« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

チョロQ・インプレッサWRC 2006

いよいよ明日からラリージャパンが始まります。それに先駆けて、8月25日に新作チョロQ「インプレッサWRC 2006」が発売になりました。不覚にも新製品情報のチェックを怠り、本日あわてて買いに走った次第。ギリギリ最後の1つをGETしました。
Wrc_1_1 それにしてもタカラトミーさん、出せば売れると思って調子に乗ってません? 先月もWRC 1997とWRC 2001のセットを出したばかり。これでもう、インプレッサばかり何台買った事やら。(--;) しかし、今回のWRC 2006はなかなかGOOD。ボンネットのエアアウトレットやフロントのナンバープレートをなくしてインタークーラーが見えるところなど、スタンダードとはボディが別物。金型を改修しているので、今までの「塗装だけ」とはひと味違います。Wrc_2 しかも、透明ボディにライト部分だけ裏からシルバー塗装していたり、コインホルダーに隠れる部分にまで「SUBARU WORLD RALLY TEAM」のロゴがプリントされているという凝りよう。インタークーラーにPIRELLIのロゴがないのが惜しいです。
さて、今年のWRCは未だ未勝利ですが、地元開催のラリージャパンで初優勝を決めてほしいです。欲を言えば4年ぶりにWRCarに乗る新井敏弘選手も含め、1-2-3フィニッシュなんて期待したいです。

トラックバック先:RALLY JAPAN 事前情報3(LEGACY BLOG)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月30日 (水)

旅行の案内が届いた

毎日何かが届いているな・・・。さて、来月ブダペスト・ウィーンの旅行に行きます。昨年に続き2度目の中欧です。今回も個人旅行型のツアーを申し込んだだけの簡単さ。飛行機会社も経由地もホテルも不明でした。前回ホテルは指定だったんですけど、飛行機の方は案内が来てびっくり!ウィーンに行くのにロンドン経由ってどーゆーことみたいな。∑(゚Д゚;)ロンドンは遠いから行かなーいとか言ってたのに、意味もなく経由しちゃったよ。(T△T)でも運良く機内はガラ空きで、エコノミーなのに横になれるラクチンさでした。インターネットも出来たし、なかなか快適でしたね。テロの影響だったのかな?
さてさて、今回はルフトハンザのようです。以前買ったNewsweekの「危ない航空会社ランキング」で安全度1位を獲得したルフトハンザ。始めて乗るけど、ちょっと期待かも~。安全度もさることながら、機内サービスなんかも気になるところ。ホテルはどちらも観光に便利そうな立地で、外装・内装ともなかなか良かった。こちらも期待!(*^-゚)v
旅の準備はまだこれから。いろいろ決めていかなくちゃ~。楽しいみたいな、面倒みたいな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

ワンフェス参加マニュアルが届いた

Wf2007w 一回ディーラー参加をパスしちゃいましたので、次回ディーラーとして参加するためには参加マニュアルを購入する必要があります。これはワンフェス当日に会場で売っているモノなのですが、まさかこんなもんが売り切れるとは思っていなかったので帰りでいいやと思っていたら買えませんでした。orzなんだか間抜けだ・・・。当日買えなかった場合は、郵送で取り寄せることが出来ます。つまらない手間を掛けましたが、一応参加マニュアルはGETです。未だに参加の決心は付いていないのですが、そんなことをグズグズ言っているとあっという間に締め切りが来ちゃうんですよ。どうしましょうかねぇ~。
しかしなんですよね~売り切れるくらい買っていく人がいて、郵送で取り寄せる人がいて・・・。原型制作人口ってすごく多く感じちゃいますね。実数はまったく分からないんだけど。そうなると身近な人がみんな同じ趣味を持っていそうな気になったりして。(^^;おっとキケン!自分の特殊さが薄まったような気になると、世間一般の地雷を踏んでしまいそう。まだまだオタクは肩身が狭いなー。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンフェス・レポートをアップしました(BlogPet)

毎度の事ながら写真の数も少ないですし、極めて偏った選出になっていますが
ふらっと☆
ぶらっとは思いっきり趣味に偏りましょう
(^^;

★WF2)
と、バステトは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

ワンフェス・レポートをアップしました

WF2006夏のイベントからあっという間に1週間が過ぎました。今回はかなり早くレポートを書いたつもりなんだけど、もう先週の話なのね・・・。毎度の事ながら写真の数も少ないですし、極めて偏った選出になっていますが、良かったらご一読ください。まぁ~有名どころさんのフィギュアは他のサイトや雑誌で見られますから。わたしんとこくらいは思いっきり趣味に偏りましょう。(^^;

WF2006Summer
WF2006Winter

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出

Nail 8月は旦那さまの実家に近い横浜の『金沢まつり~花火大会~』があります。なんだかんだで10年以上通っているのかな。今年も友達を誘って行ってきました。せっかくの花火大会だしってことで、浴衣なんぞを着て。そんでもって浴衣の柄(蝶なのよ)に合わせて、ネイルシールも蝶にしてみたり。こういうのを考えて選ぶのは楽しいです。どうせ(どうせっていうな!)花火以外は宴会だし。ところが予定よりあまりに早くつきすぎたので、時間つぶしに横浜ベイサイド・マリーナのアウトレットに行きました。「あら、久しぶり~なんか欲しいなー」とお店に入って気が付いた。「げぇぇぇ~∑(゚Д゚;) 試着できないじゃん」・・・浴衣にしたのが裏目に出た瞬間っすよ。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・
花火は毎年の事ながら、大迫力で綺麗で満足・満足!やっぱり夏は花火だよねー。blog用に写真も撮ったのですが、途中でカメラがフリーズしてエラーが出るようになっちゃって。帰ってから直してもらったら、それまで撮っていた写真が全部パーになってました。もうショック。写真も花火のように一瞬で消えちゃったのね。あ~ショッパイ夏の思い出2連続だわ。(T△T)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

懐かしい(?)コカコーラ・ヨーヨー

Yoyo1_1 セブン&アイとコカコーラのコラボで「80's 帰ってきたヨーヨー&復刻デザインボトル」という商品(\250)が、先月末ころからセブンイレブンやイトーヨーカドーで売られています。子供の頃にブームになったので、懐かしさで一つ買ってみました。復刻デザインボトルはコカコーラ、ファンタ・オレンジ、スプライトの3種類。ヨーヨーはスーパー、チャレンジ各3色とギャラクシーの7種+シークレット(バタフライという当時の大会優勝者に贈呈されたものらしい)というブラインドボックス仕様です。Yoyo2
買ったのは物心ついた頃に飲んだ記憶のあるファンタ。懐かしいボトルですが、キャップは王冠ではなくスクリューキャップになっています。で、ヨーヨーはスプライトのスーパーヨーヨーでした。
ジュース+ヨーヨーの価格としたらとても安いので仕方ないかもしれませんが、なんでもブラインドボックスにするのはどうかと思いますね。小学生の頃はなけなしのお小遣いと相談しながら、自分の好みのデザインを選んだものです。懐かしがる大人を引っかけるには有効かもしれませんが、今のこどもに再びヨーヨーを広めることを考えるならこの売り方は大間違いでしょう。イベントも企画されているようですが、この売り方で再びブームを呼び込むのは難しいと思います。まぁ、数量限定なので端からその気はないのでしょうが。
ちなみに、自分が小学生の頃に流行ったヨーヨーはこれじゃないんですよね。昨年もセブンイレブン限定で70's 第1次ブームのヨーヨー(スーパー、プロフェッショナル)があったそうですが、そちらの方が懐かしいです。
Yoyo3_1Yoyo4_2

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

白桃の生八つ橋

Momo1 Momo2
実家にいったら、妹の友人が京都から遊びに来ていて、お土産の八つ橋をいただきました。聖護院八つ橋本舗のニッキ、抹茶はおなじみですが、白桃あん入りというのを初めて見ました。近頃は老舗さんもいろいろな味の変わり種を出していますが、これは結構いけます。でも生八つ橋は餡なしの皮だけっていうのをムシャムシャ食べるのが一番好きというひねくれ者なんですけどね。(^^;)


(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

レガシィ 6回目の車検完了!

ディーラーに車検をお願いしていた我が家の初代レガシィが本日帰ってきました。新車から丸13年ということで、消耗品を中心にしっかり見ていただきました。
ゴム類に経年劣化のためヒビが入り始めているパーツがあり、1年程度でヒビが広がりそうなものは早めに交換してもらいました。次の車検までに乗り替えるならそのままでも大丈夫だということでしたが、「あと5年乗る!」を目標に危ないところは先手を打っておこうと考えてです。特にドライブシャフトブーツは、破れてベアリングに泥水が入ってしまうとドライブシャフトごと交換しなければならなくなるので、そうなる前に。他にもエンジン・ミッション・ディファレンシャルのオイル類すべて、半年以内に交換時期が来そうなブレーキパッドやエアコンベルトなど、とにかく今のうちから予防を兼ねてます。
Shaken 前回までは法定費用込みで\12~3万でしたが、今回は法定費用は別で\12万。これだけ手を掛けちゃいましたし、本当に5年は乗りますよぉ。まぁ「車は走ってこそ」と思ってますから、予防に十分気を遣ったら走るときには思いっきり愉しみます。あくまでも走るための維持であって、維持のための維持になったらあきらめなきゃね。

トラックバック先:GT維新(LEGACY BLOG)

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

単段式宇宙船の夢から覚めた!?

NASA(米航空宇宙局)がスペースシャトルに次ぐ有人宇宙探査機に「オリオン」と名付けたというニュースが報道されました。いつものNEWS@niftyにはまだ掲載されていないようなので、日刊スポーツのサイトから引用させていただきます。

---------(引用ここから)---------

新宇宙船の名前は「オリオン」

新しい宇宙船「オリオン」の完成予想図(共同=NASA提供)  米航空宇宙局(NASA)は22日、2010年に退役するスペースシャトルに続く新たな有人宇宙探査機(宇宙船)を「オリオン」と名付けたと発表した。人々に親しまれているオリオン座にちなんだ。
 14年に国際宇宙ステーション(ISS)まで飛行、20年に最大4人の飛行士を月に送るのが目標だとしている。
 地球の大気圏に再突入する際の安全性を重視し、1960~70年代に月へ到達したアポロ宇宙船に似たカプセル型。「コンピューターやエレクトロニクスの最新技術を駆使したものになる」としている。
 宇宙船の直径は約5メートル、容積はアポロカプセルの約2・5倍で、ISSに6人を運ぶ能力がある。オリオンを月に運ぶロケットは既に「アレス1」と命名されている。

Fso0608232202ns
新しい宇宙船「オリオン」の完成予想図(共同=NASA提供)

[2006年8月23日13時4分]

---------(引用ここまで)---------

Hal あさりよしとお氏のマンガに「HAL」というものがあります。科学マンガなのですが、最後に「この漫画には一部真実が含まれていますが、基本的にはウソばっかりです」と書かれているとおり、まじめに科学を学ぶためのものではありません。科学の知識がある人がウソの部分を笑うためのマンガです。私のように真実を知らないで読むと大変なことになります。(^^;)

そんな中で一番面白かったのが第21話「夢の単段式宇宙船」です。「昔のアポロのような多段式は捨てる部分が多くて無駄なので、スペースシャトルのような何度も使える単段式が良い!」と、いろいろ理由を付けて単段式を主張するのですが、本音はかっこいいから実現したいだけーな主人公に、助手が素朴な疑問を連発してことごとく夢を砕くというお話です。捨てれば軽くなる分でもっと効率的に荷物を運べるとか、使い捨てなら安価でそこそこの性能で済むところを頑丈で高価なエンジンにした上メンテコストもかかるなんてとか。

もちろんどこまでが真実でどこからがウソなのかはシロートには判断が付きませんが、今回のアポロそっくりなロケットを見ちゃうと、「もしかして大部分が真実?」って思えます。ニュース記事に「大気圏に再突入する際の安全性を重視」とあるとおり、何度もメンテしながら再突入を繰り返すリスクがスペースシャトルの運用を停止に追い込んだのかも。この本のどこまでが真実か見極める自信のある方は、是非ご一読ください。そうじゃなくても十分笑えますけど。

(byぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

水金地火木どってんかい?

太陽系の惑星が9個から12個に増えるかも...と聞いたのはつい数日前。ところが今日のニュースでは8個に減るとか。
例によって、NEWS@niftyより全文を引用させていただきます。

---------(引用ここから)---------

「惑星は8個」で決着へ(共同通信)

 国際天文学連合は23日までに、太陽系惑星の数を冥王星を除いて8個とする修正案をほぼまとめた。日本からの参加者によると会員に異論は少なく、修正案通りに可決される可能性が高いという。プラハで開催中の総会で、日本時間24日深夜―25日未明に採決する。修正案では、原案で惑星の仲間に格上げしていた冥王星などの比較的小さな天体を惑星とは別の「矮(わい)惑星」に分類する。

[共同通信社:2006年08月23日 19時00分]

---------(引用ここまで)---------

そもそもが1930年に見つかった冥王星。当時の観測では地球の半分くらいの大きさということで、9番目の新惑星と認定されたそうです。私が小学生の頃には「水金地火木土天海冥」と覚えていましたし、そのフレーズは1980年のアニメ「宇宙大帝ゴッドシグマ」のエンディングでも歌われていました。しかし1990年代になって観測技術が上がると、大きさは月より小さいとか、その程度の「小天体」はゴロゴロしてるということが分かってきて、さらには楕円軌道を描くことから一時期は「~土天冥海」と順番が逆転するなどの混乱も。そんなこんなで今回の議論となったそうです。始めは「冥王星が惑星なら他の3つも」ということで12個に増やそうとしたそうですが、 それを認めると際限なく惑星が増えるという懸念から「だったら冥王星も惑星じゃないってことで」と。
Planets_2なんか偉い学者さんたちが理論として納得したいというのはどうでも良いですが、とりあえず冥王星発見前の1914~16年に作曲されたホルストの組曲「惑星」の時代に戻ったってことでOK?

トラックバック先:冥界の王、闇に帰る(それさえも平凡な日々)

(byぶらっと)

【2007/2/18追記】
最近トラックバックをいただいた方のblogで、写真のCDの演奏について解説されている記事がありました。(うちにあるCDは1987年頃のものなので、グリーグのペールギュントの音楽は入っていませんけど。(;_;) )
別の記事では、後年になって他の作曲家によって作曲された「冥王星」も紹介されています。そんなのがあったなんて知りませんでした。
合わせてご紹介しますので、興味のある方は是非ご覧ください。

クラシック音楽 名曲ナビ
ホルスト「組曲 惑星」vol.1(惑星を世に知らしめた名演)
ホルスト「組曲 惑星」vol.3(冥王星付き)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月22日 (火)

チープなうまさ。コーヒー大福

Bairindo 以前ちょっと書いた(私の中で)ヒットした大福、それは梅林堂のコーヒー大福(正式名称:生クリーム大福【カフェオレ】)です。コーヒー味の餅の中に、生クリームとコーヒー味の餡が入っています。パクリと食べるとお餅の食感なのにミルクコーヒー味。それも“本格”とはほど遠いコーヒー牛乳(瓶入り)みたいな。このチープなうまさに惚れました。(*^-^*)
さらに私の場合、これを冷やして食べるのが好き。甘さが少し抑えられるのと、口の中で生クリームと餡が解け合っていく過程を味わうんですよ!変な食べ方だけど。(笑)
お店は埼玉を拠点に展開しているようで、東京では見かけません。ネットでの通販もしているようですが、大福は買えないのかな?商品の種類が多いお店で、和菓子だけでもいろいろあります。一個ずつがパッとしないのはその所為?とか失礼なことを思ってみたり。ちなみに一個\105-(多分)という安さですので一度是非。

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

東京で『どうでしょう小祭』だって!

久々に「水曜どうでしょう」ネタです。関東では東京MXの「どうでしょうClassic」が先週から東京ウォーカーに入りました。TVKでは「どうでしょうリターンズ」が絵葉書の旅2です。一週間のうち2回も笑える時間が手に入ると言うのは贅沢な話。とはいえリターンズはもうすぐ終わりと思うと寂しい。続いてClassicに入られてもなぁ~。
さて、どうでしょうの公式ページで告知が出ている『どうでしょう小祭』。今からとっても楽しみです。DVDの予約ランキングでも上位の東京での開催。人口比率が高いんだから当然と見るかどうかはオイトイテ、期間中の混雑は予想がつきます。きっと近県の藩士もどっと来るんだろうな。当然うちも行きますよーグッズもあさりますよー。(笑)今からすっごい楽しみ。とりあえず、開催初日に一人で行くか・・・いや~そこまではやめとこ。(^^;

(byふらっと)

----- 公式サイトの告知 -----
【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】
日時:9月29日(金)~10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」
門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

終了!ワンダーフェスティバル2006夏

Wf2006s1 行って来ましたーWF2006夏!久しぶりの一般参加です。朝もゆっくり起きてご飯もしっかり食べて出発・・・忘れていたな~こんなスタート。(笑)ビッグサイトには12時に到着というていたらくぶり。なんだか見て回るコツみたいのをすっかり忘れてしまい、人並みに無駄に流されていたり。う~ん疲れた。(^^;
やっぱり一人で見て回るのと違い、あーだこーだとしゃべりながらっていうのは楽しいものです。今回はNEWデジカメのデビューもあり、写真もいつもより多く撮ってきました。でもぉ使い慣れないせいか、イマイチも多い。(--;  ただ接写力があるので、今までと違ったアングルの写真がけっこう気軽に撮れました。後はもう少し使い込んで行かないと。
さて、今回はWFレポートを書くつもり。WF2005冬は「書きまーす」と言って書かなかったので、今度こそ!なるべく早くUPするつもりなので、後日HPの方で見てください。そして次回のWFには・・・ディーラー参加するか・しないかの家族会議中です。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

白いハイビスカス

Hibiscus_1 一昨年の社員旅行で鹿児島に行った際、桜島のドライブインで見つけて買ってきました。社員旅行で苗木を買ってるヤツというのは珍しがられましたが、園芸店でよく見かけるボテっとした花と違って珍しく、以前から探していました。今年もつぼみをたくさん付けているので、夏中ずっと楽しめそうです。
Hibiscus_2_1 さて、デジカメを買い換えたのでさっそくマクロモードの試し撮りをしてみました。トップの写真はCaplio R4の最大ズームで撮ったもの。200mm望遠となると、背景のボケ具合もなかなか良いです。そして右の写真は28mmワイドで撮ったもの。比較用にIXYの35mmで撮ったものも下に置いておきますが、背景の入道雲まで広く入りとてもいい感じです。画質や発色も、十分な光の元では満足できることが確認できました。あとは明日、室内でフィギュアがどう写るか、期待したいです。
Hibiscus_3

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

ときメモGS 2nsKiss【感想】

---ネタバレありますのでYukiご注意ください。---

やっと初クリアしました。最初に佐伯くん狙いでスタートしたのはオイトイテ。実はひょんな事から隠れキャラに出会いまして、はば学姿に一目惚れし、そっちへ道を踏み外しました。容姿合格!ちょっと意地悪な話し方だけど、こっちへの好意がミエミエなのが微笑ましい。ジブリの「耳をすませば」に出てきた天沢くんに雰囲気似ているな。憎まれ口もきくけど、付き合って1年くらいで結婚しようとか言い出しそう。(笑)さて、そんな妄想を抱きつつ一人の買い物を重ね、雨の中の謝罪&ビミョーな告白を経由し、後はラストを待つばかり。卒業までを適当に過ごして告白に来たのは・・・若王子先生。orz
Wakasama なぜ?評価チェックしてもトキメキにもなってなかったのに。途中のデータをロードし直し、課外授業もデートの誘いも断り続けても、最後にやってくるのは若サマ。orz 「おかしいだろお前!空気読めよ!」とテレビの前で猛烈抗議です。
私は基本的にこのゲームを理解していないんだな。(涙)仕方ないので1年生冬のデータでやり直し始めたら、佐伯くんがデートに誘ってきてもう大変。事故チューしてると努力の必要なく釣れますなー。それはそれで手ごたえがない感じ。(^^;
あ~佐伯くんか隠れキャラか・・・またまた揺れ動くヲトメ心なのでした。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

デジカメ買い換えました

2001年3月に購入して以来、6年余り使い倒してきたキヤノンのIXY DIGITAL。Ixy2代目が発売になった日に見に行ったら、型落ちの初代が安売りしていたので購入したものです。手ぶれ補正もないし、液晶画面もメモリー容量も小さい。何度も買い換えたバッテリーも保ちが悪くなったこともあり、壊れたわけではありませんが、そろそろ新機種を導入しても良い頃かと。

Caplio 購入したのはリコーのCaplio R4。決め手は28mmの広角から200mmの望遠までカバーする光学7.1倍ズームと1cmまで近づけるマクロ機能。28mmといえばパナソニックしかないと思っていたのですが、買いに行ったお店の店員さんが教えてくれました。
購入前に認識していた弱点の一つが、被写体ブレに弱いこと。ISO感度を上げてシャッタースピードを早くすると、画像が荒れて見られたものではない。この辺に強いのは富士フイルムのFinePixなのですが、主な用途が旅先での建物撮影とフィギュア等の小物なので、手ブレ補正さえあれば被写体ブレに弱いことは問題なしと判断。
もう一つの弱点がUSB1.1の転送速度。店員さん曰く、今時USB2.0じゃないのはリコーだけだそうです。「mp3プレーヤーで使い物にならないくらい遅いと感じたんですけど?」と訊いたら、「それじゃぁコレも同じくらい使い物にならないと感じると思いますよ。」との答え。ただ、mp3のように曲を選択して転送するわけではなく、すべてのファイルを選択して転送するだけなので、ご飯を食べている間に終わるだろうと割り切る事にしました。
他にはこれと言った欠点も見つからなかったので、この秋の旅行に間に合うように購入となりました。デビュー戦は今週末のワンフェス2006夏。さてさて、お得意のマクロ機能でどんな写真が撮れることやら。実際に使ってみた感想は、又後日。そして、IXYも200万画素とはいえ、まだまだ現役。ちょっとしたメモ代わりや“ふらっと”と別行動するときなどには重宝することでしょう。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

マイ・ブーム!韃靼そば茶

Sobacha 最近、麦茶の変わりに飲み始めたのが韃靼そば茶です。とっても健康に良いそうでテレビなどでも評判でした。飲んでみたいなーと思っていましたが、どこのお店でも売っているのは中国産なのです。元々中国の内モンゴル付近の韃靼地方で栽培されていたものだというから、当然なのかもしれません。しかし、いろんな意味で中国産はノーサンキューなので飲めずにいました。そしたら稀に行く絶品お蕎麦屋さんで北海道産のものを発見!早速飲んでます。(^-^)味は普通のそば茶と同じで、香ばしく美味しいです。茶殻はお米に混ぜて一緒に炊いて食べます。捨てるところなしの健康食品です。血液サラサラ、お肌ツルツル~な効果が実感できる事を期待していたり。(笑)しかし、これ・・・欲しくなったらお蕎麦屋さんまで行かないとダメなのかしら?まぁ美味しいところだから、いいんだけどちょっと遠いのよね。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

BOXER# mode

Boxer1 昨日SCNさんのブログで紹介されていた「2006ラリージャパン スバル応援DVD読本」(\980)をさっそく買ってきました。「祝 スバル水平対向エンジン生誕40周年」という副題から推察できるとおり、スバル1000からレオーネ、レガシィ、インプレッサと続く水平対向エンジンの40年史とラリーへの挑戦がまとめられていて、とても参考になります。あ、水平対向エンジン搭載のアルシオーネやフォレスターも、もちろん紹介されてますよ。
Boxer2 さて、もう一つのお楽しみ。付録のDVDです。内容は7月1日のスバル・スポーツ・ミーティングでのデモ・ランとトークショーの模様、LEGACY BLOGでも紹介されていたペターの箱根でのレガシィ試乗と同じ箱根でのスバル1000・ff-1の試乗の様子です。ブロックノイズが多くてお世辞にも画質が良いとは言えない映像ですが、WRCarの箱乗りドーナツターンやff-1をニコニコ顔でドライブするペターなど、一見の価値あり。ff-1のボクサーサウンドを聴くだけでも気持ち良いです。残念ながらLEGACY BLOGに載っていたペターの入浴シーンは入ってませんでした。(^^;)
懐かしいスバル車も満載の1冊なので、スバル好きな方は是非チェックを!

トラックバック先:
2006ラリージャパン スバル応援DVD読本!(SCN)
ペター レガシィ試乗記 in HAKONE(LEGACY BLOG)

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月14日 (月)

ワンフェスのガイドブック買ってきたー

Wf2006s_1 ワンフェス2005冬から前回まで3回ほどディーラー参加したので、久しぶりの一般参加です。事前にガイドブックが見られるので、じっくりチェックして、当日もゆっくり見て回りたいと思います。なにせディーラー参加していたときといえば、徹夜明けで半分寝てましたし。(^^;)
二人で一緒に見て回れるのも一般参加の良いところ。ディーラー参加もいろいろな人と話ができたり、自分達の作品の評価を直接聞けたりと良いこともありますが、他の方の作品をゆっくり見れないのと引き換えなのは辛いところ。今回は一般参加を充分楽しみ、「作りたい」エネルギーを蓄えて帰ってきたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

栄光に挑んだ男たち(BlogPet)

今日8月8日はレガシィの初優勝が実現されたの方が嬉しかったり
(^^;) ちなみに、このカットしなかったの♪
小関で情報とか大きい英断とかドラマが描かれて、オートコミックという雑誌で連載された内容となった
余談ですが、改めて「13年前」
となっています
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

美味しいイタリアン『プレゴプレゴ』

新宿でちょっと有名な『プレゴプレゴ』。リーズナブルで美味しいイタリアンのお店です。映画の後に上機嫌な気持ちをそのまま持って行きました。予約なしではなかなか入れないのですが、運良くカウンターが空いていて待たずにすみました。ほとんど満席で大半が若い女性のグループ。ホント、世の男性はどこにいるのでしょうか?(笑)
Prego1 Prego2
コースもありますが、今日は気分がいいので食べたいものを欲しいだけチョイス!“旬の魚のカルパッチョ”“野菜とモッツァレラチーズのオーブン焼き”“車えびのグリル”もちろんイチオシの“チーズリゾット”も。Prego3_1 半月に切ったチーズにアツアツのリゾットを入れ、その熱で溶けたチーズを絡めるというパフォーマンス付き料理。「チーズタップリ!」と声をかけてお皿に盛ってもらいました。他にもアレコレ・・・どれも美味しかった。(^Q^)
ワインを飲んで美味しい料理に舌鼓を打ち、観てきた映画の話に花を咲かせて・・・なんとも楽しい一日の締めくくりでした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

映画『時をかける少女』

上映館が少なく躊躇していましたが、巡回先のサイトさんで「電車賃をいつもより少し多めに出す価値あり」とベタ褒めだったので観に行ってきました。結果は大満足! 久しぶりに気持ちの良い青春映画を観たって感じです。
Tokikake_1 よく「青春は二度とやり直せない」と言われますが、それをやり直す力を手に入れてしまった主人公。しかし、やり直し自体もまた青春ドラマとなっています。まさに切なく、「甘酸っぺー」(by白井ヴィンセント)お話です。原作がしっかりしているからでしょうか、タイムリープのSFとしても充分楽しめます。なにより嬉しいのは二十数年前に原田知世にハマったファンが観ても嬉しくなるようなつながり方。同じ話のリメイクではなく、あの後の現代の話としたのも上手いですね。
いつもはTOHOのレイトショー(\1,200-)でばかり映画を観ていますが、今回は通常の当日料金(\1,800-)でも安いと思えるくらい感動しました。もし迷っている方は、ぜひ劇場で「2006年の夏」を主人公たちと共有することをお薦めします。

トラックバック先:夕刊フジ、なんと一面に時かけが...(時をかける少女 公式ブログ)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

洋孝 暁に消ゆ

声優の鈴置洋孝さんが亡くなったというニュースを読みました。
以下、NEWS@niftyより引用です。

---------(引用ここから)---------

鈴置洋孝氏=声優(おくやみ)(読売新聞)

 鈴置洋孝氏(すずおき・ひろたか=声優)6日、肺がんで死去。56歳。告別式は近親者のみで済ませた。後日、「しのぶ会」を開く予定。連絡先は東京都渋谷区桜丘町29の10の112賢プロダクション。

 「機動戦士ガンダム」のブライト・ノア役や、「ドラゴンボール」の天津飯役など、数多くのアニメで活躍した。

[読売新聞社:2006年08月10日 22時06分]

---------(引用ここまで)---------

Banjo 鈴置さんといえばガンダムのブライトさんが有名ですが、私が好きなのは「世のため人のため、メガノイドの野望をうち砕くダイターン3!」の破嵐万丈です。「無敵超人ザンボット3」~「無敵鋼人ダイターン3」~「機動戦士ガンダム」と続く富野喜幸監督の初期3部作の一つ。ロボットアニメに人間ドラマを織り込んだ名作です。訃報を聞いてあわてて古いアニメージュをひっばりだしてみると、この作品が鈴置さんの初レギュラーだったそうです。キザで格好良く、コミカルな面も併せ持つ熱血漢。ギャグを織り交ぜながらも限りある命を持つ人間としての幸せを描いたこの作品。中学生でアニメにハマってから、ガンダム以上に好きな作品となりました。その主人公を勤めた鈴置さんがまだ56歳という若さで亡くなられたというのを聞き、非常に驚いています。
今日の記事のタイトルは、ダイターン3の最終話「万丈 暁に消ゆ」より。最終話で万丈は爆発に巻き込まれて姿を消しますが、その死は謎のまま。きっとどこかで生きている...と思わせるラストシーンでした。そんな思いも込めながら、鈴置さんのご冥福をお祈りします。

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

ときメモGS 2ndKiss<ネタバレあり>

ゲームを買って1週間が過ぎましたが、あまりやってないので未だに1年生の夏休み状態。なんかバタバタ忙しいのよ。(涙)とりあえず、王子の佐伯くん狙いでスタートしてます。最初はあからさまに存外な態度なので、ムカツクことこのうえなし!時々和ませてくれる若王子先生に鞍替えしそう・・・先生とは事故チューもしちゃったし。でも事故チューって音だけで、映像があるわけじゃないからそれ程萌えないな。(笑)あれがキスかい?って感じ。はっはっは。 
Teru1 さて、夏休みに入ってからアルバムスチルが1個出ました。佐伯くんから電話で海に呼び出され、行ってみるとお店の手伝いだったというもの。ここでの会話が結構好き。ノリがいいし、面白い。「スクール水着とかいうボケは無し」とか言って「いや、今時はかえってそういうのも・・・」と小声で考えたり、誘われたのは手伝いをさせるため?といぶかしがる主人公に「考えるな。働け。話はそれからだ」と言って水着エプロンを強要し「恥ずかしくない。水着エプロンの女子高生が珊瑚礁に与える経済効果を考えろ」とのたまい「佐伯くんのオヤジ!悪魔!」と主人公に罵声を浴びせられる。なんとも楽しい一幕でした。葉月王子の時と全然違うんだけど、コレはコレでかなりいい感じかも。まぁ~森田声にメロメロっていうのもあるな。うはっはっ。
Teru2それと驚いたのが時々待ち合わせの場所なんかにGS1のキャラが混じっている事。ショッピングモールに葉月くんの巨大ポスターや駅前広場で千晴くんが立ってるのを見つけてびっくり・・・っつーか、そこだけ画像が変だからすぐ気が付く。なんでもGS1のデータが入っているメモリーが刺さってると出るらしい。へぇ~なのでした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

奥様の扇子

先日友達から「奥様の扇子も紹介して!」という、嬉しい一言を頂いたので調子に乗って。(*^v^*)
Sensu_1 しかし私自身は扇子を買った事がありません。持とうと思った事も無かったですなー。ところがこの間スペイン旅行から帰ってきた旦那さまのご両親から、お土産に頂きました。日本の扇子より地紙の部分が少なく(2cm幅)て、骨が手元から上に広がる形をしています。なので親骨(両外側の骨)で比べると日本のものより幅があります。骨から地紙に渡ってアクリルペイントで絵が描かれているのがとっても綺麗です。それと要(手元の留め金)の部分がゆるゆるなのが特徴です。親骨を持ってかざすとパラパラと勝手に開いてしまうほど。これが結構楽しくて、まったく力を使わず開閉が自由自在なのですよ。仰ぐつもりがなくても手でもてあそんでしまいます。いわゆるお土産品かと思ったら、偶然見たテレビでそうではない事が証明されました。確かスペインのアンダルシア地方で、夕暮れの川べりで涼む人たちがみんな扇子を片手にしていました。起用に優雅に扇子を開いたり閉じたりして。まだこれをもって外出した事はありませんが、出かける時は私も持って行こうと思っています。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

栄光に挑んだ男たち

Wrc_01 LEGACY BLOGによると、今日8月8日はレガシィが最初で最後のWRC優勝を果たした記念日だそうです。今でこそインターネットでリアルタイムの情報が得られますが、1993年当時は情報源も乏しく、後日カートピアなどで結果を知ったように記憶しています。ですから「8月8日」という日付にはあまり感慨はなかったのですが、改めて「13年前」と言われると「そんなに経ったんだぁ」と思います。

Wrc_02 さて、ここで紹介するマンガ「RALLY CHAMPION 栄光に挑んだ男たち」は10万km連続走行世界速度記録を達成したレガシィが次の目標に据えたWRCで優勝するまでの苦難の道のりと、インプレッサが2年連続のワールドチャンピオンになるまでのドラマが描かれています。インプレッサの3連覇を記念して、オートコミックという雑誌で連載された内容を富士重工業の協力でまとめたもので、当時ディーラーでいただきました。ただの単行本ではなく、1990~1997のレガシィ・インプレッサの写真や、久世隆一郎氏、山田剛正氏のインタビューなど、富士重工業の協力があってこその読み応えある内容となっています。これを読むと、レガシィがモノになるまでの苦労は相当なものだったことがわかります。1990年のWRC本格参戦からまったく優勝できないことに本業の業績不振が重なり、一時はWRC撤退まで迫られたとか。しかし1993年もWRC続行の英断が下ったことにより、レガシィの初優勝が実現されたのでした。

Wrc_03 余談ですが、レオーネ以来からのスバリストとしてはレガシィのWRC初挑戦となった1990年サファリラリーでの、地元の英雄パトリック・ジルによるGr.Nクラス優勝の方が嬉しかったり。(^^;) ちなみに、このカットでP・ジルの横に立つのは、伝説のテストドライバー小関親分です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

NHK『プラネットアース』再放送です

NHKスペシャルはテレビ番組の中でも好きな方です。歴史や自然などの特集は、いつも興味深く見ています。・・・と言いつつ最近すっかりご無沙汰でした。しかし今週から「プラネットアース-第1集-」が再放送されると言う事でばっちり録画してみることに。
Nhk この番組は「NHKとBBCが五年の歳月をかけて撮影・制作した大型自然ドキュメンタリー。神秘と美しさにあふれる生命の星・地球の姿を、最高のハイビジョン映像で描いた野心的なシリーズ」だそうです。実際、その美しさと今まで見た事の無い動物の生態を見ると驚きの連続です。極寒や灼熱の自然と戦い、捕食者と戦う動物の姿は、ある種の恍惚とした表情を見るようです。自分が暮らす都会では考えられない環境ですが、それが同じ地球だということに改めて驚きます。どれほど自由に旅行できるようになっても、見る事の出来ないシーンの連続なので、今日を見逃した方も明日から是非!残念なのは、我が家のテレビはハイビジョン放送を“ハイビジョン”では見られないこと。地デジになったら買い換えるか・・・いやしかしお金が・・・。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

UDON

Udon_1 映画館に行く都度、気になる次回作のチラシをもらってきます。今回はユースケ・サンタマリア主演の「UDON」。『「踊る大捜査線」チームが手がける、ハートフル・エンタテインメント・ムービー!』だそうです。
そして今日、スーパーでたまたま見つけたのがこのカップうどんです。特別協賛のマルチャンからの発売で、チラシの真ん中にいるキャラクターが持っているのと同じモノです。公式には8月7日発売らしいですが、スーパーが間違えて売り場に並べちゃったのでしょうか。さっそく買ってきて食してみました。見た目は「赤いきつね」ですが、つゆは薄味で麺もモチモチした讃岐風となっています。思ったより美味しかったです。
ところで、テレビを見ているとけっこう人気の高いユースケさんですが、我が家での評価はかなり低め。「ぷっすま」を見ていて感じる“堅実で手堅いセコさ”がどうにも鼻につく。一緒に生活するには良い人なんでしょうが、テレビで見ていても面白いと思えないんですよね。同じセコさなら大泉洋ちゃんのように思いっきりバカな方が笑えます。そんな我々にとって注目の出演者はチーム・ナックスのリーダー、森崎博之さん。チラシの似顔絵がさっぱり似てないのでわかりにくいですが、主人公の地元の仲間だそうです。どんな役柄か気になりますが、それだけで見に行くかなぁ...? (^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン-デッドマンズ・チェスト-』

久しぶりに映画を観てきました。TOHOシネマイレージのポイントが貯まって無料だったから。(^^;
Pirate さて、第1作目の-呪われた海賊たち-を「面白いから観て下さい」と押し付け貸していただきまして。まぁ~娯楽映画としてはさすがディズニーって感じで面白かったので、今回気になって劇場まで見に行くことに。んで、評価としてはちょっと難しいところ。なんか~無駄に長くない?たたみかける様に起こるハプニングの連続が面白いといえば面白いんだけど、人間模様が浅くなるのが勿体無いんですよ。特にウィルやエリザベスのように社会(規律)の中で生きる者と自由人で騙し・騙される海賊というジャック、相対する関係をもっと表現して欲しいと言うか・・・。あの人食い人種のいる島のエピソードがまさにそれ。ギャグは面白くても、ストーリー上必要が無いような。その割りにデイヴィの船にはワープしたかのような速さでたどり着くし。
でも、まぁ~ジョニー・デップの魅力満載で良かったかな。あのクネクネしてカマっぽいのに、エリザベスを口説くところや剣で戦うところのギャップがいいね。おかげで真っ直ぐ誠実・精悍なオーランド・ブルームもより光るってもの。そんな男たちの中でタメを張ってるキーラ・ナイトレイも強くて漢前でした。(笑)キャストは本当にいいな。(^-^)そうそう、前作でエリザベスにふられた提督がある意味かなりかっこ良くなって登場してましたね。苦難が男を上げたんじゃない?(笑)
素直に良かったといえないのは、2時間以上掛けて謎は全部そのまま3に続くという終わりかただったからかも。そんなこと知らなかったからびっくりよ。とりあえず、なかなかいい終り方だったので3を楽しみに待ちましょう。これからの方は、1を観かえしてから行った方がより楽しめますよ。

(byふらっと)

最近観たハリウッド映画では、スタッフロールの後にもう1シーンあるものが増えていると思います。
昨年のコンスタンティンのようにそのシーンを見ると見ないとで物語の意味がまったく変わってしまうものから、今回のパイレーツ・オブ・カリビアンのブラックな笑いを誘うものまで実に様々。長すぎると感じるスタッフロールを最後まで観てもらうための工夫というか、最後まで我慢して見た人へのご褒美というか。映画好きならスタッフロールの途中で席を立つなんて元々考えられないことなので、こういう楽しみは大歓迎です。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年8月 4日 (金)

和菓子屋のケーキは美味しいか?

うちの旦那さまはなんでもない時に、ふら~っとお菓子を買ってきたりします。今日も和菓子かケーキのどちらを買うかで迷ったそうです。その結果、和菓子屋でケーキと大福を買ってきました。それで私にダイエットしろと言うのは酷と言うものだ。( ̄△ ̄)
Cake_2 さて、和菓子屋でもケーキを置いているところはよく見かけます。ただ正直言ってケーキ屋さんより種類も見た目も負けてる感じ。でも味は食べてみないと分からないもの。・・・ということで、どんなもんか?と。手前がアールグレイみかんトルテで奥がモンブランです。アールグレイのスポンジに酸味のあるみかんクリームと洋ナシが入っています。お味の方は・・・うん、イマイチ。(笑)スポンジにもう少ししっとり感が欲しいし、アールグレイの香りも少ない。みかんはクリームにしない方が美味しいと思う。ちなみにモンブランも(私的には)失格と言おう。ケーキがココアスポンジなんですけど、この味がキツくてモンブランのクリームが負けてる。イヤイヤ、残念。この和菓子屋さん、今のところヒットは大福1点のみ。その紹介はまた後日。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

ときメモGS~2ndKiss~ いざ!勝負?

Konami1 本日発売の『ときメモGS2』でーす。悩みに悩んで買ってしまいました。ゲーム自体は面白いと思わないんですけど、声優さんが良くてつい。orz
どうしても森田成一さんと森川智之さんが、どう演じるのか気になって。とりあえず小一時間遊んでみましたが、やっぱりゲームとしては楽しくないなー。(^^;なんていうか、面倒くさい(オイ)。しかし、早々にお目当ての二人の声が聞けました。今回、王子役の森田さんですが、前作王子の緑川光さんに比べると“普通”っぽいですね。でも、高校生と考えると相応とも思えます。しかし、出会いで「げっ!」とか言われて、意味も分からずぞんざいな扱いを受けるとムカツクなー。これからどう変わっていくか分からないけど、落とすつもりが無いときはウザイかも。森川さんは担任教師役。いつもより優しくて高めの声です。ボチボチ遊んでみるとして・・・最後に告白されないと凹むんだよなーっていうか、やり直しが面倒くさ~い。う~ん、出来ればゲームレポートも書きたいけど・・・。
Konami2 ちなみに初回特典のドラマCDは先生の誕生日会という設定で登場人物のおしゃべりが聞けました。ゲームのヒントになるような事、洋服の趣味とか行きたい場所とか。後輩役の成瀬誠さんの声がキャラのイメージに合っているかも。それと森田さんや中井和哉さんのボケやツッコミが聞けるとは思わなかった。そういうの面白くて好き!しかし、緑川さんも登場!って期待してたらあれだけとは・・・なんだかなぁ~。┐( ̄ヘ ̄)┌

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

夏はやっぱりカレーでしょっ

梅雨明けしたら涼しい毎日で嬉しいような困ったような。今年の天気に“適度”という言葉の意味を教えてやりたい。(笑)
Natsu さて、暑くなってくると食欲がなくなってきます。ついつい冷たいものに逃げちゃうし。そういう時はカレーですよねってことで、久しぶりに作りました。私はいわゆる欧風カレーが苦手なので、ルーから作ります。(手を抜くときはデリーのレトルトね)ところがレシピを無くしてしまい、うろ覚えで作るのでどうも味が定まりません。まぁ~それも家庭の味と言う事で大目に見ましょう。(^-^)バターを使わず小麦粉も少なめなので、スープカレーのようになります。そうそうスープカレーが好きなんですよ。旦那さまには「だぶだぶカレー」と言われますけど。今回はチャツネが無かったので、マーマレードで代用したらいつもより爽やか甘いカレーになったな。唐辛子は2本入れたけど、それ程辛くなりませんでした。自家栽培の唐辛子は辛さにバラつきがあるようで調理しにくいです。さーカレーをモリモリ食べて、夏を乗り切りましょう!

レシピ(5~6人分)
1.タマネギ1個とにんにく1~2欠けをみじん切りし、
    カレー鍋でキツネ色になるまで炒める
2.小麦粉大さじ3を加えて炒める
3.火をとめてカレー粉大さじ1.5を加えて、余熱で炒める
4.水2カップ、ホールトマト1缶、唐辛子2本を加える
後は適当に具を入れます
(鶏肉、ジャガイモ、ニンジン、タマネギなど)
5.ピーマンまたはセロリのみじん切りを入れる
6.香辛料を適当に入れる
    (ガラムマサラ、クミンシード、フルーツチャツネなど)
7.、牛乳を1/2カップ入れる
8.塩で味を調え、しょうゆを小さじ1杯くらい入れる
9.煮込んで出来上がり~一晩置くとさらに美味しい

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

月下美人

Night1 前々から欲しかった月下美人の鉢植えをもらっちゃいました。2~3日で咲きそうな3つの蕾み付きでした。それが昨晩、一斉に咲きました。なんとも豪華絢爛です。甘く強い芳香で、家中が月下美人の香りでいっぱいになり、写真を撮っていると香りが身体にしみこむようです。花は直径17~18cmと大きく、真っ白で柔らかな花びらが八重に開いた姿には魅了されます。本当に綺麗~。
実は義母とガーデニング話をした時「月下美人が咲くところを見てみたい」と言ったところ、「妹(叔母)が育てているから話しておくわ」と言ってもらいました。Night2そう簡単に手に入らないと思っていたら、あっさり身近で発見です。(笑)それから1ヶ月したこの前の週末、突然その叔母さまから電話をいただき「咲きそうな鉢があるから取りに来ない?」と言われました。いや~なんかあっさり願いを叶えてしまいました。(笑)

マニアな愛好家が育てているイメージがある月下美人ですが、結構丈夫で育てやすいそうです。(放置専門の私でも大丈夫...か)ただ挿し木などで増やした場合、花をつけるまで3~4年掛かるようなので根気が必要のよう。しかし、それもすっ飛ばしていきなり花見からスタートした私はラッキー!。(笑)うまくすれば後1回花芽をつけるかもしれませんが、ダメだったらまた来年です。今度は自分で挿し木して育てる事に挑戦してみたいです。
Night3 Night4 ←クリックすると大きく表示されます。
Night5_1
ちなみにお花は食べる事が出来ます。朝、しぼんだお花を回収して三杯酢にしてみました。これがまた美味しい。(^Q^)まぁ~味は三杯酢なんですけど、ぬめりがあり歯ごたえがいいんですよ。結構病み付きかも。なんだか残酷?(笑)永遠の美を求めて若い女性の生き血を吸う吸血鬼にでもなった気分です。そんな効果はもちろんありませんけど。(^^*

(byふらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

やっぱりあるんだ、5MT D/r

LEGACY BLOGでスバルのグローバルサイトが紹介されていました。Interior_pic2以前からチェックしてはいましたが、オフィシャルからリンクされてると、いよいよ「何で?」と思うのがコレ。海外モデルのアウトバック2.5iには5MT Dual/rangeがあるんですよね。レオーネのD/rで遊んだ想い出もあり、マニュアル好きの自分としてはとても気になる存在。日本でもこのモデルを販売してもらえないものでしょうか? そうしたら初代レガシィからの買い換えもグッと近づくような...。(ホントか!?)

(byぶらっと)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »