« 『KATANA-3-』 | トップページ | 牛柄? »

2008年4月19日 (土)

チベット問題を考える(2)

長野の聖火リレーに関して、スタート地点となっていた善光寺が「辞退」を申し入れ、受理されたという報道がありました。
Tibet_1 世界各地での混乱を受けて国宝や重要文化財、信者などを守る為とのことですが、記者会見では同じ仏教徒としてチベット問題も考慮してのことと明言していました。私も仏教徒の端くれとしてこのまま善光寺が聖火リレーに協力することになるのではないかと憂慮していましたが、この決定にホッとしました。逆にこのタイミングで拒否を示すことで、仏教寺院として人権問題への大きなアピールになったと思います。
この件について、石原慎太郎都知事の記者会見でも質問が出されたようです。普段から失言歯に衣着せぬ発言の多い石原氏のこと。相変わらず他人事で何を言いたいのかよく分からない福田康夫総理大臣の発言とは対照的に、自身の言葉ではっきりと語っています。こちらのページで記者会見の内容を見ることができますので、ぜひご覧ください。(2008/4/18の4分20秒~8分10秒と9分40秒~10分50秒の辺りの2箇所です。)
Tibet_2 石原氏の言うとおり、チベット問題に関心が集まるには遅きに失した感がありますが、これが最後で最大の機会でもあると思います。聖火リレーに乗じて騒ぎを起こすことの是非はともかく、そうでもしなければここまで世界の関心を得られなかったのも事実。本来であれば報道機関が聖火リレーの混乱ばかりを伝えるのでなく、その原因となった歴史や現在チベットで起こっている事実を伝えてくれれば良いのですが、どうにも日本の報道も頼りない。(--;)
私たち一市民にできることといえば、チベットへの関心を持ち続けること、そしてそれを少しでも伝えることだと思います。前回紹介したサイトへチベットの情報を送っていた方が、直接チベット亡命政府のあるダラムサラから情報を発信するblogを開設されたそうなので紹介しておきます。=>チベットNOW@ルンタ ダラムサラ通信

(byぶらっと)

|

« 『KATANA-3-』 | トップページ | 牛柄? »

コメント

私もこの善光寺の英断を支持してます。

いまや、本来の目的とはまるっきり違う意味合いになってしまった聖火リレーですが、チベット問題を考える良い切っ掛けになっていると思っています。ただ、本当に日本の報道は表面的な所しか伝えていないので、歯がゆいですね。というか、本当の情報が流れてこないのか・・・?

どっちにしても、個人的には北京でオリンピックを開催するのは「早すぎる」のではないかと思っています。

投稿: Algernon | 2008年4月19日 (土) 19時39分

私も善光寺の英断を支持します。それにしても政治家の鈍さは何とかならないですかね。河野衆議院議長は中国外相に「チベット問題は内政問題」と語ったそうで。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080418/stt0804182352010-n1.htm
中国を敵視する必要はまったく無いのですが、言うべきことは言う姿勢がまったく欠如し、迎合することしか頭にないのはどうしたものでしょう。

投稿: 夢の助 | 2008年4月20日 (日) 00時50分

>あるじゃさん
今朝のニュースでは、その善光寺本堂にスプレーで落書きされたとか。ヽ(`Д´)ノ 誰がどういう意図でやったことかはまだ分かりませんが、一つ言えることは「聖火リレーなんて止めちまえ!」と。
海外のニュースによると、中国人のデモでフランス国旗にハーケンクロイツを描いたとか。かねてから他国の国旗を焼くという低俗な行為を繰り返してきた延長線上の事件なのでしょうが、今のタイミングで民度の低さを世界にアピールしてどうするのかと。(--;) “現代のホロコースト”と言われる民族浄化なども行われていると聞き及びます。国も人民も、オリンピック開催には早すぎた感は否めませんね。
いずれにしても日本の報道機関には、中国・チベット両方の立場から世界で起こっている本当のことを正確に報道して欲しいと思います。

>夢の助さん
内政問題と言うならそれでも良いのですが、内乱・内戦状態にある国でオリンピック開催というのはいかがなものかと。(^^;)
日頃より「売国奴中国寄り」と言われる首相や議員さんたちは、今こそ中国へのパイプを活かしてダライラマとの対話を実現すべき時だと思います。チベットを救うことで中国の窮状も回避しオリンピックを成功に導ければ、国内外の評価も上がり中国にも恩を売るチャンスですよね。迎合するだけが外交じゃないんですから。(`・ω・´)

投稿: ぶらっと | 2008年4月20日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/40918569

この記事へのトラックバック一覧です: チベット問題を考える(2):

« 『KATANA-3-』 | トップページ | 牛柄? »