« つくもたん製作記(2) | トップページ | “小”も青虫に »

2010年11月10日 (水)

sengoku38さんと藤岡弘、さん

尖閣諸島のビデオを流出させたという人が自主したそうです。

  ---(引用ここから)---
中国漁船衝突の映像流出、海保職員が認める=報道
2010年 11月 10日 13:11 JST [東京 10日 ロイター]
 複数の国内メディアによると、沖縄県の尖閣諸島沖における海上保安庁の巡視船と中国漁船との衝突の映像がインターネット上に流出した事件で、第5管区海上保安本部(神戸市)の職員が「自分が流出させた」と認めていることが10日分かった。

 共同通信やNHKは、東京地検と警視庁などは事実確認を進め、国家公務員法(守秘義務)違反の疑いなどで事情聴取するとみられると報じている。
  ---(引用ここまで)---

このニュースがどこまで真実なのか、続報を待たなければなりません。
我が国は法治国家ですから、本当にこの職員が流出させた本人だった場合、どこぞの蛮国のように「愛国無罪」とはいかないでしょう。
しかし、当の中国人船長を「処分保留」で釈放しておいて、この職員にだけ厳罰で臨むのも国民の理解が得られるものではありません。

数日前、藤岡弘、さんのblog記事が話題になりました。
さすが正義の人。至極真っ当なことをおっしゃっていると思います。
流出だけを問題視するのではなく、なぜこのような手段に及ばざるを得なかったのか、今回の事件の発端から政府の対応を振り返って見るべきでしょう。

昨年の衆院選前に言っていたことと、実際にやっていることがまったく正反対な民主党。衆院選前から予想はしていたことですが、ここ最近ではさすがにボロを隠しきれなくなってきているようです。
今週月曜のTVタックルでも、元総理大臣の安倍、麻生両氏をゲストに、いかに当時の自民党バッシングが言いがかり的なものだったか、今の民主党の実態がどれだけ酷いものかという話が放送されていました。
今までだったら民主党の不利益になる情報には口をつぐんでいたマスコミも、少しずつ変わってきています。(これはこれで、裏にどういう意図があるのか怪しいものですが。(^^;) )

「国民目線」「国民の生活が第一」と言いながら、その国民は中国や韓国の国民だったりする民主党政治。
いつまでも日本国民を騙し続けられるものではないので、悪あがきはそろそろお仕舞いにしていただきたいものです。

(byぶらっと)

|

« つくもたん製作記(2) | トップページ | “小”も青虫に »

コメント

 船長釈放は那覇地検の判断、自らの判断の誤りから現場が止むに止まれぬ形で行った内部告発で公開された映像と、民主党の言う政治主導は現場に責任を押し付けてセンセン達は涼しい顔でいることらしいです。
 今日は休みだったのでたまたま予算委員会のテレビ中継を見ていましたが、ビデオ公開についても法律論ばかりで国益を考えた政治判断については一切語らない首相と官房長官。法律論は弁護士がやれば良い。そうか、官房長官は(自称)立派な弁護士だったんですよね。bearing

投稿: 夢の助 | 2010年11月10日 (水) 20時22分

■夢の助さん
自分たちに都合の良い「民意」だけを聞き、自分勝手な手法を「政治主導」と称し、責任を取る場面だけは他人に押しつける。国益ではなく、自分たちの保身ばかり。こんな酷い独裁政権は早く終わらせないと。

今の予算委員会は見ていて面白いでしょうね。いや、腹が立つか。(^^;)
法律論をいうのなら、明らかな犯罪者を釈放してしまったところから始めて欲しいです。
なぜ釈放したのか、ビデオを公開できなかったのか、本音トークをして謝っちゃった方が、まだ国民は納得できると思うんですけどね。(納得はできても許せないだろうけど。)

投稿: ぶらっと | 2010年11月10日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/49989666

この記事へのトラックバック一覧です: sengoku38さんと藤岡弘、さん:

« つくもたん製作記(2) | トップページ | “小”も青虫に »