« 饅頭に挑戦 | トップページ | 橘子ちゃん&ニャンコ先生製作記(1) »

2009年8月 5日 (水)

ちょっとホニャララについて考えた

...と書くと、大部分の人は「ホニャララの部分は何?」「何について考えたの?」と思うでしょう。それほど定着している「ホニャララ」。
ここ数日、テレビでやけに耳についたので気になってました。

ふ「これ、元は何だっけ?」
ぶ「久米宏じゃない? ぴったしカンカンとか」
ふ「え、山城伸吾じゃなかった?」

そんなわけで、考えたのは「ホニャララ」そのもの。
今日なんか、「ためしてガッテン」でNHKのアナウンサーまでが真面目な顔で「スローホニャララ運動!」とか言ってましたよ。

一応ネットで検索してみたら、ぴったしカンカンで合っていたようです。だとすれば、「ホニャララ」なる言葉ができてから20~30年くらいでしょうか?
ちなみに、山城伸吾は「チョメチョメ」の方でした。(^^;)

現代の日本人のほとんどは「○○」「××」を「ホニャララ」「チョメチョメ」って読むんじゃないかなぁ? これほど広く定着する言葉を生み出す感性ってスゴイと思いました。
まぁ、それだけの事なんですけど。

(byぶらっと)

|

« 饅頭に挑戦 | トップページ | 橘子ちゃん&ニャンコ先生製作記(1) »

コメント

「スローホニャララ運動」って何ですか?(^^;

投稿: こじゃる | 2009年8月 8日 (土) 06時28分

正解は「スローステップ運動」です。
20cm程度の高さのステップで1分間に80回くらいのゆっくりしたペースで踏み台昇降の運動をすることで、まったく疲れずにカロリーだけ消費できるそうです。ジョギングより効率的らしいですよ。
1回10分を1日3回でいいそうなので、お試しあれ。

投稿: ぶらっと | 2009年8月 8日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/45846698

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとホニャララについて考えた:

« 饅頭に挑戦 | トップページ | 橘子ちゃん&ニャンコ先生製作記(1) »