« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

京都・奈良 紅葉狩りの旅【3】

kyouto5 もうお別れの三日目がスタートです。久しぶりに東大寺に行きたくなったので行ってみた。うわ~すっげー感動。どうしてこう言う気持ちが学生の頃には無かったのか残念でならない。でも懐かしさがあるのは修学旅行のおかげだと思う。奈良公園の紅葉もとても良かった。イチョウの黄色と紅葉の朱に朝の日差しが輝いてとても美しかった。近いうちにまた来よう~っと。(近いうち?)

kyouto6 京都に戻る途中、初日に行けなかった東福寺へ。しかし土曜日と言うこともあり、前日までとは比べ物にならない人だかり。駅から東福寺までもレミングス状態。東福寺でチケットを買うとそこからはディズニーランド状態。折り返して並べるように張られた綱の間をトボトボ歩いて順番待ち。それでも午前中だったため、列も短いし早く入れたと思う。
ここは本堂と開山堂の間が谷間になっていて、そこに架かる通天橋から2000本の紅葉が見られる。それも圧巻ですが、その谷間の辺りは散策できるので、見る場所ごとに表情の違う紅葉を楽しめます。並んでも入った甲斐があったと言うもの。紅葉狩りにはお勧めの場所です。

kyouto7 この後、南禅寺に行こうと思ってましたが、タクシーの運ちゃんがこの秋一番の人出になると言っていたのでヤメ。人の少なそうな所と言うことで東寺へ。(失礼)ここの講堂の立体曼荼羅も最高です。曼荼羅が立体だよー\(^▽^)/
力強い四天王、イケメンの帝釈天、煩悩全開で曼荼羅を楽しむ・・・あぁぁ罰当たりな。(笑)金堂の薬師三尊と十二神将も必見です。五重塔を瓢箪池から眺め、しばし静かな京都を楽しみました。
そして最後にまだ一度も足を踏み入れたことの無い未知の場所、京都タワーへ。東西南北がスカーンっと見渡せていいですね。見える方向に何があるかは書いてあるけど、それだけってのは今時不親切だなと思った。その方角の写真と引き出し線で建物等の名前も書いて欲しいな。そうしたらもっとよく分かって、楽しさ倍増だったのに。

てな感じで、心地よい疲れとともに2泊3日の親子旅行が終わりました。

(注)写真1,2枚目は奈良公園。3枚目は東福寺の通天橋から。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

京都・奈良 紅葉狩りの旅【2】

kyouto4 場所を奈良に移して二日目がスタートです。‘紅葉の狩人’は今日も目いっぱい歩きます。(笑)
JRと近鉄線を乗り継いで室生口大野駅へ。そこから室生寺まではバスです。朝一で出かけたのでまだ人も少なく気持ちがいい。ただ目的の紅葉はそれほどでもなかったです。どちらかと言うと周りの山々の紅葉が綺麗でした。ここは小さいながらも品の良い五重塔が有名で、旦那さまはとっても見たがっていたので、私一人で見てきたのを悔しがってました。うへへ。私のお勧めは金堂の中の如来像・菩薩像と小ぶりでも迫力のある十二神将像です。運慶作といわれるこの十二神将が欲しい。欲しい!欲しい!(笑)

室生寺→長谷寺と回って、多武峰の談山神社へ。この日はここの紅葉が一番綺麗でした。入り口の鳥居から140段の階段を上ると本殿に出ます。ここも紅葉といわず見所が多くて楽しい。大化改新発祥の地と言うことで、本殿の裏山には中大兄皇子と藤原鎌足が大化改新の相談をした場所と言うのがあります。徒歩10分とあるが、ずっと登りなので「うそつき!」といいたい気持ちになるョ。(笑)また拝殿の中には鎌足誕生から大化改新、逝去までの絵巻物が展示されています。この絵巻物も欲しい(オイ!)

kyouto3 この辺りは観光地が離れていて、歩いて回るのは無理です。バスや電車の乗り継ぎはスムーズに行かない事がある(本数が少ない)ので時間的なことを考えるとタクシーが便利。金額的に双方を比較しても、悩むほどの金額差はない。それこそ3~4人なら逆に安いかも。電車に乗るのに不安だったのが奈良に戻る時、来た電車が上本町行きって、それはどこ?乗っていいの、どこで乗換えなの・・・事前に調べてないと、こんなオタオタすることもあります。あと始発駅の出発ホームに電車が入ってきたので乗ろうと思ったらいきなり扉が閉まった。びっくりしてたら次の出発は3両目から後ろですといわれた。あ~切り離すのね、どの辺が何両目かなんて知らないって。(笑)

(注)写真はどちらも談山神社です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

京都・奈良 紅葉狩りの旅【1】

kyouto1 11/24から旦那さまを捨て置いて、行ってきました京都・奈良。旅の目的が「紅葉狩り」なので、とにかく紅葉が美しいと評判のところをピックアップ。時期も良かったので、どこに行っても人が多かったです。(^^;

まず初日は嵐山方面をぶらぶらしてきました。
久しぶりの嵐山ですが、京福の嵐山駅前から渡月橋への通りはすごい人。相変わらず原宿の竹下通りか軽井沢銀座ですかって感じ。細かいお店がびっしりで狭い歩道は人がゾロゾロ、よろめいて車道に出たら観光バスに轢かれます。(笑)渡月橋と嵐山を見る度に、なぜか「いいな」と思わないんだよね。車が多いからか?橋の上も渋滞してるし。落ち着いて景色を楽しめる場所じゃないと思うのが、もったいないと言うか何と言うか・・・。なんか悔しいからまた別の時期に来てやる!(笑)

kyouto2 水戸黄門さまの庵として撮影でも使われると言う落柿舎を遠目に見ながら常寂光寺に到着。山門からすでに美しい紅葉がお出迎えしてくれました。本堂への参道が紅葉の林になっていて「ほぉぉぉ」と声が出ます。しかしずっと登りなので、上ばかり見ていると危険。本堂からは紅葉を見下ろすことができるので、また見方が変わってステキ。でも人の流れにあたふたしながら歩いていたら、肝心の多宝塔を見忘れてきてしまった。(><)うえ~ん、バカバカ。

その後、二尊院→清凉寺→宝篋院と回って、京都一日目を終了。日が落ちるのが早くなって、5時を過ぎたらもう暗くて紅葉なんて見えません。(見えても綺麗じゃないし)
とりあえずスタートはなかなか見応えのある内容でした。

(注)写真はどちらも常寂光寺です。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

生協の白石さんからメールが来たぁ!

siraisi ...な訳ないです。単なるスパムです。
これに限らず、出会い系やらアダルト・サイトやら毎日たくさんのスパムメールが来ます。もちろん一切開封せずにゴミ箱行きですが、何とか開封させようと出す方も必死なようです。古くは「Re:××××」など、こちらから出したメールへの返信を装うもの、最近では「HP見ました」とHP開設者としては無視できないものなど工夫が見られます。
そんな中、今回のメールは大笑い。内容も「質問に回答する」というお約束を守っていて微笑ましい。まぁ、ひとしきり笑った後はblogネタに使わせてもらってポイですけど。

これらのスパムメールに引っかかる人って、どれほどいらっしゃるのでしょう? 商売になっているからにはそれなりにいるのかもしれませんし、どうせソフトで自動でやっているので労力も掛かっていないとは思いますが、それにしてもやっていて虚しい仕事ではないかと他人事ながら心配になります。無意味にトラフィックを増やしてネットのアクセス速度を落とされるのも困るし、そろそろ商売として廃れてくれないかなぁ。

そういえば、生協の白石さんがいらっしゃる「東京農工DA-I!」(from sakusaku)って、家から近いんですよね。以前は情報処理技術者試験などを受けに行ったこともあります。あの辺ってけやき並木も綺麗だし、たまには散歩に行ってみようかな。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

sakusaku版権落ち

vincent  11月25日の記事で書いた「バカと大バカのロケ珍道中」ですが、本日ワンフェス実行委員会より「当日版権不許可通知」が届きました。いろいろと事情があったジゴロウからヴィンセントにMCが代わったのを機に版権が降りることを期待しましたが、やはり「sakusakuは版権が下りない」という噂は本当のようです。ワンフェスの会場にsakusakuのキャラクターを並べるのが夢でしたが、あきらめざるを得ません。状況によほど大きな変化がない限り、次回以降も版権が下りることはないでしょうから。
せっかくここまで作ったので、今度は番組に投稿することを目標に完成を目指したいと思います。

他の申請した版権モノ達は大丈夫かなぁ...?

(byぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

初代レオーネと遭遇(BlogPet)

いつも、ふらっと☆ぶらっとは
「箱選び」のシーンはなかなか面白かったけど、感じご一行とポーシャの絡むシーンは、あれ以上長かったら退屈したと思う。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

ココログフリーがリリースされましたが...

昨日より、完全無料でココログを始められるフリー版が開始されました。ココログのトップページでそのニュースを見て、すぐに大きな疑問を感じました。「いままでのユーザー数でも夜間は重くて使い物にならなかったのに、一気にユーザーを増やすようなことをして大丈夫なのだろうか?」と。
お知らせのページを見ると「レスポンスが悪いのは大量のトラックバックスパムのせい」と言うことになっていますが、それだけでなくユーザーの更新のためのアクセスが集中していることもあるのではないかと思います。それらの手当もなくユーザーが急増したら、果たしてまともに使えるのか心配です。
@niftyにも「ユーザーを増やして広告収入を上げる」といったビジネス戦略があるのでしょうが、それにしてもサーバーの増強などが優先ではないかと素人でも考えます。まぁ、「その費用を出すためにもまずは広告収入から」なのかもしれませんが。「卵が先か、鶏が先か」ってところでしょうか?
フリー版の提供を挟んで、ここ数日「ココフラッシュ」がまともに機能していないのも困りものです。うちのようなアクセス数の少ないブログはココフラッシュから来てくださる方の比率が高いので、そこに載らないということは非常に寂しく、更新の意欲も萎えようというものです。あまりにもひどいので一度サポートにメールで問い合わせてみたことがありますが、「しかたがない」の一言で終わってしまいました。この問題は早急に解決してもらいたいと思います。

そしてもう一つ感じる疑問が「有償ユーザーより無償ユーザーに提供される機能の方が上」ということ。NIFTY-Serve以来のユーザーでホームページも@niftyに置いている私はココログベーシックを無償で使っていますし、記事を書くごとに広告が入るのはイヤなので、レスポンスの疑問に比べればそれほど大きな問題ではありません。しかし、それにしてもやっぱり絶対おかしいと思います。
例えば「A社の有償ソフトより、Bさんのフリーウェアの方が使いやすい」ということはよくありますが、「同じA社の有償ソフトより、お試し版の方が機能が上」となったら誰もお金は払いません。ところがココログでは有償サービスがバージョンアップされるまで4ヶ月もの間、その逆転現象が続くというのです。しかもフリーへのダウングレードは不可。いやもう「釣った魚に餌はやらない」の典型を見たって感じですね。(^^;)
こちらについては市場(=既存の有償ユーザー)にどの程度受け入れられるのか、様子を見たいと思います。

長くなりましたが、最後にもう一つ。
ココログトップとココフラッシュのページが全面リニューアルされましたが、えらく使いにくくなったように感じます。全体やカテゴリーごとの新着記事の表示順や表示色も見づらくなったし、標準カテゴリーとユーザーカテゴリーがごっちゃになってしまったのもわかりにくいです。他の方の新着記事を読むのも楽しみだったのですが、いままで自分が見ていたカテゴリーがどこに行ってしまったのか...
これは慣れの問題でしょうかね?

参考にさせていただいたサイト
 ココログフリー、リリースにこぎつけました
 既存ユーザーに優しい「ココログフリー」開始
 「ココログフリー」開始。@Niftyってホントに…

(byぶらっと)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

2005年11月24日 (木)

鬼の居ぬまに

yamato “ふらっと”は今日から2泊3日、京都へ紅葉を見に母親と出かけました。しばしの「独身」生活を満喫中です。(^-^)
一人分の食事を作るのは面倒だし不経済だしということで、夕飯はコンビニで済ますことに。お弁当を選んだあと、夜食にお菓子でも...と思ったところで見つけてしまいました、「宇宙戦艦ヤマト COSMO FLEET COLLECTION」。
「YAMATO 30th ANNIVERSARY」だそうですが、まぁいわゆる食玩で、全長8cmほどのミニチュアが入っています。この手の「ブラインドボックス」と言われる形態のものには大概「ハズレ」があるものなのですが、このシリーズはそれがない! ヤマト、ゆきかぜ、デスラー艦、戦闘空母、ガミラス駆逐艦と、どれが出てもOK!「おじさんを引っ掛けようとしているなぁ...」と苦笑いをしながらも、とりあえずひとつ購入。普段はくじ運が悪いのですが、今回はいきなりヤマトをゲット。あまりのうれしさに、さっそく組み立てて...あれ?副砲塔が一つ足りない。(;_;)
やっぱりそんなにうまくいく訳ないんですよね。いずれパーツの自作をしなければなりません。余計な手間が増えました。と言いつつ、明日もまた買ってきそうな予感。

(byぶらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

ミュシャのポスター

Mucha_2 チェコを代表するアールヌーボー画家として有名なアルフォンス・ミュシャ。名前は知らなくても、絵は見たことがあると言う人が多いです。プラハ旅行の目的のひとつがミュシャ美術館で、普段見ることのできない作品を見てきました。いや~満足!満足!(^-^)その時の記念にポスターを買ってきました。ちょうど飾るアテもあるし、額装したら結構見栄えもいいだろうと。

ポスターの大きさは48×102と縦長です。もちろん既成の額では合いませんから、サイズに合わせて特注になります。モダンで少しレトロな雰囲気のポスターなので、ブラウンの額で落ち着いた感じにまとめました。自宅の廊下の突き当りが、縦長に空いていてイヤだったのですが、これのおかげで好きな場所になりました。

ちなみにポスターは日本円で¥2,000-程度です。しかし額装はその10倍近い値段。思い出を大切にするのにも、お金がかかります。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

映画『ヴェニスの商人』<ネタバレあり>

venice 友達に誘われて『ヴェニスの商人』を観てきました。昔は「悪徳高利貸しを正直者の善人がギャフンと言わせる」って言う話だと思ってましたが、その記憶とはかけ離れた映画に仕上がっていました。まぁ~それはそれでなかなか良かったです。・・・でもよく考えると良かったのはアル・パチーノの演技が光っていた所だけかも。それ以外の役者はパッとしなかったしな。女性陣は全滅に等しい。絶世の美女であるポーシャは全然美人じゃないし、アル・パチーノの娘役は娘と言うより女中顔だった。「箱選び」のシーンはなかなか面白かったけど、バッサーニオご一行とポーシャの絡むシーンは、あれ以上長かったら退屈したと思う。アル・パチーノの絶望や憤りが映画を引き締めていたと思いますね。

ところで
●シャイロックに唾を吐くアントーニオに不快感を感じた
●借金持ちのバッサーニオをただの放蕩ヤロー位にしか感じない
●バッサーニオはポーシャではなく彼女の財産を愛してるのでは?
●裁判後の指輪騒動で怒らない男どもにがっかり&そんなことをして男を引っかけた女どもに憤慨。ってか、あのエピソードは必要ない。
と、思った人はいないだろうか?
こういった感情が本来正義側になる人物を曇らせ、悪側になるアル・パチーノの哀れを引き立てる結果になったのではと思うのです。

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月21日 (月)

ウィーン・プラハの旅行記をアップしました

wien1 10月に行ったウィーン・プラハの旅行記、第1弾をホームページにアップしました。もう帰ってきてから1ヶ月以上経ってますね。相変わらずのんびり屋です。まぁ~今回もアップしたと言いながら、ウィーンの1日目だけですけど。(汗)
このウィーン・プラハの旅は久しぶりに夫婦二人のフリープランなので、観光のための準備が色々ありました。また、海外モバイルにも始めて挑戦しています。記事を書くにあたっては、そういったお役立ち情報やガイドブックに書いていて欲しかったと思うことを、なるべく紹介しようと思っています。例えばチケットの予約方法や交通機関の利用方法などです。とは言え、それほど沢山の情報はありませんけど。(^^;
旅行記で結構苦労するのが写真の選択です。枚数が多くて選ぶのが大変・・・なんて言うのは幸せな苦労の方で、最悪なのはものすごく枚数はあるのに「これだ!」っていう写真がないこと。写真はセンスなんですねぇ~。(泣)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

初代レオーネと遭遇

leone 今日の19:00頃、ちょっと近所へ買い物に行った帰りのこと。自宅そばの大通りから自宅方向へ右折しようと右折車線で待っていたとき、目の端にものすごいオーラを放つ車が。あわてて視線を左側に移すと、そこには走り去る青い初代レオーネ・エステートバンの後姿! もう、車内(1名のみ)は騒然。「レオーネだぁ!!」という絶叫に、“ふらっと”は「えぇ~、何ぃ?」と鈍い反応。まったくモノの価値が分からないヤツです。(^^;)
実はこれとまったく同じことが、ちょうど3年前の今頃にもありました。今のマンションの購入を検討しているとき、モデルルームを見た帰り道、今日の場所から15分ほど離れた同じ街道で、色も形もまったく同じレオーネ・バンを見かけたのです。場所と車種を考えると100%同じ車と断言できます。そうかぁ、3年経ってもまだ大事に乗ってもらってたんだねぇ。
初代レオーネといえば、もう30年も前の車。うちの初代レガシィの倍以上です。もちろんレガシィと比べるとシンプル故に、しっかり整備して大事に乗れば現代の車とは比較できないほど長持ちするのでしょう。とはいえ、うちのレガシィもまだまだ大事に乗らなければと思いました。そして、また何年後かに偶然再会したいものです。
今日はとっさのことで写真が撮れなかったのでイラストで。次に再会したあかつきには、ぜひ写真を撮らせていただきたいと思います。

(byぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

ガーデナーとして何点?

nanten2 今日は“ぶらっと”の実家に行きました。そこで驚愕の(?)事実が判明。昨日「南天」と紹介した木は、実はピラカンサスというまったく別の植物だと母親から指摘されました。鳥に食べられてしまって実はだいぶ少なくなっていますが、実家の庭にあったホンモノの南天の写真をアップしておきます。
そう言われてみれば葉っぱはお赤飯にのっているものと違う気もしたし、何より3メートル近い高さが南天にしてはおかしいと思ったんですよね。自宅の近所にある立派に大きい木も、みんなピラカンサスでした。常盤山櫨子(ときわさんざし)とも呼ばれる赤い実のピラカンサスはヨーロッパ原産の薔薇科、それに対して南天は日本・中国が原産の目木(めぎ)科。せいぜい2メートルほどにしかならないようです。
古くから日本にある南天は、殺菌効果がある葉をお赤飯に飾ったり、雪ウサギを作ったときに実と葉を目と耳にしたりと、生活にとけ込んできました。「難を転じる」という縁起担ぎでお正月飾りにもなります。実家の南天はすべて鳥が運んできて自然に生えたそうです。うちの庭にも運んできてくれるのを期待して待ちましょう。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会の難点!?(BlogPet)

ふらっと☆
ぶらっと
と、バステトが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

都会の難点!?

nanten 職場のそばに、とても立派な南天の木があります。綺麗な実が鈴なりで、見応え十分。ちょうど昨年の今頃、お昼休みに散歩したときに見つけたのですが、今日は近所の二人連れの老婦人の方も見上げて感嘆の声をあげていました。自宅の近所にも同じ木を植えている家がありますが、この季節になると赤と緑のコントラストが美しく、クリスマスからお正月まで楽しめます。
さて、そんなこの木ですが、悲しいことに来年は見られないかもしれません。実はこの場所、駅から徒歩5分ほどの好立地にあります。それほどの場所に不釣り合いな平屋建ての家といえば...そう、この一帯は再開発のために立ち退きになっています。この夏頃からポツポツと空き家が出始め、今やみなさん立ち退き済みです。もうすぐ後ろのビルのようなマンションや商業ビルが立ち並ぶただの街になってしまうそうです。
この木の左側にはたくさんの実がなった立派な柿の木、右側には夏の間よい香りをさせていた羽衣ジャスミンの生け垣があります。街が活気づき生活が便利になることも良いことですが、立派に育った木々が犠牲になるのは、ガーデニング好きとしては寂しいことです。

(byぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

藤やん犬がやってきた。

fujiyan 完全にハマっているHTBが誇る『水曜どうでしょう』。今年の新作が聖地北海道では後半に突入したとか。妖しい布教活動は本州にもジワジワと広がりつつありますが、東京近辺ではまだ放送予定が発表されません。「神さまお願いです」と祈りの日々は続きます。ハァ~早くみたいなー。
どうでしょうグッズも何となく増えていますが、昨日とうとう『藤やん犬』がやってきました。本当は、どうでしょう版『旅安全御守』が欲しかったのです。予約に行ったら既に無くなっていて買えなかったわけです。お守りが番犬に化けたわけだ。しかしこれ。どう見ても可愛くないですねー。(笑)「キモかわいい」と言えなくもないけど、やっぱり可愛くないなー。でもそれが笑えるくらい可愛くないもんだから、やっぱり笑っちゃうんだよね。笑えるって幸せなことなんだな。これを持ち歩く勇気はないけど、DVDと一緒に見て笑い続けよう。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

サントリー白州蒸溜所見学~その2~

suntory2
こちらの白州蒸溜所は森の中に施設が点在していると言った感じです。なので見学も蒸溜所→リチャー場→貯蔵庫という順にバスで回ります。ほんの数分程度ですけどね。そのバスにはサントリー愛鳥キャンペーンで広告イラストとして描かれた藪内氏の鳥が配されています。美術館と工場見学をセットにすれば完璧ですね。
工場の敷地内には他に、レストランやバー、ウイスキー博物館もあります。森の一部は“バードサンクチュアリ”で野鳥の観察会も実施されているようです。なかなか楽しめる場所でしたが、ツアーバスも来るので時間によっては団体客と一緒になることも。こうなると静かな森は大騒ぎ、鳥なんて絶対寄ってきませんよ。(涙)

余談ですがレストランの評価は中の下って感じです。客が外まで列んでるのに席が空いてても案内しなかったり、厨房とウエイトレスが大声でやり取りして、さながら社員食堂のよう。味も並みです。列ばされるのが嫌いな旦那様が切れるんじゃないかとハラハラしましたよ。「お待たせしました」って言うんだけど、本心じゃないだろってツッコミ入れたくなりました。ここしか食事するところがないので仕方なかったけど、他に店があれば入りませんでしたね。やっぱり『酒飲みバンザイ』な場所なのでしょうか。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

サントリー白州蒸溜所見学

suntory 藪内正幸美術館の隣は「サントリー白州蒸溜所」があります。
ここは蒸溜行程見学と天然水の工場見学の2つができます。どちらも試飲を含め1時間です。あまり時間もないので今回はウイスキーの行程を見学しました。決して「試飲で飲むならウイスキーだろ」と思ったわけではありません。(笑)

まず仕込みでは4メートル以上の樽に麦汁と酵母を入れてウォッシュを作ります。ここは酒粕のような匂いがして、ちょっと息苦しいです。
次に蒸溜釜で2回蒸溜し、無色透明の原酒ができます。これを樽に入れ熟成させるわけです。工程は少ないですけど、ここからが長いですからね。飲めるまでは何年、何十年と待たなくてはなりません。

見学で面白いのは「リチャー」と呼ばれる使用済みの樽を再生させるところ。まず樽の内側に火を入れます。最初は樽に染み込んでいたアルコールが青く燃えます。そのうち樽本体に火がつくと、赤く大きな炎がでます。頃合いを見計らって、たった一杯の柄杓の水で消火します。思わず歓声と拍手が上がりました。

そしてお楽しみの試飲は白州工場の「北杜」と新製品の「アクアヴィーテ」をハーフロック(ウイスキーと水が1:1)でいただきました。好みとしては前者ですね。後者はスッキリしすぎて物足りない感じでした。せっかく工場見学しても、ドライバーは飲めないので旦那様は悲しそうでした。ショウガナイよね。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

藪内正幸美術館~その2~

yabuuchi2
美術館の話をもう少し。入場料は大人500円でチケットの絵柄を3種類の中から選ばせてくれます。これがステキ!チケット一枚からもう藪内氏の作品に触れているような気がします。おまけにコレクター心もくすぐられます。(笑)
展示されている絵は、原画と出版物(挿し絵であればその絵本など)の両方があります。珍しいのは、やはり普段のスケッチや素描です。その中で15~16才の時に描いた図鑑の模写と自作の図鑑がありました。これは必見です。当時から上手だったとも思いますが、本当に好きだったんだという事が感じられます。

ミュージアムショップでは、2001年に「おもいっきりテレビ」の「きょうは何の日」で放送された藪内氏についての映像を見ることが出来ます。ビデオを観ながら一息ついて、ちょっとお土産にお買い物をするというのはいかがでしょう。・・・なんてすっかり宣伝してますが、自分がして楽しかったことを紹介しているだけですよぉ。(笑)

え~っと美術館の隣はサントリーの白州蒸溜所でして、工場見学やウイスキーの試飲が出来ます。もちろん行ってきましたし、バッチリ飲んでまいりました~。そのお話はまた後日。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

薮内正幸美術館に行ってきました

yabuuchi 唐突に思い立って藪内正幸美術館に行って来ました。
中学生の頃に読んだ「冒険者たち」(ガンバの冒険の原作)の挿し絵を描いた方です。大人になってもその絵の印象は強く残っていました。他にも広辞苑やサントリー愛鳥キャンペーンの挿し絵など、多数の作品があります。
趣味の車を通じて藪内氏のご子息と知り合い、お父様のことや美術館のことを教えていただきました。いずれ一度は行ってみたいと思っていながら、オープンから1年半も経ってしまいました。

場所は山梨県北巨摩郡白州で甲斐駒ヶ岳の森の中にあります。周囲の森は静かで山も紅葉してとても美しく気持ちが良かったです。
美術館はそう大きくはありませんが、鳥や動物のスケッチや素描、絵本の挿し絵や企業宣伝用のイラストを見ることができます。観光シーズンでないこともあり来ている方は少なかったですが、みなさん藪内氏のファンなのでしょう、とても熱心に絵を鑑賞されていました。

まるで周りの林の中から鳥が訪れているような気分がする素敵な美術館です。時間があれば是非立ち寄られることをお勧めします。
ただ一つ残念なのは、ご子息が子供の頃お父様にせがんで描いてもらったという車の絵の中にスバル車がなかったことです。(笑)

(by ぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

ハーゲンダッツ『ショコラツリー・サンデー』

ice 夕方出かけたとき、旦那様が「お腹がすいたー」と騒ぐので近くにあったハーゲンダッツでアイスを食べることにしました。私はアイスは冬が美味しいと思っています。勿論夏の暑いときも食べたくなりますが、夏はシャーベットなどさっぱりしている方がアイスより美味しく感じます。冬は寒いのでアイスなんて欲しくならないだろうと思いますが、そうでもありません。乾燥しているときなどアイスの粘りと甘さが嬉しいものです。じっくり味わえるんですよ。
さて、今日食べたのはお店で勧められた「ベルジアンチョコレート」と「ドルセ・デ・レチェ」で前者はクリスマス・スイーツフェアの『ショコラツリー・サンデー』をチョイスしました。アイスの他にガトーショコラとホイップクリーム、そこにチョコレートソースをかけフランボワーズとホワイトチョコをトッピングしています。ところでハーゲンダッツさん!アイスにはこだわりがあるようですが、チョコはスルーですか?トッピングのホワイトチョコはあまり美味しくありませんでした。残念!

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のスイーツ~第2弾~(BlogPet)

いつも、ふらっと☆ぶらっとは
最初斑目が一護と戦ったときは、普通や性格的な面で興味のないキャラクターでしたが、今はかなり好きな方です。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

初挑戦!ハートチップル-納豆味-

chiple 先日“ぶらっと”がスバリスト・ミーティングに行った時、ジャンケン大会の景品の一つだったと言って持って帰ってきた『ハートチップル-納豆味-』。この得体の知れないスナックを食してみました。‘好き嫌い撲滅運動’の甲斐あって食べられるようになった納豆ですが、こういうのは初めてです。袋を開けてみると・・・別にそれほど納豆の臭いはしません。揚げ油の臭いの方がキツイな。食べてみるとこれまたビミョーだ。基本的にはうるち米を植物油で揚げて塩味を付けているスナックです。ただ口の中がなんだかネバ~ってします。続けて食べると納豆の味もはっきり分かる。う~ん、別に美味しくないよ。普通、普通!なんていうか「あと引く旨さ!」とか「無性に食べたくなる」ってものではないですね。かといって強烈に不味いわけでもないし。ジャンケン大会の景品としてはウケたと思います。

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

声優:檜山修之さん

hiyama 声優シリーズ(?)第3弾は、檜山修之さんです。代表作はやっぱり『幽遊白書』の飛影になるのでしょうか。私はあまり見ていなかったので覚えがありませんが。とにかくこの方も出演作が多いのですが、不思議と記憶に残りませんでした。新作を見るたびに「良い声だなぁ~誰だっけ?あー檜山修之!」を繰り返していました。さすがにもう覚えましたけど。お気に入りは『げんしけん』の斑目晴信、『BLEACH』の斑目一角、『ガンダムSEED』のアズラエルなど。『名探偵コナン』の京極真や『プラネテス』のチェンシンといった中途半端な二枚目役は記憶に残らない。(断言するな)『ガサラキ』の豪和ユウシロウや『テイルズ・オブ・リバース』のヴェイグのような静かな二枚目は大好きですが。(笑)
こうして見るとこの人って両極端な役がピッタリみたい。“メチャメチャ暗い”かどんな方向でも良いから“イッちゃってる”キャラか。(笑)そう言えば『ケロロ軍曹』のコゴローも、如何にも楽しそうな雰囲気が伝わってくるね。セリフ少ないけど「はーっはっは」って笑いが上手。特撮ヒーローがジャンプする時のかけ声「トウッ!」とか「トリャー!」っていうのが一番上手な人かも知れないな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

秋のスイーツ~第2弾~

dango 今日は新宿まで買い物に出かけたので、おやつを買って帰ってきました。その昔、新宿の伊勢丹辺りは「追分け」と呼ばれていたようですが、今では角の「追分け交番」と「追分けだんご本舗」位にしかそれを見ることはありません。デパ地下で美味しいスイーツが色々ありますが、どうもここに来ると「追分けだんご」が欲しくなります。久しぶりに覗いてみると、秋のメニューが2品。真っ赤な紅葉がのった「栗だんご」と見るからに柿色の「柿だんご」です。う~ん、定番の「みたらし」や「こしあん」、「抹茶あん」に「草だんご」とどれも捨てがたいものがありましたが、やはりこの時期だけという所に負けて買ってきました。どちらも甘さ控えめで、それぞれに刻んだ栗と干し柿が入っています。やっぱり栗の方が無難に美味しいです。ただ干し柿が嫌いな人でも、それなりに食べられると思います。っていうか、それくらいインパクトの少ない味だったから。いつものだんごの上にあんがどっさりのっているのと違って上品なお味でした。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

今週のBLEACH-第57話-

bleach1108 そこら中でバトルしてますので、もう誰がどこでなにやっているのやら。(笑)とりあえず夜一vs砕蜂は一段落しました。生意気に「夜一、夜一」と呼び捨てにしていた砕蜂が、もう可愛くてしょうがなくなったよ。本当は大好きだったんだね。
その近くで射場vs斑目戦がおちゃめに展開中。こういう戦いは好きですね。まぁ~見ていて安心って言うのもあります。最初斑目が一護と戦ったときは、ビジュアルや性格的な面で興味のないキャラクターでしたが、今はかなり好きな方です。声優さん(檜山修之氏)もピッタリ。ツルツルリンな所はやっぱり残念ですけど。(笑)
さーてそろそろ一護vs白哉戦もチャッチャと始めていただきたい。白哉兄さまを挑発しまくってる一護がカッコイイよ。妹を護ってやらない兄に、熱ーいお灸を据えてやって欲しい・・・って言うか、助けない理由を早く聞きたいから。ここまでするからには納得できる理由があるんでしょうね、でないと本気で怒っちゃうからね。私はルキアLOVEなんだから!そして一番の楽しみは来週の予告。今回もわらかしてもらいました。

注:本編と画像は関係ありません(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

なんつー俳句を詠むのよ~バステト!

haiku_1104 BlogPetのバステトが詠む俳句をランダムに表示するようになって、Blogを開くのが楽しくなってきた今日この頃。なんとか俳句を詠ませようと、やたらかまってみたりもしてます。しかし、なんと知らないうちに一句詠んでいました。それもなんて歌を!(愕然)WFの本申請を終えたばかりの私にこの仕打ちは何だ?っていうか、ペットのバステトにまで見透かされているのか自分。(唖然)あーそうですよ、原形がうまくいかなくて困ってますよ。なんとか誤魔化そうとアクリル絵の具を塗ってますよ。だってショウガナイじゃない・・・うぇーん!(号泣)お願いだから造形関係のお友達が見るときは、この俳句を表示しないでね。(懇願)しかしなんだね。普段は意味不明の日記やコメントを書くのに、こういう時に限って当を得た俳句を詠むのね。まさに名句と言えますな。(T▽T)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 6日 (日)

スバリスト・ミーティングに行ってきました

subami
スバル車のオーナーズ・クラブはたくさんありますが、そのクラブの枠を越えてスバリストの交流を図ろうと始められたのがこのミーティングです。ちょうど10回目、10周年を記念するミーティングは群馬県太田市、富士重工本工場の雨坪駐車場をお借りして本日開催されました。
例年クイズ大会やラジコンレースなどの企画を行っていましたが、今年は初心に返って特にイベントは設けず、ゆっくり語り合う場となりました。まぁ、真相は各クラブのメンバーも年齢が上がり、家庭を持ったり仕事も責任の重い立場になったりで、準備に割ける時間が減っただけなのですが。(^^;)
ミーティング開催の告知が遅れたこともあり、参加者は昨年までよりだいぶ減ってしまいましたが、それでも多数のクラブの方、クラブには所属しない個人の方がたくさん集まってくれました。参加人数が少なかった分、本当にのんびりゆっくり語り合うことができたのは、今までにない雰囲気でよかったです。
あいにく午後からはちらほらと雨が降り始めたため、皆さん名残を惜しみながらも解散となりました。
また来年、お会いしましょう!

(by ぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

餃子地獄~(BlogPet)

きょうバステトは、ふらっと☆ぶらっとは用意するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカと大バカのロケ珍道中・リベンジ

sakusaku 前回のワンフェスに「増田ジゴロウ+米子・オブ・ジョイトイ」の組み合わせで版権申請したものの、あえなく不許諾となったこの企画。本家sakusakuのパペット交代を受け、キャラクターを「白井ヴィンセント+DA・米」に変更して再チャレンジです。
11/7の本申請締め切りにあわせ、サフを吹いて組み立てて写真を撮ってみました。今までずっとパーツで作成していたので、初めて組み立てた写真を見るとバランスの悪さが目立ちます。ヴィンちゃんの顔、長いねぇ。胴体とも離れちゃってるし、大幅な改修が必要ですね。米子の方はポーズも付いてパーツも多いので、まとまり感があるかな。“米”マークのスタジャンからハートのセーターに変更したくらいで、ほぼ前回のまま。
ジゴロウ時代には「sakusakuは版権が下りない」と評判でしたが、今思うとジゴちゃんが降板になるほどドロドロした権利関係が絡んでいたようなのでしかたなかったのかな? 今回のキャラ変更で、版権が下りてくれることを祈るばかりです。
それよりベースのBGレガシィの方をなんとかしなくては!

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

『ときメモGS』新作2点の画像公開

wf06w_f ワンフェス2006Winterの本申請が11/7に締め切られます。毎度の事ながらギリギリまでねばってます。っていうか、締め切りが近づかないとやらないのは人としての性でしょう。とりあえず申請用に写真を撮ったので公開しよう。まだ全然出来ていないのですが、色を塗ってごまかしています。(ゴメンナサイ、KONAMIさま)それでも大体の雰囲気はこんな感じです。もっと改修していきますが、大きく変わることは無いと思います。(多分ね)パーツ数はどちらも3つです。先生のように眼鏡や指揮棒などの小物がないので楽です。
本当は『ときメモGS』のシリーズはもう作らないつもりでしたが、なんだかノリで2点も新作にしちゃいました。再販の王子やヒムロッチと並べて販売できたら嬉しいな。数が増えてくると(内容はオイトイテ)見栄えが良くなるよね。まぁ~乙女ゲーのキャラじゃ誰も気にも留めないけどね。(笑)
さて版権が下りるかどうかは分かりませんが、年内には仕上げて複製できる体制にしたいと思います。そうしないとまた地獄の日々が・・・。

p.s.明日は“ぶらっと”の新作画像を公開する予定・・・と言っておきましょう。

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

虫も食わない新鮮パセリ

parsley 我が家の花壇も秋になって寂しくなったと書きましたが、一箇所だけやたら元気な場所があります。花壇の端を一段高くし、ハーブでも植えようと決めた場所です。今はラベンダーとイタリアンパセリが植えられています。この二者がワショワショ伸びちゃって大変です。ラベンダーは切り戻さないとイケナイと思いつつ放置、パセリは適当に摘んで食しています。でも摘んでも摘んでも次から次に新しい葉が出てくるのよ。私はパセリ嫌いなんだから。もう~臭くて虫も付かないから、すっごく綺麗なパセリだよ。新鮮で葉もツヤツヤして味もにが~い。(涙)好きだったら良かった・・・っていうか、なにか収穫できて嬉しいものを植えたいよ。ちなみに今日はミックスベジタブルやパセリ入りのハンバーグを夕食に出しました。こうすると大量に食べられます・・・そうまでして食べる必要があるんかい?(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

真夜中のアップルパイ~どうでしょう風~

pie ただ今夜の11時を過ぎたところでございます。昨日の夜に「水曜どうでしょう」のDVD第4弾韓国食い道楽サイコロの旅(注)を見ていまして、その中で“大田(デジョン)のエペル製菓でパイ”というものが出てきました。出演者がサイコロを振ってこの目が出たらどんなパイか判明したのですが、残念なことに出ませんでした。『あ~出て欲しかったなぁ。ミスターが我慢しながら食べるところや、藤村Dがガハハハと喜ぶ声が聞きたかった』と実現されなかったシーンを思い浮かべておりました。そうしているうちになんだかパイが無性に食べたくなりまして、DVDの事は忘れ頭の中はアップルパイで一杯に。『そうだ旦那様が仕事から帰ってきたらパイを焼いて、アツアツを一緒に食べよう』と準備をしたのであります。しかしなんだ、そういう日に限って帰ってこない。待っていたらこんな時間になったじゃないか。でも用意した以上食べてもらいます。あー食うさ、そりゃー食うよ。さーこれから真夜中のティータイムだよ。食べない限り寝ないからね。なんだか最初の思いつきは楽しかったのに、いつの間にか罰ゲームだよ。(笑)明日はお休みだし、ちょっとくらい夜更かししても大丈夫だよね。

(注)6つの選択肢を用意しサイコロを振って出た目の指示に従うというもの。選択肢には場所と食べ物が書かれている。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

春の目標!フェンスにクレマチス

clematis 久しぶりに庭の手入れをしました。夏に咲いた朝顔や桔梗の始末をしてすっきり。しかし秋から冬にかけては、庭も寂しくなります。秋咲きのものを植えておけば良かったな。まぁ~しばらくは庭もお休みです。
ところで近所にとても綺麗にクレマチスを咲かせている家があります。引っ越してきた頃散歩の途中で見つけ、一体何本の苗を植えているんだろうと覗いたりしました。端から見たらもの不審者そのものです。(笑)『うちの庭のフェンスも同じようになったらいいな』と苗を買ってきたのですが、ヒョロヒョロ伸びるばかり。時々思い出したように1個だけ花が咲きます。どうやら肥料が足りないらしい・・・っていうか、そもそもいつあげたっけ?(ヒドイ!)肥料や剪定・誘引、今更なにを言ってるんだという気もしますが、なんとか今までの仕打ちを帳消しにして、春には沢山の花を付けて欲しいです。ちなみに何故か今頃ちょろりと花が咲き、ちょっとだけ華やいでいます。いやどっちかというとガラ~ンとしたところに咲いているから、余計に寂しい気がするか。要は見る人の心の持ち方ってことで。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »