« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

シルクさん製作記(1)

Silk_3 今日で11月も終わり。本申請をしてから3週間が過ぎたわけですが、案の定(自分で言うか!)殆ど放置です。orz 「仮組みしちゃうと壊すのが惜しくなるんだよなぁ」と思って早々分解したんですけどね。(^^; その後がいつものようにウジウジと・・・。とりあえず足は複製のため分けました。その拍子に膝と足先を割りまして、要らん作業を増やしてます。(これも毎度!)あとお尻にウサギさんの尻尾をつけました。フサフサ感を出そうと色々やってみましたが、可愛くないので丸いだけにしようかと。耳も厚みを出すのに盛りなおしたり、スカートの形をちょっと変えてみたり。あちこち中途半端に手を出しているので完成しているパーツはゼロです。
さーこんな状態ではありますが「年内原型完成!」と宣言してみましょう。だれも信じないと思いますが、(気持ち)本気です。(どんな本気だ?)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

レガシィの思い出

SUBARU BLOGのトラックバックキャンペーンで「レガシィの思い出」を募集しています。私の場合は14年半のBFの思い出が継続中(^-^)なのですが、一応「WEBコミュニティステッカー希望」ってことで書いてみます。
Bf_1st
我が家のレガシィとの最初の思い出といえば、納車直後のオートキャンプです。オプションで依頼したコーティング処理が天候の都合で遅れに遅れ、納車になったのがキャンプ出発日の3日前。当初の予定では近所で運転に慣れた頃に長距離ドライブの予定だったのですが、いきなり走り出しが片道350Kmの遠出になってしまいました。直前まで軽自動車のREXに乗っていたので急に大きくなったボディサイズに不安がありましたが、少し走るとレオーネに乗っていた頃の感覚が戻り、素直で非常に乗りやすい車と感じました。写真はその時、茨城県にある那珂川沿いのキャンプ場で撮ったものです。

その後、近場のキャンプはもちろん、キャンプをしながら東北を回ったり、車中泊をしながら愛知&三重、奈良&神戸など疲れ知らずの長距離ドライブに何度も活躍してくれました。印象に残っているのがキャンプに慣れてきた頃にテントのポールを忘れるという、ありがちなポカをやらかしたときのこと。仕方がないので後席を倒してフルフラットにした荷室で寝たのですが、テントに勝るとも劣らない快適さに「次からテント要らない?」なんて馬鹿なことも言ってました。これをきっかけに車中泊に目覚め、カーテンを作ったりして快適に眠れる工夫をしたりしました。

最近は趣味もインドア派になり、めっきり長距離ドライブに行かなくなりましたが、走って良し・寝て良し・荷物もたくさん詰めるレガシィとは、これからも思い出を作っていきたいと思います。。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

ためしてガッテ・・・ン?

時々見るHNKの“ためしてガッテン”。今日は「片栗粉極ウマとろみ術」って事で片栗粉で上手にとろみをつける技などを紹介してました。
Toriniku さて、先週放送した話。“フライパン驚きの調理術”なるもので鶏肉のソテーが皮はパリッ、中はジューシーに出来る技が紹介されました。ゲストの誰もが「うまい、全然違う」と絶賛です。そうなると試してみたくなるじゃないですか!だからやってみましたよ。フライパンに油を引き火をつける前に鶏肉を皮を下にして乗せ、弱火で蓋をせずジューシーラインが上がってくるのをじっと待ち・・・。じれったいってゆーかーテンポの悪い調理方法のように感じるのは慣れないせい?両面焼いてジューシーラインが出会ったところで終了。「生焼けだったりして」と不安に思いながら試食タイム。
妻「どう?」
夫「気持ちピンク色?」
妻「目の錯覚だ。それより味とかジューシー加減とか」
夫「ジューシーといえばジューシー、油っぽいといえば油っぽい」
妻「皮は?パリッとしてるでしょ」
夫「このガチガチのこと?」
妻「つまりあれか、この作り方はうち向きじゃないって事か」
夫「まーそうかな」
ガッテン情報を試すのは結構好きなんですけど、これは我が家的にはハズレでした。普段どおりでいいやって事で終了です。そして今日の放送では片栗粉を使った一風変わったレシピが紹介されていたので、今度はそれを試してみたいと思います。次こそガッテン!なるか?(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

お酒づいてます

日頃晩酌をしない我が家。家で飲むことなど年に数回の話でした。それが「ソムリエール」を読んでからワインが気になりだし、深夜アニメ“もやしもん”を見て日本酒が気になりだし・・・。なんて単純に感化されてるだ!自分ら。orz というところもありますが、いろいろ買って飲んで陽気に楽しんでます。(そりゃ~酔ってるからな。(^^;)
下のオリゼーとセレビシエは、ワインとはなんら関係ありません。(笑)
Hoirige そして先日引いたヒット商品が←こちら。月山山麓とらやの“ほいりげ”【季節限定のしぼりたて濁りワイン】です。『ほいりげ』とはドイツ語で「仕込んで1年以内の新酒」のことで、フランスのヌーヴォー・ワインと一緒です。発酵途中の濁りワインが日本で飲めるとは知らなかったので大喜び。ウィーンに旅行した時、丁度この濁りワイン(Sturm:シュトュルム)を飲みました。季節限定で輸出されていないこのワインは、微炭酸で口当たりがよく甘めでした。「美味しいのにー来なきゃ飲めないのかー(涙)」と泣いたもんです。
しかーし、この“ほいりげ”があれば日本でもシュトュルムが飲めるんです。あぁ出会えてよかった。(^-^) さて、早々晩酌でいただきました。アルコール度数は普通のワインの半分くらい。上品な微炭酸のぶどうジュースって感じかもしれませんが、それがまたなんともウマイのですよ。お酒に弱い旦那さまはワイングラス1.5杯で戦線離脱っす。よって自動的に残り全部私のお腹に入りました。(^^; ごめんよ、気付かないうちにカラにして。まだあるか分からないけど、週末にまた買いに行きましょう。なるべく公平に飲むようにするからさ。(多分ウソ。うはは)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

「爆走!ゆい姉さん」製作記(4)

16PSのオフ会のジャンケン大会用にヴィヴィオを作ったり、sakusakuに現物を投稿してしまった箱乗りヴィンセントを自分用に作り直したりしているうちに、本申請から2週間も経ってしまいました。そろそろ作業再開です。
本申請のために色を塗って組み立ててみると、いくつか気になるところが見えてきました。一番ダメダメなのは“こなた”の顔。スカルピーを焼いた時点でひどく下ぶくれだったのでずいぶん直したのですが、色を塗って髪の毛をかぶせると下ぶくれが強調されてしまいました。(--;) 目の部分を彫り込むのと合わせて頬も修正しなくては。後ろ側の髪はもう少し薄くしながら一つ一つの房をシャープにしたいし、アホ毛は明らかに大きすぎ。あと、もみあげ(?)が干渉して顔が前を向かないので、その辺も要調整。手も、もうちょっと「小さい感じ」が出るようにできないかな。
“ゆい姉さん”の方は髪をシャープにしつつ、いかにも「やっつけ仕事(^^;)」な体を何とかしたいけど...。結局ほとんど全体を直すことになりそうです。orz
Luckystar_41 その前に、塗ってしまった色を落とさないといけません。今回はターナーの水性アクリルガッシュを筆塗りしましたが、完全に乾いてしまうと「水性」と言っても水では落ちません。そこで、最近お気に入りで巡回している「とあるひのコタツガ」さんで少し前に紹介されていた「キッチンハイター」を試してみました。タミヤのアクリルが落ちるならアクリルガッシュも落ちるだろうと。今までならシンナーにどっぷり浸してラリっていましたが、30分ぐらいつけて使い古しの歯ブラシでこするとけっこうきれいに落ちるので断然良いですね。サフも溶けないですし。ただ、サフを吹いていた部分は完全に落ちますが、スカルピーやモリモリのままの部分は落ちにくいです。細かいキズに塗料が入り込んでしまうのでしょう。まぁこれから盛って削って調整するので、だいたい落ちればOKですが。
なるべく早めに仕上げて、デフォルメ・スバルの新作にも着手したいところ。遅くとも年内には複製に入れるようにしたい...なんて言ってみたり。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

大人の社会科見学

Yajima_1 SUBARU BLOGで告知されたTBSの「第二アサ(秘)ジャーナル」。録画しておいたものをやっと見る時間がとれました。
お笑いタレントがレポートをするという事前情報から、無理やりなつまらないギャグを連発して茶化されて終わりだったら...と初めて見る番組という事もあり心配しましたが、なかなかどうして。純粋に驚き、真面目にレポートする見応えのある番組でした。
番組で訪れたのは群馬製作所の矢島工場。レガシィ、インプレッサ、フォレスターを作っている工場で、ちょうど先週ビジターセンター見学オフ会で行った所です。工場見学はドミンゴを改造した電気自動車で出発。私も一昨年の工場祭に行った時に工場見学で乗せてもらいましたが、お笑いタレントの大きい方の人も「これ、ドミンゴですよね。」なんてご存知の様子。本当かどうかは分かりませんが、なかなか好印象です。
Yajima_2  Yajima_3
で、見学は「特別なルートで」というとおり、かなり詳しく見せていました。私が工場見学したときは撮影禁止でしたが、「こんなに見せちゃって良いのぉ~?」っていうくらい。今回は鉄板のロールを伸ばして、切って、プレスするまでがメインで、組み立て以降は来週のお楽しみです。
Yajima_4  Yajima_5
画面に登場する車達も、出たばっかりの赤いアウトバックやオレンジのインプレッサなど、ちゃっかりアピールしています。やっぱり華のある色も必要ですよね。(^-^)
次回は11月28日(水)の25:25~ですので、1回目を見られなかった方もチェックしてみてください。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

実行(BlogPet)

きょうふらっと☆ぶらっとと、現役っぽい実行すればよかった?
それでふらっと☆ぶらっとと見学したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

鰯屋

Iwashi_1 実家に行く途中でちょっと寄り道しようと思ったら道に迷ってしまった。「うわ~ショック」とか言ってたら以前住んでいた近所に出ちゃいました。「転んでもタダで起きるかー」ってことで、当時のお気に入りのお店に寄ってお昼を食べてきました。
東京都多摩市にある春日野(はるびの)というソバ屋さんです。お昼ってことでBランチ(揚げナスと明太子丼)と鰯の竜田揚げランチをチョイス。ランチに必ず付く蕎麦も美味しいのですが、なんと言ってもここは鰯がお勧め!(でも昔はランチに鰯の南蛮漬けも付いてたと思うんだけど・・・。)揚げナスと明太子丼も美味しくて、“ふらっと”は自宅で再現したりもしています。でも店のがウマイ!(当然)
Iwashi_2 Iwashi_3_2
我が家ではここは「鰯屋」と呼んでいたのでお店の本当の名前を忘れてました。土日祝日でもランチをやっていたか!何もない田舎(失礼)のお店の割にお昼時は満席でした。もちろん美味しいのが一番の理由ですけど。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

ムカツクのに大笑い

Ruu_4 マイミクさんの日記に“ルー語変換”が紹介されてました。「ルー語?なに?」と思ったらルー大柴語に変換するサイトとか。早々昨日の記事で変換してみました。それが←の画像です。ポチッとすると大きく表示されます。
なんていうか、意味不明になるほどの英単語と本人を連想させる暑苦しい色つき拡大文字!読んでるとイントネーションがルー大柴調になってる自分がいるし。「きゃーなんか勘に触るー。ムカつくのに笑っちゃうよー」と身もだえしたり。“トゥギャザー”って色つきで書かれるのが、一番ルー大柴を思い出させてくれちゃって、もー怒りたいんだか笑いたいんだか。
なんとも愉快なサイトでございました。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

お手軽スープ達

「サントリーと東ハトのコラボレーションで11月6日に発売」というニュースを見て気になっていた「暴君ハバネロの旨スープ」ですが、先日やっとコンビニでみつけたので買ってみました。
Soup_1 さっそく試飲...の前に、ちょっと悩む。これってホットとアイス、どちらで飲むの? まぁフツーはホットなんでしょうけど、私が買ったコンビニではサンドイッチやおにぎりと同じ保冷ケースに並べられていました。
缶にも「サンドイッチにおにぎりに!」と書かれていますが、単に一緒に買って欲しくて並べて売っていただけなのか、ホットでは熱くて辛くて大変なことになるからアイスで飲むべきなのか、なんとも真意が計りかねます。念のためネットで検索してみると、自販機ではホットで売られているみたいだし、飲んだ人の感想ではそれほど激辛でもないらしい。おにぎりと一緒に買った人はそのままアイスで飲んじゃうでしょうから、たぶんアイスで飲んでも美味しいんだと思います。でもせっかくなので温めてから飲んでみました。
こりゃぁ確かに、それほど辛くない...というか、激辛好きの我が家にはまったくもの足りない。ちょっとピリっとするトマトスープという程度です。知っている味で一番近いのは「カップヌードル・チリトマト」。あのスープだけを缶に詰めたって感じですね。そう考えると麺も具も入ってないのに120円ってどうよ?┐( ̄ヘ ̄)┌ まぁそんなわけで、ネタとして一度飲めば満足しました。缶はインパクトがあるので、缶切りで蓋を開けて模型の道具立てとかにしたいなぁ。

Soup_2 そしてもうひとつがグリーンズ北見の「オニオンスープ」。こちらは会社の同僚から「味見してみて」といただきました。スティックタイプのパッケージに入った粉末スープですが、けっこう評判のようです。粉末スープなりのチープなニオイもしますが、1本あたり約30円という値段を考えると十分美味しいです。愛飲している方のblogなどを拝見すると、いろいろと具を足して楽しんでいるようです。そこまでしなくても、お昼のお弁当なんかにちょっと添えると良いかも。でも、素で夕飯の食卓に載せると、かなり寂しいものがありました...( ´△`)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

紅葉狩りが出来なかったので

Momiji_1 一昨年は奈良・京都、昨年は倉敷・有馬で紅葉狩りを楽しみました。しかし今年はどこも行けずじまい・・・ちょっと悲しい。(i_i)
すっかり諦めていたある日、ちょっと古い新聞束を使って掃除をしようと引っ張り出してみたらボロボロと乾いた紅葉が出てきました。∑(゚◇゚;)
Momiji_2 「なんじゃこりゃ?おぉ!もしや昨年有馬の瑞宝寺公園で拾ってきた紅葉か」とびっくり仰天!つーか、すっかり忘れてました。そんなもんを拾って帰ってきてたなんて。(^^; 色はあまり綺麗じゃないけど、いつもの100均トレーに飾ってみました。なんとなく秋らしくなったでしょうか?昨年の瑞宝寺公園を思い出して、家の中で紅葉狩り気分に浸ってます。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

水炊き

先日いただいた白菜で、今日は水炊きです。
Hakusai ここ数日で急に寒くなって、鍋が嬉しい季節になりました。そんなタイミングで丸々の白菜なんかいただいたら、そりゃあ鍋でしょ。(^Q^) 美味しい鍋を食べると美味しいお酒を飲みたくなりますが、残念なことにちょうど日本酒を切らしてました。(T_T) 
最後は冷ご飯でオジヤなど。明日は鶏肉+お餅の予定です。でも、日本酒は週末まで買えそうにないなぁ...(´・ω・`)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

見た目は合格だったけど

Rollmadu 新宿で買い物をした帰り、ルミネの地下で見つけたケーキ屋さん。明るいショーケースに並んでいるのはすべてロールケーキ。可愛いぃーと大喜びで買ってみました。秋らしくモンブランとかぼちゃのロールケーキです。
さて、食べてみた感想は・・・。うーん、味的には可も無く不可も無く・・・つまり印象に残らないって感じ。(--; 今時流行りのフワフワのスポンジ(底はスフレ生地)とこれまたかる~い生クリーム。しっかり系の生クリームが苦手な人にはいいかも。そして自立するギリギリの厚さかと思われるカットに二つで900円という価格。コストパフォーマンス的にも微妙。どうしてもホールのカットケーキより安いもののようなイメージがあるロールケーキ。その為かいつもより採点が辛いようです。ケーキを構成する大半のスポンジとクリームがここまで軽い印象だとなんとも物足りない感じ。可愛かったんだけどね、一期一会の出会いで終わっちゃいました。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

ビジターセンター見学オフ

Oota_07_2 例年この時期は「スバリスト・ミーティング」として他のオーナーズクラブさんと合同でオフ会を行っているのですが、今年は準備が遅れて告知が間に合わなかったため延期となってしまいました。代わりにクラブ外からの参加も受け付ける形で、16PSのオフ会として開催。群馬県太田市の矢島工場内にあるスバル ・ビジターセンターを皆で見学してスバルの名車を大いに語ろうという企画となりました。
Oota_01
参加車両は9台、レガシィ、インプレッサとも初代から現行までばらばら。スペシャルゲストは1300Gです。9台のうちATは1台だけという世間とのズレはいつものこと。こんな偏った(^^;)メンバーでビジターセンターの名車や貴重な資料を思い思いに見学してきました。
Oota_05 さて、今回のジャンケン大会には、こちらも準備不足でヴィヴィオRX-Rの完成品を1台しか提供できませんでした。もう1台はスバル最中の伊勢屋さんへプレゼント用。どうせ行き先は別なので、2台ともイメージカラーの赤に塗り、自分の手元にあった完成見本と3台並べて写真を撮ってみました。同じ車が3台並ぶと、このままオモチャ屋さんに並んでいそう?  伊勢屋さんの方は、昨年差し上げたレガシィとSVXが3才のお嬢さんのおもちゃになってボロボロだったので、Oota_04 次までにケースに入れてくるということで今回は回収してきました。それにしてもミラーやルーフレールは取れるかもと思っていましたが、シャーシやゼンマイはどこへ行ったのやら。(爆) 面白いのでお土産に買ってきたスバル最中&サブロク焼きと一緒に記念撮影しておきました。でも、これって直るのかなぁ?(^^;)
Oota_02 最後に頂き物をご紹介。DOMINOさんからは、ご自分の畑で作ったという無農薬の白菜をいただきました。外側の葉は虫が一杯(^^;)だったので、剥いてから写真を撮っています。あ、もちろん剥いた葉っぱも虫だけ除いてしっかりいただきました。虫が食べるくらい安全な白菜なんてお金を出しても買えるものではありません。とても美味しかったです。ごちそうさまでした。
Oota_03 もう一つはBetaさんにいただいた初代レガシィの10万Km速度記録達成を記念したステッカー。初代レガシィを現役で乗っているということで、特別にいただいちゃいました。ありがとうございました。
16PSのメンバーもちょうど責任ある立場になったり子育てが忙しかったりする年代となり、以前のように準備ができない状況ですが、久しぶりに集まるとやっぱり楽しいものです。幹事さん、ありがとうございました。参加の皆さんお疲れさまでした。そして、今回参加できなかった皆さん、また次回お会いしましょう!

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予告(BlogPet)

きょうふらっと☆ぶらっとと、プラモに予告しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

そろそろ退避ー!

めっきり秋らしくなってきました。今日もなかなか寒かったし。(だったら半袖はやめれ!笑)
Pansy そろそろ庭に出してあるプランターを家の中に入れないといけません。面倒くさがって過酷に越冬させるのは可哀相ですから。(^^; なので今日は一日プランターの世話で終わりました。orz 家に入れるために虫が付いてないか調べ、葉やプランターを洗ったりして。この間なんてデッカイ蜘蛛を発見して、そやつ身体も足もフサフサの毛が!∑(゚Д゚;) 「タランチュラァァー」とか叫んでみたけど、旦那さまにも相手にされませんでした。(涙)でもそんなの家に入れたくないだろが。C=( ̄ヘ ̄)
いっぺんに全部は無理なので少しずつね。とりあえず冬が来る前になんとかします。そしてそのついでにパンジーとデイジーを植えました。これからの時期、庭はめっきり寂しくなるのでちょっと可愛らしくしてみるか...と。花枯れの世話がウザイ...と一瞬頭をよぎりましたが、花のある生活はやっぱり和むので大事に育てようと思ったり。(^-^)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

ひこにゃんの憂鬱

滋賀の「国宝・彦根城築城400年祭」のイメージキャラクター“ひこにゃん”が、ちょっとした騒動にまきこまれているそうですね。
Hikonyan_2 デザイナーさんが400年祭実行委員会に著作権を譲渡し、400年祭実行委員会は築城400年祭を盛り上げるために登録さえすれば著作権使用料を無料にするという異例の対応をとったことで話題になりました。ところが、400年祭実行委員会が行ったキャラクターへの性格付けやデザイン画では不明確だった「しっぽの有無」がぬいぐるみメーカーによって統一されていいないことに対し、デザイナーさんが著作者人格権(同一性保持権)の侵害として調停を申し立てたとか。
...なんか数年前に似たようなトラブルで番組を降ろされたキャラクターがいましたね。(^^;) それぞれのケースでは契約の形態など違うでしょうし、当事者ごとに言い分も異なるでしょうからここでは触れません。しかし、共通して感じることは「デザインだけで売れたわけではない」ということ。もちろん“ゆるキャラ”としての秀逸なデザインがあってこそですが、著作権使用料を無料とすることでの注目や“賽の目くん”では中の人(パペット演者)による性格付けなどの要素もあったからこそ爆発的な人気になったことも忘れてはいけないと思います。自分の生み出したキャラクターが自分の手を離れて一人歩きする寂しさもあるのかもしれませんが、それはそれで見守って欲しいものです。
“ひこにゃん”が“賽の目くん”の二の舞とならないことを祈ります。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

今年は飲むか

別にボジョレー・ヌーヴォーってことで毎年飲んでるわけじゃないけど、今年は「ソムリエール」を読んだばかりだし買ってみましたヨ。日本でのボジョレー・ヌーヴォーの成功は、日本人の性質を的確に捉えたものだと思ってましたが、「ソムリエール」の1巻(2話目)やこの記事を読むとつくづくそう思います。普段飲まないのにこの時期だけ・・・本当はじっくり熟成させたワインの方が深い味わいがあるのにね。
Wine2 さて、それはそれ!これはこれ!お祭り気分で近所の伊勢丹まで買いに行きました。すっごく悩んで10種類以上試飲してきました。もう途中からなにがなにやら分からんようになったとです。(^^; 飲み慣れないせいか、やっぱり深みに欠けタンニンの渋みが気になる。(--; そんな中、一口飲んで気に入ったのが“ドメーヌ・ジル・ペレーズ”です。ボジョレー・ヌーヴォーらしからぬ柔らかさと葡萄のしっかりした味わいって感じかな。美味い!こうなるとつまみも力を入れちゃうぞ!“ムール貝”“生ハムサラダ”“手羽中のハーブ焼き”ってちょっと贅沢?ほろ酔い加減でフワフワ幸せぇ~。これで小人さんが片付けもしてくれたらもっと幸せなんだけど。そうならないのが悲しい現実。orz

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ソムリエール

近所のTSUTAYAに久しぶりに行ってみると、すっかり改装されてました。CD・DVDのレンタルだけじゃなくコミックのレンタルも始まってるし。∑(゚▽゚;) そしてコミック売り場もスゴイことに。少年誌の連載物や少女漫画は対象外が多いですが、「大人向けコミック」と言われるものは最新巻以外はほとんど中を見ることができます。コミック専門店にありがちな「1話目だけ」じゃない!レンタル必要ないじゃん!みたいな。(笑)
さっそく以前から気にはなっていたものの情報不足で手を出せなかったいくつかの作品をチェック...危なく片っ端から買ってしまうところでした。(^^;
Wine
失いかけた理性を何とか取り戻し「ソムリエール」の既刊1~3だけで我慢。(><)
人間ドラマとワインを絡めた『極上のワイン・ストーリー』です。1話完結で各話ごとに1つのワインが紹介されています。ドラマ部分は奇をてらったところはなく、王道という感じ。ワインの紹介とうんちくには、「へーへーへー」の連続です。ワインってよく分からないままスーパーやデパートで適当に買ってましたが、もう少し勉強してみたくなりました。それにここで紹介されているワインも飲んでみたい。もちろん1本で1万円を超すようなものは気軽に飲めませんが、3~5千円クラスのものも紹介されています。さっそく楽天で検索してみると...「ソムリエールで紹介されたワイン」というのがたくさん引っかかりますが、あらかた完売。みんな考えることは一緒なんですね。(笑)ワインを知るきっかけ、飲む言い訳に丁度いい漫画です。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

ココログ長時間メンテナンスのお知らせ

11/13(火)20:00から11/14(水)10:00まで、14時間の予定でココログのメンテナンスが行われます。メンテナンスの間も記事の閲覧はできますが、コメント・トラックバックは受け付けられません。また、メンテナンス時間は予告なく延長されたり、メンテナンス終了から数時間はアクセス集中により非常にレスポンスが落ちることもあります。
コメント・トラックバックをくださる方は、タイミングを見計らっていただくようにお願いします。併せて、書き込み内容はメモ帳などのテキストエディターで事前に保存しておくことをお奨めします。

さて、久方ぶりの長時間メンテナンスです。しかも相変わらず20:00からという、これからブロガーさん達が活発になり始めようという時間帯に。(--;)
以前のメンテナンスではコメントを書くだけ書いて「いざ送信!」という段になって「メンテナンス中のお知らせ」を表示していたため、ユーザーからブーイングの嵐が巻き起こりました。今年の4月のメンテではコメントをしようとしたところでお知らせを表示するように対応したものの、次の7月のメンテではすっかり忘れるというマヌケぶり。まさに“喉元過ぎれば何とやら”なココログ@niftyさんですが、すっかり熱さを忘れきるだけ時間を置いた今回のメンテ。どこまでキッチリと実施できるのか、生温かく見守りたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人の至福を

...が売り文句であるロッテのチョコレート、Rummy(ラミー),Bacchus(バッカス),焼酎ショコラです。季節限定商品ということで、あちらこちらのblogでも話題になってます。よくお邪魔する“こじゃる”さんのところでも発見!でも自分自身はもう何年も食べた記憶がない。久しぶりに食べてみようかってことで、買って来ました。
Bacchus 予想では過去の記憶から1位:バッカス,2位:ラミーでしたが、食べてみたら1位:ラミー,2位:バッカス,3位:焼酎の順に。箱を開けた時の香りはバッカスが一番だったんだけど、ラムレーズンとガナッシュチョコが絶妙でしたね。
他はとろりとお酒が出てくる一瞬がいいんだけど、チョコとのマッチングが一歩遅れるというか...。でもブランデーも焼酎も美味しかった。(ただの酒好きか。笑)わたくし本当は干しぶどうがあまり好きじゃないんですよ。でも悔しい(?笑)かなラミーは美味かった。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

季節外れのお岩さん

花粉症の季節は春も秋も辛いんです。私は特に秋がキツイ。でも今年はなんだか症状が出ないので油断してました。
ちょっと前の話。WFの本申請前で、それなりの格好にしようとシャカシャカやすっていると目がピリピリ痛み出しました。しまった!パテの粉が舞ってる!と思った時には既に手遅れ。目は痒いし目の周りは痛い。顔を洗って目薬をさしても全然だめ。そうこうしているうちに目の周りが腫れ始め、お岩さんの出来上がりですよ。orz
Kao_2 こんなに腫れたのは初めてです。二重の目が見事な一重になりました。いや~目元が変わるだけで人相って変わりますね。(笑えねぇ)それを見た旦那さまは「面白いから写真に撮っておこうか」とか言いやがりまして、でっかいゲンコをくれて差し上げました。(*`∧´)
翌日医者に行くと「どうしたの?」と聞かれたので「夫のプラモを手伝ったら」と大ウソを。(笑)結果はアレルギー性結膜炎です。「随分かいちゃったでしょ」「えっと...そんな...」「かいたよね」「・・・」って事で、目薬と塗り薬を処方されました。「1~2日で直るよ、かかなきゃね。ワッハッハ」と豪快に笑う先生でした。今は腫れも引いてほぼ元通りですが、何がきっかけでまた痒くなりだすかと思うと怖いな。いや~あの時の自分の顔が一番怖かったけどね。orz

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

ブログパーツを替えてみた

うちのblogページにおいても地味~な存在のSUBARU BLOGのブログパーツ。
当初は現行車種だけだったので、唯一車種を限定していない「すばる(プレアデス星団)」を使っていました。その後スバル360、R-2、1000、ff-1の4種が追加になり、「おぉっ!どれを選ぼうか!?」などと思っていたところ、インプレッサSTIの発表に合わせてSTIとWRCarも追加に。今回の追加分は他の車種と違って画像が動きます。
六連星を付けて世界で闘うSUBARUも良いかな?ってことで、ブログパーツを替えてみました。これなら地味なりに閲覧者の目を引くので、SUABRU OFFICIAL Fan Netへの誘導効果も多少は上がるかも。

「誘導効果」なんて書きましたが、「バイラル・キャンペーン」という言葉があるそうですね。色々な手法で口コミの広告を広げようという考え方のようですが、そういう意味も含めると「スバル・ネットワークに新規登録したblogを表示するだけ」という機能ではブログパーツとして今ひとつ?
見せ方も、今回の「動くWRCar」は一歩進んだ感じですが、いっそWRCの名シーンを動画で流すとかしちゃえば良いのに。ドリフト、高速ジャンプ、ウォータースプラッシュ、転倒シーン(^^;)とか、ラリーこそほんの数秒で「魅せる」素材がてんこ盛り。
リンク先も、一番上の「FanNet」をクリックしたらアクティブワンダーランド、一番下の「SUBARU」をクリックしたらオフィシャルサイトと使い分けも欲しいところ。
今のブログパーツはSUABRU OFFICIAL Fan Netの参加者でも貼ってない方がいらっしゃいますが、参加者はもとより、スバルユーザー以外でも貼りたくなるようなブログパーツを目指してみませんか?>富士重工業さん

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

期待(BlogPet)

バステトがふらっと☆ぶらっとと新潮文庫も更新するはずだったみたい。
でも、きのうふらっと☆ぶらっとの、部分に期待した?
でも、ふらっと☆ぶらっとと、意味を出場された。
でも、バステトは命令もしわ寄せする?

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

今日のレオーネ

近所のホームセンターに行ったら、レオーネに遭遇! 最終型の1.8ST、もちろん4WD。ごく普通に日常用として使われているようで、正直かなりくたびれてはいましたが。(^^;)
Aa
駐車場はかなり混んでいたのですが、ラッキーなことに隣が空いていたので並べて記念撮影。
まだまだ頑張ってほしいですね。またいつか会えるといいなぁ...

(byぶらっと)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

躾、できてますか?

今時の母親って子供を叱らないんですかね? 先日の外出時に電車の中で見かけた光景から感じた疑問です。
未就学児童って感じの子供を3人ほど連れた母親2人組がいたのですが、電車内で大騒ぎする子供に向かって30分以上も「静かにして」を繰り返していました。結局、親子が電車を降りるまで「静かにして(ください)」という“お願い”口調以外の言葉は聞かれず。今時の母親ってなんでハッキリ叱らないんだろう?と思った次第です。
自分が子供の頃を思い返すと、まず「他の人に迷惑だから公共の場で騒いではいけない」と諭され、それでも騒ぐと「静かにしなさい」と“命令”口調で叱られ、それでも騒ごうものなら手が飛んでくる(^^;)という順番だったと思います。年齢とともに早い段階で理解できるようになり、そうして公共のマナーを学んでいくものでした。でも、件の親子を見ていると、諭すこともなければ叱ることもない。子供を甘やかしながらも、周囲には気を遣っているようにアピールしているだけにしか見えません。「こんな親に育てられるからマナーもモラルもない非常識な輩が増えるのか」と妙に納得したり。やかましいガキ共お子様達にウンザリする以上に、躾を放棄した母親の態度に日本の未来を担う世代への危機感を強めました。
そう思っていたところ、ちょうどこんな記事を見つけました。
曰く、「『自分の子供に指示、命令ができない。常にお願い』なのだという。」、「自信をもって子供をしかれないのである。親が親に成り切っていない。」、「愛し方も、しかり方も知らない親が増えているのは間違いない。」、「家庭科などの教科書でも、父親や母親の役割、家族の絆(きずな)の大切さを記述するより、独身者の増加や夫婦別姓といった個人の自立や家族の多様化を強調する傾向が強い。」、「核家族化の中で母親が疲れている様子がみえる。児童虐待などの事件の背景に親の孤立化を指摘する意見もある。個人重視が誤解され、マイナス面を生んでいないか。」と。自分が感じたことって、やはり皆が思うことなんですね。惜しむらくは肝心の親たちは気づいていない、もしくは自分のこととは思っていないということ。非常識な人間がこれ以上あふれる前に、なんとか気づいてほしいものです。
...と、子供も持たず、大人になりきれていない私が言っても説得力ないですね。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

どーする自分!の続き

Silk_2 やめるorやめないって言われても、すっかりその気になっちゃったのに。そりゃ~エ○ゲーかもしんないけど、いいじゃん可愛いんだから...と作る気満々の私。キャラデザインは伊東雑音さんという新人かと思いきや“灼眼のシャナ”などで人気の“いとうのいぢ”さんらしいし問題ないじゃん。(よく分からない理屈。笑)
しかし“ぶらっと”が難色を示しだします。「やってないゲームのキャラって今までのポリシー(内容込みで好きだから作る)から外れない?」「そのゲームがハズレだったら」などなど。うーむ、それも一理ある。(--;
妻「でもゲームしてからじゃ間に合わないし、エ○ゲーは欲しくない」
夫「公式サイトに体験版があるよ」
妻「おぉ、じゃーおぬしやれ」
夫「えぇー、やだよ」
妻「面白いかどうか検証だー」
夫「・・・」
という流れで、無理やりエ○ゲーを夫にさせる妻。なにプレーですか?(笑)しぶしぶダウンロードしてゲームを始める。「大丈夫だぞ、夫よ!一人にはしない、後ろで見ててやるから」と生温かい妻の思いやり。(笑)さー、ゲームスタート!
『絵とセリフが出る→キーを押す』の繰り返しで1時間が過ぎる頃。
夫「面白い?」
妻「眠いな」
夫「どうよ」
妻「でも“げんしけん”でもエ○ゲーはこんな感じの描写だったよ」
夫「だから?」
妻「エ○ゲーの正しい姿かと思われ...」
夫「・・・」
結局、体験版はまったく参考にならず製作続行かどうかの会議は続くのでした。(バカだね、笑)でもね、シルクちゃんがゲームの中でどんななのかは知らないけど、この可愛さだけで作るのだってありだと思うのです。萌え萌え・エ○エ○な感じには出来ないけど、可愛く作って行きたいと思ってまーす。(*^-゚)v 近いうち製作記をスタートさせる予定です。ヨロシク!

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

WF2008冬 本申請しました

11/9(金)締め切りの本申請書類を、本日送付しました。明日の午前中には届くはず。(^^; 毎回(一応)1日余裕を持って届くようにしています。たった1日が余裕か!って感じですが、まぁ届いてないとわかった時ジタバタする時間くらいにはなるかな...なんて。
そんな感じで今日も呑気に「そろそろ申請写真をプリントしに行くか」と近所のフ○カラーへ。ところが“メンテナンスの為プリントは17:00以降のお渡しです”なんぞとぬかすではありませんか。宅急便の集荷は16:00までなのに!メンテナンスなんて営業時間外にやれよ!\(*`∧´)/と自分の怠慢は棚に上げてみたり。仕方ないのでネットで近所の現像屋を探し、チャリンコ飛ばしてプリントしてきました。はぁ~たった1日の余裕をこんなことで失うかと一瞬ひやり。
Silk さて、本申請しましたので“ふらっと”の新作発表です。えーっと、今回は10月に発売になったエ○ゲー“ALICEぱれーど”からシルクさんです。なぜエ○ゲー...。orz
このキャラに決まるまで、そりゃ~もう大変な家族会議が繰り返されましたヨ・・・なんて、ウソ!かなりバカなやり取りでした。(笑)
出会いは9月に送られてきた“テックジャイアン”です。とにかく可愛いキャラデザインで、ハートをぐわっとつかまれました。最初はエ○ゲーとは思ってなくて「普通のギャルゲーよ。こんなに可愛くて幼い感じでエ○ゲーはない、それにベースはルイス・キャロルの不思議の国のアリスでしょ、それをエ○ゲーなんてない!ない!」とまったく根拠のない思い込みをしてました。
そしてエ○ゲーと知った時の衝撃。∑(゚Д゚;)
どーする自分!とライフカード2枚(やめるorやめない)が目の前に。続きは後日。(笑)

おっと、ホームページのEVENTページを更新しました。全体の写真はそちらをご覧ください。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

「爆走!ゆい姉さん」製作記(3)

いきなり完成!(ウソ)
Luckystar_31 Luckystar_32
ワンフェス2008冬の本申請に向けて、仮塗装して組み立てました。なんか「一品もので終わりでもいいかな?」っていう気にもなってしまいますが、ちゃんと本申請しますよ。
さて、本申請すると決めたことだし、そろそろキャラ名を明記することにしましょう。「らき☆すた」より“成実ゆい”&“泉こなた”です。まぁ、どうせバレバレでしたけどね。一応ケジメですから。(^^;)
Luckystar_35 YouTubeでヴィヴィオの爆走シーンを見て作り始めたこのキャラですが、助手席を誰にするかは悩みました。アニメの第6話に忠実にするなら“かがみ”&“つかさ”なんですが、2ドアのヴィヴィオは後ろの窓が開かないので二人はムリ。どちらか一人にするよりはということで“こなた”にしました。
彩色以外に前回の製作記から大きく変わったのは“こなた”の髪。後ろ髪が明らかにキャラと違っていたので全面的に改修し、ついでに動きも付けてみました。まだ細かい部分で気になるところはありますが、Luckystar_34 全体の形はほぼこのままでいくことになります。
あとは版元様がこの微妙な「車型のベース」(と言い張って申請しています)や公序良俗に反する「箱乗り」をどう判断されるかですね。あ、もちろんキャラの出来もね。(^^;) それ次第ではsakusakuフィギュアに続いて、単なるHPのにぎやかしで終わるかもしれません。本申請以降は主導権が版元様に移りますので、こちらは粛々と作業を進めるだけです。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

共済の正体?

職業柄、気になったので買ってみました。
“週刊東洋経済2007/11/10「共済」の正体”です。
Kyousai 一見ショッキングなタイトルですが、内容はというと大きく2部構成になっています。前半が保険業法改正による無認可共済の淘汰、後半が4大共済の安全性について。
結論を先に書いてしまうと「自分が加入している共済をよく確認しつつ、保障の充実した生保と割安な共済を上手く併用することで負担を減らしながらしっかりと保障を確保しましょう」ってことかな。

無認可共済といえば、古くはオレンジ共済や直近ではベルル共済など「共済」を騙った詐欺事件がありました。金融庁が監督することでそういった手口を防ぐことができるように保険業法の改正がありました。(「無認可共済=違法」というわけではありません、念のため。) 無認可共済は、来年の4月までに保険会社の認可を得るか、規制のゆるい小額短期保険業者として登録するか、既存の保険会社に契約を引き継いで自主廃業するかを決めなければなりません。しかし、この時期にいたっても大部分の無認可共済が対応できていないのが実情。そもそも互助会的な助け合いで始まった共済が保険業法の要求する条件を満たすのはコスト的に見合うわけがありません。実際には大部分の無認可共済が廃業に追い込まれるのは避けられないでしょう。詐欺とは言わないまでもいい加減な運用や資金流用をしているような団体が潰れるのは仕方がないとしても、知的障害者や登山家、外国人労働者など一般の民間保険に入れない人たちが本当に困っているというのは以前からテレビなどでも取り上げられていました。これらの共済が継続されないとしたら、本当に保障が必要な弱者が救われないという事態に。米国の圧力だの受け皿になる大手損保や外資系保険会社の思惑だのいろいろ言われていますが、結局のところ所得格差を広げた政治の弊害が弱者にしわ寄せとなってきているのでしょう。

後半の4大共済については、大手生保などに比べて割安感のある共済の今後の問題点が記されています。大きくは重要事項の説明責任や保険商品の銀行窓販前面解禁による加入チャネルの減少と、割戻しという制度によって内部留保が少ないため支払い余力があまりないことのようです。逆に言えば、加入者にとっては余分にお金を取られないから割安なんですけどね。その辺は各共済とも経営戦略を立てているようですので、破綻などと言った心配はなさそうです。自分も転職するまでは「共済」というのは一般の会社員は入れない?くらいのいい加減な思い込みしかありませんでしたが、いろいろ学んでみると賢く利用すれば随分と節約になると思いました。

まぁ、保険を上手く使いつつ、保障が減ってしまう高齢期までには保険に頼りっぱなしではない程度の貯金もできるといいなぁなんて思う今日この頃でございます。

トラックバック先:県民共済すごい(生命保険 立ち上げ日誌)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日)

本申請っていつよ!

WF2008冬の本申請の為、連日製作に追われる日々。毎度のこと「苦手だな」と思うところは2度3度と作り直しても気に食わない。ムッキー\(*`∧´)/な日々でございます。そろそろ限界なので、とりあえず“申請向け誤魔化し”で一段落させましょう。書類さえ出せれば落着いて修正なり作り直しができるよ・・・ね。(^^;
Asobitai
そして...そして...これが終わったらストレス解消だぁー。
まず先日ブックオフで買ってきたラファエロとバロック期の西洋絵画についての本を読むぞー。うははーどうだぁ。(精神崩壊寸前)そして買ったまま放置してる“金色のコルダ2~アンコール~”もやるぞー。うははーどうだ、どうだぁ。(@▽@) その前にPS2を買わないとな。そんでもってついでを装って乙女ゲーをもう一個買ってやるぞと計画中。ふっふっふ。どうだぁ!
・・・と、壊れっぱなしでごじゃいます。orz
その横で“ぶらっと”は、「気抜いて遊び呆けるとまた徹夜だよ」と容赦ない言葉。鬼だな。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きょうはリクエストした(BlogPet)

きょうはリクエストした?

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ミスター・インプレッサ?

久しぶりに本屋に行ったら見つけたので買ってきました。
Sti_2 まずはモーターファン別冊「インプレッサWRX STIのすべて(\450)」。
初代インプレッサの22B以来、久しぶりにワクワクする車が出たという気がします。現行のインプレッサが発表になった時は、あまりの“カローラっぽさ”にガッカリしたものですが、WRCarのイメージそのままのワンドフェンダーやグッとシャープになったグリルなど、同じ車とは思えないくらいのカッコ良さ。ライトウォッシャーも「レオーネの再来!?」って感じで嬉しいですね。うちの用途と合ってないのでコレを買うことはないのでしょうが、それでも見ているだけでドキドキしてきます。
個人的に安心したのは、スタンダードモデルでオプションだった後席センターのヘッドレストや3点式シートベルトが標準装備になったこと。いや、結局セットオプションだったサイドエアバックごと強制で付けられただけで、STIだと「普段は1~2人乗車なんだからイラネー」というユーザーも多いのかもしれませんけど。(^^;) でもね、STIだからこそ安全装備が重要と判断したメーカーの姿勢は立派です。最近ちょっと心配が多いスバルでしたが、まだ大丈夫かな。

Colin_2一緒に買ったのが「追悼コリンマクレー“ミスター・インプレッサの生涯”(\1,500)」です。
スバルでの活躍を中心に、フォード移籍以降も取り上げられています。グチャグチャになった車の写真が多いのはご愛嬌。訃報から1ヶ月以上経ちましたが、こんな本を見ちゃうとまた思い出してしまいますね。(i_i)ゆっくり読みたいと思います。しかし、マクレーが“ミスター・インプレッサ”と呼ばれていたとは知りませんでした。

Possum_2 追悼本つながりで、スバリストには忘れられない彼も紹介しておきましょう。
「ミスターSUBARU 知られざるSUBARUラリーストーリー(\2,500)」。レオーネ時代からスバル一筋でラリーに出場し、2003年「レース・トゥ・ザ・スカイ」のレッキ中の事故で亡くなった“ミスターSUBARU”ことピーター・“ポッサム”・ボーンの人生がまとめられています。スバルのラリー史には欠かすことのできない人物の一人。STIのオンラインショップでも購入可能なようですので、興味のある方は是非!
それにしても、事故ってイヤなものです。もうこれ以上事故がおきないことを祈ります。

SUBARU BLOGでWRX STIの感想を募集しているので、トラックバック送っておきます。
実車は見ても触ってもいないですけど、それでも良いなら「WRCシール希望」ってことでお願いします。

(ふらっと☆ぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

美しい日本語

「ありがとうございました」
「どういたしまして」
先日たまたま見ていたテレビ番組での、アナウンサーとゲスト解説者の最後のやりとりです。

そういえば最近「どういたしまして」って聞かないなぁと、ドキッとしました。
お店で「ありがとうございました」といわれて返す言葉じゃないし、おいしい食べ物屋さんだったらせいぜい「ごちそうさま」くらい。仕事の相手とはお互いに「ありがとうございました」はハッキリ言う割に、返答は「いえいえ...」とかゴニョゴニョした応対が多い感じ。営業さんなんかは「とんでもありません」的な返しもありますね。(^^;)
ちゃんと使っている方もいらっしゃるんでしょうが、会社で事務仕事をするような生活をしているとあまり聞かないので、もしかして日本語として廃れつつあるのでしょうか。試しにネットで検索したら、「どういたしまして」だと謙遜の気持ちが薄い気がするという意見もありました。そんなことないはずなのに、いざ使おうと思うと確かにちょっと抵抗がありますね。でも、「~させていただく」のように近頃の日本語はへりくだり過ぎ?

「美しい日本語」で検索すると小難しい言葉がたくさん出てきますが、こういうちょっとした一言を大切にしたいと改めて思いました。今度、会社で意識して使ってみようかな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

スバルの軽自動車が消える!?

2007/10/30の日経ネットでショッキングなニュースを見ました。

------(引用ここから)------

富士重・ダイハツ提携、中型車と軽・小型車を相互供給へ

 富士重工業はトヨタ自動車の子会社であるダイハツ工業と乗用車事業で提携する。富士重が中型車を、ダイハツが軽自動車と小型車を国内市場向けに相互供給する方向で交渉に入った。トヨタから8.7%の出資を受けた富士重は将来の資本関係拡大も視野にトヨタグループでの分業体制を本格的に構築する。トヨタの子会社である日野自動車と出資先のいすゞ自動車もトラック事業で広範な提携交渉を進めており、トヨタのグループ戦略が一気に加速する。
 ダイハツとの製品相互供給は富士重がトヨタに申し入れた。今年度中に対象車種を決める。(07:00)

------(引用ここまで)------

先日の「トヨタとスポーツカーを共同開発」というニュースには、「これぞ提携の効果!」という期待が高まりました。それと同時に小型車のOEM供給に関して懸念を抱いたのですが、いよいよ心配が現実に向かって動き出したようです。経営判断に対して株主でもない一ユーザーが口を出すことではありませんが、これにより富士重工の軽自動車の歴史が終わるとすれば非常に寂しいことです。
もし本当にすべての軽自動車がOEM供給されて自社で製造しないことになると、スバル360以来の伝統が失われるという由々しき事態に。「たとえ軽自動車でも手を抜かない」という誠意ある開発姿勢もただの伝説になり、「リアエンジン+4輪独立懸架」というサブロク直系のサンバーなんかもなくなってしまう。伝統という意味では「水平対向+4輪駆動」以上に大切なものを他メーカーに丸投げしようという、正に富士重工業の歴史の転換点になるかもしれない一大事です。
顧客満足の話題の時にも売り上げに貢献しないユーザーのくせに生意気に苦言を呈しましたが、今回はそれ以上にスバリストとして危機感を持ちました。初代レガシィで成功する前、車好きの友人から「日産に吸収されたらどうするの?」と聞かれ、「日産ブランドでも中身がスバルの車なら乗り続ける」と応えました。逆に言えば「スバルブランドが残っても、魂を失った車なら乗らない」ということ。
まだ正式決定ではないようなので過剰に反応しても仕方ないのですが、トヨタの合理主義に魂を売り渡すことだけはないよう祈ります。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »