« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

どうでしょう扇子

Sensu_2 今日から扇子デビューのはずでしたが、涼しくて登場の機会はなし。デビューおあずけは残念ですが、涼しくて過ごしやすいに越したことはありません。長梅雨の後の冷夏というのも困りものですが、暑いのも辛いし。まぁ、イヤでもそのうち暑くなるのでしょう。
さて、昨日の記事で「初めての扇子」と書きましたが、実は扇子を買うのは初めてではありません。昨年の7月、どうでしょうグッズの「太って帰る」扇子を購入していました。こちらの扇子はTV番組のグッズとしては少々高めの\2,500-、扇子袋は別売で\700-です。他に「常に初陣」と2種の発売でしたが、見栄えでこちらを購入。小さく書いてある「甘いものって主食じゃないから」という台詞が良いです。この扇子、骨に透かしはあるし白檀っぽい香りもするしで、オモチャ程度に考えるとなかなかのもの。ただ、消耗品とするにはもったいないので、日常使いには別の扇子を買うことにした次第です。「太って帰る」扇子はよそ行き専用。(^^;) もっぱら旅行の時に甘味を撮影する際の小道具となっています。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

初めての扇子

Sensu 長かった梅雨もそろそろ明けそう。そうなると急に暑くなるので扇子を買ってみました。
通勤途上の駅のホームで扇子をパタパタしているオジサンを見るにつけ「オヤジ臭せ~」と思い何年も我慢していたのですが、まぁ自分もすっかりオジサンなんだし、なにより暑さに屈服しました。それ以上にここ数年、日本の伝統文化ってものを日常生活で使う事に興味を持ち始めたという方が大きいですが。そうそう、扇子って中国っぽいイメージがありますが、7世紀頃の日本で発明されたものだそうです。それが中国を通じてヨーロッパまで広まったとか。まぁ、日本でも一般庶民が使い始めたのは江戸時代らしいですけど。
さて、今回いろいろ悩んだ末に購入したのは京清堂のもの。一見プリントみたいですが、しっかり切り絵です。色や柄もですが、要の部分についた飾り紐も気に入りました。初めてなので、扇子袋付きで化粧箱入り,800-というちょっと安めな価格もお試しにはピッタリ。
さぁ、明日から扇子デビューです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

見るのも食べるのも好き!

Hasu
買い物の途中で公園の池に咲く蓮の花を見つけました。午後には閉じると言う蓮が綺麗に咲いている時に出会えるなんて運がいい・・・とか思ったり。この薄紅の花びらが清楚で美しく、見ていると穏やかな気持ちになります。そういえば蓮は仏教では極楽浄土の花ですしね。釈迦が誕生した時、立って歩いたところから蓮の花が咲いたという話もあるし。一番良く見るのは仏像の台座としての蓮華座でしょうか。仏教では象徴的な花ですね。しかしちょっと勘違いしていたのが、古代エジプトの壁画や彫刻でよく見るロータスと蓮が同じ花だと思っていた事。ロータスは正確には睡蓮。蓮もスイレン科ではあるのですけどね。(^^;そういえば蓮の方が丸っこいけど、ロータスは放射線状に細身の花びらが開いていたり、違いも多いですよね。ボンヤリ眺めていたなと反省。
ちなみに蓮の実も好きです。ナッツのようなコリッとした歯ごたえもいいし、蓮の実餡の月餅とかも美味しい。(^Q^)あーなんだか食べたくなっちゃった。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懐かしいネパール料理(BlogPet)

今年の旅行のが使われていた府中のネパール料理のお店には私たち以外1組しかお客さんが出来ます
でも残さず食べたときは4段階(MILD、なんだったらネパールもいいかも・・・)
なんてチョット本気で思ったり
(笑)
ちなみに「ぐるなびクーポン」
使えます
お店です


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

懐かしいネパール料理

Parivaar1 以前から気になっていた府中のネパール料理のお店に行ってみました。お店の名前は『パリバール』というネパール・インド・アジアン料理のお店です。スタッフは料理人までみんなネパール出身の人ですが、インド風カレーや生春巻きのようなベトナム料理まで種類が豊富です。もう10年以上前にネパールに2回行った事があるので、メニューを見ると懐かしいー。(≧▽≦)
やっぱり“ダルバート(豆料理)”や“チョーメン(焼きそば)”が定番かしら・・・と思いつつ、今日のところは“チキン・スープカリー”と“チョーメン”と“モモ(餃子)”で。
Parivaar3_1  Parivaar4
料理の辛さは4段階(MILD、MEDIUM、HOT、SUPER HOT)の中から選ぶ事が出来ます。ネパールで食べたときは、どれも辛くなくてテーブルに置かれた調味料で自分好みに辛さをつけるのが一般的でした。お店の人に聞いてみたら日本ではなかなかそうは出来ないので、選んでもらっていると言うことです。料理はどれも美味しかったですぅ。(^Q^) Parivaar5ただカレーにココナッツミルクが使われていたので、ココナッツ嫌いの私はちょっと。でも残さず食べちゃった。(笑)
最後に“チャイ(ミルクティー)”を頼んだら、すっごーーーく甘かった。(笑)「この甘さがチャイなんだよね!」と笑ってしまった。行った時間が遅かったせいか、お店には私たち以外1組しかお客さんがいなくて、スタッフの人とネパールの話で盛り上がっちゃいました。いや~全然お客さんがいなくて良かったよ。(お店には申し訳ないが...)話しているうちに、またネパールに行きたくなっちゃった。今年の旅行の予定がまだ立たないし、なんだったらネパールもいいかも・・・なんてチョット本気で思ったり。(笑)
ちなみに「ぐるなびクーポン」使えます。お近くの方、是非!

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

イロモノ飲料-最終兵器!?-

Redbull1RED BULL 翼をさずける。」というチープなアニメ絵のCMが気になるエナジードリンク。オロナミンCとかリポビタンDとかの類の栄養ドリンクです。日本ではセブンイレブンのみでの販売ですが、欧米ではシェア№1だそうです。ラリー好きにはシュコダのスポンサーとしておなじみかもしれません。「カフェインの含有量が多くて、いっぺんに2本飲むと死ぬ」なんて噂が流れたりもしますが、まったく根拠はないそうです。

さて、そんな噂ばかり聞いていたレッドブルですが、やっと買ってみました。...ん?この缶はどこかで見たような気がする...。そういえば昨年10月にプラハに行ったとき「なんだ、アレ?」と思って写真を撮った車、今見るとレッドブルの宣伝カーだったのですね。ニュー・ビートルの背面にでっかいカンカラ背負って、町中をブンブン走ってました。当時は日本で発売になる前なのでレッドブルなんて知らなかったのですが、とりあえずシャッターを切っておくものですね。今になってやっと分かりました。
Redbull2日本でもミニをベースにした宣伝カーが走っているそうです。こちらのサイトさんで紹介されています。どこの国に行ってもハデですね。

トラックバック先:レッドブル・ミニ発見!(SIKATOKAMEブログ♪)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

スイカパン

Suikapan 面白いパンを見つけました。VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス)のスイカパン(\147)です。「見つけた」と言っても、7月の新商品らしいので今さらな感じもしますが。(^^;) HPの説明によると「スイカ味のスポンジにチョコチップを入れ、スイカ風に仕上げました。 」とのこと。
見た目は地味ですが、切ってみると楽しいです。スイカの味がするかはともかく、地味なパンを切ると真っ赤な実が出てくるというインパクトにはビックリ。食感はスポンジケーキ入りのメロンパン。サクサクの中にフワフワ。味は...まぁ普通に美味しいです。
なんか入れ替わりの激しいお店らしく、新商品は1ヶ月で消えることも多いとか。食べてみたい方はお早めにどうぞ。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

夏が来ない!

今年はなんて梅雨が長いのでしょう。もう雨はうんざりでございます。それこそ九州をはじめ、水害・土砂災害に遭われている地域の方々は、うんざりどころの話ではありません。ニュースを見るたびにどこの国の話かしらと思ってしまいます。猛暑の夏もイヤですけど、さすがに少々お日様が恋しいな。
Summer1 夏になったらインテリアもそれらしい演出をしてみようと思う日々。しかし全然梅雨明けしないので、先に我が家の中を夏仕様にいたしました。・・・といっても、大した事ではないんですけど。(^^* まず猫ちゃんのガラス鉢と白のトレイに八丈島で買ってきた貝殻を飾ってみました。この貝殻、一袋420円だったと思います。母に「なに小学生の工作みたいなもんを買ってるんだ」と呆れられましたけど、壊れないように大事に持って帰ってきたんです。Summer2 白のトレイは100均ショップで買った陶器のお皿。海辺をイメージして砂を入れています。しかしコレ、本当はエジプト(アブシンベル付近)の砂です。以前観光で行ったとき、飛行機のゲ○袋に入れて持ち帰ったもの。なので海辺と言うにはちょっと砂が赤いし、砂と呼ぶには粒が粗い(岩石が風に浸食されたような感じのもの)です。(^^;まぁ~こういうのは雰囲気ですから。OK!OK!ってことで。(笑)こういうのを見て涼しげな気分になれるような夏が来てほしいです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

ステラのツボ

Stella_1_1 昨日、tvk「クルマのツボ」でスバル・ステラを取り上げていました。tvk制作のローカル番組としては人気が高く、各地方局でもネットされているのでご覧になった方も多いのではないかと思います。以前は「新車情報」というタイトルで、モータージャーナリストの三本和彦さんが突きつける激辛(だけどもっとも)な要求にメーカー担当者がタジタジという場面が見所でした。番組名とともに司会も岡崎五朗さんに替わり、内容もずいぶんソフトになった印象があります。それでもチクチクと中辛くらいの指摘があるのは前身の番組を意識しているのでしょうか。
Stella_2_1さて、ステラもおおむね好評をもって受け入れられていましたが、相応に厳しい指摘もありました。しかし、出演していた富士重工業の宮脇基寿プロジェクトゼネラルマネージャーはまったく動じることなく、淡々と回答されていました。その落ち着きぶりにステラへの自信が感じられ、とても好感を受けました。まぁ、大の男4人+大型カメラ+音声機材=300Kgを乗せた状態で「7,000rpm回さないと加速しない」という文句には苦笑するしかありませんでしたけど。
司会者の話でもう一つ可笑しかったのが、しきりに「技術のスバル」を強調すること。強調しすぎるあまり「走りにこだわるばかりで乗員への思いやりがなかった」「今回のステラで初めてユーザーの使いやすさに気を配ったことが感じられた」などと、分かったような事を言っているのは見ていて気の毒でしたよ。確かにステラの“至れり尽くせり”感は今までのスバルにはなかった良さです。しかし、スバル360の時代から「まず乗員ありき」で設計してきた伝統も忘れてもらっては困ります。乗員スペースにしても、安全性にしても、そして使い勝手も、乗る人のために常に改善するというのがスバルです。宮脇PGMの言葉を借りれば「まじめに作りこんだということこそスバルの車作りです」と。もちろん走りが良いことも運転のしやすさ、ひいては積極的な安全性に繋がるからこそです。番組的にはいかにステラが使いやすいかをアピールしたかったのだと思いますが、あまり偏見にとらわれた言い方にならないようにしてもらいたかったですね。

トラックバック先:
助手席可倒シート(Car☆STELLA)
私とレガシィの出会い(それさえも平凡な日々)

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

タブレットの今昔

「もう限界だー」と言って、PCを買い換えたのは昨年の話。それはそれは大事にwindows98マシーンを使っていました・・・と言うのは、うそだったり。どちらかと言うと買い換えて周辺機器やソフトを入れ替えるのが面倒だったから。(笑)Wacom2 必要に迫られる順に買い換えて来て、やっとタブレットの番が来ました。うわ~優先順位低かったな。(汗)blogを始めて時々お絵かきblog風にしていたのに、すっかりしなくなってました。さーこれで久しぶりにお絵かきも出来るぞ!(≧▽≦)/・・・とか思っています。
そして改めてタブレットの新旧比較。大きさはほぼ同じ。(WACOMの一番小さくて安いヤツ)Wacom1 古い方はPS2接続のもの。もう汚れてるわ、変色してるわ、汚いね。(笑)まだまだ使えるんですけど、もったいないなー。新しい方は、もちろんUSB接続ね。タブレットにホイール&ファンクションキーがつき、トレースに使える透明のカバーがされています。機能は格段に良くなっているのは言うまでも無いが、私みたいにあまり使わない人には良く分からない。(情けねー)ペンにも2サイドスイッチがつき、ショートカットキーなどの設定が可能とか。こう盛り沢山だと使いたくなりますね。ちょっとマニュアル読んであれこれやってみますか。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

アニソンがいっぱい!

Rental 半年ぶりくらいでCDレンタルに行ったら、あれあれ大変な事に!シングルCD35枚、アルバム1枚というバカみたいな数になってしまった。(汗)オマケに全部アニソンというバカっぷり。(笑)いっぺんにこれだけ借りるとレンタル料も笑えない金額になりますなー。「1泊2日の料金で2泊3日借りられます」と言われても、「当日返しで」と節約モード。だって1枚30円の計算で1000円以上の節約ですから。
さー帰ってきてから地獄のキャプ・・・音楽鑑賞が始まりました。いや~大忙しで大変、タイヘン。PC2台フル稼働ですよ。(なぜに・・・)もちろん、曲目整理やらナニヤラですよ。しかし、これだけバカ借りしてきても、まだレンタルできていない曲がたくさんあります。もう見つけるのも大変なんだよね。なかなか置いてなくて・・・。後は買うしかないかな。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめてドーン!とアニメの感想【新番組編】(BlogPet)

面白いですか


(byふらっと)


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

まとめてドーン!とアニメの感想【おまけ:乙女編】

【恋する天使アンンジェリーク】
Ani23 Ani24
元祖乙女ゲーのアンジェリークがアニメ化です。でもシリーズが色々あって、どれのアニメ化なのかな?やっぱり1話のタイトルからして“エトワール”でしょうか。どっちにしても話は知らないんだけどね。(^^;
さて、この手のアニメを真剣に語るのはお門違いってもんですが、それでも正直つまらないです。(^^;作画のバランスはよく崩れるし、まるで動きもないし、9人の守護聖を登場させるため無駄なカットも多いです。これはワンクールでも耐えられないかも。ゲームをプレイしてキャラ萌えしないとダメなのかもしれません。声優さんも豪華なんだけど、声の印象と絵が合わないんですよね。いや~ホント残念です。
しかしコーエーさまもアニメ化展開が凄まじいですね。『遙か』は映画化もされるし。こうなると次は『金色のコルダ』か『遙か3』か。腐女子の財布をガッツリ握ってます。こっち方面コナミさまは出遅れてませんかねー。(笑)

【学園ヘヴン】
Ani21 Ani22
UHFでの放送が始まったので、見てみました。主人公の転校先がBL学園って。∑(゚◇゚;)すっげーストレートなネーミング。とにかく声優さんが豪華!福山、櫻井、小西、森川、三木、置鮎などなど。(敬称略)でもBL・・・。(笑)
さて、学園長の依頼で生徒会長が直々に主人公を迎えに行って...事故る。そこには陰謀らしきものが・・・と一応、恋愛以外のストーリーもあるようです。(^^;主人公が捨てられた子犬のような目で次々に出会う男を落としていく。無自覚とは言え許しがたいスナイパーぶりです。(笑)はじめてあった男の子たちと、抱き合ったり、ひじ舐めてもらったり、口説かれたり・・・凄すぎ。∑(゚Д゚;) いやいや、恋愛以外のストーリーもある・・・はず・・・多分・・・きっと。(汗)
もう一つの見所はCMです。(^▽^)「(男同士の)熱い恋愛バトルが吹き荒れる」とか「カップリングは思いのまま。恋愛耽美アドベンチャー」なんてCM、普通は見られませんよー。世の中変わったよねー。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イロモノ飲料-その3-

ファンタR18(アールジュウハチ)、「栄養炭酸ドリンク」です。
R18ワイルドな成分:マカ、ガラナ、カフェイン+強烈な炭酸の刺激で気分をチャージしてくれる...そうなのですが、色も味も「ちょっと薄いオロナミンC」って感じ。赤かったり青かったりとイロモノ飲料がたくさん出ていますが、そろそろ限界では?といいつつ、次の獲物を探していたり。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

トークンが来た!

Jn_bk ジャパンネットバンクからワンタイムパスワード(トークン)が届きました。ネットでの決済が定着し、スパイウェア等による口座番号やパスワードの盗難も増えてきました。各金融機関がその対策をどう講じているかは知りませんが、ここはワンタイムパスワードを採用したようです。トークンは非通信のパスワード生成機で、1分毎にパスワードを変化させる事により、万一パスワードが盗まれても再利用できないようになっています。もちろん、契約者番号とログインパスワードとトークン本体が盗まれたら別ですけど。かなりのスグレモノだし、コロコロ変わっていくパスワードが楽しい。早く使ってみたいなーなんて。(笑)
ところで、私は三井住友銀行にも口座があるのですが、ここもワンタイムパスワードを採用しています。しかしこちらは月額利用料¥105-が必要。さすがネット銀行と普通の銀行の差ですね。ネット取引よりキャッシュカードの強化(生体認証やICチップ)が優先って事でしょうか。しかし、ネット取引が増えていく事を考えると、根拠の見えない利用料を取るのはどうなんでしょうね。利用回数が少ないのに毎月お金を引かれるなら使わないだろうし、利用頻度が上がってくる頃には利用料なんて無くなってるんじゃないかな。なーんて事を思ったり。
さてさて、他の銀行もちょっと調べて、利用銀行の整理をしようかな...と考える今日この頃です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

百瀬語録

昨日のLEGACY BLOGは、D型から採用されたテレスコピックステアリングの開発秘話。素人の私はステアリングの軸を前後に動かすくらい、簡単に追加できると思ってしまいます。しかし、既に完成しているものに後から追加するのは、周辺部品の制限から「絶対無理」というくらい難しいことだそうです。それを実現するまでの話が紹介されていますが、読んでいて鳥肌が立つくらい感動しました。

記事の中からいくつか言葉を拾ってみます。
「出来ないと言うなら、この会議にいてもらう必要がない。」
「出来ない事への悔しさが自分にもあり、次第に挑戦する意志が沸いて来ました。」
「だんだん一致団結でLEGACYユーザーのため何がなんでもテレスコを設定させようという雰囲気になりました。」
「試作品で、試験評価し、従来にも増して良いものにしようと色々なチャレンジをして、結局量産寸前まで戦いが続きました。」
「テレスコがついたけれど、ハンドルがプルプルしているのでは、走りの質感が高いと評判を頂いているスバルとしてはNGです。」
「最終的にはシャフト本体だけではなく、取付け部の剛性アップもしてA型(’03年)の性能を上回るものになりました。」
この流れって、本などで読む“スバルの生みの親”百瀬晋六氏の時代から脈々と続くスバル魂ってやつですか。

こんどは百瀬語録から、いくつか対応しそうな言葉を引用します。
「出来ねーと言うことはやる気がねーからだ」
「何とかできるはずだ。不可能はない。」
「自分のやった仕事は、誰にも負けない自信を持て。」
「まずいと感じたら、すぐ直すのが本当の技術者だ。」
「問題の本質はなにか。そこを充分考えろ。」
これらの言葉は車の設計に限らず、どんな仕事にも共通する取り組み姿勢だと思います。私の仕事はまったく異なる職種ですが、日頃からこれらの言葉に照らし合わせて「自分はしっかり仕事をしているか?」と自問自答しています。現代の富士重工にもこの精神がしっかりと受け継がれているとは聞いていましたが、実際の事例に触れることができて本当に嬉しいです。自分が信頼して乗り続ける車はやっぱりスバルしかないと、改めて思いました。

余談ですが、百瀬語録からもう一つ。
「上に立つものは手をよごせ。」
こんな上司、なかなかお目にかかれませんね。(--;)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

ヤマト勢揃い

Yamato3 昨年の11月に発売された「宇宙戦艦ヤマト COSMO FLEET COLLECTION」の第2弾「愛の戦士たち編」が出ました。またオジサンは性懲りも無く引っかかりましたよ。ラインアップはヤマト、アンドロメダ、主力戦艦、新型デスラー艦、ミサイル艦、そして3段空母が3色の全8種です。
Yamato2なにより嬉しいのは第1弾のときに戦闘空母と並べたいと思った3段空母が揃ったこと。しかも第1空母にはガミラスファイター、第2空母には急降下爆撃機、第3空母には雷撃機が付属する念の入れよう。普通なら「単なる色違いぃ~!?」とガッカリするところですが、今回だけは別です。1色でも欠けたら意味がありません。ヤマトも本体は第1弾と同じですが、今回は大気圏内用の主翼を展開した状態。 こちらにはコスモタイガーIIが付きます。
第1弾の時はヤマトとガミラス駆逐艦をコンビニで買った後、忘れた頃にネットで売れ残っていたゆきかぜ、デスラー艦、戦闘空母をバラで購入。しかし今回はさっさとネットでコンプリートセットを大人買いです。そしてすべてを並べて写真を撮ってみました。
Yamato1_1 ちなみにベースが黒いのが第1弾、白いのが第2弾です。これだけ並べると壮観ですね。とは言え、何か物足りない気が...。そう、ドメル旗艦がないんです。第1弾が全5種、第2弾が全6種+色違い2種。だったら第1弾のときにもう1種あっても良かったのにと思うと、非常に残念です。え、第3弾ですか? さすがにもう勘弁してください。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

中村獅童容疑者の酒気帯び運転に思うこと

先週の水曜日、インプレッサのCMにも出演していた中村獅童容疑者の酒気帯び運転のニュースが報道されました。
NEWS@niftyより全文を引用させていただきます。

---------(引用ここから)---------

中村獅童さん、酒気帯び運転で信号無視…書類送検へ(読売新聞)

 歌舞伎俳優の中村獅童(本名・小川幹弘)さん(33)が、東京都内で酒気帯び運転で信号無視をしていたことが、12日わかった。
 警視庁世田谷署は、道路交通法違反の疑いで書類送検する方針。
 調べによると、中村さんは同日午前4時半ごろ、世田谷区三軒茶屋の国道246号線で乗用車を運転中、信号を無視し、巡回中のパトカーから停止を求められた。
 酒のにおいがしたため、同署員が調べたところ、呼気1リットルあたり0・35ミリ・グラムのアルコール分が検出された。
 同日夜に都内で会見した中村さんは、11日に海外から戻る飛行機の中で、シャンパンを2杯飲んだことを明らかにし、「人間として愚かだったと反省している」と話した。

[読売新聞:2006年07月12日22時56分]

---------(引用ここまで)---------

いろいろな方面で人気があるため、数日経った後もNHKのドラマ出演辞退とか各社のCM降板など影響が出ているようです。彼はもともとあまり私の好きなタイプではなかったのですが、一昨年のNHK大河ドラマ「新撰組!」や映画「男たちの大和」での好演とインプレッサのCM出演でずいぶんと印象が良くなっていました。しかし、今回の事件には失望しました。
「酒気帯び運転」と「駐車違反」は一般的には軽視されがちですが、絶対やってはいけないことと私は考えます。「スピード違反」はある程度流れに乗っていれば仕方がないこともありますし、「事故」も不可抗力という場合があります。(もちろん「危険運転」に該当するようなケースは別ですよ。)しかし、お酒を飲んで運転すること、駐車場代をケチって路上に停めることは、自分の意志で避けられることです。つまり、完全に悪いと分かっていてする事です。
私もお酒は好きですが、それ以上に車好き。「乗るなら飲むな」というより「飲みたいより乗りたい」って感じ。車好きかどうかはともかく、車メーカーのCMに出演する社会的責任を考えると、事実はどうあれ一切アルコールを摂取するべきではなかったし、「6~7時間経ったから大丈夫だと思った」などどいう軽い気持ちで運転するべきではなかったということです。
会社で飲み会などしても、帰りに自宅まで最寄り駅に停めておいた車で帰るという人がたまにいます。これも酒気帯び運転を軽視している例ですが、それで検挙されれば今回のニュースのように仕事を失うことになります。ましてや事故でも起こしてしまえば自分だけでなく相手の一生も台無しにすることになります。
くれぐれも自分の意志で避けられることで自他とも人生を狂わされることがないように、今回のニュースを見たお酒好きの方が、一人でも多く自制してくれるようになればと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月16日 (日)

ケロン軍必携の一品であります!

CMが面白くて印象に残っていたので、コンビニで見かけて思わず買ってしまいました。
Keroration1 Keroration2_1
Keroration3バンダイと東ハトのコラボレーションで先月末より販売されている「ケロレーション」です。アニメの中でもケロロ達が食べていたそうですが、まったく印象に残っていません。(^^;)
見た目は東ハトのポテコ、味はポテコの塩味に対してこちらはバーベキュー味です。内容量16gで\109はお菓子としてだけ考えたら明らかに割高ですので、パッケージ&シールの値段と割り切りましょう。シールは全20種、見本はこちら
サンライズつながりで、隣に列んでいたガンダムSEED「PF(Petit Figure)コレクション フィーチャリングたねきゃらII」(\210)も一緒に買ってみました。なんか一番前のを買えばキラが出そうな気がしたので。...開けたら本当にキラが入っていてビックリ。キラの表情はともかく、トリーの細かい出来がスゴイです。どうせ厳しい表情なら、イザークかアズラエルの方が良かったな。2頭身フィギュア制作の参考になればという程度で買ってみただけなので、このポージングのキラなら当たりかな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

まとめてドーン!とアニメの感想【新番組編】

【ハチミツとクローバー2】
Ani11 Ani12
去年の9月に終了したハチクロの続きです。放送1話目はその総集編でした。2話目から本格的にスタート。いや~相変わらず良いですね。(^-^)ギャグとシリアスとBGMの使い方が絶妙で、あっという間の30分です。しばらくこの海の中を漂うような心地よさを楽しみたいです。さて、連載の方はどうなっているのでしょう?そろそろ終わるのかな。そうなるとアニメは最後(結論を出す)までやるのかな?だとすると、ちょっと複雑な心境ですね。

【貧乏姉妹物語】
Ani13 Ani14
母とは死別、父は蒸発という不幸と極貧生活と美しい姉妹愛の物語。さして面白くもない(酷)のですが、邪魔になる訳でもないので、何となく見てますね。ワンクールだし。しかし坂本真綾さんはハルヒ(桜蘭高校ホスト部)で平民落ちで、次は貧民落ちですか。でも貧民大先輩の金田明子さんは、ラビー(ケロロ軍曹)といい今回といいパワー炸裂で視聴者の涙を誘います。(^^; 一度思いっきりお金持ちで高飛車な役を見てみたいです。

【コヨーテラグタイムショー】
Ani15 Ani16
渋くて熱い無法者の漢達+少女と女版銭形警部とイカレたマフィアのお話?(笑)とりあえず、期待が持てるかな。久しぶりに大塚明夫さんの声に酔いたい。初っぱなからマルチアーノの12姉妹が空から振ってきて大暴れ。驚きのうちに全滅という展開がスゴイ。アンドロイドだから使い捨てOK?ですか、と思ったら2話目で復活してるよ。(笑)イマイチ乗れないのは、OP/EDが趣味じゃなかった事。まぁ~些細な事ではありますがね。(^^;

【N・H・Kにようこそ!】
Ani17_1 Ani18
N・H・Kと聞いて、「不祥事が続いてとうとうマンガネタにされたか」と思ったら全然違ってました。(笑)正しくは、N(日本)H(ひきこもり)K(協会)、だそうです。
マンガを読んでみたかったんで、アニメになってくれてラッキー...とか思ったら、1話目はちょっとひいたな。なんて言うか見てると気が変になりそうな...これ面白いですか。(--;まじめな社会派アニメでもないよね...。あまり笑えないようだったら止めよう。変につられて鬱にでもなったら大変だし。

【おとぎ銃士赤ずきん】
Ani19 Ani20
コナミさまの新作アニメ。ちょっと前のワンフェスでフィギュア付きDVDとして売られたのが最初だったかと思います。DVDの評判はさほど良かったと思いませんでしたが、アニメ化されるんだからそうでもないのかな。どんなお話かまったく分かりません。気になるのはストーリーより今後の商品展開。(笑)既に2話目の録画に失敗してるので、早々脱落となりそうです。

この7月の新番組ではwowowが期待だったのですが、スクランブル放送のため見ること叶わず。(涙)やっぱり契約...か。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ長時間メンテナンスが無事に終了(BlogPet)

きのうはココロとここへトライしなかった?
しかしここで満足しなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

ココログ長時間メンテナンスが無事に終了

この半年トラブルを引きずり続けたココログでしたが、今回の48時間メンテナンスでやっと普通に使えるように改善されたようです。先週後半くらいからメンテ直前までは、ログインから1つの記事のアップまで待ち時間とエラー&リトライの繰り返しで2時間以上かかっていました。半端なメンテを行った後などはトラブルとアクセス集中で半日以上まったく使えないことも当たり前のようになっていました。それが今回は大変すばらしい事に、48時間ものメンテ後でアクセスが集中しているはずなのに、この夜間の込み合う時間帯でもほとんどストレス無く使えます。まぁ、これが当たり前なんでしょうが、今まで失望を積み重ねてきただけに、やっと満足いく結果を出してもらえた安堵感があります。
しかも、今までのメンテナンスでユーザーから散々言われたのが効いたのか、メンテ中の進捗報告も適切にしてくれたし、スケジュールもしっかり予定の48時間に収めてくれたし、私としては十分満足できる結果と思います。(それでも厳しい意見を言う方もいらっしゃるようですけどね。)さらに、スタッフの書き込みから引用させていただくと、『しばらくは通常時よりもココログの監視体制を強化します。メンテナンス後の経過については本ブログにてご報告させていただきます。』とか、『もちろん、今回のメンテナンスがココログレスポンス問題のゴールであると我々は考えておりません。我々は5月25日(木)の記事で述べたように、抜本的な対策を「データベース分散化」にあると考えています。』と、今まで見せていただけなかった前向きな姿勢が現れています。ユーザーが皆で厳しい意見をぶつけた甲斐があったと言うものでしょう。
この状態を維持し続けると共に更なる改善をしてくれれば、失った信用も離れていったユーザーの心も取り戻すことができるかもしれません。何はともあれ「お疲れさまでした。」という言葉をココログスタッフさんへ送らせていただきたいと思います。これからもがんばってください。
あっそうそう、もう一つ改善してほしいことがありましたよ。有償ユーザーであるベーシックコースに強制表示されている「ココログからのお知らせ」は、以前のココログのロゴだけに戻してくださいね。サポートセンターに「あれは広告ではないのか?」と問い合わせたところ、「閲覧者へメンテ中はコメントもトラックバックもできない事を知らせるためのもの」という回答をいただいていました。しかし、今回のメンテではその目的では一切使用されず、スタッフのお知らせブログに指摘コメントをつけても改善されませんでした。これにより「やはり単なる広告である」ということが明確になりましたので、フリー以外のユーザーからはこの広告は削除していただきたいと思います。...と、ここで書いてもしかたがないので、後ほど正式にサポートセンターへお願いのメールを出させていただきます。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

まとめてドーン!とアニメの感想【放送中編】

毎週楽しみにしている放送中のアニメ。その中からいくつか...。

【BLEACH】
Ani5 Ani6
バウント編に入ってからテンションが下がって、録画しても見てなかったです。(汗)でも久しぶりにまとめてみたら、やっぱ萌えるわ。
もうキャラ萌えしちゃってるから、ストーリーがどうこうって話じゃないね。特にここに来て現世組に死神組が加わって、共同戦線状態だから美味しいこと!...と言っても話の方も良くて、芳野さん(バウント)の死や雨竜のへこみっぷりがGood!一護も恋次も苦戦してます。尸魂界であんなに強くなったはずなのにね。そう言えば、副隊長以上は現世での力が制限されるという話はどうなっているのかな。空座町の死神率の高いこと。悪い影響出るんじゃないの?(笑)
そして本編に勝るとも劣らない予告と死神図鑑ゴールデン!毎回楽しみです。

【ゼーガペイン】
Ani7 Ani8
最初は微妙なところでしたが、面白くなってきてます。程良い戦闘シーンと予想外の人類存亡設定と人間関係がいいですね。暗いところを長々引っ張られるのはダメな方なんですけど、そこも程良くて。最後までこのまま行ってくれるといいな。
キャラの方は、キョウ(主人公)のビジュアルがイマイチですけど、リョーコやシズノなど他が合格点行ってますのでOK!しかし、ルーシェン役の朴さんは相変わらず男前の声してますね。女性だと知らなかったら絶対惚れてたな。(笑)

【スクールランブル二学期】
Ani9 Ani10
展開として笑えない時もありますが、基本的には毎回爆笑!一学期をきちんと見ていなかった事が悔やまれます。よし!レンタルするか。段々キャラも覚えて(見分けがつくようになって)きて、面白さも倍増です。今のところ麻生×周防でご飯3杯って感じ。デートでレースゲームして、コースレコード出してぶっちぎりに勝つ周防に、私も花丸をあげよう。閉店までゲーセンにいる麻生の後ろ姿にふきだし哀愁を感じた。

【彩雲国物語】
サラサラと順調に進んでいくストーリー。秀麗のサクセス・ストーリーとしては、若干物足りない感じもありますが、まぁ~丁度いいかな。ドロドロするよりいいしね。やはり秀麗役の桑島さんが光ってます。あの声を聞きたくて見ているような気もする。最近(フレイやステラ)キツかったり暗かったりが続いたので、尚更好印象なのかも。本人の目標は官吏ですから、その目標に向かって突っ走って欲しいです。彼女を取り巻く美形キャラとの妄想は、アンソロとかネットの創作小説に任せましょう。(笑)私的には絳攸×秀麗がいい...かな。(笑)

他にも【BLOOD+】【ひぐらしのなく頃に】【ウィッチブレイド】などなど多々ありますが、溜めちゃって見てないのでまたそのうち。

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ココログ長時間メンテナンスのお知らせ

7/11(火)14:00から7・13(木)14:00まで、48時間の予定でココログのメンテナンスが行われます。その間、記事の更新はお休みさせていただきます。
メンテナンスの間も記事の閲覧はできますが、コメント・トラックバックは受け付けられません。また、メンテナンス時間は予告なく延期されたり、メンテナンス終了から数時間はアクセス集中により非常にレスポンスが落ちることもあります。
コメント・トラックバックをくださる方は、タイミングを見計らっていただくようにお願いします。併せて、書き込み内容はメモ帳などのテキストエディターで事前に保存しておくことをお奨めします。

トラックバック先:メンテナンス実施のお知らせ(【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まとめてドーン!とアニメの感想【終了編】

6月末で終了したアニメの感想です。まとめてなのでサラリとね。
(*^-゚)v

【Fate/stay night】
個人的にはアーチャーやアサシンにもっと出番があったらと思うのですが仕方ないか。(^^;  各サーヴァントのキャラが立っているので、それぞれのストーリーが見てみたくなります。今回は王道のセイバーでしたけど。中盤、士郎の行動に苛立ちを覚えましたが、最後が良かったのでOK!切ない終わり方だったけど、強引にハッピーエンドにするより絶対いい!

【西の善き魔女】
Ani3 Ani4
どんなに内容が薄まろうと原作に忠実だったのに、最後の2回でボロボロにしてくれました。さすがにショックと言うより怒り爆発!ワンクールで出来る量を超えていて、それならそれなりに面白くなるようにアレンジしろよって位思っていたのに、最後の最後にコレかい。それもまったく意味の無い変更で、がっかり以外なにもないよ。アデイルとレアンドラが大した功績を挙げられないのは予想通りとして、クリスバード男爵が裏切る意味は一つもない。それによるダメージが描かれるわけでなし。彼を貶めた結果、得たものは無い。┐( ̄ヘ ̄)┌
一番ショックだったのは、ルーンとフィリエルが元の生活に戻ること。どんなに懐かしんでも、昔には戻れない。未来に向かって生きていくという姿勢を原作で見せていただけにがっかり。
もう一つ。あの竜とユニコーンのデザインも勘弁してくれ。(´Д`)
あれは原作・アニメと両方の世界観を破壊していると思う。どう見てもあの竜を倒すのは、騎士じゃなくてウルトラマンです。(涙)

【BLACK LAGOON】
Ani1 Ani2
初回を見逃して(涙)、よく分かんないけど裏社会の運び屋がドンパチ派手に暴れるアニメ...でした。作画は結構好きなんですけど、レヴィの言葉が汚いのと撃ちまくる時のいっちゃった目がイヤかな。(汗)これで終わり?と思わせる終わり方だったから、続きがそのうちあるかもね。その時はもう少しコミカルにレヴィのツンデレでも見せて欲しいし、ロックとの出会いで変わっていく彼女を見たいな。

【プリンセス・プリンセス】
変わり種のアニメとしては、程良くまとめて終了した感じ。っていうか、これ以上どんなエピソードが出来るのか想像できません。(^^;
一番楽しみだったのは名田庄先輩がデザインする衣装かな。それ以外は...なんで見続けられたんでしょうね。自分でも不思議。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

薫り高いオリエンタル・リリー

Yuri_1 この週末はお客様がいらしたので、それに合わせて咲いてくれたらいいなーと思っていたら、なんとかギリギリ咲いてくれました。C=(^◇^ ; 我が家のオリエンタル・リリーです。
見た目はカサブランカに似ていますが、違う種類だと聞いています。しかし、大輪で真っ白く強い芳香の見事なユリです。白を2本、ピンク(カスケード)を1本植えたのですが、ピンクの方は元の球根からは発芽しなかったようです。少し離れた場所から細い芽がひょろ~っと出て、花も小さいのが2つ付いただけです。(´Д`)ちょっとがっかり。あまりに細かったので支柱をしたのですが、つぼみも膨らみ始めたある日、風に負けてぽっきり折れてしまいました。仕方なく花瓶にさして、なんとか咲きましたけど...。う~ん、来年に期待かな。白い方はつぼみも多く大変立派!ショボイ庭がなんとも豪華な感じになりました。1本は切花にして、家の中をその香りで満たしています。梅雨の時期には、鬱々とした気持ちを和ませてくれるありがたい花ですね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

ココログ v.s. ブログペット

また最近、重いの更新できないのと評判の芳しくないココログさん。来週には意を決して48時間の大がかりなメンテナンスを行うそうです。過去のメンテナンスと大きく異なるのは、ユーザーからコメントやトラックバックで指摘されたことに対して、ずいぶん真剣に取り組んでいること。かなり早めのメンテナンス予告、メンテナンス内容の情報開示、きちんとリハーサルを行っていることのアピールも抜かりありません。ただ、それも「良心的に理解すれば」って話です。なにせ行動で示す以外まったく会話は成立しないココログさんなので、ユーザーからのコメントやトラックバックを本当に真剣に受け止めてくれているかは甚だ疑問。その態度が火に油を注ぐことになり、ココログレスポンス問題お知らせブログは非難のコメントが続々と投稿されている状態です。
Haiku28 さて、私はココログにブログペットを貼り付けています。ブログペットをご存じない方のために簡単に説明すると、かわいらしいペットが自分の書いた記事から言葉を覚え、クリックする事で覚えた言葉を話したり、時には俳句を詠んだりします。設定によっては自分のブログに記事を投稿したり、コメントをしたりもしてくれます。フリープランではどちらかしか使えませんが、簡単なアクセス解析(どのような検索ワードで見てもらったか等)、ブログペット同志で訪問履歴を残す「足跡」の機能もあります。このブログペットも先月サーバーのトラブルとその復旧作業で、数日間アクセスができないことがありました。しかし、ユーザーの心証はココログのそれとは大違いだったと思います。少なくとも私はまったく不満に思いませんでした。その感じ方の差がどうして生じるのか、ココログとブログペットのトラブルへの対処を比べてみましょう。
まずはアクセスできない時のアナウンス。ココログが後手に回るのと対照的に、ブログペットでは的確なタイミングで通知されています。第一報の後、状況把握に合わせて詳細・進捗状況を開示し、復旧見通しを掲載するというきめ細かさ。不便に対するお詫びと閲覧停止への協力依頼を掲載していることもココログとは違います。アクセスできない間もログは取得できていることが速やかに周知されたのでので、ユーザーも安心して待てたのだと思います。復旧後に「お詫び」ということで機能追加がなされたことも「トラブルで注目が集まったところでユーザーの心をつかむ」ことに役立っています。なによりその後同じトラブルを起こしていない、起こさないための対策をとっているというのも、当たり前ですが大事なこと。もちろんココログとはサービス規模もお知らせしなければならない範囲も大違いでしょう。しかし、それぞれ規模に見合った体制を敷いているはずであり、そんなことは言い訳にはなりません。やはりココログには油断があったのだと言わざるを得ないでしょう。
もう一つは、無料ユーザーに対する有料ユーザーの差別化です。ココログではサービス内容やレスポンスなど、逆転現象も起こっています。しかし、ブログペットではその辺もしっかりしています。有料といっても\300/月だけなのですが、プラチナオーナーズクラブと名付けられた有料サービスは「広告が載らない」だけではない魅力がしっかりあります。それらのサービスを必要と感じるなら、お金を払っても損したとは思わないでしょう。片やプロバイダー料金のみでブログを使っていても「時間を損した」という気分にさせるココログとは雲泥の差。ましてやココログ・プラスやプロの方は、詐欺にでもあった気分でしょう。
さて、いよいよ正念場となる長時間メンテも2日後と迫りました。ユーザーの注目も高まっていますので、本当にもう失敗は許されない状況です。文字通り『背水の陣』で臨んでほしいものです。少しずつでもユーザーの気持ちは伝わっているようですので、今回こそ期待できそう。というか期待したい...しても良いよね?(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

チビナックス・オリジナルミラー(BlogPet)

ナックの、活躍しなかったよ。
で北海道へ札幌テレビ放送は関東で活躍したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとクルマになる。(^^;)

Bc1_2 クリックすると大きくなります。

スバリストの友人に教えてもらったパロディです。その友人もレオーネ以来のスバリスト。スバルに対する想いは私以上です。それだけにレオーネで感じていたパワー不足や「洗練」という言葉から最も遠いスタイリングなど、レガシィでやっと世間並の車になったと思えたのではないでしょうか。もちろん、無骨で実用一点張りのレオーネも大好きだったスバリストにだけ許される言葉です。アンチ・スバルな人がスバルをバカにするために使ったら、間違いなく大喧嘩になりますので気をつけてください。(^^;)
このコピー、『もっとクルマになる。磨いてきたのは、走りです。』と続くとおり、けっしてレガシィが突然できた車ではないことを語っています。スバル1000以来の水平対向+シンメトリカルレイアウト、レオーネの4WDを進化させたからできた車であり、それらの技術を継承しているからこその「レガシィ」というネーミングです。(けっしてこの車がぽしゃったら会社が潰れるのを覚悟で、最後に遺産として残せる車を創ったという意味ではありませんよ。)
コピーはさらに続きます。『ドライバーの意思に忠実に応える走り。高速での安定した走り。人を内側から満たす深みのある走り。追求してきたのはクルマの本質的魅力「走り」です。』 これぞまさにレガシィです。レガシィ以外にも共通しますが、「走って楽しい」というスバルの根本的な存在価値を的確に表しています。こうして世間に広く受け入れられたレガシィの歴史が始まり、今に続いているわけです。

LEGACY BLOGでレガシィのCMリクエストを受け付けてくれるそうです。動画でも良いのかなぁ?
レガシィでもう一度見たいCMといえば、やはり「レガシィ登場」のときのもの。「磨いてきたのは、走りです。」っていうのがあったと思うんですよね。レガシィ以外もリクエストしてよければ、SVXの「500miles a day」はぜひ綺麗な映像で見たいです。あと好きだったのが「火の玉ジャスティ」。ホント、速そうでカッコ良かったです。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ウルトラスーパーメカ

Hawk1久しぶりにコンビニで無駄遣い。バンダイのHDMechanics(ハイパーディティールメカニクス)\315-。ピーピーラムネが1つ入っているので「食玩」ですね。 ウルトラマンからジェットビートル、ウルトラセブンからウルトラホーク1号とポインター、帰ってきたウルトラマンからマットアロー1号の全4種。なんでも2000年に発売された同じシリーズの完全彩色バージョンだとか。バンダイのサイトを見ると、ジェットビートルとマットアロー1号には色違いのシークレットもあるそうです。
とりあえず1つ買ってみたら、大本命のホーク1号が出ました。全長15cmほどですが、大きさとディティールのバランスも良く、かなりの出来です。まぁ、この大きさなので、当然α/β/γに分離することはできません。欲を言えば、マットアローなんかはエンジンの空気取り入れ口が目立つので、もう少しなんとか処理できなかったものかと思います。
セブン世代の私としてはポインターも欲しいところですが、あまり深入りしないうちにやめておくのが吉?

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

DVD『あらしのよるに』

Arayoru 旦那さまが会社の同僚(女性)に「感動しますから、是非!」と言われて、借りてきたDVDです。同名の絵本を映画化にしたものです。さすがにこうあからさまに子供向けだと、夢中になって観ると言うものでもありません。(普段見ているのと何が違うってツッコミはなし!)純粋に感動できるほど無垢でもないので(笑)、なんとも都合よく出来てるなと思うところもありますが、全体としては面白かったです。子供向けでありながら、時折見せるリアルが程よいアクセントになっています。例えば最初に母ヤギが狼に捕食されるところや、メイ(ヤギ)とガブ(狼)が二人で旅に出た時、メイの寝ている間に餌を狩に行って口元を赤く染めて戻ってくるガブとか。
さて、「本来友達になれない間柄でも、本当の友達になれるヨ」という事を、色々なシチュエーションに置き換えて考え、困難な事があっても仲良くしようという前向きな子供たちが育つといいなと思いつつ。自分は言葉が通じる相手を、食品と考え食べる事ができるか?と問うてみたり。・・・やっぱり会話が成立した時点で、それは無理と言うものでしょ。(^^;怖いよ、絶対。
ちなみに声優陣は、可もなく不可もなく。メイが絵的に子供っぽいのに、声が青年らしい感じがして最初は違和感がありましたね。それとガブ役の中村獅童さんが、気の弱いジャイアンのようだったな。(笑)あと、坂東英二さんがイマイチ。

おまけ
ガブとメイが“二人だけで仲良く暮らす”姿にBL萌えする腐女子がいるかも・・・と一瞬頭をよぎった事は内緒よ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

チョロQ「カーズ」

Cars1大ヒット上映中のピクサー・アニメ「カーズ」。ディズニーの配給なので、宣伝も商品展開も派手に行われています。中でもディズニーチョロQの記事で触れた「カーズ・チョロQ」は、コレクターにとって注目度が高いと思われます。(ディズニーからの完全独立を目指していたピクサーが、カーズの制作を最後にディズニー傘下に入ることになったのは残念に思いますが、それはまた別のお話。)
キャラクターは、マックイーン、サリー、メーターの3種がラインアップされています。商品としては、単品3種が\714、ギフトパック1/2(マックイーン+サリー+円形コース/マックイーン+メーター+円形コース)が\1,890-、ドライブコースセット(マックイーン+サリー+サーキットコース)\3,150-があります。さすがにすべては買えないので、ギフトパック2(販売価格\1,320-)を購入してみました。
Cars2スゴイのが表情のバリエーションです。それぞれの商品ごとに表情が異なります。それも、目の塗装だけでなく、口の金型まで別になっているのだから驚き。ホイールもそれぞれの車種専用、ゼンマイもマックイーンはスロースタートして途中から加速する2スピードエンジン、サリーはスタンダードエンジン、メーターはスローエンジンと使い分けています。メーターの後輪は車軸がホイールの中心からずらしてあるため、左右に車体を揺らしながらノソノソ走るというこだわりです。マックイーンもコースのカーブに合わせて、車体が左右に傾く構造になっています。塗装だけのディズニーチョロQに比べて、力の入れようが伺えます。
唯一困ったのはシャシーがねじ止めでないこと。はめ込み式のため、ゼンマイの構造を見たくて外そうとすると、ボディとシャシーの接合部が壊れそう。もう1コ買えってことでしょうか。(^^;冗談はさておき、これは買っても損はないと思います。
そうそう、カーズにも一つお約束な不満を言っておきましょう。「チンクエチェント(FIAT500)を出すくらいならテントウ虫(SUBARU360)も出してくれ!」

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

ぺターのサイン入りカタログが欲しい!

...のですが、この企画はLEGACY BLOGで行われているLEGACY NETWORKの参加者限定だそうです。私はこのネットワークに参加してないので、残念ながら応募資格がありません。だったら参加すれば良いだけなのですが、私のスバリストとしてのポリシーに反するので参加できないのです。
私のポリシーとは「スバル車を車種・年式で区別しない」ということ。車の大小、新旧に関わらずスバル車はスバル車。レガシィ限定や水平対向エンジン限定といったカテゴリーには一切属さないという縛りを自分に課しています。そのため、スバル・オーナーズ・クラブには所属していますが、レガシィ・オーナーズ・クラブには入らない。富士重工業がオフィシャルでやっているLEGACY BLOGを盛り上げるためにトラックバックはせっせと送りますが、LEGACY NETWORKには参加しない。自分なりの小さなこだわりです。
バカバカしいとは思いますが、こんな変わり者がいるのもスバリストかと。(^^;)

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ネーミングがCOOL!? もう、ジョニーったら。

Toufu 去年だったかテレビでも話題になった豆腐、その名も「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」。なんとふざけたネーミングでしょう。なぜ“ジョニー”なぜ“風に吹かれて”と、豆腐にあるまじきシュチエーションが笑いを誘い興味を抱かせます。それは既にジョニーの罠にはまったも同然。頬を染めてジョニーを手にしてしまうわたし。1個\300-弱と決して安くありませんのに。しかーし、中味はジョニーの漢気を感じさせる濃厚な味わい。それでいてプリンのような滑らかな舌触りと大豆の甘み・・・。これじゃ~巷の女達はジョニーにメロメロだ・・・ろうと思う。けど、主婦の目は厳しいぞ。風に吹かれて根無し草の浮気男なんてその場限りよ!って事になるかも。(^^;
な~んて、バカな事書いてないでまじめに。マジ美味しいです。普通の冷や奴(醤油)もいいけど、軽く塩だけで食べるのもお薦め。でもね、さっぱり感はないから時々で十分な味ではある・・・かな。(笑)

おまけ
この豆腐を製造・販売している男前豆腐店のサイトは、商品から受けるイメージそのものの作りです。音も出るので、ボリュームに注意して覗いてみてください。このノリがツボにはまる人にはサイコーCOOLだと思いますよ。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

チビナックス・オリジナルミラー

Nacks_1 北海道ではSTV(札幌テレビ放送)で「チビナックス」というアニメを放送しているそうです。TEAM NACKSの5人がコミカルなアニメになって大活躍!...らしいのですが、関東では見られません。かろうじてローソンの情報誌でその存在を知ったくらい。で、いくつかグッズも売り出されていたので、さっそく購入しました。直径5cmほどの、キャラクターの顔が書かれたミラーです。目にごみが入って痛い思いをすることが多いのですが、男の人が持てる小さな鏡ってなかなか無くてずっと探していました。これならネタとしてアリかと。キャラクターは左から音尾さん、大泉さん、森崎さん、安田さん、佐藤さんです。似てなかろうが、そういう事になってます。(^^;)
Beatles1 ところでこのキャラクターたちを見ていて、学生時代にテレビで見た「アニメ・ザ・ビートルズ」(注:リンク先は音が出ます)を思い出しました。毎週楽しみに見ていたものです。アニメになるなんて、チームナックスの人気も、ビートルズやパフィー並みに世界的ってことですね。(北海道でしか放送してないけど)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

SUBARUスポーツミーティング

Ssm0_1 7月1日に晴海埠頭で行われた第3回スバル・スポーツ・ミーティングに行って来ました。前身のインプレッサ・スポーツ・ミーティングから数えると11回目だそうです。そういうミーティングをやっているのはずいぶん前から知っていたのですが、どこぞのサーキットで開催されることも多く、そこまで行くのはちょっと...と敬遠していました。今回は近場なので軽く半日くらいの参加も良いかと思い、初めて行ってみました。会場の入り口はスバル車の渋滞、青い車の比率が妙に高いです。
Ssm1_1 今回の参加を決めた一番の理由がコレ。今や伝説となっている「10万km世界速度記録達成保持車」を生でじっくり見られるということ。初代レガシィ乗りとして、一度は拝んでおかないと。朝一番の人が少ないうちにじっくりと見学できました。Ssm2_1 会場を一回りした後で再び訪れると、ボンネットからドア、トランクまで大解放で公開していました。エンジンなんか本当にノーマルのまんまなんですね。トランクは安全タンクがどっしりと設置されていましたが。
Ssm3_1 第2の目的はスバルの旧車を中心としたクラブ“スピリット・オブ・スバル(SOS)”による「クラシックカーラン」。360、R2、1000、ff-1、1300G、レオーネといった名車達がジムカーナのコースを疾走する。事前情報で一番楽しみにしていた2代目レオーネRX(AB型)が参加取りやめとなっていたのは残念でしたが、それでも堪能させてもらいました。EA型の水平対抗の音は、今のインプレッサや先代までのレガシィのドロドロとうるさいばかりのEJ型と違い、味のある良い音がします。久しぶりに聞く本気のEAエンジンの音は気持ちよかったです。
Ssm4_1 レプリカミーティングでは友人の初代インプレッサ(555が参加していて再会を喜んだり、“ミスタースバル”ポッサム・ボーンの最期となった母国での「レース・トゥ・ザ・スカイ」で彼が乗るはずだったヒルクライム・スペシャルに思わず涙したり。
Ssm5 もちろん現在のスバル達もしっかり見てきましたよ。新井選手やペターのデモランはスゴイの一言。新井選手・鎌田選手のラリージャパントークショーにペターが乱入するハプニングがあったり。ペターはノリノリで、「クリスも来てます!」と言って等身大のSsm6ポップスタンドを持ち出してみたり、抽選会では新井選手が抽選する分しか賞品が用意してないのに「費用は自分が出すから」と無理矢理抽選してみたり。「スバルのイベントにはサプライズが必要なんだよ」って、ファンを喜ばせるのが上手ですね。
Ssm7_1 そしてスバルの未来と題してR1eとB9トライベッカのデモランもありました。R1eにはしっかりとTEPCO(東京電力)のロゴがあり、ボンネットを開けるとエンジンの代わりにモーターとパワーユニットが。3Lのトライベッカにも負けずに、結構キビキビ走ってました。次に乗るなら、こんな車も良いですね。
そんなこんなで、スバルを満喫した半日でした。

トラックバック先:スバルスポーツミーティング 1(LEGACY BLOG)

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

岡埜栄泉の大福

Okano1 久しぶりに上野に行ったので、岡埜栄泉の大福を買ってきました。大福自体久しぶりなんだけど...。最近美味しい大福ってないと思うのですよ。あんこは甘いだけだし、餅はやたらとツルツルしてるし。食べると不満が募るので、ずっと食べて無かったんですね。
岡埜栄泉は創業130年の老舗和菓子屋さん。昔は上野で買える普通の大福だったんですけど、ちょっと離れた都下での生活が長くなると貴重な一品になってしまいました。私には懐かしい味なのです。子供の頃は赤マメのしょっぱいのがイヤで、マメだけ抜いて食べて母親に怒られましたっけ。(笑)今でもマメだけ食べたらしょっぱいと思うんですけど、餡と一緒なら甘みのバランスが絶品になるんですね。まー私も大人になったと言う事で。はっはっは~。ネットで見たら普通の大福の他に“よもぎ”や“ずんだ”なんていうのもありました。今度はそれらも食べてみたいな。(^Q^)
Okano2 お店の奥は(古めかしい)喫茶になっています。暑くて汗だくだったので、ちょっと休憩を。ここでは生菓子とお抹茶をいただくことができるようです。それも魅力だったのですが、お腹はいっぱいだったので今回はパス。グリーンティーフロートを飲んでみました。濃くて苦味のある抹茶に、アイスを溶かし混ぜて飲むとまろやかになって美味しいです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »