« お江戸を歩こう!【雑司ヶ谷-2-】 | トップページ | 山本勘助製作記(2) »

2010年10月14日 (木)

たわしとレオーネ

タイトルは「私とレオーネ」じゃないですよ。「たわし」で間違ってないです。(゚ー゚)Tawasi_1
先日、大東京綜合卸売センターに行ったときに見つけて購入しました。手作りの棕櫚(シュロ)たわし。東京では1軒しか作っていないらしいです。
以前テレビ東京の和風総本家で「棕櫚の皮を使ったたわしは、パーム椰子の繊維から作るのとは柔らかさが違う」と言っているのを見て、興味があったんですよ。野菜を洗えたり、テフロンを傷つけないなど、利点も多いようです。

Tawasi_2

そのテレビでは和歌山の手作りたわしを紹介していましたが、普通のたわしよりお高め。今回購入したのは葛飾の業者さん製で、少し小振りのものが\350-でした。
繊維が細くバラツキも少ないため、抜けにくく長持ちするそうです。多少割高でも物が良くて長持ちするなら、トータルでかかるコストは同じくらい?
我が家のフライパンはみんな鉄製でテフロンではないので、柔らかたわしはガーデニング後の手や爪を洗うのに使う予定です。

さて、たわし購入の後で某所の駐車場に行ったら、レオーネGT-IIツーリングワゴンが停まっていました!∑(=゚ω゚=;)Leone このレオーネ、以前はこの場所にいつも停まっていたのですが、ある時から見なくなったので「とうとう廃車になったのかなぁ...」と思ってたんですよ。
久しぶりに元気な姿を見て、嬉しいやら安心したやら。ホイールがアルミから鉄ッチン+ホイールキャップになってましたが、タイヤがスタッドレスっぽかったので昨シーズンから履き潰し中かな?(^^;)

たわしとレオーネ、昭和の名品を堪能した1日でした。

(byぶらっと)

|

« お江戸を歩こう!【雑司ヶ谷-2-】 | トップページ | 山本勘助製作記(2) »

コメント

おお、しかもなんとフェンダーミラー仕様って、激レアじゃないですかぁ。

投稿: Algernon | 2010年10月14日 (木) 22時29分

てっきり「わたしとレオーネ」かと…
知りませんでした、亀の子タワシにも素材の違いがあるとは

GT-Ⅱカッコイイ!!

投稿: S-Ken | 2010年10月14日 (木) 22時39分

TVで見かける野菜をたわしで洗うシーン…
野菜が傷みそうでやってみたことなかったんですが、我が家にあるたわしとは別物だったんですね。 納得。

投稿: こじゃる | 2010年10月15日 (金) 07時01分

■あるじゃさん
こんなレア車に近所で会えるとは、とても幸せです。
できればスバリストミーティングにも来てほしいくらい!

■S-Kenさん
タイトルはちょっと狙って書きました。(^^;)
棕櫚たわしは柔らかくて気持ち良いので、見かけたら試してみてください。

このレオーネは本当に綺麗で、オーナーさんがGT-IIという希少車を大切にしているのが伝わってきます。
この先もずっと大事に乗ってほしいです。

■こじゃるさん
“ふらっと”がもう一つを台所の野菜洗い用にしたようです。
ゴボウ、ニンジン、ジャガイモなど、根菜類はたわしでこするだけでバッチリ綺麗になるみたいですよ。ゴボウなんかは皮をむかなくても良いくらいだそうです。

所詮たわしなので驚くほど高くはないですが、2つパックで買える100均に比べると7倍という値段をどう捉えるかですね。(^^;)

投稿: ぶらっと | 2010年10月15日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/49694876

この記事へのトラックバック一覧です: たわしとレオーネ:

« お江戸を歩こう!【雑司ヶ谷-2-】 | トップページ | 山本勘助製作記(2) »