参加国の5年後、10年後を静観してみるのも手かと。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2011年11月 3日 (木) 00時25分

どうもです。僕もTPPは勉強不足ではあります。

工業製品も少数/高品質/違いのわかるお客に振るのは真実です。そうしなければ路頭に迷う。でも高品質を作れるのは積み重ねのある所だけですね。 価格のみで選ぶ人に薄利多売しようなんてとっくに終わってます。でも大きすぎてやめるにやめられない、、、、。

投稿: hiyama | 2011年11月 3日 (木) 18時43分

■hiyamaさん
前総理が思いつきでTPPに言及した後、1年以上放置していたのが痛かったですね。(><) 今から交渉参加を表明しても、参加できる頃には交渉は終わってるという説も出てきましたし。

アメリカの思い通りに引っかき回されたTPPより、中国やインドとFTPを結ぶ方が有益という意見もあるようです。
土壇場でせっつかれて結論を出すのではなく、工業も農業も皆が幸せになれる方法をじっくり探って欲しいと思います。

投稿: ぶらっと | 2011年11月 3日 (木) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/53138798

この記事へのトラックバック一覧です: TPPねぇ...:

« ハロウィンっぽく | トップページ | クリスティーナ製作記(2) »