« 桜 | トップページ | 討ち入り完了! »

2007年3月20日 (火)

果たして何があったのか?

Kensinkai_1 勤務先のそばの内科・皮膚科の診療所。2月の末に行ったときには「経過観察のため来週また来てください」と言われました。で、翌週に行くと“臨時休診”の札が出ていてお休み。翌日からバタバタと忙しくなり、体調も良くなったのですっかり忘れていました。ところが風邪をひいた同僚が「あそこ潰れてたよ!」と言うじゃないですか。まさかと思って確認に行くと、ちょうど臨時休診になった日付で“閉院”になっていたようです。
それにしてもいったい何があったのでしょう。近所にはもう一つ内科医がありますが、競争に負けたとは思えません。なぜならそちらの医者はマイコプラズマ肺炎も気管支炎もすべて「風邪です」の診断を下し、6~8種類もの薬を処方するという迷医ぶり。薬を飲んでも直らない同僚達が、週末に他の医者に行って正しい診断を受けるということ繰り返しています。(--;)
まるで夜逃げのように閉院してしまいましたが、母体の病院自体はまだやっているようなので、理由はいよいよ謎です。ただ、非常に頼りにしていた医者を失ったことだけは事実。今度から体調を崩したら迷医のところに行くのかぁ?

(byぶらっと)

|

« 桜 | トップページ | 討ち入り完了! »

コメント

良い医者がいなくなり、迷医が残るなんて、残念ですね…

投稿: こじゃる | 2007年3月25日 (日) 07時17分

迷医の笑い話を聞くのは楽しいですよ。(^^;)
でも、自分が体調崩さないように健康管理はしっかりしないといけませんね。

投稿: ぶらっと | 2007年3月27日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/14329872

この記事へのトラックバック一覧です: 果たして何があったのか?:

« 桜 | トップページ | 討ち入り完了! »