« プレアデス・モーターテクノロジー・サロン2010 | トップページ | 府中刑務所に入ってきた »

2010年11月 2日 (火)

飛田声で『空と宇宙展』

空と宇宙展』に行ってきました。(^^)/
写真は拡大します。
Sora_uchuu_1 私はね、予備知識ゼロで行ったので「まぁ~こんなもんかー」と思って帰ってきたわけですが、期待していた旦那さまはね、どうもちょっとがっかりだったみたい。(^^; blogも書いてくれないくらい。(笑) そうですね~、一番の収穫は、音声ガイドが飛田展男さんだったことでしょうか。(笑) 借りる気なかったんだけど「飛田さんなら借りる!」と即断。
どこのお馬鹿さんですか。(^^* 山南さん(薄桜鬼)テイストに妄想入れてきました。(笑)
さて、内容的にはさらりと日本の航空歴史を知ることが出来て面白かったです。ただ展示物の物足りなさは如何ともしがたい。対象が大きくて複雑なものですから、見せ方は難しいですよね。(^^; 図面や当時の写真は良いものを見せてもらったって感じでしたが。(^-^)
写真は拡大します。
Sora_uchuu_2
Sora_uchuu_5
「はやぶさ」を始めとするJAXA関係は、相模原でもう見ているので目新しさを感じず。(^^; 「はやぶさ」のカプセル(ここのはレプリカ)は、2時間待ちで見ても、今日のようにガラガラの状態で見ても鑑賞時間は変わりませんでした。(笑) ターゲットマーカーは見るたびに自分の名前を探したい衝動に駆られます。(^^;

Sora_uchuu_3 さて、この後常設展示の方も見てきました。日本館は吹き抜けのドームとステンドグラスが美しく、階段や窓の柵も趣があります。建物も観賞ポイントですね。そして展示物は・・・なかなか怖かった。(笑) 造形お友達のTKさんも紹介されていましたが、江戸時代女性のミイラは必見です。伏せられたような目元のまつげ一本までが綺麗です。発掘時の映像が流れているんですけど、掘り起こされた瓶の中からズルリ~っと出されるところはちょっと・・・。(((゚Д゚))) 今はミイラ状態ですけど、見つかった時の屍蝋状態ってどんな感じなんでしょう。もっとツルリとしてたのかしら。うぅ、怖いけど見てみたい。(^^; その他、地下の360°全方位シアターも楽しかった。あの浮遊感はなかなか。(^^)v
Sora_uchuu_4 なんだかんだで博物館を満喫した一日でした。

(byふらっと)

|

« プレアデス・モーターテクノロジー・サロン2010 | トップページ | 府中刑務所に入ってきた »

コメント

 そうですか、いかれましたか。
 多分多くの「実物」や「模型」があると思って行かれるとガッカリするでしょうね。私はもう何十回も「国立科学博物館」に行っているので「会場の広さ」はしっていますからそれほど「実物」に関しての期待はしていないんですよ、まぁ実物やフルスケールを期待するのなら「所沢」や「靖国」へ行けば見られますからね。「時代の流れ」や「背景」を感じるのには十分だったと思います。
 さて、常設展示はあまり見られなかったようですが?地球館の2階の「技術遺産パネル」や「企画展示 あしたのごはんのために」はかなり面白いと思うのですが…私だけかな?
 ともあれ、今度は「常設展示」をじっくり見てみて見るのも面白いですよ。

投稿: ハギハラ | 2010年11月 2日 (火) 23時56分

お疲れ様でした
地球館の2Fはおすすめですね
ついでに地下3Fには アポロが置いてきたメダルの複製とか…
相模原に行かれたぶらっとさんなら 「宙博」で担当者を捕まえて話し込む方が楽しかったかもしれませんね

私は それなりに楽しめましたが
多少物足りなかったかもしれません

投稿: ねこ | 2010年11月 3日 (水) 20時34分

■ハギハラさん
決してガッカリしたわけではないんですよ。(^^;)
二宮忠八や世界一周関連グッズ、空冷効果を上げるため気筒ごと回転するエンジン、様々な精密模型に誉の設計図、はやぶさのターゲットマーカーにイカロスのセイル、見所いっぱいで大満足でした。
ただねぇ、スバリストとしては知久平の先見性とか中島製飛行機の優秀さとかを妄信している訳で、それ以上の偉人を見せつけられてションボリというか。(´・ω・`)

常設展示も一部は見たのですが、途中で持病の偏頭痛が出てしまったために切り上げざるを得ませんでした。
また機会があったら、ゆっくり見たいと思います。

■ねこさん
「宙博」の方はノーチェックでした。orz
ねこさんや他の方のblogで見た時には終わってたし。(^^;)

日本館は見たのですが、地球館は廻り切れませんでした。
たまにしか行かないので、なかなか大変です。

投稿: ぶらっと | 2010年11月 4日 (木) 00時02分

 それはそれは。「ふらっと」さんの本文から見るとそのような印象がありましたので。「かはく」ファンとしてはお気に召していただいたようでうれしい限りです。
 まぁ、世の中素晴らしい発明を、考えをする方が大勢いるって事ですね。
 常設展も機会があれば見てあげてくださいね。その時は是非「ぶらっと」さんがレビューしてくださいね。
 私も今月中に「企画展」を再度見に行く予定です。

 「かはく」って良いなぁ。

投稿: ハギハラ | 2010年11月 4日 (木) 08時24分

■ハギハラさん
今回のレポートを“ふらっと”に譲ったのは、ひとえに飛田さんのナレーションの所為なんですよ。
私はウリバタケさん(機動戦艦ナデシコ)のノリノリな解説を期待したのに、“ふらっと”好みの山南さん(薄桜鬼)の大人なトークだったので。(^^;)

最近はあちこちの企画展で声優さんを使っているので、それも楽しみだったりします。
もちろん、展示内容も楽しみですよ。常設展も次の機会には頑張ります。

投稿: ぶらっと | 2010年11月 4日 (木) 22時09分

 そう言うワケでしたか。ちなみに私は「音声解説」って使わないんで、今回も聞いていません。やはり自分の目で確かめたいですから、正直どんなシステムになっているかは知りませんが、なんかその「場面」の「解説」が終わったら次に進まないとならない感じがして…。
 ともあれ、最近有名声優を使うのは多くなりましたね「鉄道のアナウンス」にも使われているようですし。まぁ「客寄せ」の為にはしょうが無いってトコなんでしょうね?そう言えば「乗鞍」へ行った時の「バス」のアナウンスが「初音 ミク」ぽかったのは印象的でした。
 常設展をご覧になる時は「教育ボランティア」が見どころなどを約1時間で案内してくれる「ガイドツアー」を利用されると一層楽しめますよ。たしか「10:30」、「13:30」、「14:30」に
「日本館地下1階・ラウンジ前(ミュージアムショップの前の広場)」に集合すれば参加できます。それに開始前には「アナウンス」も入りますからね。
 まぁ、私が同伴してのガイドツアーも出来ますケド?


って冗談ですよ。

投稿: ハギハラ | 2010年11月 4日 (木) 23時04分

■ハギハラさん
私も普段は音声ガイドなど見向きもしないのですが、飛田さんに反応してしまいました。受付の方にも笑われてしまいましたよ。(;´д`)
椎名へきるさんの音声ガイドが登場した催しでは、その為に行くというオタクの方も多数いたとか。客寄せ効果は大したものです。

ボランティアのガイドツアーなんてあるんですね。楽しそうなので、ぜひ利用したいと思います。
ハギハラさんのプライベートガイドというのも魅力的ですが。

投稿: ぶらっと | 2010年11月 5日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/49917504

この記事へのトラックバック一覧です: 飛田声で『空と宇宙展』:

« プレアデス・モーターテクノロジー・サロン2010 | トップページ | 府中刑務所に入ってきた »