« 茄子~大泉洋をあわせて買う | トップページ | 意味(BlogPet) »

2007年12月16日 (日)

茄子~スバリスト的感想

昨日に続き、“ぶらっと”視点で「茄子」2作品の感想など。
Nasu_14_l 「アンダルシアの夏」はスピード感がすばらしく、レースもストーリーもあっという間に走り抜ける感じ。キャラクターのドラマも描かれていますが、レースに厚みを持たせる程度で少々もの足りない気もします。ストーリーのほとんどが短いレースの合間に語られます。、47分という作品の短さをレースのスピード感を出すのにうまく活かして、ドラマ部分は敢えて最小限に抑えたのかもしれません。日本ではマイナーな自転車レースですが、WRCと同じくらい面白そう。機会があればじっくり見てみたいと思いました。
一つ残念なのは、劇場公開された作品にも関わらず、4:3のテレビサイズで収録されていること。劇場公開時からこのサイズだったそうですが、スピード感を出すために意図したものなのか、元々はテレビで放映する予定でもあってこのサイズにしたのかは不明です。だた、劇場=ワイドという期待を持って見ちゃうと、ちょっと損した気分になるのは否めません。
Nasu_11 Nasu_12
スバリストとしてもう一つの楽しみであるサポートカーは、3代目レガシィ・ワゴン(BH)が大活躍。これだけ見ていても幸せな気分になれます。

OVAとして製作された続編の「スーツケースの渡り鳥」は、ドラマ性がアップしている分ちょっとスピード感は落ちたかもしれません。でも、こちらは16:9のワイドサイズ。やはり画面の広がりが違いますね。こうなると、いよいよ前作の画面サイズが「?」です...。
Nasu_23_l 宇都宮が舞台のジャパンカップがメインで、SUBARU BLOGで紹介された写真と同じ景色も登場します。ジャパンカップでは富士重工業がスポンサーになり4代目レガシィ・ワゴン(BP)をサポートカーとして提供してるという、事実に基づいた設定も嬉しいです。
Nasu_22_l SUBARU BLOGに「自転車のロードレースでは下り坂なら80㎞/hを越えるスピードが出ます。さらに、自転車のコーナーリングスピードは大変に高いのでチームカーはそのスピードに遅れることなくコーナーを回って行く必要があります。」とありますが、レガシィの走行安定性はまさにサポートカーにうってつけでしょう。冒頭のヨーロッパのレースでは、似非AWDの某車(注:リンク先は音が出ます)がカーブで自転車の速度について行けず、派手にスピンするシーンがあります。深い意味はないのでしょうが、そんなところでもついほくそ笑んでしまいます。

両作品を通して気になるのはジブリ臭さ。特に「スーツケースの渡り鳥」のヒロインはジブリの歴代ヒロインのイメージそのまま。ヒロインの弟もトトロのメイ的な位置づけ? 原作は読んでいないので、原作どおりなのかアニメ化の際にジブリの色が付いたのかはわかりません。しかし、メインキャラクター達以上にヒロインに既視感を持ってしまったのは残念です。製作にジブリはタッチしていないようですが、監督の経歴を見るとジブリ育ちらしく、かなりの影響が感じられます。まぁ、だからこそジブリ作品で声優デビューした大泉洋氏が主人公になれたのかな?
キャラクターの難を除けば、映像、ストーリー、レース展開、サポートカーと、どれをとっても楽しめるのでお勧めの作品です。

ネットでいろいろ調べてみると、黒田硫黄という漫画家の“茄子”をテーマにした短編集が原作のようですね。その中から、ペペを主人公とした自転車ロードレースのお話しをアニメ化したもので、原作にはまったく違った話もあるそうです。コミックスは全3巻らしいので、見つけたら読んでみたいと思います。

(byぶらっと)

|

« 茄子~大泉洋をあわせて買う | トップページ | 意味(BlogPet) »

コメント

あれ、ふらっとさんがインプレ書いてる?と思ったら、ぶらっとさんも別視点でしっかり書いてらっしゃる(^m^)
「アンダルシア…」のBHレガシィは他で話題になってるのを見たことがなくて、こちらのブログで初めて知りました。

それにしても「某車」のサイトとスピンシーン、よく見つけましたねー。

投稿: こじゃる | 2007年12月16日 (日) 21時47分

二人別々で感想をあげてるんですねっ!

夏の方の大泉君起用は
ジブリの『 千と~ 』の時に
たしかすっごいどうでしょうファンが
ジブリにいて千を受けてくれた現場で
『 主人公で作ったら出てくれますか? 』
っていう事を聞いて快諾した大泉君が
この作品の起用の発端だとかって聞いていますよ。

そして続編にあの二人が使われたのは
ダメ元で頼んだら快諾。
よくあるパターンです。

でも会社のスタップが他の会社の声優やるって
やっぱりある意味凄いですよねっ!

投稿: ちば@千葉 | 2007年12月17日 (月) 19時08分

>こじゃるさん
私もBH情報は買ってから知ったので、2作品連続のレガシィ登場に驚きました。どうしてもレガシィ中心で取り上げたかったのも、別視点で記事にしたひとつの理由です。

某車のサイトはお友達の“あるじゃあのん”さんが以前取り上げていたのが印象に残っていました。多少古い情報ですし、信憑性についても“あるじゃ”さんが書かれている通りですが、印象的な映像なので引用させてもらいました。

>ちば@千葉さん
1作品ずつ2回の記事にするのではなく、2作品をまとめて別々の視点で記事にするという実験的取り組みをしてみました。

テレビ局のディレクターが声優出演というのは、本当に驚きですね。藤やんの声が良いのは定評ありましたが、演技も下手な俳優より上手い...と思うのは“どうバカ”の欲目?(^^;)

投稿: ぶらっと | 2007年12月18日 (火) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/17378250

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子~スバリスト的感想:

« 茄子~大泉洋をあわせて買う | トップページ | 意味(BlogPet) »