« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

青しそ栽培記(4)

7週目を過ぎてからボチボチ収穫して食卓に出してみました。Shiso_8
そうめんの薬味に出したり、サラダにたっぷり乗せたり、しそ巻きフライにしたり。確かに収穫してもきりがないと言うくらいの生育っぷりです。しかしやっぱり虫食いは相変わらずスゴイですね。特に農薬等は使わなかったので、好き放題に食われました。もちろん綺麗な葉もあるので選って収穫しましたが、飽きっぽい私なので最近はめっきり放置です。(^^; Shiso_9 先日ふと見ると食い荒らす虫くんを捕食している蜘蛛を発見しました。ちょっとグロイな~と思いつつ激写!最近我が家のblogは怖い画像が多い気がする。(^^; ダントツはグリーンのニクイやつね。orz もう少し虫食いが穏やかなら栽培してても楽しいしラクなんだけど。(--; ネットで調べると「虫や病気に強く初心者向けで育てやすい」ってある。概ね頷けるけど、うちのは虫天国だわ~。orz

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

HPを更新しました

WF2009夏で販売した『橙&プランツ・ペット』と『よつばとしゅっぱつ』をFigureのフルスクラッチ【完成品】にアップしました。blogでは紹介できなかった角度からの写真がありますのでご覧ください。m(_ _)m
ここまで終わると「あ~ワンフェスが終わったー」と実感します。まぁ~まだ当日のレポートが出来てないんですけど、そっちは旦那さまにお任せってことで。(^^;
久しぶりに製作以外のことがしたいなーと思ってるんですけど、鬱々とした天気だと外出する気になれないし、かといって晴れれば半端なく暑い。orz 甘ったれの引き籠もりはやっぱり家から出ないのでした。(笑)
Wf2009s_04 まーまーとりあえず、読みたかった本を読み、溜めたアニメを消化し、買ってきたキットを作り・・・全部インドアじゃん。(笑) いやいや、夏休みの計画なんかも立てちゃうぞ!(今年は多分国内旅行だ) そしてあまり遅くならないうちに新作にも着手する予定。まだモノは決まってないけどね。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

トマトくんのその後

尻腐病に対処した後、トマトくんはどうなったのか?イベント準備に忙殺されて全然書けませんでした。実はしっかり収穫して、美味しくいただいちゃってます。(^^;Tomato_3
カルクロン(カルシウム補給剤)を散布した時、既にある程度大きくなってたものは間に合わなかったのか、しばらくしてやっぱり尻腐病を発症しました。泣く泣く廃棄したトマトの数はいくつだったでしょう。
しかしその頃小さかった実や花はちゃんと育ってくれました。実が青いうちは「いつ尻腐病になるか?」と不安で触ってジロジロ見てました。こんなことして赤くなる前に折っちゃいそうだ・・・と途中で改心しましたが。(^^;Tomato_4
お味の方もなかなかでしたよ。トマトの匂いと程よい酸味と甘味があって、なんとも懐かしい感じがしました。
旦那さまには「次は初心者向けのミニトマトにしたら」と言われていますが、ちょっとリベンジしたい気にもなってます。カルクロンはたっぷりあるんだし。(^^;
なかなか楽しいトマト栽培でした。(*^-゚)v

尻腐病を教えてくださったがっちゃん&がっちゃん奥さま、本当にありがとうございました。収穫の日を迎えられたのは、お二人のおかげです。大変お世話になりました。

(byふらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

ゲッコーが出た!

何度か見かけたことがあるので、我が家の庭にトカゲが棲息しているのは知ってたんですよ。
ある朝、窓を開けようとすると網戸になんかいる!∑(=゚ω゚=;)
「またトカゲ?」と思ったのですが、よく見ると顔つきとか手足がなんか違います。じっくり見たらなんとヤモリ。こんな街中で、しかもマンションなんかで遭遇できるとは思ってなかったので、ちょっと感激。
Gecko
っていうか、何で網戸の内側にいるの? どうやって入り込んだか知らないけど、もしかして出られなくなってない?(^^;)

Gecko_2 東南アジアに旅行に行くと、ホテルやレストランの中にもウロウロしています。GECKO(ゲッコー)はTシャツなんかのデザインになってたり、よく見ると愛嬌のあるかわいい顔をしています。なるべく刺激しないように撮ったため、網目が邪魔であまり良い写真がないのは残念。
「屋守」とも書いて「家を守る」とも言われる生き物ですので、撮影後は逃げやすいように網戸をずらしてそっとしておきました。しばらく後に見たらいつの間にかいなくなっていました。
そのうちまた元気な姿を見せてくれよ~!

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

イベント回想

さてさて、イベントが終わって体力的な疲れもありますが、現在全力で脱力中。後片づけも一向に進みません。(笑)
(準備中のAゾーンです。開場前のこの雰囲気も好き)
Wf2009s_01
開場前に海洋堂の“専務”さんからお話がありましたが、声が割れちゃって何言ってるのかよく分からなかった。(笑)まぁ、昨年の事故で社会的な注目も集めちゃったWFだから事故のないように協力しあいましょう・・・みたいな感じ?でもディーラーダッシュはやっぱりあったけど。(^^; なんか『開場の合図が出るぞ!』って思ったら「私がカウントダウンを!」って専務がワンクッション置いちゃって、グダグダのうちになんとな~くダッシュが始まってた。(笑)
Wf2009s_02
うちはディーラーダッシュとは無縁なので「さぁ朝食だ!」とパンにかじりついていたら橙にダッシュしてくださった方がいて、大変失礼をしてしまいまいした。m(_”_)m ものすごく嬉しかったです。他にも「橙の為にWFに来ました」という方もいて、感涙モノでした。作って良かったと思う瞬間です。“よつばとしゅっぱつ”の方にも「ネットで見てカワイイと思って欲しかったんです」と買っていってくれた女の子がいました。blog(ネット)の力を実感しつつ、そうして来てくださったお客様に感謝・感謝でございます。
Wf2009s_03 今回は睡眠時間も取れたし事前チェックもちょっとはしたので、お買い物も充実。(^^)v ワンダーショーケースの“CHORD LINER”やLONG LONGの遠子先輩(私と同じポーズでちょっと泣けた)といったミーハー(笑)なところをGETしたり。“ひとりニャンコ先生祭り”やオリジナルのきつねっこちゃん、カラーねんどのカラスくんなど。まだ作ってないキットもあるんだけど、新しく買った方を作ってみたくてうずうずしてます。(^-^)
久しぶりに販売でも買い物でも楽しめたイベントでした。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

終わりました!WF2009夏

1年ぶりのワンフェスが無事終了しました。
みなさん、お疲れさまでした。私も気持ち良く疲れたよー!
Wf2009s_00_2
徹夜をしてないとは言え、朝4時起きで6時には写真のように車両搬入しました。さすがにもうへとへとです。とりあえずお風呂に入って寝ます。ブース写真や会場の様子、戦利品などは明日と言うことで。
m(.”.)m ブースにお立ち寄りくださったみなさま、お買い上げくださったみなさま、ありがとうございました。次回、またよろしくお願いいたします。

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

幕張メッセで会いましょう!

ワンフェス初参加以来、初めて徹夜を回避できました。
一度言ってみたかったこのセリフ。
「明日早いので、もう寝ます。」

まぁ、実際は車両搬入の指定時間が6:00~6:30なので、4時起きして5時には出発しなければならないのですが。
搬入後から開幕までたっぷり3時間以上あるので、封入等の作業もできるし、いっそ仮眠だってできちゃうくらい。\(^o^)/

なんか忘れ物とかあったらと思うと、寝るのが怖かったり。(^^;) いっそ修羅場のまま余計なことを考える余地もなく出発する方が気持ちが楽かも。

それでは明日、幕張メッセでお会いしましょう~!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

橙星製作記(11)

やっと橙が完成しました。つ・・・つ・・・疲れた。orz
(写真はクリックすると拡大表示します)
Daidai_21
群青さんのイメージでふんわりしたパステルカラーの塗装をしてもらいました。しかし、手袋やマフラーが黒いので他より浮いてしまいそうで、どうしたらいいか試行錯誤しながらの作業で思うように進みませんでした。そして髪の毛でとうとう失敗を。(><) 頭だけが濃くなり過ぎて、前髪やおさげと違いすぎ。Σ(゚д゚;) 仕方ないので薄め液にドボンして、サフからやり直し。完成を目の前にしてこの手戻りは痛かったです。だってまだ真夜さんが残ってるし。
Daidai_22
とにかく橙完成!ヤッホー!ワンフェスで何人がこのキャラを知っているか?まったく疑問ですが、知っていても知らなくても、よかったら見に来てください。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

「よつばとしゅっぱつ」製作記(9)

「よつばと!」7巻より「よつばとしゅっぱつ」の完成です。Kangoo9_1
カングーもジャンボもなかなか形にならず一時はどうなることかと思いましたが、色が付いてみればそれなりになった気がします。車やよつばの髪がポップな色なので、地味なデフォルメ・スバルに対して可愛らしく見えるのも嬉しいし。
ワンフェス2009夏でキットを販売しますので、よろしくお願いします。
Kangoo9_2 Kangoo9_3
ところで今更なんですが、実はカングーのカラー絵って見たことないんです。「よつばと!」はコミックスでしか読んでいないので。(^^;) たぶんイメージカラーの黄色だろうと思って塗りましたが、違ってたらどうしよう。 
ジャンボのアロハ風シャツの色も分からないので適当だし、柄も再現できないので単色で済ませました。
よつばの“kodomo usagi”(顔だけ)は手書きです。小っさいので無地でも良かったのですが、せっかくなので書いてみました。でも、両腕で狭まっているのでほとんど見えませんけど。

Kangoo9_4_2 以前別の箱乗りチョロQを友人に宅配便で送ったら木っ端みじんになったことを踏まえ、今回はタイヤもミラーも厳重に軸打ちしました。提出した完成見本が破損していると突っ返されるらしいので。
(修理する時は、ちゃんと軸打ちしますからね~。破損品の返送お待ちしています。>こじゃるさん)

白井ヴィンセント(sakusaku)、爆走!ゆい姉さん(らき☆すた)に続く箱乗り3作目でしたが、車+フィギュアは作ってて楽しいです。
でも、スバル車以外は資料集めから制作中のモチベーション維持までいろいろ大変なので、次はやっぱスバル車がいいなぁ。なんかキャラないかな。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金田伊功さんのこと

一昨日、心筋梗塞で亡くなられたと巡回先のサイトさんで知りました。
80年代オタクにとっては、「金田パース」とか「金田光り」とか、手書きアニメでの動きの独創性に感嘆したものです。私が原画家さんのお仕事を強く意識するようになったきっかけも、金田氏の作品からだったと思います。

まだ57歳だったそうで、その若すぎる死を惜しむとともに、80年代に特徴的な動きを作っていた頃の若さに驚きました。
心よりご冥福をお祈りします。

※写真はリュウ1982年9月号より、「バース」連載開始の扉絵です。
Birth

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

Goolge天文ロゴ

多くの人々が一喜一憂した本日の一大イベント。勤務先の埼玉では、残念ながら雨天のため日食は見られませんでした。
仕方がないので、Googleさんの日食ロゴで気分だけ楽しませていただきました。Nissyoku
日食自体は夜のテレビで見ましたが、印象的だったのは日本とインドの人々の反応。日本では皆既食になったところで拍手がおきましたが、「悪い神様が太陽を飲み込むため」と信じるインドでは皆既食が終わったときに安堵の喝采が起きていました。インドやネパールといったヒンドゥー教の国は割と好きなので旅行で行ったり本を読んだりしていますが、かの国は今も信心深いまま変わらないんだと安心しました。

昨日のGoogleさんはアポロ11号の月着陸40周年を記念するロゴだったので、2日続けての天文関連ロゴ。偶然とはいえ2日続けての天文イベントとはスゴイです。
Apolo11
でも、なんか最近は記念ロゴも乱発気味で、ありがたみも薄れてきたような気がします。(^^;) チェックしててもスルーしちゃうことも多くなってきたし。

そんなGoogleさんですが、Google EARTHに月面を閲覧できる機能を追加したとか。
JAXAさんの協力あってとのことですが、Googleさんも次々と新機能を提供してくれるので楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

橙星製作記(10)

連日製作記になってますが、これしかやってないので仕方ない。Daidai_20
とりあえず“プランツペット”のうさぎ達の組み立てが終わりました。
一応仮組と軸打ちをしておいたので、大きな問題なく終了・・・とか言って。(^^; 塗装した分軸が太ったら、穴に入らなくなってびっくり。軸が細いというのもあるけど、サフや塗料は思った以上に厚みがあるもんなんですね。それと指に瞬着がついてしまって、そのままパーツを触ったら塗料がちょっと溶けた。orz 一部わたしの指紋付きです。(笑)
ものが小さいので顔を描くのも緊張しました。持ってる筆が振るえちゃってアル中みたいで笑った。肝心の橙はまだ塗装中です。顔を描くのも組み立てするのも怖いなー。でも早く完成させたい。(><) もうちょっとだ!頑張るぞ!

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

橙星製作記(9)

現在、よつばと!2セット、橙星2セット、真夜さん&月等1セットの塗装をしています。もう数が多すぎて、とっちらかってる状態。何がどこまで進んでるやら・・・。orz
塗装のできない私はもっぱらマスキングやデカール貼りをちびちび。(^^; ってことで、橙のカバンにデカールを貼ってみました。
Daidai_14 Daidai_15
今回付属するデカールは3cm×6cmの長方形です。(写真1)インストに書いてある図を参考に裏に切取線を書きます。全部直線なので簡単ヨ!(写真2) この柄はPhotoshopのブラシツールをダウンロードして作りました。便利なモノがあるもんですね。(^-^)
Daidai_16 Daidai_17
線に沿って切ります。(写真3)カバンの底の部分を凹に切り取るのは、その部分に(c)表記があるからです。そんなの見えなくなってもいいじゃん!って場合は、ただの長方形にすればOKです。右側の小さい2枚はカバンの側面です。
透明フィルムを剥がしてカバンの底のスジ彫りに合わせます。(写真4)水を付けた綿棒で押しつけながら貼っていきます。(写真5)凹の切り込みがある2枚は、カバンの下面(長)と上面(短)です。
Daidai_18 Daidai_19
4枚を貼ればできあがりです。(写真6)
デカール(タトゥーシール)にも慣れてきました。閻魔あいの時より格段の進歩。やっぱり人間は失敗しながら成長するんだ・・・とか思ったり。いや、失敗しないに越したことはないんだけど。(^^; 各パーツの塗装も進んでいますが、完成画像はもうちょっと先になりそうです。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

愛想笑う?

作業のBGMにアニソンを聴いていて気になること。
「鋼殻のレギオス」のエンディングテーマ、Chrome Shelledの歌う『ヤサシイウソ』の歌詞なのですが...

「アナタが見えずに いつも 愛想笑って
キミの腕の中 抱かれていた」
...愛想笑う...か?(^^;)

この曲を聴く度に、日本語の「笑う」表現って面白いなと考えています。
「愛想笑い」は「する」です。
「嘲笑い」は「する」こともあれば、「嘲笑う」こともあります。
「薄笑い」になると「浮かべる」だったり。
日常よく使うところでは「大笑い」「爆笑」「思い出し笑い」「苦笑」など、他にも「忍び笑い」「照れ笑い」「泣き笑い」「片笑む/片頬笑む」なんて言葉もあります。
「呵々大笑」「艶笑」「憫笑」といったちょっと凝った表現や、最近読んだ森見登美彦氏の本で知った「莞爾(かんじ)として笑う」(にっこりと微笑むさま)なんて笑い方も渋いと思います。「笑う」表現だけでもまだまだ沢山ある日本語って、綺麗な言葉だと感じます。

ところで最近、掲示板などで若い人の書き込みを見ていて気になったことがあります。
「微笑(ほほえ)む」と「ほくそ笑む」の区別がついてないんでしょうね、「レジのお姉さんが僕にほくそ笑んでくれた」なんて書いてあったんですよ。語感だけで話す所為で、誤った言葉の使い方をしている人って偶にいますよね。(いや、ホントに「ほくそ笑」まれたなら、それはそれでイヤですが。(^^;) )
冒頭の歌詞については、「いつも愛想笑いして」ではメロディーに合わなかったのでしょうし、あえてちょっと違う表現をすると新鮮な感じがするので、分かっていて「愛想笑って」いるのかもしれません。でも、こうしたところから言葉を覚える若い人が、せっかくの綺麗な日本語を乱していくとしたら寂しいことです。

「ら抜き言葉」や「ヤバイ」など日本語の乱れとしてよく挙げられる例もありますが、その程度は時代の流れで仕方ないこともあると諦めもつきます。(自分は使わないですけどね。)
それよりもこういう綺麗な表現が失われたり、いつの間にか意味が逆転してしまった諺など、もっと「ヤバイ」乱れってあると思いますよ。年寄りとしては、精一杯時代の流れに抵抗するよう、頑張ります。

(byぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

イロモノ飲料-しそ風味-

マイミクさんが紹介していた“しそ風味”のペプシを見つけたので買ってきました・・・が、飲むきっかけというか勇気がなくてずっと冷蔵庫に放置。(^^; やっと飲んでみましたヨ。
Shiso 久々のイロモノ飲料、昨年の“きゅうり味”に続く“緑色”コーラです。
見た目は涼しげですが、これはネタ以外の何モノでもありません。「清涼感あふれる香り」なんて書いてありますが、見た目の色から「青紫蘇」を想像すると酷い目に遭います。どっちかというと「赤紫蘇」のキツイ匂いが...。orz 梅干しの紫蘇というか、紫蘇ふりかけの“ゆかり”みたいな匂いです。
しかも「JAPANESE REFRESHING FLAVOR」と言うわりに、所詮はコーラなので煎餅には合いませんでした。(^^;) 昨年の“きゅうり味”の方がありかなと思うんですけど、“ふらっと”は「“しそ風味”の方が口元に運ぶまでが臭くてツライが飲んでしまえば飲めるだけマシ」だと言ってます。きゅうりはトラウマに近いそうです。(^^;)
まぁ、今年のネタも一応制覇したってことで。うん、それだけだな。(笑)

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

「よつばとしゅっぱつ」製作記(8)

ちょっと途中の行程が飛びましたが、現在は複製が終了して完成見本の仮組中です。
Kangoo8_1
原型完成は目標としていた期日より1週間ちょっと遅れたものの、先週の半ばに終了。スケジュールが押したため、できたパーツから順に粘土に埋めていったので「原型完成しました」という写真は撮れませんでした。(^^;)
Kangoo8_2 先週末でシリコン型のA/B面を作成し、会社に行っている間に“ふらっと”にキャストしてもらいました。
一気に必要個数を抜いてもらったので、インストもないのにパッケージングだけは終わってしまうという、順調なんだかグダグダなんだかよく分からない状態です。\(^o^)/

キャストしたキットのうち、気泡の酷いのを完成見本用に選択。大きな気泡をモリモリで埋め、軸打ちをして組み立ててみた状態です。これからサフを吹いて微細気泡を埋め、インスト用のパーツ写真を撮ってから塗装・組み立ての予定。
Kangoo8_3残す日数は、3連休を挟んで平日が約1週間。橙星、真夜さん、月等の完成見本と併せると余裕があるようなないような。
ワンフェス直前の金曜に休暇を申請するかは、3連休の進捗次第です。更新時間が不規則になってきている辺り修羅場の予感もぬぐいきれませんが、できれば一度くらいイベント明けにゆっくり休んでみたいものです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

予約しました?

昨日から『第12弾水曜どうでしょうDVD』の予約がスタートしました。Suidou_12
忘れず予約したのに、blogで取り上げるのはケロッと忘れました。
(^^; 今から受け取りの10月が楽しみです。もうすっかり新作がでなくなりましたね。DVD作りしながら「また旅に出たいな~」って気になってくれないかな・・・なんて思ったりしてます。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

アフィリエイト

実は、昨日の記事で初めてアフィリエイト・リンクを貼ってみました。
元々アフィリエイト目的にトラックバックを送りまくるblogとか嫌い(^^;)で、自分のHPやblogでも広告やアフィリエイトは一切使わないようにしてきました。が、ちょっと思うところがあって、試しに貼ってみたのが昨日の記事です。
その「思うところ」とは...

◇商品を探し直すのって割と面倒だよね
同じようにアフィリエイト・リンクしていない余所様の記事を読んでいて興味を持った商品があった時、改めて通販サイトで探すのが面倒と思うことがあります。
購入金額と送料やポイントの関係でamazon、yodobasi.com、オンライン書店bk1を使い分けているので、貼ってあるアフィリエイト・リンクを常にそのまま使うわけではないですけど。それでも価格や在庫状況、レビューなんかをとりあえず見るのにはリンクがあると便利だと感じます。
翻って我が家のblogはというと、もしかして不親切極まりない?(^^;) そのまま購入するかはともかく、リンクくらい貼ってあっても良いのかな?と思った次第。

◇うちの記事で作品に興味を持ってくれた人っているの?
中の人がひねくれ者なので、紹介するのもマイナーなモノが多い我が家のblog。
近頃“文学少女”は人気急上昇中(?)ですが、失礼ながら「小川未明童話集」や「童話迷宮」が物凄い売れ行きとは思えません。(^^;) そんな作品を紹介した心情としては、一人でもファンが増えてくれれば嬉しいものです。
コメント以外でそんな反響を得られる手段としてアフィリエイトって使えないかな?と思い至り、レポートが利用できるらしいamazonさんのアフィリエイトを貼ってみることにしました。

◇レポートを楽しみに
いくつかアフィリエイトに言及しているblogを見ましたが、マイナーな作品を紹介しているところでは「一つも売れたことない」という心強い記述が。\(^o^)/ うちも、端から売れることなど想定せず、紹介した結果として興味を持ってくれた方がいるかを知りたいという興味本位です。amazonさんのレポートではクリック数が分かるので、それが楽しみです。
クリック数がある程度あって、やっぱりリンクがあった方が親切と思えるようなら、今後も使っていくかもしれません。逆に貼るだけ無駄と思ったら、今回限りであっさり止めますけど。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

童話迷宮

くおんの森」で独特の雰囲気にはまった釣巻和さんの新刊。新刊とはいえ、以前ネット連載したものを纏めたもので、書かれたのは「くおんの森」より前になるらしいです。
Dowa_meikyu
ベースとなっているのは「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる小川未明氏の童話集です。短編のタイトルをそのまま使い、設定の一部を活かしつつ現代風の別の物語に仕立ててあります。
Mimei その中の1編「赤いろうそくと人魚」は“文学少女”シリーズの短編集にも登場していたので、「小川未明童話集」もいずれ読みたいと思っていました。そこで早速この機会に買ってみました。お気に入りのラノベとコミックが同じ文学作品を通じて繋がるのは嬉しいし、読書の幅が広がるのも楽しいものです。
未明作品は絵本もたくさん出版されているので、読んだことがある方も多いのではないかと思います。私は初めて読んだのですが、ほんわかエンドのもの、ほろ苦エンドのもの、意味不明なもの(^^;)が混在しているように感じました。“文学少女”の短編は、BADエンドの絵本を読んで泣き出した子供たちのために心優しい少女がハッピーエンドの続きを創作するお話しで、うまく“文学少女”の世界にとけ込んでいます。

そして「童話迷宮」も未明の短編を題材にしながら、心温まるお話しになっています。意味不明だったお話も、分かり易いお話になっていたり。比べながら読むとさらに深い味わいになります。
惜しむらくは初出がカラーだった作品もすべて白黒での収録となっていること。絵が綺麗で雰囲気を楽しむ作家さんだと思うので、価格が2~3倍でもカラーで読みたかったなぁ。ただ、後書きにもあるように、白黒で収録するに当たっては色の濃淡の調整に拘ったらしいので、白黒で読んでも十分楽しめますが。

これらの作品を単独で読まれていた方には、“合わせて読みたい”作品としてお薦めしたいと思います。


(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アゲハ続報

昨日発見された大人気のアゲハ幼虫くん。
沢山コメントもいただいたし、今日はどうしているか見に行くと...
いなくなってました。(´・ω・`)ショボーン

もう満腹になって、サナギになりに移動したのでしょうか。周囲の木や物陰を捜索しましたが、真っ暗な中で懐中電灯の明かりだけでは発見できませんでした。
どこかでサナギになってるのかな? 立派なアゲハチョウになれるといいね。
なんにしても、山椒が坊主になる前に巣立ってくれて一安心。

Σ(゚д゚;)

Ageha_3
...って、キミは誰? 昨日の彼の弟さん?(^^;)
もうねぇ、お兄ちゃんが食べ尽くしちゃったから、キミが食べる分は本当に足りないよ。だってほら、もうホントに少ししか葉っぱ残ってないじゃん。昨日からだって半分くらいに減ってるし...。
(下のでっかいお皿は、フン対策です。)
Ageha_4
こんな、苗がちょっと大きくなった木に卵を2つも産むなんて、マジで親の顔が見たいぞ!

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

アゲハ観察日記?

以前育てていた山椒の鉢植えが枯れてしまったので、今年の春に新たな苗を買ってきました。最近やっと少し大きくなってきたと思っていたのですが、ふと気づくと葉っぱが激減している!?Σ( ̄ロ ̄lll)

犯人は...おまえか!!
Ageha_1
いきなりデカイじゃないですか。いつからいたんですか、キミは?
山椒はもうすぐ丸坊主になりそうな勢いですよ。仕方がないので街路樹にでも退場願おうかと思ったのですが、こちらの方の影響であまりむげ追い出すのもかわいそうな気持ちになってきました。せめてちゃんと食べられる木に移してやろうかと。

そこで、エサとなる植物を調べてみたのですが、Yahoo!知恵袋にて「アゲハの幼虫は偏食の傾向が有ります。卵から孵化して最初に食べた食草を好む訳で、幼虫が加齢するにしたがって、その傾向が強まります。」なんて記述が。
Ageha_2_2つまり何ですか、もう山椒以外を食す気はないとおっしゃいますか? 山椒の街路樹なんてないですよ? つまり我が家の山椒で育てるしかないと。
でもねぇ、たぶんキミは餓死することになると思うよ。(^^;) だって、もう葉っぱ半分以上も食べちゃったじゃん。まったく、親の顔が見てみたいよ。卵生む時に木の大きさくらい確認しろっていうの。\(*`∧´)/
近いうち、大きい山椒を買ってこないとダメか?

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

WF2009夏!最終案内

来週の連休明け辺りに来るのかと思っていた最終案内がもう来ました。ちょっとビックリ&急に間に合うか不安になった。(笑)
Wf2009s
毎回最終案内が来る頃は徹夜確実みたいな状態で、喜んでこれを見る余裕がないからね。トラウマ・スイッチみたいになってるのかも。(^^; でも今回は大丈夫なはずなんだよ・・・多分。
さて、大事な卓番ですが、当方はA40-15であります。特に不安を感じる場所でもないし、かといって期待大!みたいな場所でもなし。普通に島中でございます。昨年のことを考えると空調は大丈夫だろうかって方が心配です。(笑)
そして今回は初の幕張。会場までの距離、駐車場から会場までの距離など分からないことが多くて、まるで初参加のような緊張感が!
(--; 慣れた気でいて失敗しないように気を付けないと。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

ロビンエンジン欲しい!?

Robin_1 カルシウム不足で尻腐病になったトマトのために「カルクロン」を購入した通販サイト「日本農業システム」さんから、「農業資材総合カタログ」なるものが自宅に送られてきました。!∑(=゚ω゚=;) 
確かに一般家庭で買わないようなモノを購入しましたが、うちは農家じゃないから。「こんなカタログ送られたって買うモノなんてないよ」と言いつつもパラパラ見ていると...

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Robin_2
ロビンエンジンですよ! しかも単体で。
これ買ってどうしろと? エンジン本体を愛でたり、単体で動かして悦に入ったりするのか?\(^o^)/
まぁ、実際には耕耘機やらポンプやらと組み合わせるんでしょうけど、ロビンマークのついたエンジンが単体で売ってるなんて、ロマンを感じるなぁ。<違うって(^^;)

既にすべて六連星マークに変わったかと思ってましたが、まだロビンマークが残ってるんですね。さすがにネタだけで買えるような代物ではないので、写真で(*´д`*)ハァハァして終わりですけど。
実際に用途があって購入できる人が羨ましいです。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

俺の目に涙

お友達のmixiで紹介されていた『俺占い』が面白かったので私も挑戦。まずニックネームを“ふらっと”でやってみたところ、あまり面白い結果が出ませんでした。そこで子供の頃のあだなでやってみたら笑えたので、そっちの結果をご紹介。(^^;
-------------------------
占い師「銀座の俺」による「俺占い」の結果。
Ore_07

ふらっとには、こういう傾向がある。
・人と違った感性をもっている
・涙もろいところがある
・人にどう思われているか気づきにくい
・小さなことに一所懸命になりやすい
・淡々としたことが得意
・強がり
・正直者

特に
ふらっとには、こういう傾向がある。
・なかなか人を信用できない 
=>そうかもしんない(笑)
・じゃっかん適当 
=>じゃっかんじゃないよ。すんごい適当っすよ。
・自分の欠点に気づいていて直さない 
=>直んないよ。この歳じゃ~。(笑)
・ポイントカードを沢山作ってしまう
・純粋な心を忘れかけている 
=>あぁぁイタイ。(笑)

俺からふらっとへのアドバイス。
・甘えるのもほどほどにしておけ 
=>ごめんなさい、ホントごめんなさい。(笑)
-------------------------
ついでなので、“ぶらっと”の結果も。こっちも適度に笑えました。最後のアドバイスでは大爆笑だったけど。
-------------------------
ぶらっとには、こういう傾向がある。
Ore_02_3

・物事を自分で決めたがる
・インドアな遊びが結構好き
 =>言うまでもなし!
・適当に決めて後で後悔する 
=>じっくり考えても後悔している。(笑)
・潜在的な能力がとてつもなく高い 
=>潜在化し過ぎて表に出ることはない!
・隠れたファンがいる 
=>えぇぇ~。
・他人の世話を焼くことがある 
=>ないない!
・内面的に魅力的

特にぶらっとには、こういう傾向がある。
・野菜が不足しがち 
=>気を付けます。
・恥ずかしがり屋だけど礼儀正しくしたい 
=>なんかキモイぞ。(笑)
・つい強がって後悔してしまう
・わがままな部分が突然出てくる
・なにげにモテ期が楽しみだ 
=>これからですか?

俺からぶらっとへのアドバイス。
・特殊な趣味はほどほどにしておけ 
=>まったくだ。(爆笑)
-------------------------

フィギュアの原型をヤスる“ぶらっと”を横目に見て「特殊な趣味ってどれのことだろうね」と訊いてみた。「心当たりが多すぎて分からんよ」との返事。・・・とにかく、どれもほどほどにしておけ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

川越ならここ!

川越では蔵の街散策や菓子屋横町も楽しいのですが、“ふらっと”イチ押し!は喜多院です。
Kawagoe_07
去年行った時の見事なしだれ桜や歴史ある建造物、ほっと落ち着く庭園や枯山水が好きです。そしてなにより五百羅漢が大好き!
ヾ(≧▽≦)ノ彡 見てると楽しいよー!
Kawagoe_08_2 今回行ってみると羅漢さまたちがみんな緑色!
∑(゚◇゚;) 季節柄コケですごいことになってました。(笑)それはそれで綺麗だし、風雪を受け入れた自然な面持ちで心落ち着きます。(本当か?笑)
Kawagoe_09 一体一体の顔を見て、何を思っているのか考えてみたり。この中に一人は自分に似た方がいらっしゃるといいますが、こんな不遜なこと考えるような輩はいませんよね。それにどれかを指して「似てるわ」なんて言われたら、それはそれで微妙にショックだったり。(笑) どれもみんな“おっちゃん”っすから。(それが不遜)
Kawagoe_10
見つめる先が気になる・・・。それはもしやアリの行列か!

Kawagoe_11 Kawagoe_12
本当はこんな穏やかな表情で本に集中している姿がいいな~って思ったんだけど、気がついたらこんな事に。(^^; ごめんね、ごめんね。(しくしく)って感じで右の方をみてください。
Kawagoe_13 お気に入りの場所だと言いつつ、茶化して終わりかい!本当に羅漢さま、ごめんなさい。次は秋や冬(雪景色なら最高)の羅漢さん達にも会いたいです。「こんな私でもまた会ってくれますか?」「拝観料出せばな!」「ヒドイ(涙)」


ホント最後までごめんなさい。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

絶望した! 誤ったスバリストの定義を振りかざす中津スバルに絶望した!!

始めに断っておきますが、私は「中津スバルの濃いスバリストに贈る情報」というblogを毎回しっかり読んでいるわけではありません。今回たまたま見過ごせない記述に出くわしただけで、継続して読んでいればその言葉の裏にある真意をくみ取れるのかもしれません。
しかし、該当の記事だけを読んだ読者に大きな誤解を与えると思われるので、あえて厳しい意見をトラックバックさせていただきます。ココログの不調の所為かトラックバックが送れないので、先方にコメントして当記事のURLを記載させていただきました。

さて、「おまたせしました!レガシィターボの各論とスバリストの定義」と題した2009/7/3の記事から問題の部分を引用させていただきます。

----(ここから引用)----

興味の無い人にはどうでもいいことかもしれないが笑わないで聞いて欲しい。
スバラーとスバリストの違いを。

スバラーとは。
レガシィが発表になり、
インプレッサがラリーで活躍し始めてから、
スバルに興味を持ち始めたスバル愛好家の人々をいう。
 ~中略~
対する
スバリストとは。
レガシィ登場以前より、スバルが好き。
もちろん、スバルサインがどういうものか良く知っていて、
実際にしたことがあるヒト。(注:スバルサインとは?)
もしくはそれらの人々の子孫で、
今現在もスバル乗りである人々。

新型レガシィを、
すんなり理解できるヒトと
そうでないヒトの差は
スバリストかスバラーかの違いに思えてしょうがないこの頃だ。

----(ここまで引用)----

この考え方をする方は希にいますが、私は一切認めません!
「認め難い」とか「認めたくない」とか軟らかい表現ではなく、自身のスバリストの誇りにかけて全力で否定します!

正しいスバリストの定義はこうですよ。
「スバリスト」とは現在、東京農業大学名誉教授・後閑暢夫さんが1975年のカートピアNo.31号誌上の「スバルは紳士の乗り物」という投稿で名付けた言葉。「クルマに対する高い見識を持ち、紳士的な運転をするスバルユーザー」を指します。~「cartopia」2006年1月号より引用~
真のスバル好きなら、いつからスバリストになったかなんて問題ではありません。
以前も当blogに引用させていただきましたが、大事なことなのでもう一度載せときました。

本当は「スバラー」という言葉を使うこと自体も疑問ですが、あえて「スバリスト」と区別するなら以下のような考えの方ではないかと思います。
◇水平対向じゃなきゃスバルじゃない
◇AWDじゃなきゃスバルじゃない
◇ターボじゃなきゃスバルじゃない

