« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

おじゃりやれ八丈島!【1】

「おじゃりやれ」とは、八丈島の方言で「いらっしゃいませ」と歓迎する言葉。『覚えにくい』が第一印象でした。しかし、昔流罪になったお公家さんの「おじゃる」言葉が元になっているのかも・・・と思うと、もう忘れることはありません。(適当なこと言ってますので、信じないように!笑)
Hachijyo_01_1 羽田からたった45分で、景色・風土・歴史までガラッと異なった場所に来ることができるなんて、ちょっと感激もの。母に付き合って来ただけのつもりでしたが、思いのほか気に入りました。「また夏に来たいな~」とマジで思ってます。(^^*
さて、今回一番の目的は「フリージアまつり」。八丈富士の裾野に35万本のフリージア・・・。一斉に咲き誇っていたら、どれほど綺麗でしょう!・・・と、あまり広大なイメージを持つと失敗します。(笑)フリージアの花畑は、摘み取り用1面と観賞用3面で、それぞれの畑が離れています。広大と言うことはありませんが、それでもギッシリ咲いている花畑は見応えがあります。また香りがとっても良いですし、フリージアの後ろに八丈富士を望む景色がGoodです。Hachijyo_02  毎年、春分の日から2週間開催されているようです。摘み取りは島外観光客のみ20本までで無料です。ですが島の人が「ここだけの話し、数えないから好きなだけ大丈夫」なんて言ってました。とは言え、20本でもかなりの数ですし、球根付きなので重さもあります。まぁ~がんばっても25本くらいが精一杯かと。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

チョコビ from クレヨンしんちゃん

Chokobi2 親が子供に見せたくないアニメNo.1の「クレヨンしんちゃん」。その劇中に登場するお菓子がバンダイと東ハトのコラボレーションににより商品化されました。ターゲットはメイン視聴者である幼児から小学校低学年のようですが、こういったコンセプトの商品は大人も喜びそうです。少なくとも私はテレビシリーズをまったく見たことがないのに買ってしまいました。(^^;)
さて、話題ついでに「子供に見せたくない」ということについて、ちょっと考えてみました。まぁ、くだらないし、お下劣だし、親としては子供の教育の足しにならないどころか悪影響のほうが心配という気持ちは分かります。でも、やっぱり子供はこういった単純に面白くて、ちょっと下品なものが好きなんですよね。私は劇場版を2作(オトナ帝国の逆襲、戦国大合戦)見ただけですが、汚くてくだらないだけでなくちょっと考えさせられるところもあったりして、それほど毛嫌いすることもないのでは?と感じました。親たちも自分が子供だった頃を考えれば、もっと理解を示しても良いと思うんですけどね。それに大人の方がよほどくだらないものが好きだと思うし。先日会社の飲み会があったのですが、長州小力のマネなどで盛り上がる同僚たちに内心呆れかえりました。
Chokobi1 自分もアニメ好きで、「sakusaku」や「水曜どうでしょう」といった番組が好きなので、他人のことを言えた義理ではないのですが、あの手の勢いだけで中身の無いお笑いは好きではありません。それに比べれば「クレヨンしんちゃん」の方がよほど情操教育には良いのでは?...なんて、チョコビを食べながら考えてみたり。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想どおり

一昨日、ココログのベーシック/プラス/プロがフリー版に追いつくためにバージョンアップされました。
ここ最近、メンテナンスをすると必ず障害を起こす@niftyさんのこと、今回も大方の予想どおり様々な障害が起きているようです。対応が終わったもの、原因すら判明していないものなど色々ですが、特にコメント/トラックバックをなさろうとした来訪者の方には状況も分からないままコメントができないという状態で、ずいぶんご迷惑をおかけしているようで申し訳ないです。
メンテ終了後にログインできなくなるのは毎度のこと。当日はログインできなくなることを避けるために運用に制限を加えていたそうです。おかげさまでログインだけはできましたがレスポンスが悪すぎ、1時間かけて3回ほどトライしましたが記事の反映は結局できませんでした。と思いきや、1日経ったら記事が2つアップされていたらしい。どうなっていたのでしょう?っていうか、1時間かけて3回しかトライできないレスポンスの悪さって何?
まぁ、こちらもトラブル慣れしたので諦めも早かったです。そして、@nifty側もだいぶトラブルの対処に慣れたようで、状況報告なども人並みにできるようになってきたようです。でも、トラブルに慣れてたプロバイダーっていうのもねぇ...。トラブルを起こさないようにしっかり準備をして欲しいですね。今回も、発生して初めて認識した問題点やら、未だに把握しきれていない事象やら、相変わらずのスキルレベルを露呈しています。
Coment_1 また、コメント/トラックバック・スパムを防止するためと称して、認証画面操作を強要するように変わりましたが、これなども善意のユーザーに負担を押しつけるようでどうにも割り切れません。今までやってきたフィルター技術を進化させることで対応できないものなのでしょうか?
今のところうちのblogで目立ったトラブルといえば、ココログのロゴの所に表示される「ココログからのお知らせ」が長いこと表示されない状態だったのが、やっと表示されるようになったと思ったら今度はココログのロゴが消えてしまったという事くらい。この「お知らせ」も、ココログユーザー以外の閲覧者にココログのトラブルをお知らせするという目的らしいですが、障害時以外はただの広告ですよ、コレ。安定稼動もままならない割にはちゃっかりしてますね。(--;)
さて、他のココログユーザーさんでは、記事が全てサイドバーに吸収されてしまったりとまだまだ不安定なようですが、早く解決して欲しいです。そして、次のメンテこそはノートラブルを目指してください。(って、この間も同じ事を書いた気がしますが...)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

八丈島の空のもと・・・

八丈島に1泊2日で遊びに来ている“ふらっと”です。(^^)v
今日はとても風が強く、飛行機も着陸できず羽田に引き返すかも・・・なんて話でしたが、無事到着しました。着陸する時はジェットコースターに乗っているような上下の揺れで思わず「わ~おぉ」と声が出ました。(汗)

さて、初日の今日はお目当ての「フリージアまつり」に行ってきました。色とりどりの花が綺麗で、甘い香りにも満たされてました。写真をお見せできないのが残念!それは帰ってからのお楽しみということで。そしてお昼にはフレンチ・レストラン「chez Queux(シュー・クー)」へ。ここがまたとっても美味しくて大満足。おまけに親切。このあとの観光のためタクシーを呼んでもらおうとしたら、「ちょうど出かけるところだから送りましょう」と言って、車に乗せてくれたのです。かなり感激!「暇だからいいですよ(^-^)」なんて、そう簡単に出る言葉じゃないですよ。そしてそのお言葉に甘え南原千畳敷へ。海は大荒れで、風に吹っ飛ばされそうになりながら、海辺を歩きました。もっとゆっくり見て歩きたい場所でした。

そして今はホテルでくつろぎ中!自由に使えるPCを発見したので、blogをせっせとアップしてます。なんだか変なヤツに見えるかも。(^^;

そしてそして業務連絡です。
昨日のココログトラブルの件。アップできなかった記事が2件とも表示されてます。1件は削除しておきますね。お留守番の“ぶらっと”君!

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

今度のWFは一般参加で!

昨日のblogで「WF2006夏はお休みします」と告知させていただきました。えーっと、デフォルメ・スバルでリクエストしてくださった方や完売で購入いただけなかった方、申し訳ありません。m(_”_)m 次にディーラー参加するときに、再販したいと思っています。その時よろしければまたブースを覗きに来て下さい。新作が出るかどうかは今は分かりませんが・・・。
夏のイベントには参加しませんが、製作は少しずつ進めています。その辺はHPで進捗報告できると良いなと思っています。今少し悩んでいるのが、女性をターゲットにした作品を作るかどうかです。過去3回のイベントで「ときメモGS」のキャラクターを出してきました。予想以上に買っていただき、とても嬉しく思っています。しかし、やはり女性の場合「塗装できない」というご意見が多くありました。多少高くても塗装済みが欲しいとの要望も。数が少なくても完成品を用意できないか・・・。これも検討課題の一つです。一番の問題は、私が塗装できない!って事だったり。(おいおい)
あと、乙女ゲーとかではない男性キャラにも挑戦してみたいな~と思っています。「女性の妄想を叩き込んだ男性キャラは受け入れられるか!」そんなおバカなことも考えていたり。(笑)やってみたいことは、後を絶ちませんね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

一回(?)休み

今日はワンダーフェスティバル2006夏のディーラー参加申し込みの締め切り日でした。2005冬から2005夏、2006冬と3回に渡ってディーラー参加してきましたが、今回はお休みということで、参加申し込みをしませんでした。
理由はいろいろですが、1つ目は半年サイクルで新作を作り続けるのが追いつかなくなったことです。まー無理に新作を作る必要はないんですけどね。(^^;版権物の場合、半年前に作るものを決め申請し、3ヶ月前に原型写真で本申請をするというのは、スキルが不十分な自分にはかなりキツイ作業です。やはりじっくり時間を掛けてしっかり作りこみたいという気持ちがいつも残ります。ただ、こうして期限を与えられるからこそ完成させられるという一面があるのも事実です。
また会社員をしながら半年サイクルで原型>複製>塗装>量産をこなそうとすると、アニメやゲームなど製作以外の遊びに時間がとれなくなります。そうなると今度は「作りたい!」という作品との出会いがなくなります。これが2つ目の理由。元々「売れ筋」といったものは一切意識せず、「本当に作りたいと思う物を作る」というスタンスでやってきたのですが、次回の新作を何にしようと考えたときに思いつきませんでした。あれもこれもちょっと作ってみたいとは思うものの、コレ!というものがないのです。こうしたWFのスケジュールと自分の作業とその他諸々のバランスを考え、ディーラー参加を悩む人は多いと思います。一度お休みをして、製作に余裕を持ちつつ今後を決めていこうと思っています。

さて、その次に参加するか・・・は未定です。(笑)
イベントは直接生の反応をいただけるので、参加したいと思っています。ですが、WFだけがイベントではありません。WHFやキャラホビもあります。どれが自分たちに一番向くのか(全部は出られませんし)そういったこともこの期間に検討したいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

「蟲師」終了・・・そして。

mushi_1フジテレビで深夜に放送されていたアニメ「蟲師(むしし)」が終了しました。最近のアニメでは、“ふらっと”イチオシです。

『ここでの蟲とは動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達。それらを総じて「蟲」と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、ヒトと蟲とが重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、ヒトは初めてその存在を知る。
生命とは、他をおびやかすために在るのではない。ただ、それぞれが在るように在るだけ──
こうした「蟲」とヒトとをつなぐ「蟲師」である主人公ギンコが、旅の途中で様々な人々と、それに関わる蟲達に出会ってゆく。一話ごとに登場人物が異なる読みきり絵巻』(公式HP-あらすじ-より)

mushi_2 初回を見た時、とても短い映画を観たような感じがしました。続きもののアニメの1回目(普通は話の導入的な作りになる)とは思えない、極上の短編アニメでした。蟲が存在する不思議な空間の表現が幻想的で美しい。それが人と係わった時に(人から見れば)害をなすわけで、怒りや悲しみがあるのですが、蟲は「在るように在るだけ」という理がズシリと来ます。時代考証も懐かしいような郷愁を誘います。感慨深いストーリーが淡々と進んでいくうちに、その世界に引き込まれていたりするんですねー。ちょっと切なくて気持ちのいいアニメでした。

mushi_3ちなみに地上波では1話~20話まで放送されました。5月からBSフジで21話~26話が放送されるとの事。残念ですが、うちは見られないです。(涙)見られる人がうらやましい。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

どうリタ「ユーコン川下り」スタート!

01_dou1 tvkで放送中のどうでしょうリターンズ。「対決列島」が魔人こと藤村Dの勝利に終わり、約束通り罰ゲームとなる「ユーコン川160キロ」の川下りがスタートしました。カヌーのカの字も知らない二人が、いきなり5泊6日をかけてユーコン川を下ると言うのです。そして毎度の事ながら計画しているディレクター陣は旅の詳細など知らず「いいから黙って漕げっつてんだろ!」と逆ギレする愉快っぷりです。どんなハプニングが待ち受けているか・・・楽しみですねー。(^-^)
01_dou2 今回は日本語ガイドの女性とユーコンを知り尽くした男ピートを加えた6人旅。出演者以上に喋るディレクターにびっくりしているところが笑えます。さ~て160キロの旅がスタートしましたよ・・・っていうか、2週かけてまだスタートしてない方がおかしいだろ。(笑)
01_dou3 カナダ、ユーコンの美しい風景も必見です。憧れますけど、行きたくはないですね。お尻を30箇所以上、蚊に刺されるところなんて。テレビで見るだけで十分ですよ。(^^;

さてさて2005年水曜どうでしょう最新作がやっとtvkでも放送されます。それも全8週を2回に分けて一挙放送です。待ってましたよ、tvkさん!4月2日(日)19:54~第1話~4話→翌週4月9日(日)19:54~第5話~8話の予定だそうです。イエッフー!(^o^)/

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クロッカスとアネモネ(BlogPet)

今はどうしてらっしゃるのか・・・
結婚してトルコに住んでたような
そしてもうあまり覚えていました
神話の漫画化をさと色彩的な寂しされてた方がいたんでしょう
小さなプランターに咲いたらいいなと、何種類かの球根を植えました
どれも元気な芽を出していないのですが、真っ先に咲いた花を眺めながら、そーんな事を考えたりしてトルコに愛されたアドニスが死んでアネモネで思い出す漫画があります
子供の頃読んだので、もう一つが作者もタイトルも覚えていませんけど
広い漫画をダフネしなかった
今は、ふらっと☆
ぶらっとが、ギリシャでいいクロッカスとか、大きい球根など咲いたら
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

sakusakuで投稿写真が!

sakusaku とっても好きなテレビ番組の一つに、テレビ神奈川(tvk)の「sakusaku」があります。まったく力が入っていない、音楽を紹介してるようにも感じない、適当にだらだら喋ってるだけみたいな(笑)そんな楽しい音楽番組です。その番組の中でコーナーの区切りとかCMの区切りで、投稿写真やイラストが使われます。いつかは自分も・・・と旅行にはヴィンちゃん(番組のMC)キーホルダーを持っていって記念写真を撮ってきます。そして呉の1/10大和の写真が採用されました。\(^▽^)/ヤッター!・・・っていうか、投稿してたことを知りませんでしたよ。なんか見たことある写真だなーと思ったら、私が撮った写真じゃん。(笑)最近はすっかり「ヌケサク」(時々しか番組を見ないサクサカー)だったので、採用された放送を見られてよかった。これからは心を入れ替えて、毎日見るようにするか。でも、もう投稿してないからいいか。(おいおい)

saku2dvd
そして今日はsakusakuDVD第2弾の発売日でした。番組のトーク部分は短くってヴィンちゃんの歌や特典映像が充実していました。番組を録画・保存している人でも、このDVDは買いだと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

もみじ饅頭

momiji この間牡蠣にあたった時、「食あたり=古い・不衛生」位の知識しかなく「これは一体どういうこと?」と少々きつい口調で購入したお店に問い合わせをしました。話を聞いたり調べたりしてみれば、仕方のないことだったわけで、ちょっと申し訳なく思ったり。そして先日そのお店からお見舞いにもみじ饅頭が届きました。クレームの対応としては、すばらしいと思いました。お店側に非があるわけではないので、ここまでする必要はないと思っていました。とは言え、当分牡蠣は食べたくない気持ち。そんな時にこうした心遣いを受けると、次もここで買おうかな・・・なんて心境になります。とっても有効なクレーム処理でした。
さて、送られてきたもみじ饅頭ですが、夫婦二人で30個も食べられません。イヤ、食べても良いけどあとが怖いよ・・・体重とか。会社で配ったら「また広島行ったの?」なんて言われたり。(笑)ちなみに、この(株)資弘のもみじ饅頭は、結構美味しいです。東京でも良く売っているところのより、美味しいと思いました。あんこの量も多めです。宮島でどれを買おうか迷ったときは是非。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

映画「SPIRIT」

spirit 「PROMISE」を見終って、純粋な武侠映画が観たくなりました。丁度ジェット・リー主演の「SPIRIT」が予定されていたので、これなら大丈夫だろうと観て来ました。さすがジェット・リー!若干のワイヤー・アクションはあるものの、迫力・スピードと申し分ないです。格闘シーンが多く、それが目的であった自分としては満足できました。カンフー・アクションは見ていて気持ちが良いです。(^-^)
ジェット・リーが演じた霍元甲(フォ・ユァンジア)は実在の人物で、つまりこれってノンフィクションって事なんですね。そう思うと壮絶な一生だなと、かなり胸に来ます。最後の毒盛られちゃうって言うのも、本当のことなんでしょう。ヒドイよね。それやったの日本人だったよ。∑(゚Д゚;)
でも中村獅童演じる田中安野がユァンジアの勝利を認め、真の武術家として敬意を表していたからOKか。かっこよかったね、中村くん!たとえセリフが吹き替えでも、アクションがスタントマンだったとしても、君の株はあがったと思うよ。(笑)いい演技してたしね。三節棍を顔面で受けるところとか。(^▽^)
予告にあったシーンがなかったり、エンディングがオリジナルじゃなかったり(日本語の歌になってた)アレレ?な所もありましたが、全体的に満足できる映画でした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

映画「死者の書」

kawamoto 岩波ホールで上映中の「死者の書」を観て来ました。川本喜八郎氏の人形アニメーションです。昔、NHKで「三国志」の人形劇がやってました。好きでしたねぇ~。そして読んだことはありませんが、折口信夫氏の「死者の書」。奈良時代、非業の死を遂げた大津皇子の魂を藤原郎女が鎮めるというお話。これまた大好きな分野ですねぇ~。どんなストーリーでどんな人形劇になっているのか、かなり期待していきました。しかし・・・。
難しいんです。ストーリーも難解なのです。事前に勉強していかないと、さっぱり分かりません。話の進行が登場人物のセリフではなく岸田今日子さんのナレーションなので、気を抜くと眠くなります。(笑)これは製作サイドの意図したものと全然違う方向に自分のベクトルを持っていってしまったようです。作品うんぬんと言う以前の問題です。とりあえず、原作を読んでみるところから始めようかな。(--;
ちなみに、ストップモーション・アニメとしてのレベルは低いです。これにはちょっとガッカリでした。CGも特筆できるようなものは見られないし、カメラアングルも「三国志」の頃と変わらない感じ。だったら当時のように人形劇にした方が良かったような気がしました。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

HPに「海外モバイル情報」をアップしました

少し前のことになりますが、ホームページの旅行記に「海外モバイル情報」をアップしました。昨年のウィーン・プラハ旅行での体験をまとめたものですので、ソフィテル(ウィーン)とアンデル(プラハ)での接続、たまたま使えたボーイング機内での接続が中心です。また、旅行前の準備や参考になるサイトの情報も少し書いています。かなり限定的な情報ですが、同じ方面に旅行される方に参考にしていただければと思います。
元々このblogを1日も欠かさずに続けるためにチャレンジしてみた海外モバイルでしたが、やってみたら思ったほど難しくなく、というよりまったく簡単でした。ダイヤルアップなら専用の接続ソフトをダウンロードしておくだけ(@niftyの場合)、LAN接続なら本当に“繋ぐだけ”。料金もさほど高いわけではありませんし、ほとんど国内で使うのと大差ないと感じました。blogの更新だけではなく、メールで実家や知人と連絡を取ったり、日本でチェックしていた観光情報サイトを再確認したり、日々の巡回先サイトをチェックしたりと、いろいろ便利に使えました。
もちろん海外旅行にPCを持っていくことなど、ある程度のリスクは負わなければなりませんが、しり込みせずにチャレンジしてみると新たな世界が見えてくると思います。

(bぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

映画「ナルニア国物語」

narnia
見終わって最初に出る言葉は「流石ディズニー」ですね。(^-^)ファンタジーとしてクオリティーの高い作品だと思います。ストーリーの明瞭さや中心的な目線も4人の子供と言うことで、大人には深みみたいなところで物足りなさがありますが、出演者の演技力やSFX技術は一級品です。特にアスラン軍と白い魔女軍の戦闘シーンは、文句無く楽しめると言うものです。
主演の兄弟・姉妹がそれぞれ魅力的でした。一見、特別美男・美女ではないところがまたいいです。(笑)でも将来は美男・美女間違いなしの顔立ちですけど。両親の変わりに弟・妹を守ろうとがんばる長男のピーター。みんなの安全を第一に考える優しい長女スーザン。真ん中で上から怒られ、でも下がいるから甘えられない次男のエドマンド。純真な次女ルーシー。エドマンドが『正義王』っていうのは、分かりますね~。かなりイタイ経験したからね。(笑)ピーターが大軍を率いて戦いに出た時は、「ちょっとの間に成長したのねー」と母の心境でした。これでスーザンの弓の出番が多かったら、大満足だったんですけど。あと白い魔女のティルダ・スウィントンがぴったり!「コンスタンティン」で天使ガブリエルを演じてた時も思ったのですが、中性的で純粋な白を感じさせるのにとても冷たい・・・そんな雰囲気があります。今回もその演技が光ってました。2本の剣で戦うシーンもかっこよかったです。最後は随分“あっさり!”∑(゚Д゚;) でしたけどね。
なにより楽しめるのがSFX技術。神秘的な森の中、冷たく暗いお城の中、壮大な戦いが繰り広げられる大地の中、本を読んで想像する世界を見事に映像にしていると思います。「映像化不可能といわれた名作」ですが、技術と財力で実現したわけですね。日本でも「映像化不可能~」ってセリフを見ますけど、スケールが違いすぎって感じ。最後のスタッフロールの長さが、映画の規模を物語っています。
そうそう、スタッフロールが始まってすぐ席を立つのはどうなんでしょうね?これもそうですけど、スタッフロールの途中や最後に映画の続きがちょっとあったりするから、それを見ないで帰ってしまってるんですよね。もったいないし、周りの人に迷惑だから止めた方がいいと思いますね。せっかく観にきたんだから、ゆっくり最後まで観てけばいいのにね。あと食べ物・・・劇場で売ってるポップコーンまでは許せても、せんべいは勘弁してくれ~。(T-T)

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年3月18日 (土)

クロッカスとアネモネ

crocus 春に綺麗に咲いたらいいなと、何種類かの球根を植えました。どれも元気な芽を出していますが、真っ先に咲いたのがクロッカスとアネモネです。冬の寒さと色彩的な寂しさ続いていましたから、この色鮮やかさは心に沁みます。
さて、クロッカスとアネモネで思い出す漫画があります。子供の頃読んだので、もうあまり覚えていませんけど。一つは田淵由美子さんの「クロッカス咲いたら」です。田淵さんの絵も好きでしたし、さらっとしたラブストーリーもお気に入りでした。今はどうしてらっしゃるのか・・・結婚してトルコに住んでたような。
anemone そしてもう一つが作者もタイトルも覚えていないのですが、同じ‘りぼん’でギリシャ神話の漫画化をされてた方がいたんですよね。美の女神アフロディーテに愛されたアドニスが死んでアネモネの花が生まれるってお話です。このシリーズも好きでした。神話大好き!他にも月桂樹になってしまうダフネとアポロンの話とか・・・。あの漫画を描いたのは誰だったんでしょう。小さなプランターに咲いた花を眺めながら、そーんな事を考えたりして。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD「コープス・ブライド」(BlogPet)

最近楽しみなどを予約して早々GETして早々GETしております
例えばピアノを発売すればよかった?
しかし最近はDVDに待っていた「コープス・」
ブライド
何度見ても見ないだろうな・・・
なんて思ったり
(笑)
さてさて楽しみに感じたりするんです
(byふらっと)
と、ふらっと☆ぶらっとが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

牡蠣による食あたり

広島でシコタマ美味しい牡蠣を食べてきました。もう~感激ーってくらい、美味しいんですよ。なので、この味をお裾分けって事で、双方の実家と知人のお宅へ送りました。牡蠣は広島でもブランド牡蠣と呼ばれる有名なヤツを。そして東京に帰ってから届いた牡蠣をみんなで楽しく食しましたよ。旨かった。やっぱり旨かった。しかし、双方の実家では、その後食あたりの症状が出ました。心配していた知人の所は大丈夫だったようです。お店に問い合わせたり、ネットで調べたり、熱にふらつきながらも大忙しです。
さて、調べてみるとちょっと食べるのがイヤになるような事も書いてありますが、敵を知ることは最大の防御でございます。今後、敵を美味しく頂くためにも勉強です。

最初に困った話が「牡蠣にあたるのは鮮度と関係しない」と言うことです。新鮮でもあたる時はあたるなんて、なんとも手の打ちようがありません。だからと言って毎年牡蠣による食あたりのニュースが世間を騒がせている訳でもありません。ちゃんと危険性は回避されているようです。

まず牡蠣による食あたりの種類です。
1:貝毒
2:腸炎ビブリオ
3:大腸菌
4:SRSV(ノロウィルス)

4つの種類について詳細は省きますが、とても分かりやすく書いてあるサイトがあったので、こちらを参照してください。
このサイトの情報でも分かるように、1と3は行政や生産者によるチェックが機能しているため、ほぼその心配はありません。2は夏場に生牡蠣を食べなければ問題ないっつーか、夏には食べません。(でも岩牡蠣は夏場だけどね。美味しいよー)そして厄介なのが4のSRSV(ノロウィルス)だったりします。

購入したお店の人も言っていましたが、今牡蠣による食あたりは殆どコレが原因らしいです。ノロウィルスは生活廃水中に存在し、それが海に流されます。普通はその後バクテリアが分解してくれます。しかし、2月~3月は最も海水の温度が下がるため、バクテリアの活動が弱まります。よって分解されないノロウィルスが牡蠣の中に蓄えられると。そしてこれらは、菌ではなくウィルスであるため、牡蠣を食べたか食べないかに関係なく発病します。ウィルスに感染した牡蠣を調理した人の手や道具、空気感染もあります。極めて厄介で性質が悪いぞ!潜伏期間は24~48時間と間があるため、食あたりとは思わず風邪と認識されることもあるそうです。症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱です。通常、この症状が1日~2日続きます。完治後の後遺症はないそうです。また、感染しても発症しなかったり、軽い風邪のような症状だったりと言うことも。回避策は中心温度が85度以上で1分以上加熱ということですが、生で食べたいんだよー。(涙)
厚生労働省でもSRSVのレポートが出ているので、一読をお薦めします。やはり月別の発症件数を見ると11月から増え始め、1月~2月がピークとなっています。牡蠣を生で美味しく食べる時期に一致しているのが憎いですねー。

今回の食あたりで旦那さまは「もう生牡蠣は食べない」とか言ってますけど、私は全然OK~よ。懲りずにまた食べますわ。そしてほぼ同時間に食事をした中で、一番最初に発症したのが旦那さまの約38時間後。一番遅かったのが私で、約52時間後。ただいま「鋼鉄の胃袋を持つニブイ女」の称号で呼ばれております。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月16日 (木)

春を探しに【その3】

haru03 大体デパ地下って言うのはデンジャラス・ゾーンだったりする訳で。今必要ではないものが無性に欲しくなる罠が、そこここに仕掛けられているんです。そして見事に引っかかりました。「MARIAGE FRERES」の『2006サクラ』です。「あっマリアージュ・フレールだ」ってな感じでふらりと寄ってみたら、品のいいお茶缶が並んでいまして、「オヤオヤなんでしょう?」なんて覗いていると、これまた品のいい店員さんが「こちらは~」と説明に入り、お茶の香りを試させてくれて一発で撃沈です。(笑)
さてさてお家でさっそく入れてみました。やっぱり香りがいいですね~。緑茶や紅茶とは違ったリラックス効果があります。ただですね、「味」について言えば、ウマイとは言い難いのですヨ。これは仕方の無いことかもしれないですけどね。普段飲む緑茶や紅茶、コーヒーといった中でのバリエーションとして香りを楽しむフレーバーティーもいいものだと思います。ま~たまのことだからいいでしょう。普段はこんなお高いお茶は買いませんよ。一足先に春爛漫です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

「対決列島」はやっぱりイチオシ

haiku28 昨年末のこと、とあるきっかけで社内にどうでしょうファンがいることが分かりました。ローカル番組のため今まで話を分かる人がいなかったこともあり、お互いどうでしょう談義で盛り上がってしまいました。二人であまりにも盛り上がるので、もう一人の同僚が「見てみたい」、「DVD貸して」と言い出す始末。
さて、DVDを貸すにしても、何の前提知識もなしに初期の「サイコロ1」だの「粗大ごみ」だのを貸しても引くだけだろうし、かと言ってお約束も何も知らずに「原付ベトナム縦断」では感動も半減、もったいなさ過ぎ。何を貸そうか悩んだ末、ちょうどリターンズで放送されたばかりの「対決列島」にしようという結論になりました。
ところが今日「もう一人にDVD借りた」と言うので、何を借りたのかと思って見てみると... DVD-Rにマジックで「対決列島」と書いてあります。\(^▽^)/ 何の打ち合わせもなしに同じタイトルを選ぶとは。

さてさて、画像はBlogPetのバステトが読んだ俳句です。毎週毎週どうでしょうの話題を書いていたら、ペットもすっかり影響を受けたようです。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

中華そば「ふくみみ」

fukumimi1 先日「たまぞう」のラーメンが美味しいとレポートしましたが、同じ府中でさらに美味しいと評判のラーメン屋さんがあると言うので行ってみることに。それが中華そば「ふくみみ」です。色々なblogやbbsでも評価の高いラーメン屋さんです。澄んだスープに醤油味の昔懐かしい中華そば屋さんといった感じ。各方面の評価には頷けますが、ちょっとしょっぱかったですねー。トッピングの煮玉子もしょっぱい。チャーシューは程よい柔らかさでGood!。麺はつるっとして美味しかったですが、自分の前のお客さんが「硬めで」と指定したように、少し硬めで頼まないと普通より伸びるのが早いように感じました。量的には私は十分でしたけど、男性には少なく感じるようです。
fukumimi2 う~ん、先に情報を取り込みすぎて、変に期待と言うか思い込みすぎたのか、少々残念な感じ。しばらくしたらもう一度行ってみよう。・・・でもしょっぱいのは変わらないかも。(^^;
写真右上が中華そば¥500-、左上が特製中華そば(中華そばに煮玉子+チャーシュー2枚を追加)¥700-、下のご飯は辛味ご飯¥250-(でも私たちには全然辛くな~い)です。

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月13日 (月)

DVD「コープス・ブライド」

corpse 3月3日にティム・バートンの「コープス・ブライド」がDVDで発売されました。
\( ̄▽ ̄)/ワーイ!
もちろん予約して早々GETしております。しかし最近はDVDになるのが早いですよね。映画もどうせすぐDVDになるなら見に行かなくてもいいかって思う反面、その程度の気持ちだとDVDになっても見ないだろうな・・・なんて思ったり。(笑)
さてさて楽しみに待っていた「コープス・ブライド」。何度見てもいい!見るほどにいい!すっかりお気に入りですよ。ストーリーはロシアの民話を元に作られた77分という長編ストップモーション・アニメです。特に込み入ったひねりなど無い、水戸黄門並みの素直なストーリーです。娯楽としては最高ですね。(^-^)
ただ見る度に、各々の個性に合った人形の仕草や動きの絶妙さに感心します。例えばピアノを弾くとき、手だけじゃなく頭や肩の動きなど一瞬しか映らないけど、それがあるから凄く自然に感じたりするんです。DVDには特典映像として、撮影風景やスタッフインタビューもあります。特に撮影風景は興味深いです。こういう手間のかかる作品はポンポン出てこないので寂しいですが、ティム・バートン監督には是非次回作も期待したいです。

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

対決列島-最終夜-

10週という長きに渡って行われた対決列島も、とうとう最終夜になりました。このバカバカしい戦いで1クール近く作っちゃうんだから、どうでしょうさん!さすがです。(笑)鹿児島決戦のみと言う内容で30分もつのかと思ってましたが、どうでしょうの神様が抜群の仕掛けを用意してくれてました。
10_dou1 10_dou2
対決種目の白熊750mlが夏季限定で売っていないと言うハプニング!(調べとけよぉ~by大泉)唯一売っていると言う鹿児島市街の「天文館むじゃき」まで片道40kを往復して、なんとか対決へ!
10_dou3 白熊とは、カキ氷の上に数種類のフルーツを乗せミルクと蜜をかけた甘~いアイスです。(違うお店のだけど)コンビニで時々見かけます。一度食べたことがありますが、お味の方は・・・。(笑)その甘~い白熊を750mlも一気に食べるなんて、見ている方がお腹が痛くなってきます。頭もキンキンするよ。そして対決の結果は魔人の勝ち!ユーコン川下り決定となりました。「おめでとう!やったね」って感じで盛り上がっていると、今まで動いていなかった噴水がいきなり“じょばー”って噴出して、どうでしょうの神様も祝福していました。こういうヤラセじゃないかってくらい、いいタイミングなのがどうでしょうさんだよね。(笑)
10_dou4 そして次週からユーコンです。一度ネットの無料放送で見たことがありますが、面白かったですよー。あぁ楽しみ。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

春を探しに【その2】

haru02 桜の開花予想も発表され、今年はどこでお花見が出来るだろう・・・とか考える今日この頃。とは言え、黙って家に居ても見られないでしょうから、やっぱりお花見をしに行く計画は立てたいです。まぁそれはそれとして、気分だけでも先取りしましょう。まずは爪の先に春を呼んでみました。とか言って、ネイルシールを貼っただけです。(笑)始めてやってみましたが、簡単でソコソコの見栄えです。でもね、ちょっと恥ずかしくって量は控えめにしています。(^^*
マニキュアを塗って乾いたらシールを貼っていきます。モノが小さいのでピンセットで貼りましょう。その後トップコートに透明のマニキュアを塗って完成。なんでしょうね・・・手順はフィギュアや模型を塗るのと一緒じゃん。なんならエアブラシで模様描きますか?(笑)
このシール、結構頑丈(笑)で家事・炊事、お風呂に入ってもしっかり貼り付いてます。最初は気になって仕方なかったですが、もう全然OKって感じ。次はどんなシールにしようか・・・探してみたいとおもったり。うふっ(*^-^*)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たまぞう」のラーメン(BlogPet)

きょうバステトは東京農工大とトッピングしなかったよ。
きょうバステトは東京農工大と武蔵野へ東京農工大でしょうゆみたいなトッピングー!
きのう東京農工大の、豚も納得するつもりだった?
東京農工大は味も納得したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ!ココログ

昨年の初冬頃からレスポンスが落ちたり、フリー版の導入に伴い有料サービスが置いてけぼりにされたりと、問題続きだったココログ。最近やっと落ち着き、3月28日には有料版の機能をフリー版に追いつかせるバージョンアップも行われるとのことで、徐々に信頼回復に向かっていました。
スタッフのblog「ココログスタッフからのお知らせルーム」には、「ココログシステム全体のレスポンスに影響を与えぬよう、段階的な導入を検討しております。」という、心強いお言葉も。しかし...

昨日のメンテナンスは3月28日に向けての段階的な導入の一環だったのかもしれませんが、いきなりつまづいてしまったようです。私も以前はSEとして働いていましたので、システムリリースの難しさは分かります。どんなに準備しても、想定から漏れてしまったケースに当たることもあるでしょう。ですが、@niftyのトラブルにはどうにも拙い点がいくつかあります。
【1】以前の教訓がまったく活かされていない
3~4ヶ月ごとに大規模なトラブルを繰り返すというのは、責任ある企業の姿勢としていかがなものかと思います。
例えば鉄道でも電気でも電話でも銀行のATMでも、事例は何でも良いです。利用者の多い時間帯に半日もサービスを停止してメンテナンスを行い、そのまま24時間も障害が続くような事態になったとしましょう。百歩譲って事故は起きてしまうものなので仕方がないとしても、「二度と同じ問題は繰り返さない対策」は立てるものです。
前回ユーザーから沢山の指摘を受けて約4ヶ月での大トラブル。ユーザーからの指摘を真摯に受け止めていたのか、疑問を感じざるを得ません。
【2】復旧に時間がかかりすぎ
それでも「段階的な導入を検討」するくらいの対策は取っていたようなので、少しは反省もあったのでしょう。それにしても「危機管理」として、トラブった時の手順はできていたのでしょうか?
システムリリースに失敗した場合、いかに早く復旧させるかの手立ても用意しておくのが当たり前です。また、原因究明とその対応がいかに早いかというのも、技術力のうちです。メンテをすれば必ずと言って良いほどトラブルを起こしてきた経験があるのですから、前提を「うまくいくこと」ではなく「トラブること」に置いて準備をしておいて欲しいものです。
昨年11月に東証システムを半日も停止させた同系列会社といい、当然やるべきテストケースを端折ったり、コンティンジェンシープランを立ててなかったりしてるんじゃないかとシステム会社としての質を疑われるような状態では情けないですよね。
【3】ユーザーに対する配慮の無さ
「障害情報報告ブログ」が置かれたのは、少しは経験が活かされたのでしょう。しかし、状況報告がお昼に1回のみ、2回目には機能限定とはいえ復旧のお知らせ。それっきりです。スタッフの方も徹夜で対応にあたり大変だったとは思いますが、状況もわからないままログインできずPCに張り付いていたユーザーだって大変でした。
電車が止まった時などもそうですが、止まっている事以上に原因や復旧の目処のアナウンスが無いことの方が苛立つものです。また、今回はブログ自体は閲覧できるが、コメントも トラックバックも受け付けない状況だったそうです。これらを行おうとしている二次的なユーザーに対してはまったく説明がありませんでした。もう少し自社のユーザーが求めているものを理解すべきでしょう。
また、配慮とは別問題ですが、今回もトラブルは有料版のみ。フリー版は使えるというのもユーザーの反感を増加させる効果を発揮したようですね。

これから3月28日のバージョンアップを目指すことになるわけですが、今度こそ経験を活かしてトラブルなしで、かつスケジュール通りに実施できるようにがんばってください。
今回も恒例につき、スタッフのブログにトラックバックを遅らせていただきます。「システム会社」を名乗るに恥ずかしくないスキルと心構えを持てるよう、精進してください。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

ココログさん、またですか...

3月9日は10:00~21:00までという、前回さんざん批判を浴びた時間帯にメンテナンスを行い、メンテ終了後も「ただいま、混み合っております」というエラー画面が出るばかりでまったくログインできない状態にしてくれちゃったココログさん。記事をアップしようと3時間近くログインを試みましたが、断念しました。完全にココログさんにやられました。(涙)blogを開設以来“1日も欠かさずにどこまで続けられるかやってみよう!”とがんばってきましたが、ついにストップと相成りました。

そして今日も朝からログインできない状態が続いてました。驚いた!何時間経ったと思ってるんでしょうね。午後には「障害情報報告ブログ」なるものが開示されましたけど、(事実なのかもしれないですが)まったく要領を得ない内容でした。火に油を注ぐっていうの?ユーザーの怒りが聞こえてきそう・・・と思ったら、コメントは大変なことに。怒りの炎はどこまで燃え広がるでしょうかね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

肌身離さず・・・

pip とあるサイトで『ピップマグネループ』の使用レポートがあり、肩こりで頭痛や腕の痺れを感じるほど酷かったのが無くなったとありました。うちは二人揃って肩こりに悩んでいたので、これは心惹かれる文句でした。1個2,000円前後と言う値段なので、まず一人分買ってレポートの真偽(っていうか、こういうのは個人差だから他人に効くから自分もってものでもないしね)を確かめようと言うことに。まず“ぶらっと”が使い始めて数時間後、「これいいかも・・・」の声。「ええ?本当?思い込みじゃない?」といぶかしんで“ふらっと”に交代。う~ん、よくわかんない。(笑)でもいいや、もう1個買っちゃえ!で買いました。
一日つけて実感。これかなり良いです。チマチマした趣味のおかげでとにかく肩こりが酷くて、耳の下から肩、腕まで冷え切って痺れるほど痛かったのに、それがなくなりました。マジかよ!って感じ。安っぽい質感とおしゃれとは程遠い見た目が玉に瑕ですが、この効果を実感したら手放せません。二人で危ない宗教にハマった人みたいになっちゃってますけど、これは本当に良かったです。(^^)v

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

春を探しに(注、ビッグオーには出会いません)

haru00 haru01








春一番も吹いて、これからはメキメキ春めいてくるのではないかと思うと心が躍ります。この冬は豪雪のニュースが多かったので、本当に草木が芽吹いているのに気が付くとホッとします。いや~もう寒いのはノー・サンキューって感じ。
っつーことで、春を感じるものを探してみました。近所を散歩していて見つけた枝垂れ梅です。まだ満開ではありませんが、なかなかの見応え。花数が多いので、満開になったらもっと華麗なことでしょう。ポンと開いた花びらがかわいいな~。梅って新芽が凄く伸びるんですね。新しく伸びた枝の若々しい緑色が力強さを感じさせます。これはなかなかの“春”でしょう?(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

戦艦大和 お食事編

hiroshima11 呉・尾道話で書き忘れていたので、ちょっと追加です。大和ミュージアムから尾道まで、呉線でゆっくり電車の旅を楽しもうと計画し、必要不可欠な駅弁をどうしようかと思っていたところ、ミュージアムを出てすぐの場所に『大和むすび』なるおにぎりが売ってました。近くの「海軍さんの料亭 五月荘」というところのおにぎりです。大和最後の配給食が竹皮に包まれたおにぎりだったと。
これはこの旅にピッタリじゃありませんか・・・と言うことで、買いました。ぶっちゃけただの梅干の入ったおにぎり2個とたくわん2切れです。これで¥500-はちょっと高い?とか思いましたが、そんなことないですョ。すごく美味しかったです。にぎり加減も良かったし、塩が美味しかったんですねー。これはお薦めなので、ミュージアムを出て売っていたら是非食べてみて欲しいです。

それと尾道の「男たちの大和」オープンセットは、3月末までの公開予定が5月7日まで延長になったそうです。う~ん、だったら桜の頃に行けばよかった(--;なんてね。諦めていた方は、是非!

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年3月 5日 (日)

カートピアに掲載されました

cartopia_1 スバリストの愛読誌No.1といえば、富士重工の広報誌「カートピア」。それに投稿して掲載されるのは、民間出版社から発行されている雑誌に載るのとは別格の嬉しさがあります。
私は海外に旅行に行く度に、その国のスバル車を見つけては写真を撮ってホームページのネタにしています。中でも良さそうな写真が撮れたときはカートピアにも投稿します。採用されたのは、現行型のレガシィ・ワゴン(BP)と旧式のトラムのツーショット。今回で3度目の掲載となりましたが、狙って撮った写真が狙い通りに掲載してもらえたので、嬉しさも倍増です。
cartopia_2
さて、今年はどこに旅行して、どんなスバル車を見つけられるか、楽しみです。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

「たまぞう」のラーメン

tamazo_1 職場の同僚に薦められて、東京都府中市にあるラーメン屋「たまぞう」に行ってきました。頼んだのは魚介ベースのしょうゆ味に玉子トッピングの「味玉正そば(\700)」と、豚骨にたっぷりの白髪ネギをトッピングした「ねぎ豚麺(\750)」。
しょうゆ味は尾道ラーメンに似て、サッパリしていてとても美味。豚骨は黒ゴマと松の実やかぼちゃの種などが効いて香ばしく、コッテリしすぎない感じが食べやすいです。麺もしょうゆ味は平打ち、豚骨は極細とスープに合わせて使い分けています。普通のラーメン屋さんならほうれん草のところ、菜の花が入っているのも新鮮でした。
他に味噌味と、15:00以降限定の豚骨しょうゆ味「豚爆」がありますが、これらは次回のお楽しみ。

tamazo_2 最寄り駅はJR武蔵野線の北府中で、徒歩で15分ほどかかります。場所は東京農工大の斜向かい。お店はカウンターのみで、12人くらいでいっぱいになってしまいます。タイミングによってはちょっと待つことになるかもしれませんが、同僚が自信を持って薦めてくれたことに納得できるお店でした。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和な一日(BlogPet)

きょうバステトが大和へ展示したの?
そこで大和へ制限されたみたい…
ただしふらっと☆ぶらっとが広場っぽい展示したいなぁ。
そしてきょうはミュージアムを撮影する?
ただしきのうバステトが、出張したかったみたい。
そこできのう、ふらっと☆ぶらっとが夕飯展示しなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

もうちょっと広島【デザート編】

今回行く先々でアイスを食べるという不思議な(笑)結果になったので、集めてみました。お食事は牡蠣づくし、瀬戸内海の新鮮なお魚に尾道ラーメンという定番中の定番なので割愛です。
hiroshima8 宮島へ渡るフェリー乗り場の前で食べた「もみまんソフトクリーム」です。もみじ饅頭の皮が入ってちょっとあんこ味・・・思った以上にインパクトが無くて残念。スプーンの代わりに杓子せんべいがポイントです。



hiroshima9 ロケセット会場内で「瀬戸内海みかんソフトクリーム」をGET。「大和ラムネソフトクリーム」と悩んだんですけどね。ラムネの方にしとけば良かったかな・・・。




hiroshima10 尾道では有名な「からさわのアイスモナカ」。空港に行くバスに乗る時間まで、半端に余ったのでちょっと寄って食べてみました。素朴な味でパリパリのモナカと一緒に食べると懐かしい感じでした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

もうちょっと広島【3】

hiroshima7
尾道は映画の町と言うことで、観光案内所には「ロケ地マップ」というのもあります。また古寺が多く「古寺めぐりコース」や千光寺ロープウェイ山頂からまわれる「文学のこみち」など、散策できるところが沢山あります。しかーし、“尾道に平地なし!”坂道・階段の連続なので、ゆっくり計画的に歩きましょう。あと絶対スニーカーとか運動靴ね。坂の途中で景色や建物を見ていると、足元に気が回らずにコケるからさ。そうだよ、私はコケたよ。(-ε-)
お気に入りは、千光寺ロープウェイ山頂の展望台からの眺めと艮神社(時をかける少女)と御袖天満宮(転校生)です。艮神社の楠は一見の価値あり!樹齢800~900年らしいっす。スゴイよ。尾道にはもう一箇所艮神社があるらしいので、機会があったらそちらも訊ねてみたいです。御袖天満宮は菅原道真公を祀る神社。牛もいたし梅も植わってました。梅はまだ咲き始めでしたが、歩いているとかすかに香ってきて趣がありました。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

もうちょっと広島【2】

hiroshima5 呉にある大和ミュージアムと尾道の「男たちの大和」オープンセット。この旅の一番の目的です。ちょうど日曜日だったこともあり、どちらも大変な人出です。1/10大和は上下・360度の位置から見ることができ、まさにミュージアムの目玉です。資料室の呉の歴史も興味深いのですが、人がごった返していてゆっくり読むことはできませんでした。ここには朝一に行って正解!お昼前には入るのも行列。ミュージアムショップまでも行列。何を買うか迷えません。一方通行状態ですから。(笑)
hiroshima6 雨は朝から殆ど霧雨で、ミュージアムを出る時はもう止んでいました。ラッキー(^^)v瀬戸内海沿いをのんびり電車で移動です。薄日が瀬戸内海を照らし、海と島がキラキラしていて綺麗でした。オープンセットの方は、甲板部分だけとは言え1/1の迫力は十分です。艦橋が無いのは本当に惜しいですけどね。(^^;雨上がりだったため、木の湿った匂いがとってもしました。あーベニヤで出来てるのは内緒だった。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »