« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

ハロウィンの特別

freshness 勤務先のすぐ隣には「フレッシュネスバーガー」があります。モスバーガー同様に注文を受けてから作るのでいつも熱々が味わえるのと、早番で昼食に行くと空いていることもあり、月に1~2度の割合で利用しています。ランチコンボと呼ばれるセットにはポテトでなくオニオンリングが付いていたり、スムージーやハーブティーなど飲み物も充実していて、他のファーストフード・チェーンとはひと味違った特徴があります。そして、大きく違うのが「ハロウィン」に対するこだわり。毎年この時期にはクリスマスよりにぎやかな飾り付けをし、ハロウィン当日には特別なサービスもあります。一昨年はたまたま行った日がハロウィンだったのですが、今年はブログネタのために狙って行ってみました。そしてお客さんの途切れたすきに写真まで。(^^;)
さてランチにこの時期限定のカボチャドーナツを追加してオーダー。
そして特別サービスとして女性店員さんの手作り(!)クッキーを頂きました。遅番で行った同僚の女性もとても喜んでいました。クッキーは“ふらっと”と一緒に味見しようと持って帰ってきたのですが、“ふらっと”は「女性店員の手作りって勘違いする男性客とかでない?その人は調理資格有るの?」と楽しくない想像を巡らせてました。夢のないヤツです。
隣のパスタ屋さんがFreeSpotを始めたため、フレッシュネスバーガーからも無線LANが利用できることに気がつきました。これからは通う頻度が月に1~2回から週に1~2回に増えるかもしれません。・・・ていうか、パスタ屋さんに行け!(笑)

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

ハロウィンと法事

halloween 明日はハロウィンです。ちまたにはカボチャのランタンが溢れ、可愛いオバケ達が踊っています。もうお祭りとしても定着したハロウィンですが、宗教的な意味って知りませんでした。なので調べてみると「万聖節(11月1日)の前夜祭。原形は古代ケルト人のドルイド教で、大晦日(昔は10/31)に将来を占う。また死者の魂が家族の元を訪れると言われる」とのこと。キリスト教の行事くらいに思っていましたが、起源は古代ケルト人ですか。宗教は本当にいろいろなものを取り込み成長して行ってるんですね。ドルイド教とか言われても『ドルアーガの塔』に出てくるドルイドしか思いつきません。(おいおい)こうした宗教の吸収、分派は面白いのですが、教義抜きには出来ないので難しくもあります。まぁ~適当にチョコチョコ学べたらいいな。(すっごく消極的)

さて今日は父の七回忌法要のため、実家に帰っていました。自分がどこの宗派に属するのかも覚えていない私です。えっへん!(威張るな)久しぶりにお坊さんのありがたいお話を拝聴してきました。天台宗がどーの、浄土真宗がどーの、浄土宗がどーの・・・難しかった。多分父もあまりの難しさに逃げ出したと思う。あの父のことです。お坊さんの説法は私たちに任せ、自分は近所のハロウィン・パーティーに顔を出していただろう。あなたの法事なのに・・・(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

バステトの名句

haiku1 BlogPetのバステトが俳句を詠んだのを目撃したのは2度目です。1度目のときはあまり面白くなかったけど、今回はなかなか俳句っぽくてGood!

しまった! 「BlogPet俳句集」に登録しておけば良かった...という訳で、遅ればせながら登録して、バステトの俳句が表示できる設定もしました。

でも、明日いっぱいまではサーバーがメンテナンス中とのことで表示はされません。
メンテが完了したら、どんな表示がされるのか楽しみです。

(by ぶらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

餃子地獄~

たま~に無性に食べたくなる餃子。焼きたてで皮がカリッとして、中身がジューシーなのは美味しいよね。ってことで、作りました。いつものように具を用意し、市販の皮に包んでいく。24枚入りを2つ。48個の餃子です。二人暮らしなのに48個・・・。しかし具がまだ残っている。
どうしたものか悩んで今日また24枚入りを1つ買ってきました。そうしたら具が足りません。(そうだろうなぁ)  仕方ないので余っていた食材で具を作り包みました。すると具が残った。(・・・)  昨日からトータル72個の餃子を包み続け、未だ終わりが見えない。何やってるんだ自分!一度ピッタリ終わらせてみたいものだな。(笑)
ちなみに一般的な家庭では1人何個くらい餃子を食べるものでしょう?私の実家では3~4個でした。しかし旦那様の実家は子供の頃30個以上は義務付けられていたとか。(30って?義務って?)二桁って言うのは驚愕の数字でしたが、今では大体8~10個は食べられます。1個がそれほど大きくないですけど、普通より大量に食べている気がするな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

見た!コープスブライド<ネタバレあり>

corpse 見ました『コープスブライド』。予想以上に良かったです。ストーリーも直球ならキャラクターの性格もみんな直球。(笑)なので見終わって物足りないと感じる人もいると思う。しかし私はあれでいいと思う。いや、あれがいいんだと思うのです。ビクターとビクトリアが初めて出会うシーンやビクトリアが雨の中教会に助けを求めるシーンは、彼女の感情が自分に流れ込んでくるようで不思議な気持ちがしました。またコープスブライドが月明かりの下で嬉しそうにステップを踏むシーンや自分はもう死んでるけど悲しくて胸が痛むと涙を流すシーンは切なくてたまりません。誰もが幸せになって欲しいと素直に願うことが出来る映画です。
さて77分と映画としては短いです。もう少し長くして欲しいと思うのは、この世界に浸っていたいと思うからでしょうか。しかしストップモーション・アニメとしては、やはり大作です。パペットの作りも繊細ですが、特にコープスブライドの朽ちかけた身体とウエディング・ドレスは見事です。風になびかせながら歩く姿が妖しく美しい。ライティングも良いのよね。簡単に“風になびく”といっても、それをコマ撮りしながら表現するんだから、やってる方はどれほど体力と神経を使ったんでしょうね。尊敬です!
一つ残念なのは骸骨が歌って踊るシーン。トロンボーン等の吹き楽器を演奏するんですよ。骸骨なのに、肺なんてないのに。その前にお酒を飲むシーンがあって、飲んでも胃がないから体の中を素通りするのが見える。つまり無いから笑えるって表現をしてるのに、肺が無くても吹けるってのは面白くない。その瞬間だけ妙に我に返ってしまったのが残念。後は楽しかったですよ。ラスト前、悪役君退場のシーンでニヤリとしたのは、私だけでは無いでしょう。そしてラスト、優しくて哀しくて愛しくて・・・言葉に出来ません。劇場を出るとき、高校生くらいの女の子がハンカチで涙を拭っていたのが忘れられません。同じ気持ちを共有した瞬間かも。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月26日 (水)

のんべおやじのお手伝い

chikin 先日近所のスーパーで店先に屋台を出し『チキンラーメン』の無料試食会が行われていた。店に入ろうとしてその前を通ると缶ビールを片手に持ったおやじ二人が近づいてきて「奥さ~ん、食べていきなよ。タダだから」と言う。正直、不気味。一瞬凍り付いて返事が出来なかった。するとその横からスーパーの店員が困ったような顔をして「チキンラーメンの試食です。よかったら・・・」と細~い声で話しかけてきた。「はぁ~どうも」とテーブルに座って状況を確認。どうやらおやじ達は一杯飲みながら客引きを手伝っている(気でいる)らしい。しかしだ!客は一人もいない。ビビッて私が一人引っかかっただけだ。(笑)おやじ達は次々に声を掛ける。顔を歪ませた奥様方は、あれこれ適当なことを言って逃げていく。「タダなんだから食べてけばいいのにな」とおやじ。『あんたらがいなければな』(心のささやき)
ラーメンが出されると「箸はこっちね。気に入ったら中で買えるよ」と世話してくれる。「ココの会社は美智子様のお父様が始めたんだよ、美智子様知ってる?」などと話しかけてくる。(それは日清製粉じゃ?)
えらく困った。でも私以上に店員は困っていた。止めてくれとも言えず・・・。(笑)粗品のちっちゃいタオルを頂き、帰ろうと「ごちそうさまでした」と言って立ち上がると「俺に礼いうなよ」とおやじ。『言ってねーよ!』(心の叫び)
そしておやじ達は追加のビールを買い込んで「次はあの人に声を掛けよう」「俺が行く」とターゲットをロックオンしている。気の毒だが試食会は失敗だったことだろう。おやじ達に悪気がないから始末が悪い。でも少しのどかな風景だとも思った。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

今週のBLEACH~恋次とルキアの愛の逃避行~

ichi 火曜日の楽しみ「BLEACH」!スタートから1年が経ちましたね。そして10月からゴールデンに昇格し(やっぱり昇格なんでしょうね)ソウル・ソサエティ編も佳境となって参りました。とにかく死神連中がかっこいい。一護に萌え、恋次に萌える。更木剣八率いる11番隊に男気を感じ、京楽・浮竹に女心をくすぐられ・・・。いや~これだけ腐女子好みのキャラを揃えて少年誌で連載しているってのが不思議。(笑)まぁ~流れとしては常に誰かとバトルしてるからね、そう言うところはやっぱり少年向けですね。
しかし前回と言い今回と言い一護がメチャメチャかっこいい。一護成長したなぁ~顔つきもすごく良くなった。いや作画が安定したとも言う。そして恋次もいい。参ったなぁ~「一×ルキ」推奨の私でさえ「恋×ルキ」も有りかと本気で思ってしまう。(勝手に思ってろ!)
さて今回の見所はなんと言っても一番隊隊長山本元柳斎重國(山じい)のマッチョな身体(笑)御歳お幾つか知りませんが、もうムッチョムッチョにマッチョで笑えた。あれだけで京楽・浮竹の負けを感じたね。みんなそこら中でバトルしてるし恋次とルキアは愛の逃避行(違う!)だし。とにかく今は目を離せません。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中世の街(BlogPet)

陸路で国境越えという事でちょっと楽しみにしてねー
(^^;)
(byふらっと@)
プラハに向かう途中、チェスキークルムロフに立ち寄りました


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

コープスブライドが見たい!

10月22日からロードショー公開が始まっている『コープスブライド』。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』以来になるティム・バートン氏のストップモーション・アニメです。DVDが出たら買うけど、その前に劇場で見たいよ~ん。
ストップモーション・アニメと言うといろいろあるけど『ウォレスとグルミット』(イギリス)や『ピングー』(スイス)などのクレイ・アニメが有名です。ヨーロッパで多く製作されてますが、日本はあまり聞かないですね。NHKの『どーもくん』とか、とんねるずの『ガラガラヘビがやってくる』(古いな)みたいに短い作品は見かけるけど。長編のストーリーを表現する手法として、これは制約が多いんだろうと思います。セルや3Dのアニメの方が、手間も自由度もありますからね。どうしても大雑把でコミカルな動きになり、子供向けになってしまうと思っていたストップモーション・アニメ。しかしティム・バートン氏の作品はちょっと違います。ストーリーはシュールで登場人物の心理はとても身近で切なかったりするんですよ。だから温かみのある人形で表現されると、じんわりするような感動があるんです。今回はロシア民話をベースにしたお話と言うことで、どんなティムの世界を見せてもらえるのか楽しみです。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

リメイクの効果

witch この夏に公開された映画『奥様は魔女』。丁度乗った飛行機の中で上映していたので観てきました。懐かしいお話です。日本でTVシリーズが放送されていたのはいつの頃でしょう?私も好きでよく見ていたのを覚えています。サマンサ(エリザベス・モンゴメリー)が良かった。去年TBSで米倉涼子・原田泰造で日本版のリメイクもあったようですが見ていません。基本的にリメイクって好きじゃないんですよね。ましてや日本人・・・アウト!って感じ。

リメイクの効果ってどうなんでしょうね?新しいファンを得つつ、古いファンも獲得ですか?でも過去に思い入れが強いと逆に受け入れられないと言う気がします。撮影技術の進歩など当時出来なかったことを今ならやれるというのはありますが。リメイクはリスクもあると私は思うのですが、最近多いですよね。

さてこのニコール・キッドマン主演の『奥様は魔女』。私としてはエリザベス・モンゴメリー版『奥様は魔女』のシーンがちょっとでも見られて嬉しかった。後は可もなく不可もなく、別に普通。もう少しダーリン役が良ければとか、二コールの演技がエリザベスに似せすぎとか思わなくもないが。ただ昔の『奥様は魔女』を劇中劇として扱ったのは上手かな。ただのリメイクよりはすんなり受け入れられたと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

本物?ニセモノ?『OMEGA』の時計

omega プラハ城の黄金小路にアンティーク時計のお店がありました。そこでペンダント・トップの時計を発見した旦那様。「球形ガラスの手巻き時計か。いいなぁ~これ」とウィンドウの前から離れません。それは文字盤に『OMEGA』と書かれているではありませんか。そうなると私の頭の中では「ニセモノ」or「高価」の文字が行ったり来たり。こんなお土産屋さんの王道みたいな場所で、いかにも~なアンティーク時計が売っていることが怪しい。(笑)一応見せてもらうとデザインも可愛いし、フックを掛けるところがOMEGAマークになっている。さぞかし高いかと思ったら1,500-Kc(約\7,500-)と言う。「あぁ~ニセモノ」って感じね。旦那様がお土産を欲しがるのは珍しいことなので、大した値段でもないし記念ってことで購入。わたし的には彼のおもちゃを買ったくらいの気持ちさ。(笑)しかし会社の時計マニアに見せると「10万までなら出す」と言う。もう一人も「そう古くはないけど本物だろう。こういったモノは売れないからニセモノはないよ」とのこと。ありゃりゃ、良い買い物をしたのかな。二人揃ってオーバーホールに出せと言うが、そこまでする気はねーだよ。まぁ~真偽はともかく気に入って買ってきたのだからOKでしょう。しかしペンダントトップとして使うには不安があるので、吊す台座を作成中。ちょっとした置き時計風にして使おうと言うことになりました。あれこれやってる彼は楽しそうで良かった良かった。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

声優:小西克幸さん!

s_kyo 声優感想第2弾!「BLOOD+」で注目と言うことで、小西克幸さんにしました。アニメではまだ謎のチェリストでセリフの数が少なく欲求不満になりますが、キャラの感じから今後もしゃべりは少なそう。しかし“ささやき系”のお声が板に付いてきましたね。ガッツリ腐女子のハートを鷲掴みって感じ。(笑)
さてこの方、私の中では『武士(もののふ)声No.1』でございます。
それは出会いが「SAMURAI DEEPER KYO」の鬼眼の狂だったからです。あの時は本当にシビレました。すっげーピッタリ!壬生京四郎との二役だったのに、そちらは全然記憶にないという失礼さ。あまりにその印象が強すぎて、それ以外のキャラではどうにも受け入れられない有様。
特に「ヒートガイ・ジェイ」でマフィアのボスの護衛でミッシェルとか言うウェーブのロンゲ役は大爆笑でした。全然声と合ってないよー。顔はフランスかイタリア人を思わせるのに、しゃべりはヤクザのちんぴらって感じ。最後は全身にダイナマイト巻き付けて敵に突っ込んで行ったような記憶が・・・演出もヤクザだ。(笑)
「サムライ・チャンプルー」のチョイ役(名もなくただ切られる人)で出たときは、心底勿体ないと思いました。武士モノなのに、誰かの役でちゃんと出演して欲しかった。主役をはれる声なのに・・・。
最近はいろんな役の声を聞くようになって、でも違和感を感じないようになって嬉しい。「BLEACH」では、ノリの軽い浅野君を好演。がしかし、九番隊副隊長檜佐木修兵がいい。やっぱり彼は武士に限る!

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

ときメモGSキャラのフィギュアを作ろう!

gs_figure
10月も3分の2を過ぎました。季節の移ろいというのは、本当に早いですねぇ・・・。(遠い目)全てを忘れてただただ遊びまくった日々が過ぎ、気がつけば来月の7日はワンダーフェスティバル2006Winterの本申請締め切りですよ。どっひゃ~~~~まだ全然出来てないと言うのに。てか、一つは乾いた粘土の固まりでしかないよ。(汗)マズイ・・・かなりマズイ。本気で焦っています。
ちなみに次回出品予定のアイテムは『ときめきメモリアルGirl'sSide』から再販の葉月珪と氷室零一の他に同ゲームキャラから新作2点を制作中です。写真を見ると一人は分かっていただけるかと。もう一人はまだナイショ!見ても分からないでしょう。(笑)もうGSキャラは販売する気なかったんだけど、この夏のワンフェスで思った以上に女性のお客様が購入してくれたので図に乗って新作を2点も作ってます。時間があれば再販の展示用を塗り直したいとも思ってます。時間があればですが。(←すごーく弱気)とにかく遊んだ分を取り戻すぞ!・・・イヤ、これも遊びなんだけどね。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

ただいま~でございます

ウィーン・プラハの旅を終えて無事我が家に帰ってきました。やっぱりお家はいいなぁ~ホッとするよ。帰国した日の夕食は決まってお寿司。はぁ~美味しかった(^Q^)明日はきっと焼き魚だな。日本食バンザイ!(笑)
現地からのBlog更新にチャレンジしてみましたが、なかなかシンドイ日もありました。夜ホテルに戻ってお風呂を済ませるともうウトウト眠りこけちゃったり。そうなると起きている方がせっせと写真を加工し、文章を書いて更新の準備。居眠りしていた人を起こしてネット接続・更新をバトンタッチ!その間に自分は爆睡。そんな連係プレーも確立しました。一人じゃなかったから出来たと思います。つーか、一人だったらやってないな。(笑)
1週間旅行ネタが続いたので、明日からは別のネタにしようと思います。アニメ新番組ネタとか・・・っていうか、録画溜めまくって全然見てないよ。少しは消化しないと。あぁぁ忙しい(なにが?)

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

今日のウィーン観光(BlogPet)

全部は、ウィーンで郊外とか昼食や広い陽気をカーレンバーグした“ふらっと”
です
とにかく宮殿の見学からスタートし、昼過ぎにナッシュマルクトに戻りケバブで昼食
15:0/1321:50
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は帰国です

mucha プラハも最後の夜になってしまいました。明日の午後には日本に向けて出発します。今日のメインイベントはミュシャ美術館です。たいして大きくない美術館ですが、ミュシャのスケッチ画や油絵など日本では見ることができない珍しい作品が見られます。聖ヴィート大聖堂のステンドグラスのデザイン画もありました。実際はちょっと違う絵になってたけど。日本では最近海洋堂からミュシャ・コレクションというフィギュアが発売になってます。おもしろ半分で持ってきて、美術館のおじさんにプレゼントしてきました。すごく喜んでくれて、美術館を出た後も手を振ってくれました。ちょっと嬉しかったな。

そしてひとつだけ困った問題が・・・お土産が全然買えていないこと。それというのも馬鹿ガイドブックのせいだ。地図通りに店を探したけどありゃしない。もう疲れたし、すっげームカピー!

(by ふらっと@プラハ 現地時間 10/17 21:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

プラハの夜

praha 今日もよく歩いた・・・。プラハの街は昔ながらの石畳で歩きにくいし疲れます。
おまけにプラハ城は丘の上なので、どうしても坂道を上ったり下りたりします。それだけではなく聖ヴィート大聖堂やカレル橋の橋塔など、古い塔へ入場は全部狭い階段です。もう膝がガクガクだよー。
しかし百塔の街と言われるだけあって、高いところから見渡した景色は最高でした。また夜にはライトアップされて幻想的です。ipod shuffleにスメタナの「モルダウ」を入れてきたので、カレル橋の欄干で聴いてみたり。すっかりご満悦だよ~ん。そしてエンディングに樋口了一の「1/6の夢旅人2002」を聴くのはお約束って事で。(笑)

(by ふらっと@プラハ 現地時間 10/16 23:10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

中世の街

cesky 2日間鬼のように歩いたウィーンとの別れの朝は、もうガスっちゃって全然何も見えませんでした。感傷ゼロで出発です。しかし小一時間もすると秋晴れの晴天となりました。
今日は、初めての陸路で国境越えという事でちょっと楽しみにしていましたが、なんかガソリン・スタンドに寄ったのとあまり変わらない感じの簡単さでした。「もう少し雰囲気作りでもしてくれよ」と言いたくなりますが、仕事してる方からすればふざけるなってところでしょう。

さてプラハに向かう途中、チェスキークルムロフに立ち寄りました。
ここはとても綺麗な街です。中世の街並みがそのまま残っていて、ちょっとした弾みでタイムスリップできそうな気分になれます。ただ観光客が多いので足だけはしっかり現実に掴まれてるって感じ。(笑)二人そろって大変気に入りましたので、できれば次回この中のホテルに宿泊してゆっくり観光したいと思います。なんかーここですごく珍しいスバルの車を見つけたとかで、旦那様は超ご機嫌なわけ~。もしかすると気に入った理由はそっちだったりしてねー。(^^;

(by ふらっと@プラハ 現地時間 10/15 22:35)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

