« サンバー日和 | トップページ | 「よつばとしゅっぱつ」製作記(1) »

2009年3月15日 (日)

通勤読書

Nakagawa ガレキの話じゃないところに反応しちゃうのも何ですが、とあるひのコタツガさんが書かれていた電車内での読書と携帯電話を比較していた記事が面白かったので、ちょっと関連記事など書いてみます。

私は中学生くらいで読書の習慣ができてから、常に本を読んでいる感じです。
ラノベや“文学少女”シリーズの影響で読み返す気になった純文学からSF、ミステリー、雑学ものまで、とにかく活字を追っていれば良いという乱読なので、マンガを読んでいるのと大差ないですけど。内実が「知的で優雅」かはともかく、携帯やゲーム、マンガ週刊誌などに比べれば一見まともな社会人と思われるでしょうね。

コタツガさんもおっしゃるとおり、携帯に夢中になってる姿って端から見るとあまり見栄えの良いものと思えないことが多々あります。携帯を使っている人って何故か落ち着きがないのは確かですし、機種に因るのかキーの押し方の所為かは分かりませんが「カチカチッ」って妙に大きなクリック音をさせ続けてる人が隣に来ると苛々したりもします。(--;)
ホームで電車を待つ列の全員が同じ姿勢で携帯を見ている場面に遭遇したときは、昔読んだ「1984年」的なうっすらとした怖さを感じたり。Σ(゚д゚;)

もちろん携帯が悪いとか、本も読まないヤツは馬鹿だとか言う気はありません。
私の場合、仕事上でも特に必要に迫られないことから、未だに携帯を持っていないだけですし、ラノベなんて内容はマンガと変わらないので偉そうなことも言えないですから。
でも、電車内での立ち居振る舞いを見ている方はやはりいらっしゃるようですので、携帯を持つ持たないに関わらず姿勢には気を付けようと思ったり。

あと、コタツガさんが政局について書かれていた記事も文章が上手いなぁと思ったので、リンク貼って紹介しておきます。
先週、自分も民主党についての疑問を書いた時に一番言いたかったのは「報道につられて投票に走ることの愚かさ」ってことだったのですが、どうしても書きたいことをカットできずにダラダラと長くなっちゃうんですよね。短い文章で面白く分かり易く書ける方って尊敬します。
...と言いつつ、今日もまた長文だぁ。orz

※今日の写真は、誕生日に“ふらっと”から贈られた「遊 中川」のブックカバー。麻にこだわったメーカーで、これは印傳と組み合わせたもの。ちょっと中の本(新潮文庫「こころ」)が透けちゃってます。(^^;)

(byぶらっと)

|

« サンバー日和 | トップページ | 「よつばとしゅっぱつ」製作記(1) »

コメント

たまの電車通勤でわたしも携帯派でしたが、先日はサブロクカバーの文庫本で読書派に転向してみました。
そうすると携帯をいじる高校生が気になって…隣の座席に自分の荷物を置いて暇潰し系の動画や女の子の画像を大声で感想を言いながら見せ合ってるみたいでした。優先座席を何食わぬ顔で占領してるし、モラルがなくなってますね。まだ一人で黙々とモバゲーにでもいそしんでくれてる方がマシ。
文庫本は隣席にも迷惑をかけないし、同じ高校生でも参考書や文庫本を見ている子は行儀よかったです。
車内全員が読書をしていたらそれはそれで異様な光景に見えると思いますけど、そんな中ではさすがの無神経高校生もピコピコ電子音を鳴らしながら携帯を使おうなんて気にならないでしょうなあ。

投稿: こじゃる | 2009年3月15日 (日) 08時47分

携帯を目の敵にするわけではないですが、どうも読書派と比べて知性の差が滲み出るような気がしてなりません。「人のふり見て~」と言いますし、自分が使うことになっても節度は持たなきゃなぁと思いますね。
っていうか、マナーとか公衆道徳とかなってない人は、格好がダサイとか以上に恥ずかしいことだって気づいて欲しいです。(--;)

サブロクカバーは可愛いくて誰かに見せたいような、他人に見られると恥ずかしいような気がしません?(^^;)

投稿: ぶらっと | 2009年3月16日 (月) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/44346351

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤読書:

« サンバー日和 | トップページ | 「よつばとしゅっぱつ」製作記(1) »