« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

遠子先輩製作記(2)

Amano_03 本申請ではフィギュア本体だけでお茶を濁してましたが、あのポーズではパイプ椅子も必須アイテムです。しかし(言い切りますが)私には、そんなもん作れません。正確さが要求されることはできないんです。( ̄ヘ ̄)威張るな!
そうなると“ぶらっと”の登場です。今回も作ってもらってますよぉ。
パイプ部分を何で作るか?最初はプラ棒を加工してみましたが、綺麗に曲線が出せず敢え無く撃沈!そんな時100円ショップで見つけたのが、工作用(樹脂コーティング)ワイヤー。ものの数分でこの形です。スゴーイ!まだ背もたれや座面の製作がありますが、すっかりご満悦の私、完成が楽しみです。(^-^) じゃ~引き続きヨロシクって事で!
Amano_04 全然関係ないけど、この商品の袋に書かれてる「自由に曲げれるワイヤー」とか「きれいに曲げれて」に爆笑。友達同士の会話ならまだしも、印刷物でこれってどうよ。なんか中国製のパチモンみたいだ。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

これがグラジオラスです

Gladiolus 春に植えたグラジオラス。花はまだ先だろうと思っていたら、いつの間にか咲いてました。∑(゚◇゚;) 実はグラジオラスには苦い思い出があります。もう10年位前にもプランターで育ててみましたが、花が咲かなかったんですねぇ。そして毎年スーッと葉っぱだけを出して終わるんです。(´Д`) 引っ越して来て庭に植え替えても結果は同じ。一向に咲きません。“ぶらっと”からは「あれは観葉植物かい?」などと言われ冷たい目で見られてきました。(TヘT) 仕方ない!あれのことは忘れて、新しいグラジオラスを育てよう。そして「どうだ!これが花だぞ!」と“ぶらっと”に見せてやろう・・・と。計画は(とっても簡単に)大成功。10個植えたうち8個芽が出ました。(つーか2個出ないのはなぜ?)まぁ予想外だったのは、鮮やかなピンクを植えたつもりだったのにオレンジっぽい花だったこと。パッケージの写真と随分違うなぁ。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

関東地方は“どうでしょう”ラッシュ!

先週の日曜日から、テレビ朝日で2006年の新作が放映開始! 「やっと」ではありますが、なんと4週分を一挙に放送。今週末には残りの5夜もまとめて見られるという、嬉しい計らいです。もうね、見てると2時間があっという間ですよ。でも、まだ未放映の地域もあると思いますので、ネタバレしないように企画はヒ・ミ・ツ。
Suido_1 Suido_2
そして昨日から東京MXでは、ついに伝説の企画「東日本縦断・原付激走72時間」がスタートしました。考えてみれば、ダルマもナマハゲも、そしてこの後“どうでしょう”を象徴する乗り物となるカブも、みんなここからだっだんですね。最終日にはアノ“ウィリー”も見られるので、今から楽しみ。
Suido_3 Suido_4
さて、第1夜は大泉さんをだまして銀座でカブを購入。「乗って帰る」ということで旅がスタートするところまで。「買い物」と言われて餌に食いつく大泉さんが可笑しいです。いよいよ走り始めると、激走するお二人の背中を追いかける、西日本やベトナムで見慣れた絵面が始まります。なんか順番が逆ですが、リターンズから見始めた我々には「ついに原点を見た!」って感じ。相変わらずトークも面白いし(顔は見えないけどね)、また来週が楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

版権結果

WF2007夏の版権結果が出ました。新作「天野遠子」再販「閻魔あい」、両方無事に判定○です。\(^v^)/ やったー!と喜んでいますが、これで逃げられない事もハッキリした訳です。喜びとプレッシャー・・・毎度の事ながら相反する感情の波を漂っていますよぉ。(笑)
Wf2007s
結果が出ると気になるのが版権料とサンプル提出数です。特にイベントに徹夜で参加するような人間には、商品見本・完成品・写真の組み合わせと数はイジメかと泣きたくなるくらい辛いものです。
今回は・・・とドキドキで見てみると、再販の「閻魔あい」は版権料はありますが、サンプル提出ゼロ。あぁ嬉しい。(^▽^)そして新作の「天野遠子」は商品見本2個、それ以外はなし!版権料も無ければ誓約書まで不要というではありませんか。∑(゚▽゚;)うっそーマジ?写真も無いって事は、最悪仮組み・サフ仕上げでもなんとかなるってことだ。(まったく最悪だ!(^^;)
な~んて事は考えず、きっちり完成させてイベント前に画像もアップしたいと思ってます。(しますと断言しないところがミソ!えへへ)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

ぐったり・・・

こんな季節に着物を片付けなきゃならなくなって大弱り。(´Д`)
Tansu和箪笥を置くような場所はない!かといって処分することも出来ない。
どうしようかと悩んで、タンス程の場所を取らない“総桐衣装箱”というのを購入しました。注文から2ヶ月待って漸く昨日届きました。
仕舞う前にまず分類。着物・帯・羽織・小物・・・えっと、訪問着・付下げ・小紋・絞り・無地・紬・・・ぐわぁぁぁ、わけわからん。6段も買ったのに、入りきらないし。(T△T) もうぐったりです。orz しかし、もっと基本的な問題がある。それは・・・一人で着付けできるのか?ってこと。着付け教室に通っていたのは10年くらい前。とてもじゃないが自信ありません。もう宝の持ち腐れってヤツ。秋になったら“着物でお出かけの日”とか決めて練習しなくちゃ。

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

10年目の人類補“缶”計画

Ucc_1 10年ぶりに劇場版の新作ができるとか。その広告を兼ねて、こちらも10年ぶりでUCC(注:音が出ます)からエヴァンゲリオンのキャラクターが描かれた缶コーヒーが発売になりました。6/18より販売の第1弾は「綾波レイ」と「碇ゲンドウ+赤木リツコ」の2種。その後1ヶ月ごとに2種ずつ追加され、全6種が3ヶ月限定で販売だそうです。
何故か我が家には、1997年当時にやはり映画宣伝用として作られた綾波バージョンの空き缶が1本だけ残っていました。そこで、今回も1本だけ買ってきて並べてみました。左が1997年、右が2007年のものです。
実は、天の邪鬼な“ふらっと☆ぶらっと”は本放映当時からエヴァはあまり好きではありませんでした。わざと難解な作りにしながら、最終的にはそれを消化しきれずに未完成のまま(?)放映。劇場版は見ていないので何ともいえませんが、周囲の評判を聞く限りではやはり疑問の残る結末だったとか。そうは言っても、10年以上経った今でも新作フィギュアが続々と作られるほどキャラ人気を保ち続けるのだから、それはそれでスゴイ作品だったのでしょうね。
そんな訳なので、今回の缶コーヒーもコンプリートする気はまったくありません。たまたま本棚の隅に昔の缶が残っていたので、ネタに1本買ってきただけです。あ、でも「カヲル君」だけは見つけたら買っちゃうかも~。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

遠子先輩製作記(1)

「5月末までに原型完成だ!」とうそぶいていたのを笑ってましたが、さすがに6月末を目の前に若干の焦りが見えてきました。「ワンフェスまで、まだ1ヶ月以上あるじゃん」なんて言ってると、前回同様徹夜で参戦てことに。そろそろ製作記を付けつつ、見切り仕上げていこうと思っています。
Amano_01 さて、今のところ出せるパーツは顔と足くらい。(遅い)本申請の時は“不○家のペ○ちゃん”みたいなコロコロ目だったので、ちょっと小さくしました。顔全体も細くなってます。短めの前髪はあまり変わっていません。結構時間かかってるのに、変化が少ないな。orz 足は複製のため片足を分割しました。そして見えるわけじゃないのにミョーに力が入ったパンツ!スカートがありますから、見えませんよ。まぁ角度によってはチラッて見えちゃうんだけど。お行儀悪い遠子先輩がイケナイんです。(^^; 
Amano_02
次はスカートか上着と襟あたりをお見せできるか。とにかくスカートが失敗しまくって時間を取られてます。これ以上失敗を重ねるとキレルかもしれません。造形の神様、そろそろ勘弁してください。(-人-)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらっと☆ぶらっとの(BlogPet)

ふらっと☆ぶらっとの、耳飾りに発見したかった。
そしてきのう、本が旅したよ♪
そしてふらっと☆ぶらっとと踏破したかったみたい。


*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

再登場、特撮ヒーロー(?)

Keroro_15_1 ジメジメした梅雨の風物詩といえばコレ。
ウェットルキング! 今年も「ケロロ軍曹」に登場です。

Keroro_01Keroro_02Keroro_03
1年ぶりに登場したウェットルキングは、「ジャンファイト!ウェットルファイト!」の掛け声と共にセスナが宙返りして変形。“公開録画”形式は昨年の「突撃!ヒューマン」のままですが、今回は「ジャンボーグA(エース)」です。制御ワイヤーで体の動きを伝達して操縦するコクピットもそのまんま。...と思ったら、“目つきの悪い”ニセウェットルキングでした。(^^;)
Keroro_04Keroro_05Keroro_06
肝心の「ナメクジのヌルヌル」がないために夏美にあっさり倒されてしまいましたよ。ニセCMのシーンではウェットルキングの左目にコクピットがあるという凝った設定を見せるなど、良い線行ってたんですけど。
Keroro_08Keroro_07Keroro_09
ニセCMを挟んで、新シリーズは「ジャンウェットル・ファイト・ツー・ダッシュ」の掛け声でホンダ・Zが変形。コクピットも自動車のハンドルに変わってます。しっかりマニュアル・シフトだし。ツートンカラーが銀と赤でないのは残念ですが、これは間違いなく「ジャンボーグ9(ナイン)」です。
Keroro_10Keroro_11_1Keroro_12
対するは、夏美の“怒りの電流”で動くスーツ。こちらは見た目も設定も「電人ザボーガー」。しかし、リミッターを解除して暴走した「人間ナメクジ=ウェットルヒューマン」には敵いません。(そっかー、だからサブタイトルが「突撃!ウェットルヒューマン」って“そのまんま”なんだぁ。)
Keroro_13 結局ヒューマンサインウェットルサインで本物のウェットルキングを呼ぶことになりますが、ここでクルルは“お約束”どおり鉛筆を使って「ヒューヒュー」です。宇宙の彼方で戦うKeroro_14ウェットルキングにウルトラサインウェットルサインが届き、危機を救ってくれました。
「また登場するかは人気次第だ」ってことなので、来年も登場してくれることを期待します。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月22日 (金)

フォレスター製作記(4)

先日ディーラーで実車を見てきて、カタログ写真では分かりにくかったボディのプレスラインを作り込みました。
Forester4_1 Forester4_2
Forester4_3 フェンダー上部から続くキャラクターラインは、ボディ上側がかぶさるように1段高くなっているという凝った造詣になっていました。また、ホイールアーチに沿ったプレスラインは省略しようと思ってたんですが、ボディと接続する前後端の表現に影響することに気づいたので、慌てて作り込みました。(^^;)
Forester4_4 リアバンパーのディフューザー風の“飾り”も付けてみました。ディフューザーとして考えるとボディ下部への回り込みとマフラーが干渉してうまく作れなかったんですが、実車を見ると一目瞭然。後ろから見えるところより奥はスパッと切り落としたように何もない。(--;) だからマフラーの太鼓部分が収まるんですね。
前回の製作記で懸案だった屋根の高さとリアゲートの曲面も修正しましたので、ボディのアウトラインはほぼ確定。これからグリルや窓枠など細部の作り込みとスジ彫りに進みます。
そろそろ考えなきゃいけないのがライトとテールランプの処理。今まで作ったスバル達はスジ彫りだけでしたが、フォレスターの場合はそれでは済まなそう。「内側を作り込んでバキュームフォームのクリアカバーを付ける」という仕上げが避けられそうにありません。白馬のオフ会でコツは教えてもらったのですが、うまくできるかなぁ...?

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

ビリー隊長緊急来日!

我らがビリー隊長が昨日来日されました。/( ̄- ̄)
Billy_1_1 そして今日は朝から各局のテレビに出っぱなし。あっちを見てもこっちを見ても「サーコォ、サーコォ」です。(笑)でもあまりインタビューしないで、エクササイズ始めちゃうからDVD見てるのと大差ないな。たまに喋っても「Dont give up!」ってDVDと一緒じゃん。来日の意味なーい。オマケにジュリアンが来てなくてガッカリ。(笑)
Billy_2 DVDを買った頃はまだ「なにそれ?」と知らない人もいましたが、今じゃニュースになるくらいの人気です。スゴイな~。いつもならこーゆー流行には乗り遅れてる自分なんですが、今回は既に1ヶ月以上の経験者。軍曹は無理でも上等兵くらいの出世はしているか?でも今ひとつ効果が見えてないのが悲しい。気合が足りないのかな。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

フェルメールの不思議

ヨハネス・フェルメールは17世紀オランダの画家です。ずっと『真珠の耳飾りの少女』(最初は『青いターバンの少女』って見たんだけど?)に惹かれていました。そんなある日「フェルメールの37作目発見」というニュースを見ました。「えー37作しかないの!こんなにステキな絵を描く画家なのに少ないねぇ」と少々の興味がムクムク~。そして月日は流れ、たまたま見つけたのがこの本『フェルメール全点踏破の旅』です。
Vermeer 「どんな作品がどこにあるのかが分かる」それだけで読み始めましたが、そんな浅いもんではありませんでした。フェルメールはなんて謎に満ちた画家なのか。真作/非真作の判定が分かれる絵や分かりにくい来歴、彼自身の生涯も謎(っていうかあまり記録が残ってないの)。絵によって変わる筆使いと寓意なのか違うのか曖昧な小道具たち。なんていうか・・・生殺し?って感じ。(笑)フェルメールについても、その絵についても、もっと知りたくなる。その入り口に立たせてくれる本でした。
自分が全点踏破をすることは無理だけど、せめてドイツとオランダにはなるべく早く行きたい。日本に来るのを待ってらんないよ。(来るかどうかも分からないしね)

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

きゅうり味?

出ましたイロモノ飲料!ペプシ「アイス・キューカンバー」。キューカンバー(cucumber)とは英語できゅうりのことです。つまりきゅうり味のペプシってこと?
Icecucumber 「なんでこんなもん買ってくるんだー」と“ぶらっと”を責めつつ味見をしてみました。見た目涼しそうでも美味しそうとは思えない色。そして甘いです!かなり甘い。(><)別にきゅうりの味なんてしません。ただ後味にスイカの皮みたいな味がします。スイカを食べていって、白いところまで食べちゃった時みたいな。(笑)
sakusakuのMCであるヴィンちゃんの中の人(黒幕さん)が大のきゅうり嫌いなので、ヴィンちゃんときゅうりと一緒に写真に収めてみました。こうして見ると飲んでもいいような気になりますが、はっきり言ってまったくお勧めしません。(^^;

トラックバック先:ペプシアイスキューカンバーに捧げる、すいませんのポエット。(とんぼや「楽・書・譚」)

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

梅雨入りしたけど

ジメジメ鬱陶しい梅雨は苦手ですが、今年は梅雨入りから一日降っただけ。こんな空梅雨で大丈夫でしょうか。水不足とか豪雨とか・・・心配ですね。
Niwa
さて春から順調に花が咲いていた庭も次にバトンタッチ。今はスカシユリやヘメロカリス、チェリーセージやラベンダーが咲いています。スカシユリは4種類植えていたのに、2種類になっちゃいました。他は球根がダメになったかな?(i_i)
ラベンダーも狭いながら何とか咲いてくれました。しかし赤いチェリーセージと紫のラベンダーのコントラストのはずが、白と紫のコントラストになってます。あれ~?(^^;
Ajisai この季節はやっぱりアジサイが綺麗ですね。ちょっと欲しいのですが、アヤツは大きく育っちゃうから小さな花壇には植えられません。近所のお庭を眺めてため息をつく毎日です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

信州ひとり旅-食事編-

■桜家:うなぎ笹蒸し~松本~
Azumino_7 筒状のもち米の真ん中にうなぎの蒲焼が入り、笹で包んで蒸したもの。笹の香りが立ち、もっちりご飯にふっくらしたうなぎが美味しかった。今度はうな丼を食べてみたい!

■開運堂松風庵:和菓子とお抹茶~松本~
Azumino_8 その日の上生菓子とお抹茶をいただきました。店内は静かにくつろぐ為、子供連れの方の入店をお断りしているとのこと。大きく開け放された窓から外の風を感じながら休憩することが出来ます。旧開智学校の近くです。

■ハローズバー:ビール&らぶぅー~豊科~
Azumino_9 一人で入るには勇気が要りましたが、旅の気分を楽しむために一杯いただきに入りました。名前を忘れたけどドイツの生ビールを2種類ほど飲みました。つまみは自家製の生ハムサラダと安曇野ニュー豚“らぶぅー”のソテー。どちらも美味しいし、ボリューム満点でお腹一杯です。一人だといろいろなものが食べられないからちょっと残念。

■山の花:そば~穂高~
Azumino_10そば!そば!と言いながらこの一軒しか入れませんでした。上品な細打ちの麺で喉越しのよいそばです。めんつゆも合格点。さすがそば処というべきでしょうか。東京にあったらこんなに静かにいただくことはできないでしょうね・・・混んじゃって。

■安曇野文庫:チーズケーキ~穂高~
Azumino_11 大熊美術館に隣接した喫茶。デンマークのクリームチーズを使った濃厚な自家製チーズケーキがご自慢。美味しかったなぁ~。持ち帰りできるのかな?“ぶらっと”の分も買ってあげればよかった・・・と今更思ったり。(^^;

(byふらっと)

番外編
■手打ち蕎麦「ちぇしあ
Cheshire 今回のオフ会で“ぶらっと”がお世話になった“たむ”さんのお店です。
目の前で作ってもらった打ち立てということもありますが、ものすごく美味しかったです。麺ももちろんですが、つゆがまた独特な風味で美味。そば湯までも濃厚で、それだけでも飲めてしまいます。そば屋にふられっぱなしの“ふらっと”の悔しがりようと言ったら。(^^;)
残念なのは、本業(どっちが?)が大忙しということで、夏場はあまり営業できていないとか。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きのう(BlogPet)

きのう、バックしたいなぁ。
そしてスバルで他社も拒絶したかった。
そしてここにバックしたかったみたい。


*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

信州ひとり旅-2-

2日目は安曇野をサイクリング!です。天気が心配ですが、雨は午後からみたいだし他に案もなかったので、予定通りレンタサイクルへ。荷物を預け地図と雨合羽を受け取りスタート。アップダウンもあるということで電動アシスト自転車を借りました。Azumino_4_1 長野から来た女性と途中まで一緒に走り「コレって楽ですね」と笑顔で言われ「そうですね」とゼーゼー息をしながら返事をし「なんかおかしい」と見たら入れたはずの電源がoffになっていた。∑(゚Д゚;) 肝心の坂道を自力で登ってしまったぜ!(涙)
さて彼女と別れ、最初に『BANANA MOON』というMuseum Cafeへ。『週刊新潮』の表紙絵を描いている成瀬政博氏の美術館です。入館料500円で飲み物が付きます。絵の点数は30~40と多くありませんが、可愛い絵を見て静かな場所でお茶をすると気持ちが落着きます。
Azumino_51 次に美術館の近くにあった『八面大王の足湯』(無料)で休憩。休んでばっかりだ。(^^; それから『vif穂高』や『北アルプス牧場直売所』で地物などを見て回り、お昼は念願のそばをいただきました。もう執念すら感じる。(笑)
天気は大丈夫そうでも待ち合わせの時間までちょっと厳しくなってきたかなと思いつつ、『大熊美術館』まで行くことに。途中【重文】松尾寺と『鐘の鳴る丘集会所』に立ち寄りました。なんとも寂しい場所で、来てみたものの落着けず早々に立ち去ってしまいました。そしてとうとう大粒の雨が・・・。
Azumino_6 雨合羽を着て爆走しながら『大熊美術館』へ。久しぶりにずぶぬれだ。(笑)この美術館にはロイヤル・コペンハーゲンのクリスマスプレートが第1号からあったり、アンデルセン童話の初版本などが展示されています。でも一番の目玉はフローラダニカ。18~19世紀にまとめられた全18巻、3500種におよぶ植物図鑑「フローラ ダニカ-デンマーク王国の花-」図版とその植物画を元絵に製作されたディナープレートが展示されています。この両方がそろって展示されているというのは珍しいです。満足!満足!(^-^) 美術館の隣には喫茶があり、そちらでご自慢のチーズケーキと珈琲をいただきました。確かに美味しかったよ。おまけにクリスマスプレートでいただくなんて、ちょっといい気分です。
この辺り“安曇野アートライン”と呼ばれ美術館が点在しています。しかし案内板が少なくイマイチ分かりにくいです。またサイクリングするには道が狭いので車には十分注意が必要です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

R1/R2がマイナーチェンジ!

SUBARU BLOGによると、R1とR2がマイナーチェンジしたそうです。
R1r2_1
R2の方は、ステラと並んで「e燃費アワード」というものも受賞したらしいです。カタログ値ではもっと良い燃費の車もあるようですが、実際にユーザーが走って出した燃費では1番。もちろん走る人ごとの誤差もあるのでしょうが、40万ユーザーの平均といえばそれなりに信頼できるでしょう。たまたまスバルユーザーの走りが丁寧だったとしても、それはそれで丁寧な走りをしたくなる車ってことで、いずれにしても喜ばしいことです。

さて、マイナーチェンジですが、グレードの整理やボディ色の変更などがあったそうです。
R1はベーシックグレードの「i」がなくなり、ベリーレッド・メタリックの代わりにベリールージュ・パールが登場。ベリーレッドも良い色でしたが、ベリールージュはさらに明るい感じ。
R2の方は、「ERIKAスペシャル」??? この手のことは疎いので良く分かりませんが、なんかスペシャルらしいです。(^^;)

R1の方が小さなスペシャリティ・カーの位置付けで価格も高いのに、色数が少ないのはちょっと残念。コーラルオレンジ・メタリックみたいな冒険色はR1にこそ欲しいのに。R2デビュー時の11色とは言いませんが、もう少し楽しそうな色があると良いな。

R1r2_2 冒頭の写真はタカラトミーのチョロQです。R2はグリルのデザインが変わってしまいましたので、そのうち作り直すことを考えています。全車に拡大するかと思われたスプレッド・ウィングス・グリルも、今ではR1だけとなっています。このデザインは結構好きだったので、R1はこのまま残ってほしいなぁ。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

信州ひとり旅-1-

Azumino_1 “ぶらっと”のOFF会に便乗した1泊2日のお気楽ひとり旅。初日は松本市街を観光しました。一番の目的は【国宝】松本城です。現存する日本最古の五重天守のお城は、400年前の姿をそのまま残しています。「思ったより小さいな」が最初の印象ですが、それって時代劇等のすり込みですかね。(^^; 内部は各階によって違いますが、天井は低く柱が多いとか窓が少ない又は小さいなど“生活の城”ではなく“戦うための城”であることを実感します。しかしここで敵を迎え撃つ時ってもう負けが見えてるんじゃないだろうか?と思うんですけど、どうなんでしょうね。
Azumino_2 昼食後、【重文】旧開智学校まで歩きました。明治9年から昭和38年まで使われた日本で最も古い小学校のひとつだそうで、建物は擬洋風建築という時代的な特徴が見所です。内部の竜の彫刻(桟唐戸)や昔の教科書・教育用掛図を見るのも楽しいです。旧開智学校の向かいには【県宝】松本市旧司祭館があります。明治に建設された西洋館で宣教師や伝道師の住居だったそうです。正方形の建物で「田」の字に仕切られた部屋(真ん中の縦線が廊下)の造りですが、暖炉とベランダを見ると洋風建築だなぁと思います。
Azumino_3 その後、休憩を挟みつつ街歩きを少し。あちこちに井戸や湧き水があり小川も流れていて、のどかな散歩が出来ました。帰ってきてから知ったのですが、無料貸し出し自転車というのがあるらしいので、それを利用するともっと時間を有効に使えたなと思いました。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

長野で拾ったネタ特集

先日のオフ会に参加するのに訪れた長野で見つけたクルマ達です。
Ja_sambar まずは“農道のポルシェ”こと“JAサンバー”。(古いスバリストには“営農サンバー”の方が馴染み深いですが。) JAあづみ自動車センターでの一コマです。車種別の看板でサンバーが最上段というのも珍しいですが、小高い土手に乗り上げるという演出も心憎い。「空荷でもリアエンジンの重量がリアの駆動輪に掛かって安定して走れる」というサンバーの特長をとても良く表現している展示だと思います。(信号待ちの間に撮影したため、地元の中学生が通り過ぎるのを待てなかったのはご愛敬。(^^;) )
Neko_bus1_1 自動車販売で驚いたのが、ホタカオートという自動車販売・修理のお店に停まっていた“猫バス”。塗装だけではなく、“耳”に“足”、“しっぽ”までついてる! ベース車両は三菱ミニカ・トッポ。なんとも大胆な展示車両です。
ホタカオートの斜向かいの長野トヨペット・穂高店の方も 大変なことになってました。昔のコロナが店先に勢揃い。写真を撮れなかったのが残念ですが、昭和40年代にタイムスリップしたかと思っちゃいました。
Neko_bus2豊科~穂高の周辺だけでこれほど豊富にネタが転がっている長野、侮り難し! なんとも面白い所でした。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

とりあえず読んでみる

新型インプレッサが発売になって、試乗した方々が続々と感想を書かれています。それを読む限り第一印象に反してかなり良くできた車のようですね。なかなかディーラーに行けない日々が続いていますが、そんななか本日発売の特集本を買ってきました。
Gh_book_1 
最初に写真を見たときは、とにかく見た目で「スバルらしくない」と拒絶してしまいました。しかし、中身を見れば見るほど、しっかり作られた「スバルらしい」クルマだということが分かってきました。あれほど「トヨタっぽい」と思ったデザインすら、見慣れると許容できるあたりも、ある意味「スバルの伝統」とも思えてくるからおかしなもの。(^^;)
疑問に感じていたパッケージングも、Cセグメントという世界標準をターゲットにするには正当なもののようです。内装のデザインも質感もずいぶんと良くなっているようです。なんか、乗っても良いような気になってきました。マイナーチェンジでグリルとテールランプのデザインが変わったら考えようかな。(爆)
そうそう、なんで3冊も買ったかというと、それぞれ内容に特徴があったから。左は他社の比較対象に唯一2L未満のトヨタ・オーリスを挙げていて、中は歴代のインプレッサをまとめ、右は先代インプレッサとの比較があったから。3冊も出るってことは市場もそれほど注目してるってことでしょう。そして3冊とも買ってきちゃうって事は、なんだかんだ言っても、それだけ気になる車ってことです。(^^;)

トラックバック先:はじめまして(SUBARU BLOG)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

自作チョロQのオフ会に参加してきました

チョロQの自作をする人にはカリスマ的な存在の“とびうおデフォルメ工房”さんを中心に、自作仲間で毎年開催されているという全国オフに参加させていただきました。初めての参加で緊張していましたが、皆さんから暖かく迎えていただいたおかげで楽しい時間を過ごすことができました。m(_ _)m
Q2007_1 写真は、各自が持ち寄ったチョロQ達がテーブルの上に散乱する様子です。「おもちゃ箱をひっくり返したような」という表現がありますが、おもちゃにしてはどれもデリケートで精巧なものばかり。それはもう壮観です。同じ車種でも制作者によってデフォルメの解釈が異なるなど、眺めているだけでもとても勉強になります。
皆さんからいろいろなテクニックを伝授していただいたのも、ものすごい収穫でした。今までは作業方法はすべて自己流。大部分の作業工程で行き詰まりを感じていましたが、“目から鱗”のテクニックをたくさん教えてもらったので、これからはいろいろ改善できそうです。
Q2007_2 そして、参加者が持ち寄った完成品やキットを賞品に行われた豪華なビンゴ大会では、“KamQ”さん作成のFerrari 330P4(#21)と“まる”さん作成のスープラのキットをいただきました。330P4は1967年のル・マンで2位になった車両、スープラはワイドボディにターボAダクトのパーツ付きという拘りの一品です。私もSVX、BGレガシィ、ヴィヴィオのキットを提供させていただきましたが、稚拙なキットが当たってしまった方には申し訳なかったです。
Q2007_3 あっという間の1泊2日でしたが、ものすごいやる気を充電できました。自分では限界と思っていた造形も、「まだまだ行ける」ということもわかりました。夏のワンフェス目指して、新作がんばります!

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

とか書いてた(BlogPet)

今日、ふらっと☆ぶらっとが
本日(日付が変わったので正確には昨日になりますが)、先ごろニューヨークで松本されたインプレッサの日本向け仕様車がデビューしたそうです。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本市街をぶらぶらり~

Matsumoto 昨晩、中央高速をかっ飛ばし長野県豊科の道の駅で一泊。久しぶりの車中泊で少々睡眠不足です。そして本日(正確には昨日)“ぶらっと”はOFF会へ出かけ、私は一人旅を満喫中でございます。(*^-゚)v
心配していた雨も昼間はほとんど降らず、それどころか日が差して暑いくらいでした。雨傘はあっても日傘はない!なんとも悔しい状態。(笑)国宝の松本城や旧開智学校を見てまわり、桜家のうなぎ笹蒸しでお腹を一杯にし開運堂松風庵の和菓子で別腹も満たし、なかなか良い感じで旅は進んでいます。しかし予想外に苦戦しているのがおそば。未だに食べられずにいます。せっかくおそばの美味しいところに来てるのにぃ。(T△T) 明日こそ食べるぞ!・・・もちろん観光もするけど。えへへ。(^^*

(byふらっと@長野県豊科)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

国立西洋美術館/常設展示

ルーベンス「豊穣」タピストリーの下絵(?)
Ueno_1_1 企画展の『パルマ~』を見た後、常設展示も見てきました。普段企画展を見るとそのまま帰っちゃうんですけど、よく考えたら勿体ない話ですね、無料で見られるのに。常設展示を見るのは何年ぶりだろうと考えてみましたが、思い出せないんですね~。(^^;高校生の時か・・・。その時絵を見てどう思ったのか、それもまったく覚えが無い。ただ美術館って静かでいいなーなんてことを考えていたような。
テニールス(子)「聖アントニウスの誘惑」-部分- 空想的で楽しい絵です。
Ueno_2 最近またチョロチョロと絵を見るようになったので、常設展示は興味深く見ることが出来ました。ルネサンス以降の絵画が広く浅く年代・地方別に展示されています。真作か判断の付いていない作品や工房作と思われるもの、下絵や習作・・・。そう思うと少々寂しい気がしますが、それでも十分楽しめました。それでついカタログ買って来ちゃったよ。(^^* これからは企画展の後は常設展示を“お決まりコース”にしようと思います。ただね、唯一お茶が出来るカフェ「すいれん」が美味しくないのが残念です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

クールビズかぁ

ここ何年か、地球温暖化対策として本格化してきた“クールビズ”。そんな言葉ができる前から夏はノーネクタイでOKという職場で働いてきました。とはいっても決しておしゃれなものじゃなくて、単純に上着なしの半袖ワイシャツでネクタイを外しただけ。パッと見、そこらの中学生の格好と大差ありません。(^^;)
今年もノーネクタイの季節がやってきました。テレビや雑誌でクールビズのおしゃれを取り上げられても気にもとめませんでしたが、なんかコノ記事は気になる。インプレッサの発表会で、スタッフ全員でクールビズを実践したそうです。政治家なんかのスーツでノーネクタイという姿はテレビなどでよく見ますが、どんなにおしゃれしているようでも何故かだらしなくしか感じられませんでした。ところがインプレッサの開発責任者の方の写真は、なんか格好良いんです。「当日の服装をいろいろ考えた」って前振りがが面白いからかなぁ? それともCar☆STERRAを書いていた小宮さんの文体のなせる業? 今年の夏は、ちょっと考えた格好をしてみたくなりました。

そうそう、SUBARU BLOGでも新型インプレッサ発表の記事がアップされました。なんかキッツイ記事を書いてトラックバック送っちゃって、実はちょっと気にしてました。でも、厳しい意見を送った皆の気持ちを理解してもらえたようで嬉しいです。お疲れのところ、けっこう夜も遅い時間のアップで大変だったと思います。お疲れさまでした。
トラックバックを送った皆さんが書かれているとおり、BLOGはタイミングが大事だと思います。大変だと思いますが、これからもがんばってください。

肝心のインプレッサについては、実車を見てから書きたいと思います。が、今週末はオフ会に参加するためディーラーに行けない...。
他人には「タイミング」なんて言いながら、自分はなんて間が悪いんだろう。(--;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

17th anniversary!

昨日は結婚記念日でした。でも別になにも特別なことはありません。せいぜい夕食の後にケーキを食べたくらい。「おめでとう」も「これからもヨロシク」もなく、ただ黙々と食べました。それじゃ~普段と変わらないじゃん!( ̄△ ̄)
17th それでもこの前の週末は、恒例になっている馬車道十番館(披露宴をしたレストラン)でランチをいただきました。デザートプレートには記念の文字も入れられ、帰り際にはポラロイド写真でパチリと記念写真。(^v^) 人(^v^) 毎度のことながら嬉しい心配りです。別の席に(私たちより)若いアベックが正装して来てました。帰りにやっぱり記念写真をいただいていたようです。彼らも結婚記念日だったのかな?同じように特別な日をお祝いしている人を見たら、ちょっと幸せな気持ちになりました。「仲良きことは美しき哉」ですね。(*^-゚)v

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

新型インプレッサ日本デビュー

Gh3 本日(日付が変わったので正確には昨日になりますが)、先ごろニューヨークで発表されたインプレッサの日本向け仕様車がデビューしたそうです。
前回はデザインだけに拒絶反応を示してしまいましたが、改めてプレスリリースを読むと、シャシーやサスペンション、安全面などスバルならではの良いところも沢山あるようです。近いうちにカタログや実車も見に行きたいと思います。

しかし! 表面を見た感じでは、私にはこのインプレッサがまったく理解できません。
まずはサイズ。150~160万円の1500ccコンパクトカーが、なぜ幅だけ3ナンバーサイズ? コレを企画した人の考えも、買おうという方の気持ちも、私の理解を超えています。今時の車はこういうものかもしれませんが、15年以上前の車に乗り続けている私には理解不能です。インプレッサもレガシィに並ぶ車格としたかったのかもしれませんが、「軽じゃ不足だけどコンパクトカーで十分」というお客さんはスバル車に選択肢はなくなった感があります。もうそのクラスで他社と競合するのは諦めたってことでしょうか。
また、ラリーは大丈夫?というのも心配の一つ。確かBC(初代レガシィセダン)ではラリーを戦うには大きすぎるということで一回り小さいインプレッサを作ったはず。ですが、今度のインプレッサは全長こそ短いものの、重量もホイールベースも全てのサイズがBC以上です。幅が広いのは有利になるとしても、その他のサイズはきちんと勝算があるのかなぁ。

そして最後に、ここ最近のSUBARU BLOGのやる気のなさ。既に指摘されている方もいらっしゃいますが、新型インプレッサの発表日に記事の更新がないってどういうこと!? いくらオフィシャルサイトの更新が忙しいにしても、発表日は以前からスケジュールされていたことなので、準備期間は十分あったはず。これでは何のために「LEGACY BLOG」から「SUBARU BLOG」に刷新したのか分かりません。
「スバルファンとコミュニティを作っていこう」なんて言いながら、自らがこの体たらくではファンもついて行きようがありません。SUBARU BLOG賛成派の私としては言いたくありませんが、こんなことなら岡田さんが一人で切り盛りしていたLEGACY BLOGの頃の方が“内容”はずっと良かったです。
せっかくSUBARU BLOGになったのだから、過去の名車でも、いっそ車以外の事業の紹介でも、とにかくいろんな話題を毎日発信して欲しいと思います。そうすればファンも自分に合った話題を拾ってトラックバックを送ったりと、きっと盛り上げてくれると思いますよ。

(byぶらっと)

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007年6月 5日 (火)

『パルマ-イタリア美術、もう一つの都』

Parma ルネサンス期からバロック期にパルマ(イタリア北中部の都市)で活躍した画家の絵画展で、5/29~8/26まで国立西洋美術館で開催されています。コレッジョ、カラッチ・・・名前は聞いたことがあるけど、どんな絵を描く人でしたっけ?程度の知識しかない私です。「もしかしたら好きな画家が増えるかも」とちょっと期待して行って来ました。
で、結果としては「今ひとつ!」が正直なところ。絵画の点数は十分だし、時代や主題も好きなのですが、どうもメインのコレッジョとパルミジャニーノの画風が私好みではなかった。でもコレッジョの『階段の聖母』は良かったですよ。今回1番のヒットです。それとスケドーニの『キリストの墓の前のマリアたち』も迫力のある絵でした。かなり印象的な絵で、これが祭壇画として教会に飾られていた時を見てみたいと思いました。他とは違う異彩を放っていたのではないかと想像したり。まーこんな感じだったのでカタログは買わなかったんですけど、ちょっと後悔してます。ただでさえ印象が薄いんだから、買えばよかったな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

ダ・ヴィンチ『受胎告知』

Davinci_1 東京国立博物館で開催されている『レオナルド・ダ・ヴィンチ-天才の実像』に行ってきました。お目当てはもちろん『受胎告知』です。「平日の昼間なら待ち時間もないかな」と思ったら、とんでもない!外で10分待ち、中はフォーク並びで絵の前まで行列しています。「日本人ってダ・ヴィンチ好きだよね(^^;」とつくづく思いました。列に入ってしまうと、ちびちび歩いてさっさと外に出されてしまうので、ちょっと離れたところから30分くらいゆっくり見てきました。
『受胎告知』という主題の絵は何枚か見てきました。どれが一番というのではなく、それぞれに卓越した表現力や技術があるなと再確認しました。ドラマッチックという意味では大原美術館のエル・グレコが良かったし、崇高さはウィーン美術史博物館のルーベンスかな。そしてこのダ・ヴィンチでは神秘・神聖というか、ある種の謎めいたものを感じます。上手く言えないけど、表情は少ないのに(眉毛ないから尚更)強い意志やメッセージを発しているような。遠近法や写実的に描かれた草花や天使の羽、衣服のひだなど技術的な見所もありますが、そーゆー深読みしたくなる絵の力が感じられる一枚でした。
ちなみにそれ以外の展示(映像やパネル)も見てきましたが、主目的ではないので感想はなし!ははっ。(^▽^)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

DVD「ドリームシップ エピソード1/2」

原題「RAUMSCHIFF SURPRISE - PERIODE 1」というドイツ映画です。 今年の始めにsakusakuのDVDコーナーで紹介されていたのを思い出してレンタルしてきました。
Dreamship はっきり言って、普段なら絶対見ないようなB級コメディ映画です。見所はスターウォーズやスタートレックのパロディでも、無駄に豪華なVFXでもありません。日本語吹き替え版の豪華な声優陣です。
主役のオカマちゃん3人組を池田秀一氏、古谷徹氏、飛田展男氏が演じています。シャアとアムロとカミーユがおネエ言葉で掛け合うのはまさに見物。「坊やだからヨ」「ワタシ達には帰れるところがある、こんな嬉しいことはない」等々、アドリブでガンダムの台詞も飛び出します。他にも小山力也氏、若本規夫氏など味のある声優さんがいっぱい。こちらにインタビュー記事もあります。
B級コメディではお約束のちょっとお下劣なシーンもありますが、声フェチ、ガノタの方々は一見の価値ありですよ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUBARUR(BlogPet)

ふらっと☆ぶらっとが
初めてしてネットで調べると、「SUBARUR1FANCLUB」というR1オーナーを中心としたクラブのようです。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

初めてだ!嬉し~い♪

F_mani_1 お馴染みCARREYさんのBBSで、うちの‘閻魔あい’が『フィギュア・マニアックス』に載っていたという情報をいただきました。最近模型雑誌は全然チェックしていなかったので、寝耳に水って感じでびっくり。今日、慌てて本屋で買ってきました。
そしたら本当に載ってるではありませんか!ワンフェス2007冬・フォトレポートの中に!
(≧▽≦)スゴーイ、嬉し~い。自分から投稿する以外で本に載ったの初めてです。F_mani_2 1000以上のディーラーの中から自分の作品を目に留めていただき、雑誌に載せていただけるというのはとても幸運なことだと思います。次回作への励みにもなるし。あぁ最近ちょっと停滞気味の‘遠子先輩’だけど、がんばろう。(^-^)
しかし、こうして載ってみるとつくづく着物に柄が無いのが無念でなりません。orz 再販通ったら絶対柄つきで展示します。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 1日 (金)

どうバカですから。

今日は一日中外出していたので、ちょっとお疲れモード。(^^;Dou_baka_1
さて、公式HPでも発表がありましたように、今日から『水曜どうでしょう-DVD第9弾-』の予約受付開始です。まぁそのうち・・・と思っているとsakusakuの時のようにすっかり忘れて発売日が来ちゃいます。こーゆーのはノリでビシッーと初日に済ませてしまいましょう。そして発売日まで待たされる時間を楽しみたいです。今心配なのは、この予約券を失くさないかってこと。(^^; ゴミと間違えて捨てそうな自分が怖い。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »