« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ブラッスリー・レカン-Brasserie L'ecrin-

上野でランチと言うと、結構困るんですよ。最近どんなお店があるか知らないし。大体上野にコジャレタお店ってイメージが持てない。“黒船亭”や“伊豆栄”、“釜めし春”なんていうのは古い話しだし。
Lecrin1 それがいつの間にやら上野駅の中に、ブラッスリー・レカンが出来ていました。名前で分かるとおり、銀座レカンの姉妹店です。美術館に行く前に寄るのにピッタリだし、手ごろな値段でレカンのランチがいただけるならと入ってみました。
お店の中は結構広く、明るい店内はヨーロッパのレストランを思わせます。ランチは\1,500-、\2,700-、\3,800-の3つから選べます。しかし、なんでしょう。私が行ったときは15組くらい人がいましたが、全員女性でした。今頃おとーちゃんは、会社の社食かコンビニ弁当かと思うと不憫な気が...。(そういう自分はなに?)
Lecrin2 さて、お味の方ですが値段相応と言っておきましょうか。オードブルの平目がすごくしょっぱかったし、オリーブオイルがかかり過ぎでべったりしちゃったのが残念。赤ピーマンの冷製スープも美味しかったんですけど、野菜ジュースを思わせるチープさがでちゃって...。でも、パンやメインディッシュは美味しかったですよ。特にデザートのクレームダンジュは、酸味のあるソースと一緒に食べるとGood!盛り合わせのバニラアイスもd(^^)わたし的には、食事よりお茶するときに使いたいお店です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

サイト内検索をできるようにしてみました

Google 昨日、サイドバーにGoogleの検索フォームを設置しました。他の方のサイトを訪れたとき、意外と便利なのが“サイト内検索”です。ブログの場合、関連記事はカテゴリーで分類されているのでそれほど不自由はありませんが、それでも「このキーワードで!」という時には役に立ちます。うちのブログはシンプルを信条に、ブログペット以外は設置しないようにしてきました。しかし、記事も増えてきたことですし、そろそろ検索機能くらいはあっても良かろうと。

さて、検索ツールですが、Googleをはじめ、YAHOO!やInfoseekなど、様々なモノが提供されています。昨今はYAHOO!と言えばオークション、Infoseekは合併した楽天のロゴも表示されるため“通販”が連想されてしまいます。そのため、純粋な検索のイメージが強いGoogleを選択しました。

設置方法は簡単です。GoogleトップGoogleについてリンク、検索機能を追加とたどると、サイト内検索のhtmlソースが提供されています。それをコピーして指定部分を変更し、ココログならマイリストに追加するだけです。
ただ、このままだと見本どおりの横長表示となり、サイドバーに収まらないため、多少いじってます。大きすぎるロゴを小さいものと交換したり、縦積み表示に変更したり。参考までに、いじったポイントを記載しておきます。
Google2_1
※ソースイメージの画像はクリックすると拡大表示されます。
①検索結果が別ウィンドウで開くようにオプションを追加
②右サイドバーに設置するため、左寄せにする設定を追加
③GoogleロゴをクリックしたときもGoogleサイトが別ウィンドウで開くようにオプションを追加
④GoogleのロゴをGoogleロゴ使用のページから選択して変更
⑤適当な単位で縦に並べるようにテーブルの行区切りを追加
⑥検索ワードを入力するテキストボックスのサイズを調整~表示サイズは小さめですが、検索ワードは枠を越えて入力できます。
⑦文字のエンコードを変更~ココログの場合は"Shift_JIS"を"UTF-8"にします。
⑧検索ボタンも小さくするため、"Google検索"を"検索"に変更
⑨サイト内検索の対象にしたい自分のサイトのURLに変更~サイト内検索のタイトルも変更
⑩テーブル指定で行区切りを行っているため、元のhtmlに唯一ある改行指定の<br>タグを削除

転載禁止のため自分のサイトに張り付けることはできませんが、今まで記念日などにだけ使われた“特別ロゴ”も閲覧可能です。面白いデザインのロゴがたくさんありますので、見るだけでもお薦めです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

もうすぐ終わり!プラド美術館展

Prado1 東京都現代美術館で公開されている『プラド美術館展』に(やっと)行って来ました。ギリギリセーフだ。ε=( ̄。 ̄;A
しかしなんでしょう。平日だというのに大変な混雑でした。みんなヒマなのね...。(お前もな!)
一枚一枚の絵の感想が書けるわけないですが、展示の内容はかなり気に入りました。迷うことなくカタログ(\2,300-)を買ってしまうくらい。(^^*  この展示は全部で81点あり、エル・グレコ、ティツィアーノ、ベラスケス、ルーベンス、ゴヤなど有名どころがズラ~リです。16~18世紀の絵画が主で、肖像画・宗教画・神話・静物画などが展示されています。う~ん、予想以上に見応えがあって大満足!Prado2_1
ちょうど今、ケン・フォレットの「大聖堂」を読んでいるので、レアル作『ミラノ司教に叙階される聖アンブロシウス』などは、その場面と背景の大聖堂のアーチが妙にリアルに迫ってきました。面白かったのが、アントリーネス作『マグダラのマリアの被昇天』の前で「おっマグダラのマリアだ」と言って立ち止まる人が多かったこと。『ダ・ヴィンチ・コード』のおかげで注目度UPですね。(^-^)
他にもあれこれあるのですが、今はカタログを眺めてニコニコしています。そして、本物のプラド美術館に行ってみたいなぁ...とため息をつくのでした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

「BE-PAL」25周年に寄せて

毎度「レガシィ・ブログ」に反応して記事を書くのもどうかと思いつつ、あまりの懐かしさに黙っていられなくなりました。
Bepal_03_1結婚してから始めたオートキャンプ。当初はFFレックス・コンビで出かけていましたが、今のレガシィに乗り換えた理由の一つが「キャンプをより楽しみたい」ということ。詰める荷物の量も違いますが、なによりキャンプシーンが似合うという事に関しては、やはりレガシィに軍配が上がります。いや、レックスも“貨物”なだけに積載量ではずいぶんがんばっていましたけどね。
Bepal_01 キャンプ初心者の頃から数年は、毎月BE-PALを読んではいろいろ学んでいました。当時は真ん中くらいの折込記事のところに必ずレガシィの広告が載っていて、ワクワクしたものです。写真はBE-PAL主催のサマーミーティングでのキャンプサイト。最初の年はレックスで、翌年はレガシィでの参加でした。Bepal_02_1レックスで参加したサマーミーティングが1993年8月6日~9日、レガシィの契約が8月末、納車が9月中旬でしたので、今思うとこれが最後のレックスでの長距離ドライブでした。  普段は牛の放牧地になっている野原をキャンプ場として開放するこのイベントは、のんびりしつつも大勢の読者がコミュニケーションを取れる、楽しいミーティングでした。
さてさて、BE-PALといえば忘れられないのがレオーネのBE-PAL特別仕様車です。確か白い3代目レオーネワゴン(AL)に木目調シートを貼ってカントリー風にした車だったと思います。ん?いや、もしかしたら今のアウトバックL.L.Bean風のグリーンだったかな? 写真を持っていたと思うのですが、なにぶん昔のものでもあり、引越しのドサクサでどこに紛れたのか、残念ながら発見できませんでした。富士重工業に資料が残っているようなら、次は是非こちらも紹介していただければと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ピッチの外のワールドカップ

日本のワールドカップはもう終わってしまったけど、激闘を制して勝ち上がってきた選りすぐりのチームによる決勝トーナメントは、やはり燃えますね。いつかその中に日本も入って欲しいものです。
Antendo 少しサッカー熱が冷めてしまったかもしれないけど、まだまだ便乗ブームは色々なところで見られます。先日から始めたバイト先でも「ジャーマン○○」と付いたパンや飲み物を販売しています。どこがジャーマン?と思うところもあって、うそ臭い気もしますが、まぁ~お祭りですから。
そして昨日見つけたパン屋さんのドイツ・フェア。「食べるアホウに売るアホウ、同じアホなら食べなきゃソンソン」ってことで、買って来ましたよ。(笑)AntenDo(アンテンドゥ)のドイツパン「レーズンクラフトプロッチェン」と「サッカーボールメロンパン」です。「レーズン~」の方はライ麦パンにレーズンやひまわりの種が入っています。ちょっとツンとする独特の酸味があるパンですが、日本人向けになっていて食べやすかったです。噛むほどにライ麦の甘さが増していって、好きですね!こういうパン。サッカーボールの方はシャレですから。(^^;ただのココア生地のメロンパンですけど、楽しい気分になります。日本が負けちゃっても、こういうものは影響を受けない・・・かな。もう少しサッカーと一緒に、ドイツ気分を楽しみたいです。

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

「らいおん」のラーメン

府中の再開発地区にできたショッピングセンター「くるる」に入っている「らいおん」に行ってみました。再開発の前から地元で営業していたお店で、昭和56年の開店だそうです。行列のできるラーメン店として有名で、いつも混んでいるので避けていました。が、回転が速くてさほど待たないという噂を聞き、チャレンジしてきました。
Lion_1 食べたのは、ネギと挽肉をごま油で炒めた物をのせた「らいおんらーめん(\800)」。麺は太めのストレート、つるつるした食感が良かったです。味もまぁまぁ、値段相応の美味しさ。ただ、「たまぞう」や「ふくみみ」といった“安くて美味しい”ラーメンを食べてしまうと、「同じ程度のおいしさなのに高い」という辛口評価にならざるを得ません。しかも写真を撮ってもあまり美味しそうに見えないとおり、器が油でベタベタ。一度にたくさんのどんぶりを並べてつゆを回し入れるので、見た目が汚らしいのです。もちろんさわった手もベタベタですよ。
もっと良くないのがお店の雰囲気です。回転を良くするため、行列しているお客さんに「先に食券を買ってください」と呼びかけるスタッフの声がうるさい。そんなくらいなら、券売機をお店の奥の行列先頭部分に置かずに、入り口の行列最後尾の所に置けば済むことなのに。さらに、食券を買ったお客さんは厨房の店員さんから注文を訊かれ、叫び返すことを要求されます。もう落ち着いて食事をするどころではありません。それでもならんで食べたいかは人それぞれでしょう。地元のBBSでも味の割に厳しい評価が多いことが、行ってみて初めて納得できました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

覚えにくいよ!ヘメロカリスって。

Hemero ユリに似た漏斗状の花が綺麗なヘメロカリス。我が家のは目を見張るほど鮮やかな赤い色をしています。ヘメロカリスは元は日本などの東アジアが原産のキスゲやノカンゾウが欧米で改良されたものだそうです。色も黄色や橙色から赤、白、紫と豊富ですが園芸店ではあまり見かけた事が無いです。大変丈夫で育てやすいのが我が家向き。(笑)
数年前の夏ごろに諏訪大社(上社)に行った時、近くの民家で買ったものです。その家の庭は沢山のヘメロカリスが咲いていて、株分けしたけど植えるところが無いので売っているって感じでした。そういえば蓼科高原の方も、黄色のキスゲが綺麗に咲いていたっけ。キスゲというと高原の花のようなイメージがありますね。
そうして手に入れたわりに鉢植えにして放置していたら、殆ど花をつけなくなりました。(毎度の事)しかしホント丈夫で、葉っぱだけは茂らせて生き延びてきました。(エライ!)地植えにしてからは元気もりもりで、去年は40位の花をつけましたね。今年も結構いい数のつぼみが付いています。なんだか色が年々濃くなっているような気がするのは気のせいでしょうか。また何かの機会に違う色のヘメロカリスが手に入ったらいいな・・・と。ラクでキレイが一番よ!(*^-゚)v

(byふらっと)

2006.6.29追記
今朝、NHKのニュースでヘメロカリスの紹介がされていました。ヘメロカリスはギリシャ語で「一日の美」という意味だそうです。朝から思わず「ほぉ~」と声が出ました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ユリが咲き始めました(BlogPet)

確か後はバステトたちが、ネットで大きい満開状態などを散策したユリの花が綺麗です
ユリ園
に出かけて買ってきた
おかげで7つも買えたんですけどね
(笑)
今年もそろそろ見頃のようなので、行ってみようかとか出かけて買ってきたものです
リリーとかしたいな
天気次第だけど
(^^;

(byふらっと)


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のカートピアを引っ張り出してみました

スバリストの愛読誌「カートピア」。一昨日のレガシィ・ブログでは、このカートピアを取り上げていました。(取り上げるきっかけの『先日ある方のブログに「CARTOPIA」の話がありました。』というのはうちのことかなぁ? 見ていただけてるとしたら嬉しいことです。)
Cartopia1 私もずいぶん長く読んでるつもりでしたが、なんと30年以上も前からあったそうです。私が免許を取る10年以上前です。カートピアになる前の広報誌に至っては私が生まれる前! そんなころからユーザーとの交流をを大事にしてきたんですね。だからこそ「スバルサイン」など、スバリスト同士のコミュニケーションもできたのでしょう。

さて、うちにある一番古いカートピアは...ちょうど20年前の1986年6月号。免許をとって間もない、2代目レオーネ(AB型)に乗っていた頃のものです。特集は3代目レオーネ(AA型)の「サファリラリー・グループA優勝」です。Cartopia2_1 上州カラーのAAレオーネの写真が満載。眺めているだけで顔がニヤけてきます。当時のスバル・ラリ-・チームの監督は高岡祥郎氏。今回レガシィ・ブログで紹介している誌面で、ラリーセミナーを書かれている方です。他にはドライブルート紹介、メカニズムの解説、投稿欄「カートピアン・プラザ」など、今のカートピアに通じる内容が既に確立しています。今と違うのは本のサイズで、一回り小さめです。
この頃は今のように毎月読んでいたわけではなく、点検や車検でディーラーを訪れたときにもらう程度。そのため、この小さいサイズのカートピアは他に1987年8月号、11月号、1989年2月号しかありません。ただ、不思議とポイントは抑えているようで、それぞれアルシオーネ2.7 FLAT6のエンジニアインタビュー、AAレオーネのフルタイム4WD“GT-II”登場、初代レガシィ登場という特集です。

初めて投稿して採用されたのが2001年1月号。いくつかのオーナーズクラブで共同開催しているスバリストミーティングの告知になればと思い、自作のチョロQの写真を投稿したのですが、掲載されたのはミーティング終了後。しかも写真のみというちょっと残念な結果。その後、海外旅行先で見かけたスバル車の投稿を3回ほど掲載してもらえました。そして、2003年5月号の特集「14年目のレガシィを語ろう」では、取材を受けた友人に誘ってもらい、我がBFレガシィもちゃっかり写真に収まってしまいました。また、自分だけでなく友人が掲載されることもあり、こうして振り返るとけっこうカートピアには楽しませてもらってます。

今回のレガシィ・ブログで初めてカートピアを知ったという方もいらっしゃるようですが、ブログとの相乗効果で読者が増え、発行部数が倍増!なんてことになったりして。

(byぶらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

「ヨーロッパ21カ国完全制覇」を副音声から見る

なんて節操の無いDVD鑑賞の仕方でしょう...副音声からとは。(笑)
Dvd_7実は関東の人間はMX-TVで、つい2週間ほど前の「どうでしょうclassic」で見たばかりなのです。もちろん再編集されているし、未公開シーンもあるとは思っていますが、やっぱり...ねぇ。(*^-^*)
副音声でしょ!相変わらずのはじけたトークで、笑いっぱなしでございます。「実はね」「本当の事を言うとね」とぶっちゃけ話を聞くと、また本編を見返す楽しみが出来ます。
そして副音声嫌いの大泉洋さん。確かに彼のは毎回大して面白くない(酷)ですけど、今回はサイコーに笑えます。そうだろうとは思っていましたが、本当にちっちぇーヤツなんですもの。(爆笑)いいですねぇ~息もぴったりの罵倒トークは。その後のミスター、鈴井貴之さん。ミスターとディレクター陣になると、トークにも年輪を感じます。なんていうか、みんな年とったのねって感じ。話に落ち着きがあって、洋ちゃんの時とはまた違う面白さです。まぁ~飲み屋で思い出話しているおやじっぽくはあるけど。(笑)
さ~て、今度は主音声で見直すか。でも今日はさすがに眠い・・・な。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

各々方、討ち入りにござる!

ごく普通の企業戦士である我が夫ですが、今日だけは‘どうでしょう藩’の藩士としてビシッと出勤途中に討ち入りを果たしたようです。結果を報告するメールが届きましたよ。(笑)

まず、『0754ワレ討チ入リニ成功セリ』と来た。討ち入りなのになぜ電報調?(笑)そして・・・。

『DVD第7弾をGETしました。
ローソン屋敷のお姉さんが丁稚見習いの方で、いつも予約商品を置いてあるレジ下の小さな棚を探して
「見つからない」と困った顔。
「そんな所に入りきらないでしょ」
「レジの奥に100枚以上のDVDが詰まった大きな箱があるじゃん」
「日が変わってから既に何十人も討ち入りに来ただろうに...」
と心の中でつっこみを入れながら見ていると、青くなりながらもう一度同じ場所を探し始めました。
しかし、その様子を見て察した番頭さんが
「そこにはないよ、レジの奥だから」と、予約表も見ずに指示を出す。さすが慣れていらっしゃる。』

とのこと。
少々手間取ったようですが、無事「水曜どうでしょう DVD第7弾!ヨーロッパ21カ国完全制覇」をGETできました。これで今日は「どうでしょう漬け」の夜になりそう。楽しみ、楽しみ。
早く帰ってこいよー。(^O^)/ つーか、その前に仕事してくれよな。

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

イロモノ(笑)飲料-その2-

Kodomo 今日は気温も高くて不快指数もグングンあがりました。こんな時は冷たく冷やしたビールをきゅ~っと飲むと美味しいですよね。まさに大人の定番!「とりあえずビール」って感じ。(^-^)
子供の頃飲んでみたくて、母の目を盗んで父にちょこっと飲ませてもらったり。そして「まっずー」(T△T)と後悔した覚えが誰にでもあるのではないでしょうか?そんな子供の背伸びしたい好奇心を満たすのが目的かどうかは知りませんが、見つけましたよ「子供ののみもの」。なんていうか、「シガレット・チョコ(紙巻タバコの形のチョコ)」並みのお遊び系飲料ですね。この間はテレビCMまで見ちゃった。「黒ビールもあるよ」とか言ってたっけ。∑(゚◇゚;)
さてコップに注いでみると、見た目は本物のビールっぽい。泡立ちが良いので、それらしい気分になれます。お味の方は、甘いだけの炭酸飲料です。これといった味が無い。まぁ~ビールの雰囲気を楽しむものなんだから当然か。あれ?雰囲気を楽しむだけ?じゃ~年齢的に大手を振ってビールが飲める人は買う必要が無い・・・と今気が付いた。(大バカ)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ユリが咲き始めました

Yuri_1_1 鬱陶しい梅雨空の中、凛としたユリの花が綺麗です。すかしユリとオリエンタル・リリーの両方を植えていますが、今はすかしユリが満開状態です。これが終わると次はオリエンタル・リリーかな。毎日、庭を眺めるのが楽しみですよ。本当にこの時期だけは庭に出ている時間が長いこと。冬になったら一歩も出ない日が続くのに。(^^;
我が家のユリは、昨年西武球場近くの「ユネスコ村自然散策ユリ園」に出かけて買ってきたものです。ユリ園の中はそりゃ~も~色とりどりのユリが群生していて、溜息が出るほど綺麗でした。 Yuri_2すかしユリは香りませんが、カサブランカなどのオリエンタル・リリーはうっとりするほどいい香りがします。確か後数日で終わりだったため、どれも半値くらいになっていました。おかげで7つも買えたんですけどね。(笑)今年もそろそろ見頃のようなので、行ってみようかと思っています。今度はお弁当を持ってゆっくりしたいな。天気次第だけど。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ディズニー・チョロQ

半年ほどチョロQの新作製作をさぼっていました。「ワンフェスを1回休んで作り溜め」のはずが、出ないとなったらモチベーションが保てません。(^^;) こんなことじゃダメだ!ということで、まずはゼンマイを仕入れに新宿のヨドバシのゲーム・ホビー館へ。
Disney_q そこで見つけたのがコレ。3月末に発売になったディズニーキャラのラッピングシリーズ。第1弾はスバル360、R1、ボンネットバスでした。出たのは知っていましたが、最近のディズニーに失望しっぱなしなのと乗用車にラッピングという無理やり感から、まったく興味はありませんでした。超リアルサーキットシリーズのインプレッサWRCarなどは発売日に行かないと売切れてしまうので結構真剣ですが、今回は2ヶ月半ほどすっかり忘れていた状態。しかしまぁ、せっかく売っていたので一応スバル車だけ押さえてきましたよ。
このシリーズ、タカラ-おっと今はタカラトミーですね-は子供向けに車の形に関係なくキャラクターで売りたいらくし、第2弾、第3弾と続いています。プーさんやらドナルドやらリロ&スティッチやら、いい加減な塗装でいい加減な商売をしています。まさしく“子供だまし”ですね。(だまされた私も“こども”です。)
超リアル仕上げなんかもそうですが、スタンダードをベースにちょこっと塗装をいじっただけで付加価値をつけて高く売るというのが、チョロQの常套手段です。その為に新しく型を起こすような事はしません。ディズニーシリーズなんかは、キャラをシールでなく立体のフィギュアで乗せたほうが絶対良いのに。とは言え、もともとターゲットは子供だし、その上分かってても買ってしまうコレクターがいるのだから、商売としては楽なんでしょう。
それに比べると、同じディズニー・チョロQでも『カーズ』のシリーズは良い出来です。きっちり型から作って、CGのキャラを再現していますし、ホイールまで専用です。さすがにホイールだけのために買うには高いし、スバル車じゃないので買いませんでしたが。(爆)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

引きこもりのココロ

「専業主婦になったら趣味に没頭する毎日を送りたい!」と、夢見ていたのはいつの頃でしょう。(遠い目)実際そうなると私のような怠惰な人間は、なーんもしません。(キッパリ)自分でもどうしてこう“自分に甘い”のか・・・。ダメだと思ってもどうにも行動できないという毎日です。‘運動不足’とか‘デブる’とか、都度反省はあったものの、もう毎度のことで反省なのか習慣なのか・・・。(汗)ところが最近、文章を書くこと・人と話すこと・新しいことを始めようかと考えたとき、『自分に自信がない不安な気持ち』に一瞬だけど襲われました。いや~なんでしょう、すぅっと体温が下がるような感じでびっくり。ほら、最近「脳トレ」とか「ひらめき脳」とか、鍛えないとヤバイぞーと暗に脅迫しているゲームやテレビが多い(好きだけど)から、知らないうちに追い詰められていたのかも。っていうか、引きこもりがね、段々酷くなってるのが一番の問題なんです。ずっと一人でいるので、緊張感のカケラもないんですよね。おまけに楽だからボーっとして気が付くと寝てたりして。(汗)っつーことで、バイトをすることにしました。イェ~イ(^^)v週平日の3日、1日4時間程度。それ以上は働く気ナシ!シンドかったら辞めちゃおー。(オイオイ)どこまでも自分に甘い私だった。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

イロモノ(笑)飲料-その1-

S_cafe3 最近巷で「まずい」と評判の『スパークリング・カフェ』をやっと見つけました。探してもどこにも売ってなくて、でも「まずい」と評判ばかりを聞くと、尚更飲んでみたくなる哀れなサガ。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ヤレヤレ。
さて噂どおりなのか・・・味を見ると。私は「まずい」とまで言わないけど、「美味しいものではない」と思いました。もう一度飲もうとは絶対思わない。しかし、旦那さまは「まずい」を連発し、殆ど飲まずに捨てる始末。おみゃ~が欲しがったんだろーが。\(*`∧´)/プリプリ!
手軽にお家で作れる味です。だって「ネスカフェ・エクセラ」でアイスコーヒーを作って、炭酸で薄めると出来上がりって感じだったもん。薄いネスカフェ・エクセラの缶コーヒーなんて、わざわざ買ったりしないよ。(´Д`)せめて「ゴールドブレンド」くらいのランクで作ってくれ。>ネスレさま
とにかく‘コーヒー好き’が‘コーヒー嫌い’になってしまいそうな不味さだと申しておりますので、試してみようと思われる方はお気をつけください。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

過保護は仇になるか(BlogPet)

ふらっと☆ぶらっとが
偶然ですが、先日から噂になっていたスバルの新型軽自動車「スバルラ」の発売日だったようです。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

スバル・ステラ発売

Stella_1 昨日のことになりますが、アンジェラ・アキさんのCDを買うため、会社帰りに新宿に寄り道しました。いつも通りスバルビルへカートピアをもらいに行くと、ショールームに見慣れない車が置いてあります。偶然ですが、先日から噂になっていたスバルの新型軽自動車「ステラ」の発売日だったようです。いつもは閑散としている閉店間際の時間でしたが、結構な人数の会社帰りと思しきサラリーマンの方が、運転席に座ってみたりエンジンルームを覗いたりと熱心にチェックしていました。
富士重工業の企業情報プレスリリースによると『「STELLA」(ステラ):イタリア語で「星」を表す言葉。使っていただくすべての方にとって、 光輝く存在となるようにとの思いを込めた。』とのこと。プレオの後継車種かと思いましたが、そうではなく追加モデルのようです。
R2、R1で「軽自動車ならではのコンパクトで小回りの利くパーソナルコミューター」という路線を提唱していますが、売れないことにはお話にならない。(^^;) 売れてる軽自動車の“いいとこ取り”で、とにかく売りたい!という気持ちが最前面に出ています。

デザインは街でよく見かける「背が高くて四角い」形。特徴を出す余地も少なく、どこかのメーカーの車のOEMだと言われれば、無条件に信じてしまいそう。フロントグリルやR2以来のリアゲートハンドルをかねた六連星などでかろうじてスバル車と分かる程度です。グレードは大きく分けて「ステラ」とスポーツモデルの「ステラカスタム」の2つから選べるようです。カスタムの方は、プレオでも使われていた大径のフォグランプやドアミラー内蔵のサイドターンランプで差別化を図り、なかなか精悍。

パッケージングとしては「今まで不満と言われていたところをすべて対応しました」って感じ。助手席を倒せばシートバックがテーブルになるとか、車内のあちこちに設置されたコンビニフックと収納ポケットとか、90°近く開くドア、三角窓とドアミラー配置で視界確保、ドアポケットにはへこみを付けることでペットボトルまで入っちゃう...等々、カタログやビデオで必死にアピールしています。が、「えっ、今までなかったの?」と言われて終わりでしょう。
Stella_2 ただ後発だけあって、先行各車に比べて優位な点もいくつか。4名乗車のままカーゴルームに畳んだベビーカーを縦置きでき、それを固定するベルトも標準装備しています。また、分割可倒はもちろん、後部座席が左右独立して前後に200mmもロングスライドでき、運転席から後席のチャイルドシートに座った子供とスキンシップを図りやすいなんていうのも、乳幼児がいる家庭には嬉しい配慮でしょう。高齢者や子供が乗り降りするときにつかみやすい高さに設置されたアシストグリップ「らく乗りグリップ」なんかも、随分な気遣いです。
若い人には携帯音楽プレーヤー接続用のAUX端子は嬉しい装備。軽自動車にもこんなものが付く時代なんですね。さらに、R2以来の「アロマティックブレイク」も健在です。

その他スバルらしいといえば、スバル360以来伝統の4輪独立懸架。そして4気筒エンジンにi-CVTといったところ。もちろん全グレードにAWDをラインアップしています。価格が他社の同じような車より若干高めな気がしますが、スバル車ならではの満足感はあると思います。とにかく今までの短所をすべて改善したといった感じは、スバル車とは思えない“至れり尽くせり”。スバル車の軽を変えるかもしれないステラ、スバル車に選択肢がないと嘆いていたファミリーユーザーにはお薦めです。

トラックバック先:
ステラ誕生!(LEGACY BLOG)
これがステラです。(Car☆STELLA) ※昨日よりステラの公式ブログも始まりました。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

買っちゃった!『HOME』だよ。

本日発売、アンジェラ・アキさんのファーストアルバム『HOME(初回限定版)』を買っちゃいました。(^▽^)v
Angela_aki 最近お気に入りのシンガーソングライターです。初めて見たのは、カエラちゃんがMCだった頃のsakusakuです。見るからにハーフの顔立ちで「おっと、日本語OK?」とか思ったら、メチャメチャ関西弁(徳島弁)で笑った。第一印象を嬉しい方向に崩してくれました。そしてこの方、ダイナミックにピアノを弾きながら歌い、透明感のある美声を聞かせてくれます。一番ハマったのは、あのでっかい口から「その太さで、まんま出してるだろー」と思わせる歌いっぷりです。こっちまで気持ちがよくなってくるよ。曲の方も一般からオタクさんまで、誰が聞いても喜べるラインナップ。(笑)「ファイナル・ファンタジーⅩⅡ」のテーマ曲や挿入歌、「BLOOD+」のエンディングと直球ストレートで突いてきます。(*^-^*)これは是非、特典映像を見て彼女の作り上げる異空間を漂って欲しいと思います。うん、お薦めよ。(*^-゚)v
ちなみに公式サイトで、視聴できますよ。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

除湿機の実力

Mizutori 入梅してからパッとしない天気が続き、天気と同じくらい気分もパッとしなーい。(´Д`)そんな毎日のわりに、今のところジメジメ攻撃を受けていないのはラッキー。とは言え、手遅れになる前に除湿機を買ってきましたヨ。「これで安心!はっはっはー」と笑いたいところですけど、実は私、あまりコイツを信用していません。本当に効果があるのかなぁ?
自宅は24時間換気で常に外から空気を取り込んでいるわけで。いくら除湿しても湿気タップリの空気が次々流れ込んでくるさまは、まさに背水の陣で大群に挑む戦国武将のよう・・・。(違う!)まぁ~とにかくイタチゴッコだなーと思うわけです。だからって放置よりは良いのかもしれないけど。(--;
一応、部屋の除湿はもちろん、クローゼット内の除湿が出来るというヤツで、一番心配な箇所を重点的にフォローしています。ちなみに買ったのは東芝のRAD-80DWXというコンプレッサー式。スリムで稼動時の音も静かです。良し悪しをどう判じるかそれはこれからですが、今は楽しく使っていたり。「うわー水が溜まったぁ~」ってな感じで。(当たり前です)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

横浜プリンス グランドフィナーレ

Yokohama_02 横浜観光シリーズもそろそろ終盤。今日は横浜プリンスホテルの紹介です。
西武グループ創業者一族の不正のあおりか、不採算事業の整理か、6月末で横浜プリンスホテルが50年の歴史に幕を下ろすことになったそうです。(詳細な歴史をまとめているサイトを発見しましたので、詳しくはそちらをご参照ください。)
私の記憶にある横浜プリンスと言えば、1990年のリニューアル後。それ以前は「そんなところにホテルなんてあっても...」程度の認識でしたが、新しくなったホテルは高台の上に威風堂々とそびえていました。東京や横浜市街で遊んだ後、当時住んでいた金沢区の実家へ車で帰る途上、16号線から見上げる度に「いつかは泊まってみたい」と思うようになっていました。しかし、実家の近所でわざわざホテルに泊まるなんてことしませんね、やっぱ。そうこうしているうちに、今回のグラントフィナーレとなってしまいました。実家からの情報で慌てて予約をとろうをしましたが、既に週末はすべて満室。宿泊は憧れだけで終わってしまいました。せめてホテルの歴史を辿った写真展だけでも見たいと思い、横浜観光がてら行ってきました。
Yokohama_01_1 ホテルの敷地にはハワイの草花を集めた温室から野外のバラ園へ繋がる「フラワープロムナード」、鉢植えや苗などを扱う「ガーデンショップ」もあります。そしてロビーの奥には一般からも提供してもらったという古い写真たちが。なにがすごいって、横浜プリンスの高台から見下ろすと、16号線のすぐ脇は海! こうして見るとここにリゾートホテルができたことも理解できます。反面、海が埋め立てられ工場地帯になってしまうと、みなとみらい地区に大きなホテルができたことと合わせて、磯子では集客力は望めなくなってしまったのでしょう。Yokohama_04これも時代の流れなので仕方がないことですが、跡地は大規模マンションとなってしまうそうです。 一つ気がかりなのは、横浜市の歴史的建造物にも認定されている旧東伏見宮別邸(現在はプリンスホテルの貴賓館として利用されています)が、保存されるのかということです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月11日 (日)

対象年齢は40歳以上でありますか?

Kero01_1子供向け番組でありながらさまざまなパロディーでオタク受けも良い「ケロロ軍曹」。元々サンライズ作品ということで、ガンダムなどのパロディはまさしくやりたい放題でした。 Kero15少しずつパロディの対象を広げ、著作権に対する厳しさではディズニーと双璧を為すと目さ れるサザエさんまでも露骨にパロってしまう始末(2006/3/10)。
それで怖いものがなくなったか、もう歯止めが効かない感じ。今回(2006/6/9)は明らかに40代以上の世代にしか分からないようなネタ満載でした。

今回のヒーローは、その名も「ウェットルキング」。名前、デザイン、タイトル画面、“水がないと戦えない”設定はアイアンキングそのものなんだけど、身体の色や回転するエフェクトはミラーマン。
Kero02Kero03Kero04
ヒューマンサインウェットルサインをクルクル回して「赤で変身、青で登場」って変身プロセスは、無謀にも特撮で“公開録画”にチャレンジした「突撃!ヒューマン」ですね。
Kero05Kero06Kero07
“気をつけ”の姿勢で滑車で飛んでくる忠実さには呆れます。
Kero08Kero17_1Kero09
さて、その「ウェットルキング」を操るケロロとタママのいでたちは...主人公の静弦太郎さんとアイアンキングに変身する霧島五郎さんです。弦の字が振り回しているのはアイアンベルトだし、変身アイテムの帽子のバッチが初心者マークになっちゃってるし、指が痛くないようにウェットルサインを鉛筆で回してるし。もうメチャクチャです。もはや何のヒーローだか分からなくなってきましたが、それでもベースはあくまでも”史上最弱の変身ヒーロー”と言われるアイアンキング。役立たずっぷりがすばらしいです。

Kero11Kero10
後半になると「帰ってきたウェットルキング」となり、いきなり笛を3回Kero12吹いてマグマ大使ウェットルキングを呼ぶことになっています。タイトル画面は分かりやすく「帰ってきたウルトラマン」で。 そしてウェットルキングに太刀打ちできない夏美を助けるため、仮面の忍者青影小雪が参上。「だいじょうビ!」。
Kero13 対小雪のために、パワーアップする「ジャイアントウェットルキング」。2段変身で巨大化する「流星人間ゾーン」の設定と、てこ入れのために巨大ヒーローものに鞍替えした「シルバー仮面ジャイアント」のネーミングの合わせ技。巨大化しても5cmだけという最弱ぶりは、Kero14 やっぱアイアンキングか。そして、正義の心に目覚めたウェットルキングの“悪の心を膨らます”ギルのケロの笛。残念なのは何かの音で笛が聞こえなくなるのではなく、ドロロに笛を壊されるというオチ。お約束は守ってもらわないと。

もう、昔の記憶がよみがえりまくりの30分でした。捕らえようによっては最近の仮面ライダーやウルトラマンのように「子供とお父さんのコミュニケーション促進の媒体」になりそうですが、普通のお父さんではどこまで分かることやら。良い子のみんなはレンタルで昔の特撮も見てみるであります!

トラックバック先:ケロロ軍曹 第113話 恐怖!ナメクジ男!!の巻(テラニム日記)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月10日 (土)

まぐろの王様。ど~ん!

Maguro 一度行ってみたいなーと思っていた、府中の「大東京綜合卸売りセンター」に行って来ました。卸売市場なので、小売価格より安いし、業務用などのデッカイものが売っていたりします。見て回るだけでも楽しそーでしょ。実際普通より1~2割は安いと思います。モノによってはもっと安かったけど。
その市場の中に「海門」というまぐろ専門の卸が入っています。そこの直営の定食屋さんが「まぐろの王様」です。なんでもスーパーJチャンネル(テレビ朝日)の奥様鑑定団で★5つをGETしたお店だそうです。(それはスゴイのか良く分からんが...)まぐろ大好き~な私としては、一度市場の鮮度バッチリっていうまぐろ丼を食べてみたかったわけです。
さて、お昼少し前に行ってみると、お店の前には行列が。∑(゚◇゚;)ゲッ!並ぶの?まぁ~仕方ありませんかね、土曜日ですし。しかし、回転が速いので行列の割りに待ち時間は短かったです。注文したのは「まぐろの王様丼」¥980-です。すごいですぅ~。普通のまぐろ丼の上にカキ氷の様にまぐろが乗っかってます。こんなに大きいなんて...。でも(意地で)完食しましたよ。(^-^)v
やっぱり新鮮で美味しい~。大満足ですが、ご飯もまぐろも大量すぎ。今度からは持ち帰りように1個買って、二人で半分ずつ食べようと言うことになりました。っつーか、それで普通の一人前の量だと思うわけ。育ち盛りじゃないんだから。(^^;
旦那さまは、しばらくまぐろは食べたくないといってます。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

メンテナンスは終了したけど

メンテナンスが終了しました。大方の予想通り、16:00では終わらず延長されていました。さすが、ココログ・クオリティー!毎度なので驚きません。っていうか、今までが酷すぎだったので、この程度の延長で済めばよく出来たではないかと褒めたい気持ちにもなります。「予想通り」というより、もう「予定通り」という感じだったので、当日分の更新は2:00のメンテ前に済ませておきましたし。

ただ、諦めの感覚とは別に、納得いかない点は沢山あります。まずは「何度トラブルを繰り返せば学習するのか」ということ。いつもいつも『本来影響が出ないと想定していた箇所で不具合が発生しました。』という結果になりますが、自社のシステムを把握できていないようですね。前回のトラブル時に問い合わせたところ、『ココログのメンテナンスにつきましては、担当部署にて事前にテストを行った上で実施させていただいております。しかしながら、テスト時には発生しなかった問題が、メンテナンス後に生じ、その結果、障害が発生する状況となっております。』という回答をいただきました。つまり、十分なテストケース・リハーサルシナリオが設定できていないということでしょう。システム屋さんとしては同じトラブルを2回起こすというのは、かなり恥ずかしいことだと思うのですが、その上テストケース漏れとはお粗末な限りです。

また、有償のベーシックコースに強制的に表示している広告まがいの「ココログからのお知らせ」が、肝心なときに機能していません。@nifty曰く『「お知らせココログ」の表示は、障害内容により閲覧者がトラックバックやコメント投稿できないケースも発生するため、ブログを閲覧している方々にも障害情報をはじめとしたココログのお知らせを知っていただくためとなっております。』とのことですが、メンテナンスが延長になっても表示は『2006年6月8日(木)02:00-16:00』のまま。「【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ」という、知っている人しか見ないような裏ページで、こっそりと『20:00まで延長』と書かれていました。で、19:00過ぎにやっと『メンテナンスは18:24に終了しました。』と更新されました。アクセスできない状態をお知らせするはずなのに、いつも『~でした』と過去形なんですよね。リアルタイムで出せないお知らせなら、やはり「強制広告」と解釈ざるを得ません。

そして、ココログがトラブルを起こす都度、コメントやトラックバックで多くの貴重な意見が寄せられているのですが、これがまったく活かされていない。文句を言ってくれるのは良いユーザーです。改善を期待しないユーザーは文句を言う労力などかけずに、黙って離れていくだけですから。まぁ、きついばかりの罵声もあるようですが、それもこれも“生の声”。こんなに気軽に直接お客様の声が聞けるなんて、客商売としてはうらやましいくらい。@niftyさんもせっかくのユーザーの声を真摯に受け止めていただきたいものです。

トラックバック先:6月8日(木)のメンテナンスは18:24に終了しました。(【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ)
第16回ニフティ会議(古河建純 インターネットBlog)

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

ココログ@niftyメンテナンスのお知らせ

本日の2:00から16:00まで、14時間の予定でココログのメンテナンスが行われます。メンテナンスの間も記事の閲覧はできますが、コメント・トラックバックは受け付けられません。また、メンテナンス時間は予告なく延期されたり、メンテナンス終了から数時間はアクセス集中により非常にレスポンスが落ちることもあります。
コメント・トラックバックをくださる方は、タイミングを見計らっていただくようにお願いします。併せて、書き込み内容はメモ帳などのテキストエディターで事前に保存しておくことをお奨めします。

トラックバック先:メンテナンス実施のお知らせ:2006年6月8日(木)02:00-16:00(【特設】ココログレスポンス問題お知らせブログ)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒゲの炊き込みご飯を作った!

「水曜どうでしょう」のファンなら、公式サイトのうれしー&藤やん、両ディレクターの日記は毎日欠かさず読まれていると思います。私も日々の巡回サイトに入れております。
さて、3月に藤やんオリジナルの炊き込みご飯が紹介されました。その名も「アサリとホタテとタコの炊き込みご飯」という、ひねりも何も無い名を持つ炊き込みご飯です。一度作ってみたいと思いつつ、延び延びになっていましたが、やっと挑戦しましたよ。(^^)v
とりあえず、レシピ通りお米4合(二人暮しなのに...)です。具はA(アサリ、ホタテ、大根、レンコン)とタコ、枝豆にトッピングで三つ葉、カイワレ、みょうが、白ゴマです。なかなか具沢山でしょう。まずお米とだし汁(調味料入り)に具Aを入れ炊きます。うまく出来るかドキドキ~。覗きたい気持ちを抑えるのに必死ですよ。そして炊き上がったらタコを入れ蒸らす。蒸らし終えたら枝豆を入れて混ぜ混ぜ~。ヤバイ!マジうまそう~。うちの土鍋のサイズでは4合はちょっと多すぎだったようです。混ぜるのが大変。そしてトッピングの具を乗せて完成!
Higemeshi
食べてみましたよー。本当に美味しいのぉ。炊く時のだし汁にアサリのゆで汁を半分位使ってるから、アサリの味もホンワリして深みのある味だし、レンコンの歯ごたえもサクサクしていい。とにかく具が多いのに、無くてもいいと思うものが無い!枝豆なんて剥くのが面倒だから次回から省こうかと思ったけど、これがまたご飯と一緒に食べると美味しくて絶対必要だと心底思ってしまった。かなり惚れたので、今度ひとが来た時には、作って食べさせてあげようと思います。そして次は、もう一つ紹介されていた「タコたっぷりのカニ炊き込みご飯」に挑戦しようと思います。\(^▽^)/
う~ん、休日だけのにわかシェフとは言え侮れないぞ、藤やん!

トラックバック先:犬の散歩で転倒(☆ゆうこ☆のポケット)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

過保護は仇になるか

Yuri もうすぐ入梅。去年買ったユリが今年もグングン伸びています。オリエンタル・ハイブリット(白2本,ピンク1本)とスカシユリ4本です。スカシユリの方が発芽が早く、つぼみも結構大きくなっています。1個は分球したのか、2本芽が出ました。(ちょっと小さいけど)育て方を調べると、手間いらずで初心者向きのようです。アドバイスとして雨などの跳ね返りで、葉がダメになったり病気になる事があるから根本にグランドカバーになるものを植えると良いとありました。そう言われても丁度良さそうなのがないし、旺盛なものを植えて肝心のユリが育たなくなっても困るし...。そう思っているうちに根本の葉が枯れ始めました。ゲッ!やっぱマズイ?と今更ながら思ったり。仕方がないのでバークチップを置いてみました。これなら軽いし、いいんじゃない?と安易に考えてますけど...どうでしょう?大体私の場合、あれこれ考えて手を施すと失敗するんだよなー。(^^;
ここまで育って失敗したら泣くね。こまめに様子見てなんとか咲いていただきましょう。A( ̄△ ̄)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

山手カトリック教会

段々観光ガイドもどきのblogになってきましたが、本日も横浜話で。観光名所としても有名な『山手カトリック教会』。由緒正しく、歴史のある教会です。簡単に紹介すると、開港後初めてのキリスト教会堂で、チェコのスワガー(北海道の当別トラピスト修道院など)の設計。尖塔アーチに高い鐘塔というゴシック様式で、日本一美しい聖堂とも呼ばれるとか。場所は石川町から歩いて行けますが、なにせ山の上なのでちょっとシンドイ。教会の近くには、外人墓地や山手十番館、港の見える丘公園などがあり、休日は観光客で賑わう場所です。
Church さてさて、その昔ここで結婚式を挙げました。信者でなくても、決められた講習を受ければ式を挙げることが出来ます。ただし、平日だけですけど。いや~懐かしいですね。久しぶりに行ってみると、信者さんの結婚式が始まるところで中の見学は出来ませんでした。残念に思いますが、そういうところに出会うというのも感慨深くていいものです。よく指輪の交換をした後誓いのキスがありますが、ここではキスはありません。なので「したい方は申し出てください」と言われたのを覚えています。親兄弟の前でそれはイヤだったので、無くてホッとした記憶が。(笑)あと、式当日に花嫁はバージンロードを父親と歩いて入るので、「準備が出来るまでココで待っていてください。」と通されたところが、掃除用具とか雑多なものが押し込まれた用具室だったのでオイオイって笑ったことが思い出されます。思い出すのは変なことばかり。もっと大事なことも在ったように思うけど。(^^*エヘッ

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

究極の豚まん!

Butaman1_1 中華街を散策していると、なにやら人だかりを発見。そこは“究極の豚まん”ののぼりがはためく「雅秀殿」というお店でした。かなり有名な豚まん屋さんらしい。 近寄ってみると物々しいカメラを構えたスタッフが・・・。そしてカメラの先には、おぉっと芸能人に遭遇か!と思ったら全然知らない人でした。ちょっとガッカリ。全然分からないけど有名人?男か女かも区別できなかったけど。(失礼)でも、こういうのを見ちゃうと味を確かめてみたくなるのが人情(だよね?)。つーことで、豚まんとごま黒糖まんと甘栗あんまんを買ってみました。さてお味の方ですが、人気がうなずける美味しさです。皮も薄くなく厚くなく、丁度いい感じ。具は豚角煮、筍、椎茸などがゴロゴロ入っていて、歯ごたえがあります。キャベツも入っているのですが、それがシャキシャキしてさらにグ~。d(^v^)
Butaman2_1 こういうのを食べちゃうとコンビニで肉まんなんて食べられなくなりますね。普通の肉まんの1.5倍くらいあって¥315-ですから、値段も良心的だと思います。持ち帰りは3個パックからですけど。あと、甘栗あんまんも美味しかったけど、やっぱりインパクトはごま黒糖まんです。普通のあんまんにゴマが入っている程度と思ったら大間違い。殆ど擦りごまです。噛むとジャリジャリ言うくらい。美味しかったけど、食感は微妙だったわ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

幻の茶壺

Chafu_1 さて、せっかく横浜に行ったので、いろいろ観光気分で歩いてきました。もちろん中華街もぷらぷらしています。帰り際、中国茶のお店を見つけたので「お茶を切らしてるから買ってこー」と入りました。茶葉を選び会計をすませた時、一つの茶壺(チャフー:急須)が目に付きました。茶壺の蓋は蝙蝠(コウモリ)の形をし、肩に4匹の蝙蝠が彫られ、腹には“福”と“壽”の文字が彫られています。この文字にもニヤリとしますが、一番気に入ったのは蝙蝠です。蝙蝠は幸福と富の象徴とされ、中央に図案化した寿とその周りに5匹の蝙蝠を配した模様は『五福捧寿』といい、長寿・富貴・平安・人徳・自然な終命を意味する吉祥柄なのだそうです。日本人の感覚だとコウモリっていいものではないんですけど、それをあえて縁起がよいと言われると、別の価値観を得られた嬉しさがあったり。(笑)そんなこんなで一目惚れって感じで買ってきました。ところが・・・。茶葉を入れ湯を注ぎ、一晩おこうと思ったら、「ピキーン」と甲高い音がします。なんと腹にヒビが入り、じんわりお茶がしみ出してくるのです。(涙)せっかく気に入ったのに、残念ですが返品となりました。はぁ~がっかりだよー。なんだろう・・・五福のうちのどれに縁がなかったんだろう?全部だったらかなりショックだ。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

16th anniversary!

もうすぐ結婚記念日なので、毎年恒例のお食事をしに行ってきました。場所は披露宴をした関内にある『馬車道十番館』というレストランです。横浜では有名で歴史もあり、味も絶品の老舗仏蘭西料理店です。ランチにしろディナーにしろ、一応予約を入れてから行きます。私たちが結婚してもう16年になりますが、いつも必ず覚えていて「おめでとうございます」と声をかけてくれます。また、その時々でワインやクッキーなどのお祝いも頂いたり。年に1回しか行かないのに、申し訳ない感じ。(^^;そして帰りには、ポラロイドカメラで記念写真を撮ってプレゼントしてくれます。なんていうか、至れり尽くせりで感謝・感激・雨あられ!(笑)
10bankan3 そして、そして今日もあれこれ気にかけていただきまして、なんとデザートのプレートに‘16th Anniversaire de Mariage’の文字が!
∑(゚▽゚*)かわいい~っていうか、びっくり~!こういうのは初めてだったので本当に驚きました。

記念日と言うのは黙っていても毎年やって来るものですが、自分たちだけでなく他の人にもこうしてお祝いしていただけるのがとっても幸せです。本当に良いところで披露宴が出来たんだな~と思います。披露宴の場所で悩んでいる人がいたら、是非にとお薦めしますよ。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

爽やかなラベンダーの香り(BlogPet)

バステトは富良野に庭を心配された。
でもふらっと☆ぶらっとで除するはずだったみたい。


レガシィの情報を発信したり、ユーザー同士が集う場を提供したりするそうです。
まず目を引くのはフロントグリルやライト、テールランプやリアガーニッシュのデザイン変更です。
簡単に言えば、スイッチの切り替えでスポーツ走行と環境に優しい走りを使い分けようというものです。
これは各ユーザーの好みによって評価は分かれるでしょうが、バステトのレガシィを大事に13年も乗っていますが、写真で見る限りはシャープで精悍なイメージになったように感じます。
そして目玉は上級グレードに搭載されていますので、そちらをご覧ください。
(バステトも「スイッチを押してスポーツモードO Nの方がレガシィの写真を貼っておきましょう。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

次の勝負だ!

Nae1 グリンピースの収穫も終わり(豆ご飯とチャーハンになりました)プランターが空いたので、今度はナス?ピーマンも簡単そう...とか考えていました。まぁ~見て決めるかと近所の園芸店に行ってみることに。店には色々ありましたが、その中にズッキーニの苗が。ほ~これは珍しい...、しかしいかにも蔓系の感じ。
私「これは上に伸びるタイプですか?」
店「カボチャと同じで這うタイプです」
私「じゃ~広い所じゃないとダメか」
店「大きなプランターでも大丈夫ですよ」
という会話。「そうですか」と返事したものの、「大きなプランター」ってどれくらいのサイズでしょう?うちの結構大きい(と思う)けど、そこにナスも一緒に植えたら狭い?と、疑問に思ったけど面倒くさシャイな私は「じゃ~これくだい」と買ってきてしまいました。
Nae2 大きい(と思っている)プランターにナス2本とズッキーニ1本を植えました。さて、どうなるでしょうか。ちなみに目標はナスは1本で5個以上、ズッキーニは2個以上収穫できたら合格です。目標設定方法は、スーパーで苗と同じ値段で買える量です。(笑)さー今度も勝つぞ!(誰にだよ)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

映画『間宮兄弟』

Mamiya 久しぶりに森田芳光監督の映画を観て来ました。1996年の『(ハル)』ぶりだな~。この『間宮兄弟』も森田ワールド全開なのかなーと期待。
う~ん、まぁ面白かったですけど、なんか少し違う気もする。兄弟の日常が「連続した日常」ではなく、単発のエピソードのように区切りながら見てしまう感じ。オマケにその日常が淡々としすぎで盛り上がりも何もなく、ヘタするとほぼノーインパクトでスルーしちゃう。ほのぼのした雰囲気や‘くすっ’と笑える部分は良かったんですけどね~。
でも、まぁ出演者の演技は良かったと思います。個人的に母親役の中島ゆみきさんがツボ!。(笑)気になったのは沢尻エリカさんの歯並び...。(ノ◇≦;) アイタタタッ。大スクリーンで見せられると可愛さ半減です。(^^;
あと、間宮兄弟の家の中は必見!好きなものに囲まれたあの空間は、かなり憧れるかも。「間宮兄弟?マニア兄弟じゃない」ってセリフには‘ふっ’と自嘲を含んだ笑いが出ました。そしてお兄ちゃんの‘塩むすび’はマジでうまそうだった。すっごく食べたくなったヨ。ハク(千と千尋)も真っ青のできだね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »