« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

史上最も醜い車

Ugliest 英国の「デイリー・テレグラフ」が「史上最も醜い車100台」というアンケートの結果を発表したそうです。古今東西すべての車種から選ばれたのはスバル・B9トライベッカ!?
実際のところトライベッカは99位なのですが、何故か堂々と扉ページを飾っています。(--;) 他のスバル車はインプレッサが38位にランクイン。う~ん、ここに選ばれるだけの知名度があったことは喜ぶべきか。(^^;) 2ちゃんねらーのコメントも面白いので、こちらのまとめblogもどうぞ。

納得いかないのが「最も美しい車」のランキング。「ジャガーに負けているのは価格だけ」と評されたSVXが100位までに入ってないじゃん! いや、実際どの車も美しいのは認めますが、なんか英国車に偏ってない? まぁ、所詮はアンケートの結果ってことで、楽しめればOKですけど。

(byぶらっと)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

作ってみる~ハルヒ~(3)

ハルちゃんはやっとドレスが着れるようになりました。
(おっせー)(^^;
Haruhi5 Haruhi6
ドレスを脱げるようにする為の改造ポイントですが、まずドレスと胸周りがピッタリくっつくようにモリモリで隙間を埋めました。凹凸に密着すると結構外れないものです。次に前後のドレスを繋ぐように裾以外の部分を太くしてダボを作りました。これで接着しなくてもドレスは着れます。(^^)v
Haruhi7 あとは欠けやパーティングラインを消すついでにディテールアップを。ドレープが綺麗なのでその辺を活かし、スカートの中を削り薄く軽やかな感じに。複製を考えなくていいと思うと大胆に削れるものです。(笑)ちょっとやり過ぎて穴を空けた所もあったり。(^^; そして足のチラ見せを増やそうと(おやじか?)丈を少し短くしたり、ウエストの辺りを細くしたり。そんなこんなでなんとかドレスも完成。次の塗装をラクしたいと白サフを使ってみましたが、隠ぺい力が弱くてちょっと困った。orz さぁ塗装だー。もう私の出番は終わりです。f(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

日本でも出会いました

Redbull 立川で買い物&お食事をした時、駅前に派手な車を発見!「レッドブル」の宣伝カーです。プラハで見たビートル仕様はこちら、日本ではMINIだそうです。写真を撮っていたら近くで無料配布中の「レッドブル」を1本いただきました。丸々一本その場で飲むのはキツイな。(笑)「MINIが可愛い」と話すと「MINI好きの方には、切り刻むなーって怒られるんですよ」と教えてくれました。なるほど、缶を載せる為に後ろがばっさりだもんね。(^^; そしてナンバーは“・283”。「レッドブル、ツバサを授ける」に引っ掛けて283なんだそうです。関東にある7台の宣伝カー全てこのナンバーだとか。言われないと気が付きませんね・・・っつーか、日本人て好きだよね、ゴロ合わせ。(笑)そんな感じで話し込んでたら1本飲んじゃいました。「カフェイン量が多いので気合が必要な時に是非」と勧められました。正直味はイマイチなんですけど、イベント前(徹夜地獄)とかに飲むといいのかも。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

今日のフラゲ~

ここ数日で読んだり買ったりしたラノベをご紹介。
Tooko_8 まずは本編の最終巻となる「“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシェ)下」。正式な発売日は明後日なんですが、新宿の“とらのあな”でフライングゲットしてきました。これで本当に終わってしまうと思うと寂しいですね。読んでしまうことで結末を知る怖さと、上巻を読んでしまったので早く続きが知りたいという焦りが渦巻いています。(^^;) こんな気持ちで勢いで読んでしまっては勿体無いので、少し頭を冷やしてからゆっくり読みたいと思います。
隣に写っている栞は、ファミ通文庫の10周年記念で配布されていたもの。とらのあなやアニメイトなど、一部店舗のみの限定配布です。琴吹さんは嬉しい書き下ろし。遠子先輩の方は5~6種類の中から選んでよかったのですが...他の絵は記憶にありません。\(^o^)/

Mama お次が紅玉いづきさんの2冊。少し前にまとめ買いした中の1冊「ミミズクと夜の王」が面白かったので、2作目の「MAMA」も購入してみました。「ミミズク~」はラノベというより童話のようなストーリーで、とても新鮮です。ありがちな展開?と思わせておいて、ジーンとする結末が待っているところは“電撃小説大賞”受賞も納得です。ラノベではお約束のアニメ絵のイラストがないのも雰囲気にピッタリ。場面を思い浮かべながら読むことをお奨めします。

Tasogare 最後は「黄昏色の詠使い」シリーズの最新刊です。以前blogで取り上げてから2冊挟んで、3冊目にあたります。うち1冊は短編集だったのですが、ストーリーはそれなりに進んできました。こちらも色々な伏線が繋がってきて、面白くなってきました。“文学少女”シリーズと同じ竹岡美穂さんのイラストもお気に入りなので、角川ショックは本当に残念です。
もう一冊は通称「バカテス」。以前WEB上で“文学少女”とのコラボ小説が発表されていたので買ってみました。ラノベ好きといっても普段はコメディ物やいかにも“萌え”なものは読まないので、珍しい買い物です。積読になりそうな予感がしますが。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月27日 (水)

15年目の車検終了

Hoshino 車検に出していた我が家の初代レガシィ(BF3D)が、星野さんに「安心して乗れる」レベルとお墨付きをもらって無事に戻ってきました。信頼できる整備士さんに診断してもらい一安心です。マフラー交換とエアクリーナーも予定通り交換していただきました。
帰りの道中は、ATのインプレッサで溜まったストレスを発散するようにMTで元気にブン回して(^^;)楽しんできました。ホント、今が絶好調って感じです。

費用は前回の車検よりちょっと安めの\180,000-(諸費用込み)。まぁ、前回はリサイクル料もあったからなぁ。
今のところ、大きな部品交換がなかった頃に比べて5~6万増で収まっています。予防の意味も含めて早めに手を打っているため少しずつ多めに費用がかかっていますが、これが一気にまとめて「30万~50万です」って言われると買い替えようっていう気になるのでしょうね。
考えようによっては前回の車検から分割払い(^^;)しているようなものなので、既に後に引けない「維持意地費」への道に踏み込んでいるのかも。

さて、某メーカーは「エコ替え」と称して低燃費車への買い替えを促しているようですが、年間3,000kmも走っていない現状では廃車という巨大なゴミを出さないようにするのと、どちらがエコだろうと思う今日この頃。リンク先のエコ替えサイトでは「古い車は順次リサイクルされ」とか、「CO2排出量の割合は製造や廃棄より走行が大部分を占める」とか一般論を並べて買い替えを促進しようと必死です。(w)
でも、「まだ使えるけど」というのは「物を大事にする日本の美徳」に反していると思います。年間に1~2万kmも走るならエコ替えの効果も即効性がありそうですが、そんなに使う方は黙っていても数年で買い替え時期が来そうですよね。車が売れないので、古い車を大事に乗っている人に何とか買い替えて欲しいとしか思えません。(--;)

車検に預ける際に星野さんと雑談をしたのですが、うちのBFのように状態が良くても国内ではリセールバリューが全くないと、海外に安く売られて使われることになるそうです。そして、劣悪な燃料で排ガスをモクモク吐きながら酷使され、地球規模で見るとCO2排出増加なんてことにもなりかねない。
「まるで罰金のよう」と星野さんが表現する1割増の自動車税も、基準自体を排気量からCO2排出量に見直そうという動きもあるとか。しかし、根本的にこの課税の仕方って間違っている気がします。どんな低燃費車でもたくさん走ればたくさんCO2を排出するし、どんなに古い車でもきちんと整備して少ししか走らなければ最新の低燃費車よりもCO2を出しません。
本当にCO2排出量に対して課税したければ車体から燃料に課税対象を移行すべき...なのですが、それではいよいよ消費が落ち込むので政治判断としてあり得ないでしょうね。

大事にしてきたBFが海外で排ガスをまき散らすなんてことにならないよう、官民の利害が一致した“買い替え促進”税制に屈せず、1割増の罰金自動車税を払いながらもしっかり整備して大事に乗ろうと気持ちを新たにした今回の車検でした。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

疑わしきは罰せず?(BlogPet)

ふらっと☆ぶらっとの「疑わしきは罰せず?」のまねしてかいてみるね

ずっと気にはどちらかはどちらに一方の件でパニック状態になるでしょう♪
裁判結果は加速Gで知ったblogや話題の件で、スリップ痕のか?どんなに「疑わしきは被告人の利益に」という言葉が残ります。
本当に正当な不正のになるでしょう?疑わしいというとし、本当に冤罪事件には加速しましたとフル加速したの言い分だけを知るきっかけに感じられます(^^;)が亡くなったのなら、文体やそれぞれの疑いなどがあるの完全な部外者です。

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

疑わしきは罰せず?

ずっと気になっていた裁判に、最高裁の判断が示されたようです。
高知でスクールバスと白バイが衝突し、白バイ隊員が亡くなった事故。裁判では、停止していたところに100km/h超のスピードで白バイが突っ込んできたと主張するバスの運転手側と、1mものスリップ痕があったのだからバスが10km/h程度のスピードで安全確認を怠って交差点に進入したと主張する警察側が真っ向から対立することになったそうです。(実際に1mのスリップ痕を残すには、30km/h以上じゃないと難しいようですが。)結果はバス運転手の有罪確定。∑(゚Д゚;)
経緯やそれぞれの主張の詳細は、私がこの事故を知るきっかけになったblogの最新記事と、そこからのリンク先を見ていただきたいと思います。(このblogはそこそこ有名な方のもののようですが、文体や話題の内容など好き嫌いが分かれると思います。私はどちらかというと「嫌い」だったりします(^^;)が、今回の件では筋も通っているし、紹介しても差し支えないかと思ってリンクしました。)
あと、参考にこちらこちらもどうぞ。

私はblogやニュースなどで知っただけの完全な部外者ですので、真実が何処にあるのかはまったく分かりません。ですが、いろいろな情報を辿れば辿るほど、警察の主張に穴があるように感じられます。
たとえばバスの運転手が白バイを見落として「今のうちに駐車場から出ちゃおう」とフル加速していたとしても、駐車場から2車線を横切って中央分離帯に着くまでの数メートルで黒々と1mものスリップ痕がつくほどのスピードに加速できるものでしょうか? できたとして、車内は加速Gでパニック状態になるでしょう。本当にバスの運転手が白バイを見落としていたとしても、スリップ痕の捏造(だったとしたら、ですが)はやりすぎでしょう。
その他にも、目撃証言の信憑性の判断なども疑問が残ります。「警官はウソをつかないから」って、警官の犯罪いっぱいあるじゃん。(´Д`)

司法には「疑わしきは罰せず」という言葉があるんですよね。元はラテン語で、直訳すると「疑わしきは被告人の利益に」という意味らしいです。明確な証拠で立証できないのであれば、有罪判決を言い渡すことはできないということです。
そう考えると今回の判決って、本当に正当なものなのでしょうか? 疑わしいところがあるのなら、差し戻して再審理すべきだったのではないでしょうか? 先にも書いたとおり、真実がどちらにあるかは当事者にしか分からないことですが、これだけ疑わしいと言われているのに一方の言い分だけを採用した判決を確定してしまって良いのでしょうか?

どんなに「警察24時」なんて番組で現場の警察官が頑張っているところをアピールしても、警官の犯罪や汚職、そして今回のような不正の疑いなどがあっては、大部分の頑張っている警察官の努力は台無しです。そして、これが万が一にも本当に冤罪事件だったとしたら、誰がどうやって責任を取ってくれるのでしょう?
“正義”って何処にあるのかを考えさせられるとともに、自分もいつ冤罪事件に巻き込まれるか分からない恐怖を感じる裁判結果でした。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

シュナン・ブラン

以前買った6本のワインのうちインドと南アフリカの白がシュナン・ブランという品種のぶどうを使ったワインでした。全然知らないでテキトーに買ってることがバレバレやね。(^^; 面白いので飲み比べを。
Cheninblanc_1 まずインドの方から。ほんのり微炭酸で果実味がしっかりあります。少々甘めなので好みの分かれるところかも。うちでは大好評でした。なんとなくスパイシーな感じがするのはインドだから?(笑)ワインとインドって全然結びつかないので、どんな味か不安もありましたがなかなか驚きの美味さでした。
Cheninblanc_2 そして次に南アフリカ。こちらはインドと比べるとすっきり系で口当たりがいいけど果実の風味もあってバランスのいいワインって感じ。シュナン・ブランという品種の“らしさ”はこっちなのかな。
さて、我が家では旦那さまはインドに軍配を、私は南アフリカに軍配をあげました。量を飲むなら甘さ控え目ですっきりしてる方じゃない?(量飲むなー。\(*`∧´)/by夫)どちらも安くて美味しかったので、機会があったらリピートしたいでーす。(*^-゚)v

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

花火大会 in 海の公園

Hanabi_5 例年のとおり、金沢まつり花火大会に行ってきました。朝から雨が降ったり止んだりでどうなるかと心配しましたが、花火が始まる頃にはかろうじて雨が上がり、終了までなんとかもちました。雲が多かったり、風がなくて煙が停滞したのは残念でしたが、朝からの雨を考えればこれ以上は贅沢というもの。
昨年に続き、今年も撮影にチャレンジ。なんか“大きなドラゴン花火”のようにも見えますが、それだけ打ち上げ場所が近いんです。尺玉くらいの大きなものはHanabi_2頭上を覆いつくすくらいだし、音も全身で振動を感じるほど。それで空いてるんだから穴場だと思います。
今回はデジタル一眼でとろうと思っていたのですが、天気が悪かったのでコンパクトデジカメで。面倒なので三脚もなしで、膝に固定してファインダーも見ずに適当にシャッターを切っただけですが、慣れてきたのか昨年よりもマシな写真が撮れました。
Hanabi_1
この花火大会が終わると夏も終わりって感じです。朝晩めっきり涼しくなってきたし、次は秋の旅行に向けて計画を立てなくては。

【2008/8/25追記】
コンパクトデジカメで動画も撮ってみました。切るタイミングを逸したのでちょっと長めですが、@niftyのビデオ共有のテストがてら貼り付けてみます。
【2011/6/30更新】@niftyのビデオ共有サービス終了に伴い、YouTubeにアップロードし直しました。この記事はいつも実験台。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

金田のバイク

チョロQ(チョロバイ)で作った人を見たときには驚愕しましたが、実車で作る人も現れたようです。たまたまネットで写真を見かけたので、チョロと一緒にご紹介。
Akira_1_2チョロを作られたのはvanvanさん。( 2008/8/25訂正。なんか、ずっと勘違いしていました。m(_ _)m) 一昨年の白馬オフでお会いしたチョロ仲間の一人です。特徴的なタイヤの処理やカウルが外れるところなど素晴らしい造型です。
しかし、実車の方もすごいことになっています。今時のビッグスクーターをベースにしたのでしょうか。さすがにあのタイヤは再現できずに泥除け(?)で表現しているようですが、それ以外は雰囲気バッチリ。ステッカーも決まってます。ただ、コレで街中を走るのは度胸がいるだろうなぁ。えらく注目されるだろうし。(^^;)
Akira_2_2
でも、どうせならこちらのバイクが街中を走るところをみてみたい。何年も前の記事をブックマークしていたものですが、まだ残っていたようなのでリンクしておきます。このバイクって、その後どうなったんだろう...?

トラックバック先:【バイク】 街中を走るモノ(浮世の電影遊戯見聞録+α)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

作ってみる~はっぱーず~(1)

ハルちゃんと並行して手を出している“はっぱーず”です。
Happa1
2006年冬のワンフェスでGETした“ときメモG'S”の葉月王子と千晴くんです。2年以上経ってやっと作る勇気が持てるようになりました。(笑)自分のキットは失敗してもいくつでもあると思えるんですけど、買ったものは怖くて「上達するまで」と先延ばしに。まぁ原型製作に追われていたというのもあるし。とりあえず、完成目指してファイト!
Happa2 現在、パーティングライン消しと穴埋めをしたところ。1回サフを吹いたらまだキズとかいろいろあった。orz 悩んだのは目や口のスジ彫りが浅いところ。多分、描く位置が分かる程度で十分ってことなんでしょう。このままでも作っていけますが、スミ入れで苦労するかもと思い、もう少し掘ることにしました。さて、どうやって掘るか?なにせ全高3cm程なので、ナイフで掘るのも細かくて・・・と悩んでルーターでガッツリ掘りこんでみました。やっぱ女は度胸!だね。(*^-゚)v

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

銀色ふわり

表紙買いしたのですが、これは大当りでした! 途中で止められなくて、1日で一気に読んでしまいました。
Yesterday_2 「ライトノベル」と言うくらいなので、1日で読めてしまうほど「軽い」っていうのも事実ですが、世界観とか登場人物の魅力の高さの方が大きいです。
著者は第8回電撃ゲーム小説大賞・銀賞受賞作品「インフィニティ・ゼロ」やアニメ化もされた「いぬかみ!」などを著した人気作家さん。私はどちらも読んだことはないですけど。(^^;)
そういえば「いぬかみ!」はアニメの1回目をチェックしたものの、最後まで観ていられなかった記憶が。(--;) 諸星あたるの焼き直しのような浮気者の主人公が、いい歳をしてクレヨンしんちゃん並みに“象さん”放り出してる...という印象しか残っていない。
しかし、この作品は“あの”アニメの原作者が書いたとは思えないシリアス物。特殊な環境に育った主人公と特別な存在のヒロインは、お互いを理解して信頼を築いていく。孤独だった二人が、お互いを認め合うことで始めて癒される。そんな優しいお話です。
タイトルには「(1)」とか「上」とか付いてなかったので1冊で終わりかと思いましたが、どうやらしばらく続くようです。“文学少女”のシリーズも今月末で終わってしまうので、次は「銀色ふわり」のシリーズを追いかけようかな。ということで、フィギュアも追いかけてみませんか?>“ふらっと”

あ、フィギュアと言えば次回のワンフェスですが、「とりあえず延期」の公式発表があったようです。延期ってことは夏の前に開催するのか、「夏まで延期=冬は中止」なのか曖昧です。事故原因の調査結果が出るまではハッキリと中止にしたくないという思惑かもしれませんが、こちらにもスケジューリングというものがあるのでキッパリ中止と言ってくれた方がスッキリするんだけどなぁ...。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

映画『ドラゴン・キングダム』

Jj ジャッキー・チェンとジェット・リーのカンフー対決が見られるという理由だけで『ドラゴン・キングダム』を観に行きました。ストーリーとか全然知らないというのもなんなので、公式サイトでちょっとお勉強。「現代アメリカのカンフーおたく少年が孫悟空の如意棒を渡され異世界にGO!二人の師匠に鍛えられ悪の将軍ジェイドと戦う」って感じ。
これは普通に楽しめる娯楽映画でした。すっきりさっぱり勧善懲悪で、105分という時間的にも丁度いい内容だったと思います。なによりジャッキーとジェット・リーのカンフーアクションは気持ちいいぞー。最初出てきたジャッキーに「流石に歳もとったしちょっぴりでっぷり?」なんて思ったけど、酒場での暴れっぷりを見たら「ごめん、ジャッキー」と頭が下がった。(笑)最初はへなちょこ君だった少年が、鍛錬してそれなりの使い手になっていくところは、昔のジャッキー映画を観るようでした。懐かしいな・・・酔拳とか木人拳とか。途中、白髪魔女にやられて戦線離脱のジャッキー。最後の見せ場は?と思ったら心配無用でしたよ。なんでバカ正直に霊薬を用意するかな?ジェイド将軍。悪としては失格だよ。(笑)ゴールデン・スパロウと白髪魔女の女性対決ももっと見たかったくらい。カンフーアクション好きなら観て損はなし!なんか最後の終わり方を見ると『ドラゴン・キングダム2』とかありそうだったな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バステト(BlogPet)

バステトがふらっと☆ぶらっとは会社を表記♪
それでバステトは要素が車検するはずだったの。
でも、ふらっと☆ぶらっとでギア比予定したよ♪

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

今日のスバル達

本日、我が家の初代レガシィ(BF3D)を15年目の車検に出してきました。
前回まで車検に出していたディーラーとはちょっとした事情から絶縁状態になってるため、もっと近い別のディーラーに出そうか、ISCバルブの修理でお世話になった星野モーターさんに頼もうか悩んでいました。散々迷った結果、親身になって相談に乗ってくれる星野さんにお願いすることにし、会社を午後半休して預けに行ってきました。
診断の結果2~3年でダメになりそうなら今回の車検を通すだけの整備、大事に乗れば最低でも5年は大丈夫そうならマフラーやパワステベルト等の交換まで長く乗るための整備をお願いしてきました。どちらになるかは診断待ちですが、日常的に乗っている感覚では今の2年で5,000km程度のペースなら5年と言わず10年でもいけそうな気がします。\(^o^)/

代車は初代インプレッサ・ワゴン(GF)のWRXです。
Gf_1 Gf_2
お客さんからの下取り車だそうですが、前回お借りしたBGに比べてまだまだ元気。軽くアクセルを踏むとターボの力でグイグイ加速していきます。ATということもあり、アクセルワークだけでストレス無く流れに乗って走れるのは非常に楽です。...楽なのですが、自分には向いてないかな。(^^;) 非力なNAをMTの適正なギア比を選びながら「操ってる」という感覚が楽しいんですよね。軽くアクセルを踏み込むだけでどんな状況からでも加速してくれるのは「楽(ラク)」だけど「退屈」。早くBFが帰ってくると良いな。

「今日のスバル」2台目は、行きの甲州街道で遭遇したSVX。
Cx
高齢者マークを付けているところからも相応のお歳のようですが、歳を取ってからクーペボディに颯爽と乗るのって格好良いですよね。それがSVXなら尚更。
自分もそういう歳になったら、R1のような小さな車か、SVXのような大きなクーペに乗りたいと思っているのですが、その頃にはどちらもなさそうなのが寂しい...。(´・ω・`)

さて、とりあえずは車検の整備結果待ちとなった我が家のBF。
あと何年乗れそうか、診断結果が楽しみのような怖いような、複雑な気持ちです。

(byぶらっと)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

作ってみる~メモル~(3)

Memoru3_1 とりあえず目立つ気泡は埋めました。思ったより時間が掛かったな。(^^;)
モールドが埋まるのを避けるためサフを吹く回数を減らしたいので、ここまでは目立つところを中心にサフなしで作業を進めてきました。
せっかくなので頑張った形跡が分かるよう、サフを吹く前の写真を載せてみました。

このキット、メモルの柔らかいラインが完璧に表現されていて、削ったりヤスったりが本当に楽しい。コロコロッとしたラインをナイフやヤスリでなぞっているだけで和んできます。いいオヤジがメモルの主題歌など口ずさんでしまうほど。\(^o^)/
ちょっと重めですが、YouTubeにあったオープニング/エンディングを貼っておきます。

Memoru3_2 2つ目のエンディングみたいな、水彩調に塗れたらいいなぁ。いやいや、その前に表面処理か。
軸打ちもしたのでなんとか自立しますが、頭が重くて首の強度が足りてない。(--;) モリモリで接合面をピッタリに作り直して、軸も太めのモノに替えないと。
さて、そろそろサフを吹いて細かいキズ埋めに入ります。どのくらい細かいキズや気泡が現れるかお楽しみ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

作ってみる~ハルヒ~(2)

Haruhi2 現在のハルちゃんはこんな感じ。とりあえず足・胴・右手・左手・顔の5パーツを軸打ちして組み立てました。継ぎ目を消す為にモリモリで埋めたりしながら。気泡埋めやパーティングライン消しにモリモリを使ったので、ついでに眉毛も付けてみました。これで顔描きが楽になるかな?なんて。(^^; 全パーツのうち半分が組みあがってしまうと、すっごく楽になったような気になります。ですが大事なことを忘れている・・・そう、左手まで組んじゃうとドレスが着れなくなるとインストに書いてありました。本当に着れないのかな?と合わせてみたら微妙に入らないんだなコレが。(笑)もうちょっとなんじゃね?とグイグイいじってたら接続した左手が折れました。∑(゚Д゚;)・・・orz このバカさ加減がMy Quality(涙) もう一度接続&キズ消し中です。
Haruhi3 Haruhi4
この控え目の胸とお尻が可愛いよー。
さて可愛いハルちゃんにちょっとした悪戯心を抱きまして、レースクイーン風の水着姿にしてみました。といっても改造したのは胸のラインとハイレグのラインと一箇所布のシワをモリモリで足しただけです。我が娘になんてことするんだーと“お父さん”から抗議が上がりそうですが、お許しくださいませませ。(^▽^) せっかく水着にしたんだからドレスは脱げるようにしないとな・・・。わざわざハードルを高くしている自分。orz 完成は遠いな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

『フェルメール展』(2)

三十数点しか現存しないと言われるフェルメール絵画。そのうちの7点が集まっているのですから、コレは見ないと損!(笑)彼の絵はどれも“なぜ?”と疑問を抱きつつ惹きつけられて止まない不思議な絵です。

『マルタとマリアの家のキリスト』
Vermeer_4 Vermeer_5
唯一の宗教画です。有名な『真珠の耳飾の少女』や『牛乳を注ぐ女』とは色彩もタッチも随分違っています。わたし的にはイタリア絵画っぽい印象を受けました。マルタの頭から右腕に注ぐ光の感じやマリアの服はスケドーニを思わせるし。しかしマルタのもの言いたげな表情などには“らしさ”も感じます。

『ディアナとニンフたち』
こちらは唯一の神話画です。裸婦で描かれることの多い神話画ですが、これはきっちり衣服を着ているのが珍しい。半裸なのは一人背を向けてる女性の背中だけですよ。この絵では神話のどの場面なのか特定できないのだそうです。なにを想ってこの瞬間を描いたのか?いろいろ想像したいところですが、女神をはじめニンフたちの顔もはっきり見えない。みんな楽しくなさそうだなぁ・・・と思うのは私だけ?(笑)

『小路』
Vermeer_6 フェルメールの風景画はこれと『デルフトの眺望』の2点だけ。あまり風景画に興味のない私が、この絵にはどうしてか魅せられてしまう・・・不思議。どこの家を描いたのか?いくつかの説があるそうですが、私としてはそれは大して意味がない。精々“聖地”がひとつ増えるかどうかくらい。(^^; 精密に描かれていながら穏やかで優しさを与える絵だと思います。

『ワイングラスを持つ娘』
Vermeer_7 いやらしそうな男とこちらに視線を送る品のない笑いをする女。絵としては好きじゃないんだけど、後ろで肘をついている男性が気になって仕方ない。(笑)光の表現が巧みで布や陶器やレモンの質感が素晴らしいと思うんですけど、その割りに左手の描き方が???。「そこどうしちゃったの?」と疑問に思う箇所があるのもフェルメールらしさですか。ちなみに絵は全体的に薄いグレーの霧に覆われてるような感じで、チラシや図録にあるようなはっきりした絵ではないですね。ステンドグラス(節度を擬人化した寓意)のデザインもよく見て取れません。それゆえ本物を見て感じる印象はかなり違うので是非ナマで見て欲しいところです。

『リュートを調弦する女』
Vermeer_8 一連の動作がふと途切れた瞬間を切り取ったような感じ。その情景を想像する楽しさが・・・出てこないのはこの女性の表情の所為?不美人とは言いませんが、なんでそんなにデコが広くて眉毛が無くて目がギョロッとしているの?可愛くねー。せめて眉毛を・・・。orz フェルメールは女性を多く描いているけど、実は美人と言える人は少ない。つまりそういう目で見ちゃいけない、主題は別にあるってことなんでしょうが、せめてもう少し感情移入しやすいところに落着いても良かったのでは。(^^;

『ヴァージナルの前に座る若い女』
2004年に真作とされた小品。その鑑定や同時期の作品(『レースを編む女)』との比較に関心が向きますが、小粒ながら優しい光と穏やかさを感じる絵です。真作と認められましたが、黄色のストールのあたりは別の画家の加筆とも考えられています。展覧会では小粒な所為かこの絵の前は比較的空いていましたね。ラストに飾られちゃったからかな。

『手紙を書く婦人と召使い』
Vermeer_9 予定していた『絵画芸術』が作品保護の為展示できなくなったので、急遽特別出展となったんでしょうか。『絵画芸術』はウィーンで見ているので私としてはラッキーでしたが。完成度が高く見応えのある作品です。光や空気感の表現も見事ですが、少し下からの視点で描かれていて人物の存在感や表情をよく見る事が出来ます。この落着いた絵をみちゃうとさっきの『リュート~』が無性に見たくなる。あばたもエクボってヤツか。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

『フェルメール展』(1)

