« 作ってみる~メモル~(10) | トップページ | ひたぎクラブ製作記(2) »

2009年12月16日 (水)

民意はどこに?

象徴天皇の政治利用となる天皇陛下への中国副主席のゴリ押し面会が実現してしまいました。orz

「国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだすべて」「天皇陛下の体調が優れないというなら、それ(面会)より優位性の低い行事をお休みになればいい」などと、内閣の人間でもない小沢幹事長が“民意”を盾に言いたい放題なようです。しかし、本当の“民意”ってどこにあるのでしょう?

今回の面会もそうだし、国民の9割が反対しているという永住外国人への地方参政権付与にしてもそうです。多くの国民が民主党に投票したのは、「自民党への反対票」や「政権交代への期待」であり、表立ってマニフェストにも書けないようなことまでやるとは思ってなかった人も多いと思いますよ。
これって「郵政民営化」で圧倒多数を取った自民党が“民意”に基づいて何でもかんでも数で通してしまったのとまったく同じ。そのくらいのことを想定できない国民の懲りなさ加減にも呆れますが、「数の暴力」と批判していた自民党のやり方と同じことを平気でする民主党も、どうしようもないです。

しかも、ここのところのやり方は官僚支配からの脱却どころか、政治主導も通り越して小沢民主党独裁体制を築きつつあるように見えます。これって、中国共産党の一党独裁体制にそっくりですね。(w) 宗主国様のやり方を見習おうってことですか?

「言っちゃったから」と財源がないまま実施しようとしている子供手当にしたって「他の国では当たり前のことですよ」って言いますが、それらの国では消費税を20%近く取っているから実現できていることでしょう? 高速道路無料化も普天間基地移転問題も、無責任に言っちゃったことと現実の板挟みで迷走を続けています。
ここいらで「理想だけで調子いいこと言っちゃいましたが、政権を担当してみたら無理と分かりました。」と謝っちゃったらいかがでしょうか。その上で外国人参政権なども盛り込んだマニフェストに改訂して、解散総選挙を行うと。散々言ってましたよね、「民意を問い直せ!」と。
それで再び民主党が圧勝すれば、その時こそ「民意は我にあり!」と堂々とした政権運営をされれば良いと思いますよ。

ちなみにゴリ押し会見については、旗色が悪いと見ると「自民党の元首相から要請があった」などと言い訳してみたり。もしかしたら、本当にそういう申し入れをするバカもいたかもしれません。しかし、自民党を全否定しておきながら、ここだけ自民の意見を聞いたなんて、みっともないことを言ったものですね。(w) > 前原国交相
あと、小沢さんは「国民が選んだ内閣の助言と承認で行われるんだすべて」なんて言ってましたが、それは国事行為のこと。「外国の賓客との会見は国事行為ではない。小沢氏こそ憲法をよく読んでほしい。」だって。ナイス突っ込み!> 志位委員長@共産党

(byぶらっと)

|

« 作ってみる~メモル~(10) | トップページ | ひたぎクラブ製作記(2) »

コメント

.


【 景気回復という青い鳥 】


国債発行を44兆円以下に抑えることが
財政健全化の一つのメドと言うが、
その根拠はどこにあるのだろう?

借金返済への道筋を示さず、
44兆円に抑えれば、
責任を果した事になるのだろうか?


2009年度は、
相次ぐ景気対策に追込まれ、
53.5兆円の新規国債発行となった。

税収は36.9兆しか無い。

産業空洞化が加速度的に進む中、
財政出動を惜しめば、景気腰折れとなり、
来年度は更なる税収減となるだろう。

50兆円を超える新規国債発行を
4年も続けなければならない状態に追込まれたら、
日本はどうなってしまうのか…。

政府が今、行わなければならない事は、
無謀とも思える大規模な財政出動を行う事により、
過剰評価となっている“円”の価値を
強制的に落す事だ。

国債金利を抑え、円安に導く手段として、
日銀による大量の長期国債直接買取も有効だろう。


ただ、
膨張する国債を押え込む為に、
10年度より、5年以上継続して消費税の増税に
取組まなければならない。

半期ごとの増税が可能なら、
旺盛な財政出動と駆込み需要の相乗効果で、
資本流動性が高まり、デフレも克服出来る。

毎年、決算期に駆込み需要が起これば、
期末の経済危機も、少しは緩和されるだろう。

円高に耐えうる社会に移行する為にも、
間接税中心の税体系に社会構造を
転換すべきだ。

景気回復という青い鳥を追い求め、
財政出動一辺倒の政策を続けた結果、
国債残高は1000兆円に迫る勢いで
積み上がってしまった。

利払いだけで、40兆円にも満たない税収の
1/4を費やさなければならない。

2010年度は、新規国債・借換債の為に
税収の3倍を大きく上回る、
140兆円以上の国債を発行しなければならない
状況に追込まれている。

政治は選挙に不利となる
消費税の増税論議から逃げ続けてきた。

選挙前であっても、
消費税の継続増税論議から
逃げてはいけない。


今、政治が逃げたら、国が壊れる…。 

.

投稿: | 2009年12月16日 (水) 13時58分

お名前がないのでどなたか分かりませんが、コメントありがとうございます。

選挙前から言われていた財源の問題、そして景気対策。今の政府は八方美人的に良いことを言うばかりで、現実には何一つ決められずに泥沼にはまる一方です。妄想に近い理想論の影には対価が必要なはずなのに、それらの問題は全て先送り。
「困った」と言えばお金を出してくれる“恵まれた家庭に育った”ため、現実を把握できないようですね。実家のお母様のようにお金を出してくれる人なんていないことに、早く気づいていただきたいです。

投稿: ぶらっと | 2009年12月16日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/47032178

この記事へのトラックバック一覧です: 民意はどこに?:

« 作ってみる~メモル~(10) | トップページ | ひたぎクラブ製作記(2) »