« ふきふきするよ製作記(3) | トップページ | この紋所が目に入らぬか! »

2011年11月21日 (月)

「蒲蒲線」って(^^;)

その昔、目黒~蒲田を走るから目蒲線という安易なネーミングの電車がありました。
あってもなくてもどうでもいい(リンク先はYouTube「目蒲線物語」です)と歌われた挙げ句、本当になくなってしまいましたが。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
母方の実家が目蒲線の沼部駅に近かったため、物心ついた時から馴染んでいました。

そして、今日のmsnニュースより冒頭部分を引用します。
※長いので、全文は「続きを読む」に引用しておきます。
---(ここから引用~冒頭部分~)---
「蒲蒲線」実現に向け地元と協議 駅間800mの「不便」解消

東京急行電鉄は、東急「蒲田駅」と京浜急行電鉄の「京急蒲田駅」を結ぶ新路線「蒲蒲(かまかま)線」(新空港線)を敷設するため、地元との協議に入った。

---(ここまで引用)---

また安易なネーミング キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

うん、確かに東急沿線から羽田空港に行こうと思うと不便ですよね。せっかく羽田から海外に行けるようになったんだし、そこのアクセスを良くすれば利用者は大助かりですよ。

反面、駅の間を歩くお客さんで賑わっている商店街は、ちょっと寂しくなるかもしれませんね。
京急沿線の実家から蒲田の某専門学校に通っていた“ぶらっと”は、京急蒲田~蒲田を毎日歩いていました。アーケードもあって雨でも安心だったし、それなりに色々なお店を見られるのも良かったんですけどね。

一長一短があったり、東急と京急では線路の幅が違うなど解決しなければならない問題もあるようですが、単純に「蒲蒲線」というのが実現すると響きが可愛らしいので頑張ってほしいな。(^^;)

(byぶらっと)

---(ここから引用~全文~)---
「蒲蒲線」実現に向け地元と協議 駅間800mの「不便」解消

東京急行電鉄は、東急「蒲田駅」と京浜急行電鉄の「京急蒲田駅」を結ぶ新路線「蒲蒲(かまかま)線」(新空港線)を敷設するため、地元との協議に入った。

「蒲蒲線」構想はすでに国の運輸政策審議会から「2015年までに整備着工することが適当」との答申を受けていて、東急電鉄と京急電鉄、国、東京都、大田区に鉄道建設・運輸施設整備支援機構の6者が「勉強会」で検討を進めていた。

■羽田空港へのアクセス便利に

「蒲蒲線」について東急電鉄は「地元に、まだ(敷設を)打診したところで、協議を始める段階です」と話す。地元・大田区も「すべての関係者の合意を得ていきたい」としている。

蒲田駅にはJR京浜東北線と、東急池上線と多摩川線が乗り入れており、両者の乗り継ぎは容易。しかし、JR線・東急線の蒲田駅と京急蒲田駅は約800メートル離れており、利用者からは「乗り換えに不便」などの声があがっていた。

京急蒲田駅は、羽田空港と結んでいる。東急としては京急に乗り入れて羽田空港に接続することで、空港への利便性を高める狙いがある。

東急線の利用客、なかでも田園調布(大田区)や二子玉川(世田谷区)周辺、東横線沿線に住む人は、羽田空港に向かうのに品川駅を経由しなくて済むようになる。

構想では、東急多摩川線の蒲田駅ホームを地下化して設置。一方、京急空港線を大鳥居駅から京急蒲田駅まで新たにレールを地下に敷き蒲田駅まで延伸、蒲田駅地下ホームに乗り入れる。乗客は蒲田駅地下ホームで、対面式で乗り換えられるようにする。

大田区は、「東急線と京急線は車輪の幅が違います。車輪の幅を変えられるフリーゲージ・トレインなど新型車両の導入は検討課題ではありますが、現段階では乗り換え方式が、より現実的と考えています」と説明する。

フリーゲージ・トレインは現在建設中の九州新幹線長崎ルートで実用化を目指しているが、走行面での安全性を指摘する向きがある。また、わずか800メートルといえども用地の確保も必要で、地元への影響を含め、クリアする課題は少なくない。

■「広域ネットワークへ」地元・大田区の期待大きく

とはいえ、「蒲蒲線」が実現に向けて動き出したことを、一番喜んでいるのは大田区だろう。ここ数年、大田区は「蒲田問題」に頭を痛めてきたからだ。

箱根駅伝でおなじみの京浜急行の蒲田踏切は、ふだんは第一京浜(国道15号線)の渋滞を引き起こしていた。現在その渋滞解消のため、京急線は高架化を進められている(2012年度中に完了)が、この事業に約200億円の分担金を拠出した地元の大田区は、高架化によって一部の電車(エアポート特快)が京急蒲田駅を通過するようになったことから、「これでは地元の活性化にならない」と不満が漏れていた。

東急線は一方で、2012年度には東横線と東京メトロ・副都心線との相互乗り入れを予定していて、大田区は「直通運転が始まれば、東武線や西武線を利用する埼玉県の住民などが副都心線~東横線~多摩川線で蒲田や羽田とつながり、便利になります。地元の活性化もありますが、広域ネットワークの点からも期待できます」と、強調する。

---(ここまで引用)---

|

« ふきふきするよ製作記(3) | トップページ | この紋所が目に入らぬか! »

コメント

 確かに「京急」と「玉川線」の区間は「同じ蒲田なのにどうして?」って思うほどの距離でしたからね。
 私の一番初めのBMWモーターサイクルのディーラーの最寄り駅が「大鳥居」で品川まで出るのが面倒なので良く歩いて行ったものです。
 京急との乗り入れは確かにハードルが高いですよね?「軌道」が「新幹線」と「在来線」ですから。でも都営浅草線は乗り入れしているんですよね…。
 ともあれ、目蒲線は懐かしい響きです。旧3000系が懐かしいです。

投稿: ハギハラ | 2011年11月21日 (月) 22時04分

■ハギハラさん
川崎~京急川崎はまだ歩く気になりますが、蒲田は乗り換えにはちょっと遠いですね。(^^;) まぁ、品川に出る時間とどっちを取るか、乗車駅次第ですか。

商店街のために敢えて交差しているところから少しずらして乗換駅を作るケースもありますが、こちらの商店街もどうなるのやら。

3両編成というローカル線並みの目蒲線でしたが、懐かしさを共有できる方がいて良かったです。

投稿: ぶらっと | 2011年11月22日 (火) 18時55分

子供のころ住んでいたところは武蔵新田が最寄駅でした。個人的には目黒線と多摩川線より目蒲線のほうが好きな響きです。
蒲蒲線も蒲々線のほうがいいような気もします。
確かに800mは徒歩では短くないと思います。岩本町と秋葉原もそんな離れてないはず。

投稿: あのつくひと | 2011年11月27日 (日) 01時08分

■あのつくひとさん
おぉ!目蒲線仲間でしたか。
私も目黒線なんて呼ぶ気がしないので、今でも「目蒲線の目黒の方」とか呼んでます。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2011年11月27日 (日) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/53300854

この記事へのトラックバック一覧です: 「蒲蒲線」って(^^;):

« ふきふきするよ製作記(3) | トップページ | この紋所が目に入らぬか! »