« 工房探訪 | トップページ | 映画『ステキな金縛り』 »

2011年11月16日 (水)

CERT訓練

我が社の防災担当者は、次から次へネタを持ってきます。
今回は「CERT訓練」ということで、瓦礫に埋まった人を地域の人達で救出する方法を伝授されました。

「CERT」とはCommunity Emergency Response Teamの略で、救助隊の到着までに地域で救助しようという事らしいですが、ググッても「CERT/CC:Computer Emergency Response Team/Coordination Center:コンピュータ緊急対応チーム/調整センター」としか出てこないんですよね。本当にちゃんとした用語なのか、我が社の防災担当の造語なのか怪しい...。(^^;)
CSR(Confined Space Rescue:狭隘(きょうあい)空間における救助活動)とも違うのかな?

バールを使い、テコの原理で数センチ持ち上げては木片等を挟んで少しずつ高さを稼いでいきます。コツは無理せず数センチずつ、下敷きになった人に負担がかからないようにすること。
何はともあれ、バール1本とそこらに散らばる木片や石などで、200kgくらいの瓦礫や倒壊家具の下敷きになった人を救助できるというのはすごいことです。非力で腰痛持ちの私でも一人で何とかできるんだから驚きです。
※資料の写真は、クリックで読めるくらいのサイズに拡大します。
Cert_1
Cert_2
阪神淡路大震災では、瓦礫の下敷きになり救助隊の到着までに火が回ってしまったケースも多かったと聞きます。
この方法で一人でも多く助かるなら、一家に一本バールを備えておく価値もあるでしょう。
でもね。最低でも90cm、できれば120cmのバールって、普通の家庭にあったら相当怪しいですよ。(--;) 買って帰る途中で職質にでもあったらどうしよう?ってレベルです。
まぁ、伝説の“バールのような物”を購入する良い機会かもしれませんが。

(byぶらっと)

|

« 工房探訪 | トップページ | 映画『ステキな金縛り』 »

コメント

バール普通にあります。(^-^;

投稿: がっちゃん | 2011年11月17日 (木) 09時22分

うちも 会社にはあります(^^ゞ

この研修出てみたい!!!

投稿: 群馬の猫 | 2011年11月17日 (木) 14時01分

■がっちゃん
ガレージにリフトまであるような家庭を「普通」とは言わないような...(^^;)

■群馬の猫さん
職場として備えている所は多そうですね。
せっかくバールがあるなら、やり方を知っている人がいると心強いかも。

「CERT訓練」で検索したら、コンピューター用語ばかりでなく、いくつかの防災サイトが引っかかりました。
自治体などでも取り組んでいるところはあるようです。
こことかこことか。(リンク先はどちらもpdfです。)

余談ですが、埼玉の資料には我が社の防災担当が、指導する側の防災士として登場していてビックリです。
資格を取ったとは聞いていましたが、ここまでのめり込んでいたいとは!Σ( ̄ロ ̄lll)

どこかで講習を受けられると良いですね。
なんなら、個人で受けられそうなところを我が社の防災士殿に聞いてきますよ。

投稿: ぶらっと | 2011年11月17日 (木) 20時19分

ぜひ 聞いておいてくださいm(__)m
仕事柄 防災訓練は毎年組合であるのですが
今年はAEDだそうです
昨年は 地震訓練でした・・・・・

新しいことを体験できるって良いなぁ…

投稿: 群馬の猫 | 2011年11月18日 (金) 14時02分

■群馬の猫さん
確かにお仕事を考えると、体調を崩す方や地震に火災など色々な場面が想定できますね。

週が明けたら聞いてみます。
結果はメールでお知らせしますね。

投稿: ぶらっと | 2011年11月19日 (土) 00時05分

ありがとうございますm(__)m

投稿: 群馬の猫 | 2011年11月19日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/53260684

この記事へのトラックバック一覧です: CERT訓練:

« 工房探訪 | トップページ | 映画『ステキな金縛り』 »