« ワンフェスまで、あと20日! | トップページ | なんとなく好き『おサイフ救助隊』 »

2006年1月31日 (火)

スネ夫の言い訳

政治向きの話題は得意ではないのでしばらく扱わないようにしようと思っていた矢先、とても無視できないニュースが報道されました。
例によって、NEWS@niftyより全文を引用させていただきます。

---------(引用ここから)---------

米牛肉「閣議決定の調査せず」…民主が農相の罷免要求(読売新聞)

中川農相は30日午前、衆院予算委員会で、昨年12月の米国産牛肉の輸入再開に当たり、閣議決定していた事前現地調査を実施しなかったことを認め、「(昨年11月の)閣議決定通りしなかった。答弁書で答えたことと事実とが違っていた。おわびする」と陳謝した。
そのうえで、「私も自ら、どういう責任にしたらいいか、これから考える」と述べた。
農相は同日午後の委員会で再答弁し、「答弁書の回答後にさまざまな事実が判明した。答弁書に盛り込まれた食の安全をきちっと守ることの趣旨は逸脱していない」と釈明した。自らの責任については「答弁書を渡した後に状況が変わったことを、(民主党の質問者に)伝えなかったことは申し訳なかった」と語った。
政府が昨年11月18日に閣議決定した答弁書は、厚生労働省と農水省が「輸入再開以前に、また、輸入再開後も定期的に担当官を(米国に)派遣して調査を実施することが必要」としていた。
民主党の前原代表は30日昼、記者団に「農相の罷免を求める。小泉内閣の責任を追及したい」と語った。

[読売新聞社:2006年01月30日 14時06分]

---------(引用ここまで)---------

先日「世界のジャイアンの牛肉」と題した記事を書いたとき、「視察に行って何を見てきたのでしょう?」と疑問を呈しました。いや、まさか閣議決定の前提となる答弁書で「行く」と言ったのに、実際には行かなかったなんて凡人の私には想像もできませんでしたから。さすがジャイアンに媚びへつらうスネ夫君です。のび太がどうなろうと知ったこっちゃないって感じ。しかも開き直りですか。小泉クオリティもここに極まれり!ですね。
普通に企業で働く社会人なら、契約の前提条件が満たせないことが分かった時点で真っ先に上司に報告するでしょう。新入社員研修からそのように教育され、職位が進む都度、耳にタコができるくらい繰り返し教育される事だからです。それを怠れば、当然それに見合った叱責を受けます。取引先に実害が出ようものなら厳罰に処せられても仕方ないでしょう。
しかしながら、絶対多数を誇る自民党の“強者の理念”では、「報告しなかっただけなんだから、大した問題ではない」そうです。そして、誰も責任を取らずに終わらそうとしています。
冗談もほどほどにして欲しいです。答弁書の前提が変わったなら、それを報告したうえで閣議決定を見直すべき重大な問題です。てっきり国民の命を危険にさらしただけかと思っていたら、そうではなかったのです。やるべき事をやらずに国民の命を売り渡していたのです。ホリエモンの事をどうこう言えた義理ではありません。
無理やり進めてきた「小泉改革」も、無理がたたったのか任期満了間際に随分ボロが出てきました。こんな自民党を選んでしまった国民の責任でもありますが、この機会に野党各党にはしっかりと小泉内閣の責任を追求して欲しいと思います。

(byぶらっと)

|

« ワンフェスまで、あと20日! | トップページ | なんとなく好き『おサイフ救助隊』 »

コメント

米で広い閣議とかしなかっただけなんだから
米で野党各党などを釈明しなかったの?


投稿: BlogPetのバステト | 2006年1月31日 (火) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139095/8426394

この記事へのトラックバック一覧です: スネ夫の言い訳:

« ワンフェスまで、あと20日! | トップページ | なんとなく好き『おサイフ救助隊』 »