« 来年のカレンダーはどうでしょう | トップページ | モリモリとカスタードクリーム »

2010年12月 2日 (木)

埼玉防災学習センターに行ってきた

どこの職場でも一定以上の規模になれば、自衛消防隊というものが組織されると思います。
私の勤務先にもあるのですが、責任者の危機管理意識が高いっていうか、関連する色々な資格を取っているうちに夢中になりすぎたっていうか、とにかく「がんばりすぎ」な感じなんですよ。(^^;)
で、2年くらい前から私も消火班などに任命されまして、法令で定められた年に一度の防災訓練以外にもスプリンクラーや消火栓といったビルの設備の確認やら、発電機やチェーンソー(!)の使い方やら、いろいろとやらされています。

Bousai_1

そして、本日は埼玉県北鴻巣にある埼玉防災学習センターなる施設へ防災研修に行ってきました。
消火体験、起震体験、災害時の行動自己診断、強風体験、災害ビテオ視聴など、一通りこなしてきました。職場や地域の防災訓練などでも起震車や煙体験など可能ですが、行列していたり照れくさかったりしてなかなか参加する気になれません。まぁ、これはこれで貴重な体験でした。

Bousai_2

地震の怖さを知識として知っていたり、被害の大きさを報道の映像で見ていても、身体で震度7の衝撃を体験するのはまったく別でした。「うひゃー、こえぇ~!」なんて顔では笑ってましたが、内心はガクブルでしたよ。(^^;)
体験と分かっていてもこれだけ怖いし、25秒で止まると知っていても長く感じます。
これが本当の災害で、日常生活の中で突然起こればパニックになるのは当然です。阪神・淡路大震災や新潟県中越沖地震など、実際に被災された方のその瞬間の恐怖というのがどれほどのものだったのか、想像もつきません。地震なんて起こらないように祈るしかありませんが、万が一の時はせめて落ち着いて対処できるように、日頃の意識も大事ですね。

Bousai_3

また暴風体験も相当なもの。テレビでレポーターなんかがビニール傘をさしてバカみたいに「ものすごい暴風雨です!」なんて言ってますが、この風を経験すると「本当にバカなんだな┐(´д`)┌」と思います。ケガしないうちにやめた方が良いよ。シャレにならないから。

この他にも全社員に救命講習なんかも義務づけていて、「いざというときの対応には、繰り返し受講し身につけることが重要です」という理念の元、2年に一度の割合で順番が回ってきます。心肺蘇生とか人工呼吸とかAEDの使い方とか、会社を離れても役に立ちますし、できるに越したことはありません。
このご時世にこういう機会を与えてくれる会社はありがたいのですが、ほどほどにしてくれ!とも思います。(^^;)

(byぶらっと)

|

« 来年のカレンダーはどうでしょう | トップページ | モリモリとカスタードクリーム »

コメント

その気持ち よくわかります

でも 暴風体験だけはしてみたいです
空っ風と比べてみたいf(^ー^;

投稿: 群馬の猫 | 2010年12月 3日 (金) 14時53分

きのうふらっと☆ぶらっとと、テレビみたいな研修したかったみたい。
でも、経験するつもりだった?

投稿: BlogPetのバステト | 2010年12月 3日 (金) 15時20分

 これはこれは面白そうですね~!
 私も行ってみようかなぁ。
 それにしても会社で色々な資格を取らせてもらうなんてうらやましいですよ。特にこういった資格は実際に役にいざという時立ちますからね。

投稿: ハギハラ | 2010年12月 3日 (金) 22時05分

■群馬の猫さん
暴風体験は厳しかったです。息ができないし、目も開けていられない。(><)

夕方の最終回だと、雨も降らせてくれるそうです。子供は痛くて泣いちゃうらしいですよ。(途中で雨を降らせちゃうと、それ以降は水滴が切れないので、最終回限定だそうです。)

■ハギハラさん
各地にあるし、個人でも受け入れてくれますので是非。

東京の施設では毎回「雨」が強制だって言ってましたよ。
ここ(東京消防庁本所防災館)かな?
四谷の消防博物館っていうのも面白そう。今まで知らなかったけど、いろいろありますね。

投稿: ぶらっと | 2010年12月 4日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/49863928

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉防災学習センターに行ってきた:

« 来年のカレンダーはどうでしょう | トップページ | モリモリとカスタードクリーム »