確かにこういった人達のほとんどはレガシィ、インプレッサ以降にスバルを知った方でしょう。その一方向から見るならば、中津スバルさんの切り分けもあながち間違いでないように見えます。
が、たまたまスバルに触れる機会がなかった方がレガシィやインプレッサのヒットでスバルを知り、スバルのクルマ作りや理念に共感を持ってスバリストになったというケースも多々あります。私の友人にもこういった方は実際にいます。
彼らを否定するような考え方をスバリストの鑑たるべき中津スバルさんのblogで読もうとは、正に「絶望した!」気持ちです。

ただ、同じ2009/7/3の後半では

----(ここから引用)----

ヒトの世界の「スバリスト」と称される人々もスバル大好きだ。
スバルの個性をこよなく愛し、
あまりに革新的なスバルに出会うと、時には戸惑いながらも、
賞賛と共に、作り手に向けて強烈なメッセージを放つ。
そしていつの間にか、スバルの真髄を理解して同化する。そんな孤高な存在をスバリストと呼ぶ。

----(ここまで引用)----

と語られているので、本質の所は分かっていらっっしゃるんだと思います。
スバリストをスバルに乗り始めた時期で分けることだけは止めていただきたいです。だいたい、そんな考え方では少子高齢化に伴ってスバリストは減る一方だし。\(^o^)/
スバル車に関わる者なら、スバルを知らなかった人にもスバルの良さを説き、真のスバリストを増やすことこそ使命だと思いますよ。



Zetubou_2 ちなみにタイトルは週刊少年マガジンに連載している「さよなら絶望先生」を元にしています。

タイトルのニュアンスが気になる方は、マンガ喫茶などでちらっとでも読んでいただけると助かります。
以前も「絶望した!」ってタイトルにしたら、元ネタをご存じない方から「あまりに激しいタイトル」と言われてしまったので。(^^;)

(byぶらっと)

続きを読む "絶望した! 誤ったスバリストの定義を振りかざす中津スバルに絶望した!!"

| | コメント (24) | トラックバック (0)

七夕

マンションのロビーに毎年飾られる笹を横目に、七夕らしいことは一つもせずにワンフェス準備に追われる日々。
ふとGoogleさんを見ると、七夕の特別ロゴが表示されていました。
Tanabata09
天の川を渡って邂逅する彦星と織り姫のシルエットが“o”を表している綺麗なロゴに、ちょっと和みました。
ワンフェスを無事に乗り切れますように...願い事も切羽詰まった感じだ。orz

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

見てませんけど。(^^;

1年ちょっとぶりに“ぶらり♪小江戸川越散策”をしてきました。テーマは“ちょこっと「つばさ」巡り”(今考えついた。笑)ってことで。
Kawagoe_01 Kawagoe_02
まず最初に鏡山酒造跡地の昭和蔵で「つばさ」の撮影セットを見学。主人公のお家『甘玉堂(和菓子屋)』や地元ラジオ局の『ラジオぽてと』など。友達に「ところで...つばさってどんな話?」と解説を求めた私です。だって見てないから。(^^; こんなありがたみのない人間ですが、お話の舞台となった川越は「つばさ」フィーバー真っ盛りな訳ですからノリ良く楽しまないと。(笑)
Kawagoe_03 超初心者の私にぴったりなのは、やっぱり『甘玉堂』として使われたお店『陶舗やまわ』ですね。入母屋造りの店蔵で普通に観光しても目を引く建物です。中は陶器の販売と『トロッコ』という名の喫茶店があります。なぜトロッコ?と思ったら、お店の中にトロッコのレールが残っていて、それが外の焼き窯に繋がっているんですね。Kawagoe_04 「つばさ」でもここでトロッコを押すシーンがあるとか。
あらあら、それは見てみたい。(^-^) そしてここで買ったのが「くらたま」です。『甘玉堂』の「あまたま」と同じものだとか。「つばさ」の名を冠したお菓子はたくさん売ってますが、テレビで登場した和菓子の再現は貴重かと。イモ餡、小豆餡、羊羹の3層で、外層のゴマ羊羹がこってりしてますが、イモ餡が川越らしいと感じるお菓子でした。美味しかったですよ。「つばさ」ファンは是非!Kawagoe_05 Kawagoe_06

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

気になったので

今朝、NHKのネット動画紹介コーナーで取り上げていたのを見て、気になったので探してみました。

ロボットにコーヒーを淹れる動作をさせたものだそうです。さすがに“全自動”とはいかずに、シーン毎にプログラムを入れ替えているとか。それにしても動きがカワイイです。

そして、何が気になったかって言えばBGM。なんか聞いたことあるアニメの曲なのに思い出せない。YouTubeで見つけたら「タチコマの家出」でした。
そっかー、スッキリした。<気になったのはそっちかい!!(`◇´*)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

スバリストのサンバー発見!

近所で見かける“気になるスバル車”がサンバーばかりな今日この頃。(^^;)
Sambar_1
買い物の途中で通りかかる小学校が改装工事中なのですが、そこに来ていたと思われる業者さんのサンバートラックです。
遠目から見るとただ白いだけなのですが...
Sambar_3 今となっては懐かしい“()))”のステッカーがさりげなく貼ってあります。どんなにさりげなく貼ったって見逃しませんよぉ~。(^-^)
オーナーさんと二言三言お話しして、スバル好き同士ということで写真撮影も快諾いただきました。
爽やかなお兄ちゃん二人、お仕事がんばってください!

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

ココログの対応がずいぶん良くなったと感じるのですが

最近ココログの対応がずいぶん良くなったんじゃない?と思っています。悪い時ばかり責めるのはフェアじゃないので、良いことも書いておきましょう。

2~3年ほど前、1年近くに渡りココログが機能不全に陥っていた時期がありました。
連日の保守~トラブル~ログイン集中によるレスポンス悪化のループで、blogの更新もままならない日々。スタッフも疲弊していたのか、まともな報告すらできない有様にユーザーもブチ切れ状態。うちのblogでもずいぶんと苦情のエントリーを上げたものです。(^^;)
それから2年くらい、組織的に体制を整えたのかすっかり落ち着いて不具合もほとんど起きなくなっていましたが、先日の保守で久しぶりに大きなトラブルが発生しました。午前中4時間ほどの保守予定時間では終了せず、午後からはサイトの閲覧すらできなくなるという大トラブル。深夜にやっとログインできるようになったものの、いくつかの障害を翌日まで引きずることとなりました。

しかし! 今回のトラブルが数年前と異なったのはスタッフの手際の良さ。
きちんと状況をアナウンスし、残った問題点も洗い出して報告したり、必要に応じて緊急のメンテも(ちゃんとお知らせした上で)行うというように、しっかりした対応をしてくれています。復旧のための緊急メンテで新たなトラブルを生んだりもしてないし。
どんなに綿密な計画を立てて細心の注意を払って準備しても、人間のやることなので想定外の事態が起きてしまうのは仕方がないことだと思います。でも、問題なのはその後の対応です。問題が起きた後の対処を誤るとユーザー感情は最悪なものになります。逆にしっかりした対応をすることで、トラブルの結果として信頼を深めることも可能になります。

社会人として仕事をしている人にとっては常識なはずですが、いざトラブルに直面すると実践できなくなってしまいがち。問題を起こさないように気を付けるのは当たり前ですが、起きてしまった時にしっかりした対応をしてくれると安心できます。
ココフラッシュで今回のココログ不具合に関連した記事を読むと、皆さんけっこう厳しいご意見が多いようですが、私としては今回のトラブルについてはその後の対応が良かったので好意的に捉えています。
これからもガンバってください。>ココログスタッフ

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

橙星製作記(8)

橙の複製が終わりました。次は展示&提出用の完成品製作です。ざっくりバリを取って軸打ちをしたところで組み立ててみました。Daidai_11
・・・アレ?(゚ー゚;・・・マジ?( ̄Д ̄;;・・・ヒィィ。つД`)
難しいです。もともと私は軸打ちが苦手なので人並みに出来ないというところはありますが、器用な“ぶらっと”をして「キビシイ」と言わせました。難易度の高いキットになったな。orz
Daidai_12
まぁ難しいのは左右のおさげと飾りのバラだけで、他は私にも出来る程度ですが。(^^; なんとか写真を撮ってみましたが、サフ缶に寄っかかっているので首の角度がちょっと違う。でもまぁ~こんな感じかな。
Daidai_13
トリオのうさぎ達はいい加減な軸打ちの所為で、手の角度などよろしくないところがチラホラ。軸打ちに失敗してパーツをまっぷたつに割っり、0.3ミリのピンバイスを折ったり。orz どこまで不器用なのか。(涙)欠けや気泡の穴埋めをしながら、その辺も修正していきます。塗装に入るのはもう少し先のようです・・・っていうか、よつばと!が複製に入らないと、塗装する人がいないんだよね。私が塗装する日はきっと来ません。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

匠の技?

会社の忘年会のくじ引きで当ててきたカタログ・ギフト。またこれか・・・。どうせならXboxとかプレステ3が良かったのに。(そんな景品ありません。笑)もう選ぶのもシンドイな。orzSakuranbo1
こうなったらあっさり食べてなくなるものがBESTだ!ということで、大好物のサクランボをGET!一時期サイトの自己紹介で“好物:佐藤錦”と書いてましたっけ。(^^*ちょっと恥ずかしい思い出だったりする。
Sakuranbo2_2 普段買うスーパーのはケースにバラバラと入っているもので、こんなに整然と並んだやつはデパートくらいでしかお目にかかりませんよ。んで、いつも思うんだけど、こうぴったりしっかりケースに収める技ってなに。w(゚o゚)w 無理したらデリケートなサクランボが傷むでしょう。いや~すごいなーと感心しきりっす。しかし一粒ずつ綺麗に納められるとふたつくっついてるヤツ(→cherry)はいないよね。それがちょっと寂しかったな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

「よつばとしゅっぱつ」製作記(7)

原型完成の目標期日に設定していた6月末を過ぎたわけですが...完成してません。
一応の作り込みは終わったのであとは磨くだけなのですが、これが時間かかるんですよ。Kangoo7_1

さて、しばらく進捗をアップしていなかったフィギュアの方ですが、
カングーの陰で少しずつ手直ししていた結果がこんな感じで。
Kangoo7_2 まずは課題のジャンボの顔。細長さとエラの張り具合など見直し、口を大きく開けてメガネもかけると少しはそれっぽくなったかと。髪をシャープにし、ヒゲも付けたら...カングーに乗ってればジャンボに見えなくもない。(^^;)
結局メガネはガシャポンのように顔面に作りつけにすることにしました。メガネを別パーツにしようとすると、複製の都合でどうしても太くなってしまいます。古来「メガネは顔の一部です」なんて言い伝えもあるとおり、ただでさえ難易度の高いジャンボの顔がメガネが太くなるだけでまったくの別人になってしまいます。(--;) 
本当は作りつけだけは避けたかったのですが、メガネを別パーツにすることに拘って別人になるくらいなら仕方ないかと。毎度、メガネキャラには苦労させられます。Kangoo7_3
大きく変えたのは2人の体です。カングーの窓枠を作ってみたら元の体は大きすぎたので、2回りくらい小さく削り込みました。
よつばの顔はセンターの微調整をして、目や眉を立体化したくらいです。髪の房に少々動きを付けて、風になびく感じにしてみました。

明日からはひたすら磨いて、なんとか今週末には型取りに入りたいです。
「よつばと」だけなら型取り~複製~量産~完成見本で3週間あれば余裕ありすぎ!って感じなんですが、今回は他にも完成品の提出が多いので気が抜けません。
とある版元さんからは再販の度に完成品提出を求められています。(--;) もう今回で提出する完成品も4体目ですよ。1体の手間が通常の3倍くらい掛かる(どのフィギュアかバレバレだ\(^o^)/)ので、再販も今回を最後にせざるを得ないです。
以前お友達ディーラーさんが「気軽に完成品提出って言わないで~」と言ってましたが、本当にそう思います。
塗りに入ってからが本当の地獄かもしれない...

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »