« ひたぎクラブ製作記(2) | トップページ | 古家の蛙製作記(3) »

2009年12月18日 (金)

RJ45コネクターの修復

同僚が「ネットで見つけた」と言って、LANケーブルのコネクターの爪が折れてしまった場合の対処方法を教えてくれました。
タイラップ2本で簡単にできるらしいです。

ちょうど爪が折れたケーブルがあったので、さっそくやってみました。
...ホントに簡単!(^-^)v 作業時間は1~2分でした。
折り返した反対側がバネになるのがミソです。
Rj45_1 Rj45_2
写真を撮る方が大変なくらいですよ。(^^;)
爪が折れて困っている方は、是非お試しください。マジでお薦めです。

(byぶらっと)

|

« ひたぎクラブ製作記(2) | トップページ | 古家の蛙製作記(3) »

コメント

僕ならコネクタ交換するかなぁ。
圧着工具を職場で借りるか、ケーブルを職場まで持っていくかしないと作業ができないのがあれなのですが。

投稿: ryo | 2009年12月18日 (金) 00時28分

今度壊れたらやってみます(^^)v
これ 良いですね

投稿: ねこ | 2009年12月18日 (金) 09時06分

■ryoさん
私も以前は職場の圧着工具を借りてコネクタを交換してました。20cmくらいのケーブル作ったりね。(^^;)
でも、コストや手間を考えるとタイラップの方が圧倒的に楽でした。簡単で誰にでもできるというのも、お薦めポイントです。(^-^)v

■ねこさん
頻繁に抜き差しするには多少不安定ですが、一般家庭ではケーブルごと買い換えるしかなかったことを考えると遙かに安上がりです。
「自分で直せた」という小さな達成感も味わえますので、是非!

投稿: ぶらっと | 2009年12月18日 (金) 21時21分

きのうふらっと☆ぶらっとと、方法を対処しないです。

投稿: BlogPetのバステト | 2009年12月19日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RJ45コネクターの修復:

« ひたぎクラブ製作記(2) | トップページ | 古家の蛙製作記(3) »