Vermeer_1 東京都美術館で開催中の『フェルメール展-光の天才画家とデルフトの巨匠たち』に行って来ました。朝一だったのが良かったのか、結構ゆっくり見れました。会場を出る時は20分待ちの行列が出来ていたけど。(^^;
さて、今回の展覧会はとても構成が良かったように思います。最初にフェルメールと同時期の画家の作品でデルフトの風景画や教会の内部(建築パース)画があります。同じ題材でも画家によって異なる描き方をしているのを比較しながら見るというのも珍しく興味深いです。そして1654年10月12日に起きた火薬庫爆発事故を題材にしたフォスマールの『壊れた壁のあるオランダの町の眺望』では当時の事故記録的な要素があります。(デル・プールの『デルフトの爆発』は作品保護の為出品不可になっていますが、図録には載ってます)そのすぐ後にこの爆発で亡くなり、作品の殆ども焼失してしまったカレル・ファブリティウスの貴重な絵が展示されています。
Vermeer_2 Vermeer_3
カレル・ファブリティウス作 左:自画像 右:歩哨
なんだか急に事故の現実味と画家のリアリティを感じたり。この方はレンブラントの弟子で絵的に好きなタイプです。うぅ事故が無ければ・・・。そして次にピーテル・デ・ホーホの絵が続きます。整然とした室内と暖かな陽光の効果、当時の衣服や家具など見ているとホッとします。『窓辺で手紙を読む女』や『女主人への支払い』などは似たような主題で何人もの画家が描いているので、この辺も比較してみると面白いですね。デ・ホーホも『女主人~』は2作品が展示されていました。わたしとしては夕景を思わせる少しオレンジがかった柔らかい光の絵の方が好きです。
さて、やっとフェルメールに辿りついた・・・けど、それは次回。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

アラビヤン焼そば

たまたま見つけて、パッケージが面白くて買ってしまいました。>サッポロ一番 アラビン焼そば
Arabiyan 「不思議な位おいしく出来ます」という胡散臭いセリフと、妙に可愛らしいオジサンの写真からは昭和の匂いがプンプン。ネットで調べてみると昭和42年の発売ということで納得。
当初は全国で売っていたらしいのですが、一部地域を除くとほとんど売れないために事実上は地域限定のようになっていた“まぼろしの焼そば”だそうです。それが先日カップ麺を発売したのに合わせるように、都内でも売られていた模様。
インスタントラーメンを少ない水で茹でて、水気がなくなったところで粉末ソースをかける感じなんですが、粉末ソースの香ばしさと懐かしさが食欲をそそります。ウケだけで買ってしまいましたが、“不思議な位”(^^;)おいしかったです。見かけた方は、ぜひ食べてみてください。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

作ってみる~メモル~(2)

Memoru2_1 湯口とバリを削り、埋まっていたダボ穴の掘り直しまで終了しました。
作り始めから1週間も経っていますが、実際に作業した日数は半分以下。(--;) できれば少しずつでも毎日作業をしたいところです。

湯口や気泡抜きのバリ等かなり大胆に作られていて、ニッパーでは太刀打ちできないのでルーターでガリガリと削りました。削っていて思ったのがMemoru2_2_4 「場所さえ選べば湯口は太くても気にならない」ということ。今まで型を作る際はなるべく湯口を細くするようにしていましたが、それでキャストが流れなかったり気泡が入ったりするよりは、整えやすい場所を選んで大胆に湯口を取った方が良いみたい。まぁ、パーツの大きさに応じて「程々に」ではありますが。

Memoru2_3さて、バリもなくなり仮組ができるようになりました。本当ならこの段階で軸を打っておきたいところですが、パーツの 接合面が気泡でゴッソリなかったり(^^;)するので、先に気泡埋めからですね。それにしても、気泡で接合面が欠けているのにパーツがここまでキッチリ合うのは気持ち良いです。原型の精度の高さは相当なもの。これで気泡の一つも入ってなかったら、やることなくなっちゃうところでしたよ。

次は気泡埋めです。大きい気泡は簡単に埋まりますが、微細気泡はそのままでは空気が抜けずにパテが行き渡らないので事前に穴を広げておきます。数が少なければピンバイスでチマチマ掘るところですが、このキットは非常に(^^;)多いのでルーターで一気にやっつけちゃいましょう。やりすぎて元の面が分からなくならないように気を付けながら、大胆かつ慎重に。
今日中にパテを埋めるところまでできれば明日は硬化後の削りからスタートできるので、もう少しがんばろう!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バステト(BlogPet)

バステトがふらっと☆ぶらっとは女性に見舞いされた!

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

緩みっぱなしなので

Tokimemo_1 先日BOOK-OFFで見つけて買ってしまいました『ときメモG'sヴィジュアル・コレクション』。「買ってどうする?」と一瞬頭をよぎりましたが、こういうのは勢いで買わないとね。(笑)懐かしいですなぁ・・・葉月とヒムロッチを作り出したのがワンフェス参加へのきっかけになったんでしたっけ。女性向けのゲームキャラなんて売れないし見てももらえないか・・・と思いましたが、女性のウケは良かったし買ってくださった方もいましたね。(^-^) いい思い出です。
Tokimemo_2 Tokimemo_3_2
そんな無謀なヤツは自分だけかと思ったら他にもいらっしゃいまして、それがまた嬉しくてキットを購入したんですよ。はっぱシリーズの『はっぱおうじ』と『はっぱちーたん』。最近塗装も上手になってきた(私じゃないけどな)のでハルちゃんと並行して作ることに。自分のキットも塗り直そうと少し手を出していたんですが、そちらはもうずっと放置状態。そんな日は来ないのかも。(^^;
Tokimemo_4 ちなみにわたし的には毎回このシリーズのキャラデザインは微妙だと思っています。その不完全さゆえに萌えが生まれるのではないかと。「もうちょっとどうにかなったんじゃない?」と半笑いに見てましたが、巻末の方についている各キャラのデザイン案を見て思いました。「今のに決まってよかったーC=(^◇^ ;」と。ゆっきー(2ndKissの隠しキャラ)がコレ(写真)だったら絶対会いに行かなかったよ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

タカエダキリバサミダ

Takaeda_1 あぁ~、確かにハングルっぽく聞こえるね。(^^;)
「高枝切りバサミ」「~ばさみ」「~鋏」一般にはどう表記するんだろうと思ってネットを検索していてネタに引っかかった。
もう、これからはハングルにしか聞こえない~。(><)

Takaeda_2 あ、高枝切りバサミ買いました。ワンフェス準備の間モッコウバラを放置しておいたら、手が届かないくらい伸び放題になっちゃって。
通販の代名詞的なこの商品を買う日が来ようとは思いませんでしたが、さすがに便利です。っていうか、高い枝を切るのが面白くてしょうがない。切りすぎて丸坊主にならないように気を付けないと。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

閉店セール

Levis_1_2 数年前まで住んでいた八王子で利用していた近所のGパン屋さん。引っ越した後もたまに行っていました。半年ほど前に「入会金500円で5%の会員割引が受けられる」ということで会員になったのですが、この度“完全閉店”のため入会金を商品代金から差し引く形で返金するとのお知らせが来ました。ちょうど近所まで行く用事があったので、Tシャツくらい買うかと思って寄ってみると...全品50~90%off!
Levis_2 リーバイスのGパンが全て70%offというので、501XXのヴィンテージ物を2本も買ってしまいました。1937年1966年の復刻版で、どこのお店でも定価(\21,000)でしか売っていないものが、70%off+会員5%off+500円返金で\6,000以下! 通常の501XXより全然安く、とても得した気分。本当は後ろのベルトループが左によって付いている1955年の物が欲しかったのですが、そちらはサイズがありませんでした。
ちょっと怖いのがこれらは洗うとものすごく縮むこと。通常の501XXは1inchですが、1966年は2inch、1937年にいたっては3inchも縮むらしい。計算上はピッタリになるはずだけど、洗い方や乾かし方でも1inchくらい変わるらしいのでドキドキです。

Levis_3 さて、店内では備品や展示用の家具まで売りに出ています。家具などはほとんど「売約済み」の札が。ディスプレイに使っていたので動くように直せる保障はないというminiも「For SALE」の札が貼ってありました。価格は後日相談だそうです。
個人的に気になるのが、初めてお店に行った時(15年以上前?)からディスプレイされている飛行機。途中で一時的に別のお店に変わったときも飛行機だけはずっと飾られ続けていましたが、次のお店にも引き継がれるのか心配です。
Levis_4_2

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

暑さでゆるむぅ

開放感いっぱいでお出かけするとサイフの紐が緩みがちに。(^^;
Book
・・・ってことで、ラノベ・漫画関係はこんな感じです。『夏目友人帳』の1・2巻を飛ばして買ってきちゃったので、旦那さまから呆れられたり。いやいや今度買ってくるから。(笑)そして普段買わない月刊LaLa。旦那さまに「ハルヒちゃんの塗装の参考になれば」と買ってきましたが「言い訳っぽいね」とあっさり言われました。orz だってキミ『桜蘭高校ホスト部』知らないじゃないか。大切なことだぞ!そりゃ~この号についていた全プレの“ニャンコ先生のぬいぐるみ”は応募しちゃったけど。それは偶然なんだからなー!\(*`∧´)/ ←言い訳すると尚更怪しいな。(笑)
まだまだ“買いたい病”は治まってないので、近いうちに追加が発生すると思われます。ゲームあたり要注意でしょうか。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

残暑お見舞い申し上げます

ワンフェスが終われば我が家の“夏”は終わり。後は残暑の日々。
Post しかし本当に暑いです。東京大ピンチ!っていうか、地球が大ピンチ!こんなに暑くて何かに発火すんじゃね?とのぼせきった頭でぼんやり思ったり。
さて、WF前は引きこもっていたので、溜めてた用事にドッと襲われ日々外出。今日は郵便局まで行ってきました。あれこれ用件を済ませると、定期貯金なんぞを勧められ考えなしにOKしちゃいました。まぁちょっとだしいいか。(^^; もらった粗品がポストの貯金箱。かわいいけどやっぱり色は赤がよかった・・・なんてね。貯金箱って久しぶりに手にするな。子供の頃のように「どれくらいになったかしら」とドキドキしながら(毎度そう思うので実は大して入っていないことは知っている)お金を入れてみたいもんです。

えっと、ホームページの方に今回のワンフェスレポートをアップしました。写真は少ないですけど、よろしければご覧ください。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

打ち上げでした

今回も徹夜で参加という過酷なWFでした・・・というか、開き直っちゃって全然急ごうとしない悪い方に慣れちゃった感じ。(^^; ただあの暑さは計算外で、会場では予想以上にぐったりでしたけど。orz
Cocotte_1 Cocotte_2_2
WF直前に「食事の仕度にかける時間も惜しいから外食しようか」なんて話をしていましたが、結局外に出る時間すら惜しくB級グルメな毎日を送りました。「終わったらココット(近所のレストラン)で打ち上げしよう」とそれだけを糧に。少々執念ともいえる感じでしたが、本日はゆっくり当日の事や今後などを話しながら美味しい料理に舌鼓を打ちました。
Cocotte_3 Cocotte_4
バルサミコ酢のドレッシングがウマウマのキノコサラダ、イベリコ豚のソテー、鴨骨付きもも肉のコンフィ・・・お肉食べて元気モリモリ~。デザートは杏のタルト、桃のコンポート、あぁ本当に解放された気分で大満足。WF前の苦労も当日のお馴染みさんとの話も、料理と一緒に昇華(消化?)させたみたい。さぁ次に向かって始動するか・・・という気に(今は)なってます。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

作ってみる ~ハルヒ/メモル~ (1)

ワンフェスで得たモチベーションが下がらないうちに、キットの製作に着手しようということになりました。ホント言うと、自分達のキットの追加塗りやプレゼントのお約束をした分の製作などもあるのですが、それはそれ、ぶっちゃけ今日のブログネタが無かったもので。(^^;)

さて、一人一つずつってことで選んだキットが、“ふらっと”がPINK PANDERSさんの「藤岡ハルヒ・サマードレス」、“ぶらっと”がアーク倶楽部さんの「メモル」です。

Haruhi1 まずはパーツチェックから。どちらもパーツ点数を押さえつつ、良く考えられたパーツ分割となっています。普段は時間が無いことを理由に人様のキットを組むことはないのですが、こうして作り始めてみると湯口の採り方や大きさなどいろいろと勉強になります。
気泡もね、割とありますね。(^^;) あ、気になるって話じゃないんですよ。原型を作る身としては気泡埋めくらい苦になりませんし、例えば苺の粒が見えなくなってたってコレだけの素材を提供してもらっていれば、あとは自分でどうにでもするのがガレキビルダーの腕の見せ所でしょう。Memoru1 むしろ「安心した」と。(^^;) どうしても気泡が抜けないところもあるし、この季節は湿気でレジンが発泡して微細気泡ができやすいんですよね。苦労しているのは自分たちだけじゃないんだなと、勝手な連帯感を持ってしまったり。

今日はなんとなく湯口やバリを取って、離型剤を落とすために入れ歯洗浄剤に漬けるところまでやって寝たいと思います。
明日から自分達のキットや次の新作の原型も考えながら、緩々と製作を進めていきたいと思います。どのくらいの期間でできるのか、どの程度の出来で完成させられるのか、自分達の実力を測ってみたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HPを更新しました(BlogPet)

ふらっと☆ぶらっとの「HPを更新しました」のまねしてかいてみるね

ワンフェスも終了してないのです。
それに追加した為、どれも豊富に買っています。
(今のよう!!
でも一番は次回開催がイベント前日だったので、蝶柄と新作のとイベント前日だったので、蝶柄と思っているだけ。
さてワンフェスは山のと思って、蝶柄しか残ってありません。

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

HPを更新しました

ワンフェスも終了しましたので、EVENTページの更新と新作の「真夜さんのキセカヱ」ページを「Figure」に追加しました。真夜さんの完成写真も豊富に載せてありますので、是非ご覧ください・・・なんつって、完成したのがイベント前日だった為、どれも前・後ろ・横の3枚ずつしか写真がありません。提出等で手元には桜柄と朝顔柄しか残ってないのです。蝶柄と縞はこの写真だけ。orz 新しい柄を考えつつ、蝶柄と縞も作りたいと思っています。
さてワンフェスは次回開催が不明の状態ですが、モノ作りは気を抜かず始めたいと思っています。(今のところ思っているだけ。笑)次は何にするか?というのとイベント販売とは別にワンオフで作ってみたいものもあったり。それに買って来たキット達も作りたい。やりたいことは山のよう。でも一番はとりあえずどこかにお出かけして、美味しいものでも食べたいな。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

怒涛の戦利品?

今回のワンフェスについてはいろいろ言いたい事もあるのですが、例えばあの会場の暑さとか、暑さとか、暑さとか・・・ね。orz とりあえずお買い物&頂き物のご紹介で~す。
Wf2008sまず“ぶらっと”お目当ての「とんがり帽子のメモル」のメモル(アーク倶楽部)。これを求めに4階に行こうとして、あのエスカレーター事故を目撃したんですけど。あの後4階に行きにくくなって諦めかけましたが、なんとかGETできました。そして私が一目ぼれして購入した「狼と香辛料」のホロ(あしあととねんどばん)です。デフォルメ感やサイズがとっても気に入りました。作るつもりだけど、色は塗ってもらおー!(^^; そして写真では茶色の紙袋ですが、「桜蘭高校ホスト部」の藤岡ハルヒちゃん(PINK PANDERS)も。ハルちゃんをお嫁にもらってしまって、鼻血どころの騒ぎじゃありません。(笑)こちらも大事にしたいので色は塗ってもらおー!(^▽^) 陸海さんにはスバルの社内でしか買えないという50周年記念クッキーまでいただいちゃいました。“ぶらっと”は狂喜乱舞でございます。後日、コレだけでblog記事にするんですと。(笑)その他、どろソース味のかっぱえびせんとかインプレッサのストラップなどなど。いろいろお心遣いいただきまして、ありがとうございます。さぁさぁ、どろソース味とはどんなもんか・・・食べてみようっと。スバルのクッキーは食べさせてもらえるんでしょうか?勝手に食べたら訴えられそうな雰囲気です。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

お疲れさまでしたぁー

WF2008夏が終了しましたー。ブースに遊びに来てくださった皆様、お買いあげくださった皆様、ありがとうございました。
これで私たちの“夏”が早々に終わったよーなんて言っていたら、例のエスカレーター事故でWF自体が終わってしまいそうな予感。(^^; どうなるの?って感じですが、とりあえず今日はもうお休みなさいです。WFでの話などは後日って事で。

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

真夜さん製作記(11)

3日連続で真夜さん製作記。だってこれしかやってないもん。(^^; なんとWF前日に展示&提出見本が完成しました。
Maya_21
わたし的にはスゴーイ進歩のようですが、まだインストとか全然出来てないのでやっぱりダメダメです。今回は何時間の睡眠で参戦となるでしょうか!あぁもう一息だガンバロウ。
ちなみに見本は晴れ着:2種(蝶柄と桜柄)、普段着:2種(朝顔柄と縞)を作ってみました。とりあえず正面の画像をアップしておきます。
Maya_22 Maya_23

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

真夜さん製作記(10)

Maya_20 塗装がほぼ終了しました。後はデカール貼りと顔ですね。どちらも大変ですが、それが出来るとぐっと雰囲気がよくなると思います。・・・多分・・・(^^; 今心配なのは素組みの時に調子良かったキセカエのパーツが塗装で厚みが出て、ちょっと窮屈になってしまったこと。サフに塗料、そしてこれからトップコート・・・キセカエできるのか?そういう計算が出来てませんでした。(号泣)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »