« 月等(つぐら)製作記(1) | トップページ | 三度目のウィーンへ »

2008年10月 4日 (土)

蒟蒻畑がなくなる!?

なんか、とんでもない魔女狩り状態になっているようですね。
産経ニュースより引用です。

----(ここから引用)----

こんにゃくゼリー「ミニカップ」製造中止も マンナンライフ
2008.10.2 22:33

こんにゃく入りゼリーをのどに詰まらせた兵庫県の男児が死亡した事故を受け、野田聖子消費者行政担当相は2日、男児が食べたゼリーを製造した業界最大手、マンナンライフ(群馬県富岡市)の鶴田征男会長ら幹部3人を内閣府に呼び、警告表示の見直しなど今後の対応について説明を受けた。子供や高齢者が食べないよう警告する表示が小さい現商品の自主回収について、同社側は「検討させてほしい」とした。

 野田担当相は冒頭、「事故は痛ましいこと。(こんにゃく入りゼリーで)17人もの命が奪われ、前政権からゆゆしきこととして取り組んできたが、今回また犠牲者が出たことを厳しく受け止めている」と話した。

 野田担当相は、ゼリーの形状について、のどに詰まらせないようなものに変えることも要請。同社側は将来的に、事故のあったミニカップタイプの製造を中止する考えを示したという。

----(ここまで引用)----

Mannan_2 製造元のマンナンライフは製造中止も考えているそうですが、我が家の常備品なだけに非常に困ります。
原型製作なんかで深夜まで作業をして寝る間際に小腹が空いたときに、低カロリーでとりあえずの空腹感が抑えられる蒟蒻畑は欠かせません。もし無くなったら、寝る直前に高カロリーなものを食べるか、空腹を抱えて寝るか。どっちもヤダなぁ。(--;)
きちんと注意書きもされているんだし、メーカーにこれ以上の責任を問うのは酷だと思うんだけど。

亡くなったお子さんは気の毒とは思いますが、そもそも保護者の責任というものがあまりにも軽視されている気もします。
危険なものを察知し、子供から遠ざけるのも保護者の責任のうち。固まりの状態の食物を1歳児に与えた場合の危険は、こんにゃくゼリーに限ったことではないはずです。そういった危険を予測するのは昔も今も保護者の重要な役割であることに変わりはありません。ニュースでは「祖母は、こんにゃく入りゼリーの危険性を知らなかったという。」と
言っていますが、それで回避できる責任ではないと思います。

「トイレットペーパーの芯を通る大きさの物は子供が呑み込んで窒息する可能性がある」って、子育てする方には常識ではないのでしょうか? 子供がいない私でも知っていますけど。(最近の母子手帳には目安になる穴も開いているそうです。)
「こんな大きな異物を呑み込むと思わなかった」というのと、「こんな食べ物で窒息するとは思わなかった」というのは微妙に違うとは思いますが、私が子供の頃だって大玉の飴は「万が一呑み込んだら窒息するから」と両親も祖父母も与えてくれませんでしたよ。
そういった注意義務を怠ったことは棚に上げてこんにゃくゼリーだけをやり玉に挙げ、責任を製造者に押しつけるというのはいかがなものかと感じます。家族を失った悲しみや無念を外部の要因に結びつけたい気持ちも分からないでもないですが、「太ったのはハンバーガー屋のせいだ!」と訴えるような訴訟大国アメリカを他人事と笑ってられません。

また、それを真に受けて規制までしかねない勢いの政府(野田聖子消費者行政担当相)も、相当ピントがずれていると思います。
こちらにも色々な意見が書かれていますが、汚染米の流通の方がもっと迅速かつ徹底的に対応しないといけないことでしょう。

数年前に雪印と三菱自動車が問題を起こした際にも感じたことですが、社会的な影響が大きすぎると厳しい対応ができないというのでは本末転倒です。雪印が潰れても路頭に迷う社員はそれほど多くないから徹底的に叩くが、三菱自動車が潰れると日本経済全体が路頭に迷うから潰れない程度の追求に抑える。そんなことが繰り返されている気がしてなりません。
過去5~10年の汚染米の影響を洗いざらい追求すると国民はパニックになるし関係省庁や自民党まで崩壊しかねないので直近1年程度の追求に抑える。即効性のメタミドホスでの健康被害報告がないことを強調し、何年も後で原因も不明なまま影響するアフラトキシンB1についてはニュースでも避ける。反面、コンニャクゼリーは無いと生活が成り立たない程の物ではないから、こちらを吊し上げることで汚染米から国民の意識を逸らそうとしているようにも受け取れます。

先日も書いたことですが、民主党政権には賛成できないものの、一度政権交代して膿を出す必要はひしひしと感じます。

(byぶらっと)

|

« 月等(つぐら)製作記(1) | トップページ | 三度目のウィーンへ »

コメント

ちと亀コメントですが。
これねぇ。
蒟蒻畑に歴史があったらこんなことにならないような気が…
だって、食べて窒息するなら餅などの乳児や老人に危険な食べ物一杯あるんだけどねぇ。
こまったものです。

投稿: Makoto(Cz75) | 2008年10月 5日 (日) 20時55分

亡くなった人がいるので自分のブログで問題提起する勇気がなかったんですが、わたしもメーカーが責任追及されるのはおかしいと思ってました。
ちゃんと外装袋に警告文が印刷してあるし、喉にシュポーンと入らないような容器の改善にも取り組んできてるんですから。
ありがとう、ぶらっとさん。

投稿: こじゃる | 2008年10月 5日 (日) 21時30分

■Czさん
そうそう、餅ですよね、モチ。
危険が認知されているのに毎年正月というと恒例のように死亡ニュースが流れます。それに比べればこんにゃくゼリーでの死亡例なんて数年かかって餅の数日分では?
事例が少なければ良いと言うわけではありませんが、餅の放置さ加減に比べればメーカーの努力は相当なもの。簡単に目の敵にしてはあんまりですよね。

■こじゃるさん
私もかなり勇気がいりました。旅行中にコメント欄が荒れていたらどうしようかと。数日ぶりにアクセスすると、古い記事へのスパムコメントだらけだった時には苦笑しましたが。(^^;)
メーカーがいろいろと改善努力をしているのに、分かりやすい攻撃対象にしている某大臣が許せず記事にしました。私も蒟蒻畑は好きなので、微力ながらメーカーの支援になればという気持ちもあります。
横やりにめげず、メーカーにはがんばって欲しいものです。

投稿: ぶらっと | 2008年10月 7日 (火) 06時37分

今回の蒟蒻畑の誤飲事故ですがメーカーだけが悪いとは言えないですね。消費者も過去に誤飲ニュースを聞いていたと思います。袋に書いてある良く説明書を読まず誤飲したら、やった消費者の責任になります。
あと蒟蒻畑ゼリーで幼児・高齢者虐待の疑いをマスゴミは感じなかったのでしょうか?

国も政治家も事故米の対応の遅さを隠す事と国選選挙があるので点数稼ぎで今回の蒟蒻畑ゼリーについて取り上げてマスゴミとグルになって吊るし上げをやっている様に見えて来ます。同じ事をトヨタやJR東日本で起こったらどうなるのでしょうか?

自分でトヨタ車を購入して運転して事故起こしてトヨタを訴えたり、JR山手・埼京線などの毎朝夕の通勤通学満員電車に乗って車内の居住性悪化で身体精神的疲労になった事をJR東日本へ訴えたりするでしょうか?今回の事故を当てはめるとこうなってしまいますよ。

投稿: さいたま | 2008年10月10日 (金) 00時16分

■埼玉在住さん
仕事柄、保険金目当てに子供を殺しちゃう話をよく耳にします。今回の事例がそうだとは言いませんが、浴槽に落とすとかより、こんにゃくゼリーを丸のまま与えたり車に残してパチンコに行く方がリスクが低いと気づく親も出てくる頃でしょうね。(--;)

そんな親は言語道断ですが、社会的な影響を考えて報道の仕方を変えるマスコミも、どうしようもないと思います。

投稿: ぶらっと | 2008年10月10日 (金) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/42673836

この記事へのトラックバック一覧です: 蒟蒻畑がなくなる!?:

« 月等(つぐら)製作記(1) | トップページ | 三度目のウィーンへ »