« ヴィヴィオ・ビストロ製作記(1) | トップページ | WF2008夏、本申請終了! »

2008年4月26日 (土)

チベット問題を考える(3)

長野での聖火護送リレーも、(市民不在のまま)成功裏(w)に終わったようですね。
この茶番は「全世界にチベットでの人権問題を訴える為のもの」と思っていますから、内容については触れません。大事なのは「行事を消化すること」でも「リレーを妨害すること」でもなく、「チベットでの人権弾圧を終わらせること」です。その辺、市民も報道も忘れないで欲しいと思います。

長野での聖火リレーに先駆けて「中国政府がダライラマ側と対話を再開する用意を表明」というニュースが報じられました。本当に実現すれば、チベット自治へ向けたはじめの一歩となるかもしれません。チベットに本当の自由が訪れなければ、これだけの騒ぎを起こしたうえ対策にも多くの税金をつぎ込んだすべてが無駄になります。
ですが、今日の報道を見ていると聖火リレーの混乱ばかりで、この対話の実現に向けた話がちっとも聞こえてきません。(--;) オリンピック開会式のボイコットを検討するヨーロッパや胡錦濤国家主席の訪日に向けたポーズの可能性もあるので、対話実現に向けて世界が注目を続けなければいけないのに...。

唯一印象的だったのは、入国拒否まで検討された「国境なき記者団」の事務局長が「対話再開の用意」のニュースを受け、平和的な抗議行動をとったこと。こういう冷静な対応を取れるのは流石と思いました。世界中の人びとが“目的”を見失わないように、特に報道機関にはしっかりして欲しいと思います。

(byぶらっと)

|

« ヴィヴィオ・ビストロ製作記(1) | トップページ | WF2008夏、本申請終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/41002436

この記事へのトラックバック一覧です: チベット問題を考える(3):

« ヴィヴィオ・ビストロ製作記(1) | トップページ | WF2008夏、本申請終了! »