« 飛田声で『空と宇宙展』 | トップページ | 台湾のスバル達 »

2010年11月 3日 (水)

府中刑務所に入ってきた

といっても、もちろん収監された訳ではありません。
Keimusyo_1市内の駅の掲示板にポスターが貼られていた「府中刑務所文化祭」というイベントに行ってきました。

事前にググったら、一昨年の模様を詳細にレポートしている複数のblogがあったので、その情報を参考にいろいろと体験してきました。
開場は10:00なのですが、その前には大変な行列ができるとのことだったので30分ほど前を目指して行きました。開場待ちの時間と並ぶ順番のバランスで、このくらいの時間がちょうど良い感じでしょうか。

入場後は、一番に「塀の中のバスツアー」の整理券の列へ。なんとか3回目11:30のチケットを入手できました。バスツアーの集合時間までは、府中刑務所で製造された食品の販売へ。Keimusyo_2
醤油、味噌、パンの3種がありますが、醤油と味噌は入場と同時に並ばないとムリということだったので、パンの列へ。ふっくらと大きめのコッペパンが2つで100円でした。値段は市販より少し安いくらいですが、そこらのパン屋さんに負けないくらい美味しいです。
醤油と味噌は普段から刑務所の隣にある刑務所作業製品展示場で買えるらしいので、そのうち試してみたいと思います。

バスツアーでは正に“塀の中”の施設を一回り案内してもらえます。が、当然のように写真撮影は禁止です。
Keimusyo_3面会施設、洗濯工場、車検工場、講堂、体育館、運動場など、順番に廻りながら、入所者数や日常生活、食事の費用やカロリー等々、丁寧に説明してくれます。金属パーツのある洗濯ばさみは使わないとか、車検費用は安いけど代車は出ないとか、1日所長の飯田さんは“元モー娘。”ではなく“モー娘。OG”と呼ぶようにとのお達しが出ているなんて、面白い話も織り交ぜて上手な説明でした。

最後は「塀の内側食事体験 府中麦飯食堂」です。メニューはカレーと唐揚げチリソースの2種類で、各500円。
Keimusyo_4 Keimusyo_5
え~と...あまり美味しくありません。いや、麦飯だからと言うわけではないんですけどね。麦飯は好きだし。
なんというか、カレーは超甘口だし、唐揚げは芯まで冷えてる。(--;) カレーは温かいだけマシとか、チリソースはしっかり味があるだけ食べられるとか、そんな感じ。隣に座った人は「美味しい」と言ってたので、辛さの好みやタイミングによっては温かい状態だったりすると美味しいのかもしれません。(^^;)
食器を片づける時、制服の刑務官に「お久しぶりです」と声を掛け、「おぉ!元気そうだな」なんて返されていた爽やかなお兄ちゃんがいましたが、もしかしてOBの方?\(^o^)/

事前に調べておいた目的のものは一通り制覇したので、あとは各地の刑務所で製造された製品を見て歩いたり、いくつか小物を購入したり、なんとなくぶらぶらして帰ってきました。
普段は入れない施設の中が見られるのは楽しいですが、とにかく待ち時間が長いので疲れました。来年また行くとしても、イベントは絞って雰囲気を楽しむくらいがちょうど良いかな。

(byぶらっと)

|

« 飛田声で『空と宇宙展』 | トップページ | 台湾のスバル達 »

コメント

お勤め、お疲れ様でした。。。

お約束お約束(笑

投稿: 和紀 | 2010年11月 4日 (木) 00時09分

あの行列は、本当に“お勤め”のようでしたよ。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2010年11月 4日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/49925162

この記事へのトラックバック一覧です: 府中刑務所に入ってきた:

« 飛田声で『空と宇宙展』 | トップページ | 台湾のスバル達 »