太って帰る

dou1 本日も観光は盛りだくさん。
朝からシシィ博物館や王宮図書館など王宮一帯の観光。昼過ぎにシュテファン寺院へ移動。寺院前では収穫祭らしきお祭りが行われていて、昨日わざわざホイリゲまで行って飲んだ「Sturm」(今年の新酒)も飲めました。ただでさえ人の多いケルントナー通りですが、大道芸の人もたくさんいて、シュテファン寺院前はもう大変な人出でした。
夕方ホテルへいったん戻り、ドレスアップして楽友協会ホールのコンサートへ。演目は“ぶらっと”の大好きなドビュッシーの交響詩「海」。すっかり良い気持ちになって帰ってきました。
シュテファン寺院やお土産を買いに行ったワイン屋さんなど、笑い話のネタはいろいろあるのですが、それらは帰国後にホームページの旅行記でゆっくり書きたいと思います。

ウィーンも今日でおしまい。明日はバス(JALエクスプレス)でチェスキー・クルムロフを経由してプラハへ。初めての陸路による国境越えも楽しみです。

(by ぶらっと@ウィーン 現地時間 10/14 23:50)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

今日のウィーン観光

schonbrunn 本日のウィーンは快晴。昼間は上着を着ていると汗ばむほどの陽気でした。
朝一番にシェーンブルン宮殿の見学からスタートし、昼過ぎにナッシュマルクトに戻りケバブで昼食。15:00からのオペラ座の日本語ガイドツアーのチケットをゲットしておいて、時間までホテルザッハーでザッハトルテを食しつつコーヒータイム。オペラ座見学が終わると、郊外のカーレンバーグまで行ってドナウ川を望む景色を眺め、ベートーベンの小道近辺を散策した後ホイリゲで夕食。最後はプラター公園で第3の男で使われた観覧車に乗ってきました。なんともハードな一日でした。

(by ぶらっと@ウィーン 現地時間 10/13 21:50)

今日の行程を計画した“ふらっと”です。
どう考えても盛り込みすぎで、どれを諦めようか悩んでいましたが、結局全部こなしてしまいました。ウィーンは交通機関が充実しているので、ほとんど移動にタイムロスがありません。それが勝因でしょうか。とにかく宮殿見学に興味のなさそうだった旦那さまが「これはすごい」と喜んでいたのが一番うれしいかも。なんか勝利を感じた。ふっふっふ(←ちょっと得意げ)

(by ふらっと@ウィーン 現地時間 10/13 22:30)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

ウィーンに着きました

nhk 旅行日程1日目が終了しました。
成田から12時間30分掛けてロンドン・ヒースロー空港へ。2時間ほど乗り継ぎを待ち、さらに2時間でウィーンへ。成田出発が日本時間で12:30、ホテルに着いたのが現地時間で23:30ですが、時差が7時間あるので、日本時間なら翌朝の6:00!! 飛行機の中でウトウトしただけで、ほとんど貫徹じゃぁないですか!? 定刻どおりとは言え、なかなか厳しい初日でした。
ホテルはツアーのホテルからランクアップして「ソフィテル・べルヴェデーレ」。着いてビックリ、同じホテルにはN響御一行様が。ロビーには団員の方々のためのスケジュールが張り出してあったりして、修学旅行のような雰囲気。ちょうど滞在中に楽友協会ホールでN響のコンサートがあるのですが、私たちは同ホールでのウィーン放送交響楽団の公演の方を聞きに行く予定にしています。
明日も早いし、疲れをとるためにも、今日はもう寝ます。

(by ぶらっと@ウィーン 現地時間 10/13 1:00)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

落ちたらシベリア?

jal401 異国の空の下...に着く前、空の上から更新です。
現在、ロシア上空の高度10,700メートル。JALの機内サービスでワイヤレス接続ができることが判明。これは試さねば!ってことで、早速やってみました。

随分簡単・快適にネットが楽しめます。
今やエコノミーでも各座席にモニターがあり、好きな映画を選んで見られるし、ゲームもできます。空の旅が12時間もの長さでウンザリなんてこともなくなったのですね。
さて、この飛行機はロンドン行きです。と~っても空いてます。おかげで4人分の席を2人でゆったり。私の前なんて4人分を一人で使ってるよ。ってか、肘掛け上げてベットのように寝てるし。なんでこんなに空いてるの?オフ・シーズン?それともテロのせい?
しかしウィーンに行くのになんでロンドン経由?ちょっと予想外でした。ドイツあたりで乗り継ぎだと思いこんでたので。帰りはフランクフルト経由だし。そのうち行きたいと思っているロンドンですが、今回は空気だけ吸ってきます。なんだか悔しいー。
今は機内の照明を落とし寝てる人・映画を見てる人等々、思い思いの時間を過ごしているところです。機内からこんな書き込みしてて、もしこの便になにか良くないことがあったらニュースで「機内の乗客が書き込んだblogが発見され、楽しい旅が一転したことが分かります」なんてコメントされたりするんだろうねぇ~。(笑)今のところまったくそういう様子はありませんが。
なんだかいろんな事が初めての旅になりそうです。ワクワク!

(by ふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

今年の収穫-唐辛子-

togarashi 今年は初めてハバネロを収穫し、せっせと冷凍保存などして1年分のカプサイシンは確保したように思っていましたが、適当に蒔いておいた唐辛子も立派に成長したので収穫しました。ちょっと古い種だったので、発芽率が落ちて間引く必要もないほどの本数しか育たなかったのですが、その分生存競争が楽だったのか、いつもより大きな実になりました。(笑)後は乾燥させて使っていきましょう。

さて収穫したハバネロをどうやって食べようか考えて、まず簡単なところでペペロンチーノにしました。辛さがよく分からないので2人分に1/2個使いました。冷凍庫から出した途端、ものすごい辛い臭いがするんですよ。冷凍状態なのに、目や鼻が痛くてビックリ。そしてオリーブオイルで炒めはじめたらもう大変!恐怖すら感じる。リビングにいた旦那さんがイタイ臭いがするけど何をしているんだと、キッチンまで様子を見に来るほどです。食べてみるといつもの2倍くらいの辛さでした。ちなみにうちは二人とも辛いの大好き!ウマウマ言って完食です。しかしひと月もすると辛み成分が落ちてしまうようで、同じ量を使っても0.5倍位の辛さになってしまいました。なんとがっかり。ハバネロは1個ずつ収穫しては食べていくのが良いようです。ちなみに私はペペロンチーノにベーコンとキャベツを入れるのが好き。
キャベツの甘みと歯触りがいいですよ。一度お試しあれ。

p.s.明日からウィーン・プラハ8日間の旅に出ます。
現地からBlogの更新をする予定。初めてなので出来るかどうかは分かりませんが。(^^;ではでは、行ってきます。(^^)v

(byふらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

好き嫌い撲滅運動

夕食の支度で納豆を混ぜていたら、懐かしいことを思い出しました。結婚前まで私は納豆が大っ嫌いでした。臭いのも食感も全てがキライ!一生絶対食べないと思っていました。さて結婚すると私の好物が旦那さんの嫌いなものだったり、その逆もあったりします。作るのは私なので主導権は握っているのですが、「あれが臭い」だの「これが食べたい」だのうるさい時もあります。それに嫌いだと言っていたものでも、出しているうちに食べられるようになったり。結構子供の頃の記憶だけで食べず嫌いだったと言う事もありました。

nato なのでちょっとふざけて「好き嫌い撲滅運動なんてしてみない?」という話になったのです。お互い嫌いなもの・・・そう納豆です。これにチャレンジしよう。メーカー、ひきわり、大粒、小粒と色々試してみました。ねぎを入れるとか、醤油だけ入れるとか。豆がイヤだと包丁で細かくたたいてみたり、卵と混ぜるといいと聞き(ウズラの卵のこと?)鶏卵1個と混ぜてみたり。これは最悪だった。ご飯の上にかけると玉子がスーッと浸みていって、ツヤツヤした豆だけがてっぺんに残ってんの。豆がいやだっつてんのに、食べられないって。もう毎回なんかの罰ゲームの様な食卓でした。「ゴメンナサイ・ゴメンナサイ」と泣きながら食べたよなー。すっごく辛いのに、スーパーに行くと「次はコレで」とチャレンジを繰り返す。(笑)なに馬鹿なことをやってるんでしょうね。しかしその甲斐あって今では納豆も食べられます。ただし、この「あずま納豆」だけ。ちなみに写真は新商品を見つけたので買ってきたもの。でもいつもの普通味の方が美味しかった。他社の納豆も食べられるようにはなっていますが、美味しく食べられるのはここのだけというミョーな状態に。まぁ~食べられないよりはマシと言うことで。まだお互い嫌いなレバーって言うのがあるんだけど、これは嫌いなままでいいかな。(笑)

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

旅行準備

vienna0 今度の水曜日から8日間、ウィーン、チェスキー・クルムロフ、プラハの旅行に出かけます。ただいま準備の真っ最中。

今回の最大の目標は「海外モバイル」。ちょうどブログを始めたということもあり、旅先から当日の出来事を書き込めるとおもしろいなぁと思っています。そのための機材もばっちり。海外モバイル経験豊富な会社の同僚からモデムセーバーを借り、モジュラーケーブル、LANケーブルも取りそろえました。ウィーンのホテルにはモデム用のデータポート、プラハのホテルにはLANポートがあることも事前に確認できたので、もう安心です。PCも海外ローミング設定をし、写真加工用にフォトショップ・エレメントを買ってきてインストール。普段はデスクトップPCで行っているブログ更新も、本日はノートPCだけでやってみました。

一つ心配事と言えば、普段は無線LANで接続しているノートPCを自宅で有線LAN接続しようとするとうまくいかないこと。4月に鳥取のビジネスホテルで繋いだ時は問題なかったし、それから設定も変えてないんだけど。もう少し調べてみて、ダメならぶっつけ本番か!?
その他の準備はというと... スーツケースの中が空っぽなのは気のせいです。

(by ぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

『BLOOD+』スタート!大丈夫か?

blood2 『BLOOD+』第一話終了しましたので、ちょっと感想です。まず戦場のシーンでは少々びっくりしました。夕方の放送で血しぶきドバーッ!首ポーンですか。テレビ局に抗議の電話とか殺到してるんじゃないかしら。(笑)まぁーSEED、SEED-D、ハガレンなど、この時間帯でも結構キツイ描写がありましたけどね。R15指定位でもいいかも。深夜の『フルメタ』も同じくらいだと思うけど(全話見てないのではっきり言えませんが)、あちらはR15指定ですね。R指定のあり/なしが、どれくらい視聴に関係するかは知りませんけど。

それとは対照的に学校生活の方は明るい色彩。これだけ見たらジブリの『猫の恩返し』かと言うようなイメージ。若干全体的に薄っぺらい印象になってしまったのが惜しい。でも先生が襲われる所などはグロイ・・・このギャップがなぁ~。微妙だ。あと過去と思わせる建物の中を走っているシーン、あの色調もどうでしょう。それほど過去というわけでもないならあれで正しいのかも知れないけど、現在との対比という意味でもう少し脚色して欲しかった。学園祭の演劇じゃないんだし。内容の方は1話見た位じゃ分かりません。またいいところで終わっちゃって~来週見れないんだぞ、私は!なんか小夜とハジって『吸血鬼美夕』の美夕とラヴァみたい。(そう思ったのは私だけではないはず!)

声優さんはやっぱり小西克幸さんが気になるところですね。「ささやき系」は『ラブレス』の草灯(そうび)からでしょうか?相変わらずいいお声です。おっと小杉十郎太氏や諏訪部順一氏も出てましたね。ほっほっほ~。しばらくは見守っていきたいと思います。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

新番組『BLOOD+』の前に

blood あのつまらなかった、終わってなお腹立たしい、関係者が気の毒に思えるほどの(クドイ!)ガンダムSEED-Dがやっと終わってくれました。明日から『BLOOD+』がスタートします。この秋一番期待しているアニメです。
これの元になっているのが2000年に劇場公開された『BLOOD THE LAST VAMPIRE』です。50分弱と短いながらその世界観、宿命、アクション等々、魅せてくれる作品でした。限られた時間内で起承転結がしっかりあり、語りきれない部分を“匂わせる”ことでより深い印象を与えてくれるものでした。またバンパイアって設定がツボです。『バンパイア・ハンターD』や『トリニティー・ブラッド』など、吸血設定は自身の血液も踊る訳です。(笑)その『BLOOD』と今回の『BLOOD+』は続編と言うわけではなく、一部設定のみを継承しているらしい。なので全くの白紙とも言えるわけで劇場版が良かったからTV版も良いとは限りませんけど、スタッフを見る限りでは期待して間違いなしでしょう。わたし的に残念なのはキャラクターデザインが寺田克也氏ではなくなってしまったこと。劇場版の小夜のボッテリした唇が好きだった(涙)しかしTV版のキャラも悪くないし、主人公以外のキャラも気になる。チェロ奏者のハジってビジュアルOK!声優OK!ですよ。否が応でも期待は血圧共々上がっていきます。あ~楽しみ。とにかく体調管理に注意して(何故?)明日は必ず見ましょう。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

太田銘菓-スバル最中 他-

monaka
週末群馬県太田市、スバル矢島工場の『工場祭』で遊んだ帰り「来たからには拝んで行きましょう」と近くの本工場にも行ってみました。行ったからって中に入れるわけじゃないのに・・・。本当に門から拝むだけのためです。そんなヤツ自分たちくらいかと思うと、結構正門や南門に車を止めて写真を撮っている人がいるんですねー。不思議な光景です。自分も同じ事してきましたが(汗)

その正門向かいに『伊勢屋』という一部の人にメチャメチャ有名な和菓子屋さんがあります。そこの人気商品が『スバル最中』『サブロク焼き』『THEスバル』なのです。『スバル最中』は普通の最中ですが、皮がレガシィの形です。最初はスバル360で次にレオーネとなり、今のレガシィで3代目の焼き型に変わったそうです。初代『スバル最中』の型を使って焼いた『サブロク焼き』は洋菓子タイプで、しっとり目のクッキー生地の中にピーナッツ・クリームを練り混んだ白あんが入っています。『THEスバル』は瓦煎餅です。表面にレガシィの焼き印がしてあります。以前はレオーネでした。これも変わったんですねぇ。味は至って普通です。だって普通のお菓子屋さんだもん。(笑)本当に興味のない人には車の形のお菓子ですが、スバル好きは涙を流して喜ぶんですよー。(遠い目)
私も年に1回は必ず食べています。だって必ず買ってくるんですよ、旦那が。要らないって言っても。不思議でしょう~。(笑)ただ会社で配ると珍しがられてウケるそうです。皆さんもウケ狙いでいかがでしょうか。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

富士重工がトヨタと提携!

会社から帰ってくると、“ふらっと”から「スバルがGM傘下からトヨタ傘下に変わった」と聞かされた。
今日の株式取引の終了後に発表されたらしい。スバリスト諸氏の心境は? スバルの良さをうすうす感じながらも安心の大メーカー「トヨタ」に乗っていた方々の反応は? と、いろいろ気になるところではある。

ただ、自分としては「ふ~ん...」という感じが正直なところ。GM傘下になったときもスバルの独自性は失われないと信じていたし、事実そうなっていた。トヨタにしたところで今更スバルに「トヨタらしさ」を求めるとは思えない。
私はレオーネ時代「いつ日産に吸収合併されるか?」なんて言われていた頃から、「ブランドがどうなろうと、中身がスバルなら乗り続ける!」と公言していた。これからの時代、ハイブリッドや電気自動車などが主流になっていく中で、いつまでも「水平対向+4WD」にこだわっていても仕方がないと思っているので、スバルらしさを保った変化は大歓迎だ。

そんなわけで、トヨタと提携したスバルには大いに期待したい!
トヨタの大資本を背景に、独創的なすばらしい車を作り続けてもらいたい。

p.s.
タイトルのメーカー記述順はこだわりの表れです。
“ふらっと”には「ヘタレ攻め?」って言われちゃいましたが。(ほっとけ!)

(by ぶらっと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

京都のお菓子-阿闍梨餅と金平糖-

数年来の念願(笑)叶って『阿闍梨餅』を買って食べた。その数日後今度は「同僚からお土産お菓子をもらったよ」と『阿闍梨餅』と『金平糖』を持って旦那さんが帰ってきた。縁があるときはある!ないときはない!そんな感じ。(笑)
ajyari まず『阿闍梨餅』はちょっと甘めの餅生地で、中が小豆の粒あんです。パクッと食べると餅がムチ~ッと伸びます。この食感がGOOD。どうせならもっと餅を多めにして欲しいくらい。それか『人形焼き』みたいに“あん入り/あんなし”の2種類あってもいいな、なんて思ったり。(笑)買ってきた方曰く、値段の割に見栄えのいいお菓子だそうです。でも味もいいよ。

そしてかなり嬉しい『緑寿庵清水の金平糖』。谷亮子選手が引き出物にした金平糖で有名。「金平糖なんてただの砂糖のかたまり」と思っているアナタ!(←昔の私)大間違いですよ!もう美味しくてビックリ仰天なのです。いろいろな味があるというのがまた魅力です。どれも欲しくなってキリがないが、さすがにそんなに沢山買えるものでもない。迷っちゃうんだよねー。頂いたのは季節限定“ライチ味”で味も香りも抜群です。もらった身でなんですが、会社の土産菓子にはおしゃれで気が利いているけど、高価じゃないかしらなんて心配したり。そしてポリポリつまみながら「あー京都に行きたい」と漏らしています。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

声優:三木眞一郎さん!

昨日はカタイ話だったので、今日は一転脳天気に趣味丸出し~。
気になる声優さんの話(って言うか心の叫び)なんてのを書いてみようと思います。一番手を誰にしようか悩んでたんだけど、今は『キュウゾウLOVE』なので三木氏に決定。

miki とにかくアニメと言わずゲームと言わず、よく活躍されています。アニメを見ていてこの方の声を聞かないことはないですね。だからといってマンネリ感がないのが凄い!その役になりきっているので、見ていると三木氏の声だって事を忘れます。そのキャラをリアルに感じるんですよ。大げさに聞こえるかも知れないけど、一度下手な声優のアテレコ聞いて見てください。激しく悶絶しますから。声のトーンやリズムで、画がより生き生き見えるんですね。上手な声優さんってそう言うものだと思います。声質からして二枚目が多いですけど、暗いの(ラヴァ「美夕」)からお気楽(コジロウ「ポケモン」)タイプ、硬派(シャノン「ステプリ」)から超軟派(クルツ「フルメタ」)まで何でもあり。(笑)

さてこの方は私の中では『騎士声No.1』という位置づけです。『騎士声』ってどんな声よ?と言われると困りますが、ブロンドに碧眼の騎士(ナイト)・・・やっぱり「エスカフローネ」のアレンが印象的だったので。
このナイトと言うのがミソだったり。つまりどうがんばってもナイト止まり、王子様にはなれない定め(笑)「ときメモ」も王子は緑川光氏に持って行かれ、「遙か1」でも源頼久というポチな立場。何とも口惜しい。あー「テイルズ・オブ・リバース」でもミルハウストだったな。でもお姫様のハートをガッツリGETしてたね。アレンの時もお姫様GETしてたか。GETすると幸せになれないって言うのもお決まりか?(笑)
がんばれ三木眞一郎!宮仕えからの脱却!目指せ逆玉ー!

(byふらっと)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画『ルパン』 三世じゃないよ。(BlogPet)

大体は、ネットで思いをカッチョワルしなかったのかもしれません
いや〜
残念
(笑)
女性との会話もねちっこく、盗みは分かります
広いストーリーを納得しないよ♪
大体は、カメラワークと、主観とか滑稽とかを予告しなかった
カメラワークもなんていう事は分かります
広いストーリーを納得しなかったの?
それぞれは、カメラワークと、こういうのは主観ですが、どうもすべったって感じ
もう途中からはアニメの「ルパン」
の感想と行きましょう
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「バステト」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

トラックバックについて考えた

ブログを始めて1週間ちょい。
“ふらっと”はそれなりに楽しんで記事を書き、カウンターが増えたりコメントをいただいたりする度に喜んでいるようだ。当初は「車に関する記事は“ぶらっと”の担当だからね。」などと言っていたが、昨日の工場祭の話題も結局“ふらっと”が書いてくれたので、私は出番がないままだ。今のところ、ブログペットやカウンターの設置など、サポートに徹している状況となっている。

1週間ちょっとの間に、いくつかのコメントとトラックバックもいただいた。
実はこの「トラックバック」というのが、ブログを始めるまで具体的にどういうものなのかイメージがつかみにくく困っていた。他人のブログを読むと、トラックバックで関連記事が繋がっているのは分かるのだが、どちらから繋いでどちらが受けているのか、繋ぐ際の手順や通知などどうなっているのか、記事を読んでいるだけではどうにも見えてこない。そんな「分からない」ことからもブログの設置に抵抗感があったのも事実だ。

さて、実際に自分のブログを設置してトラックバックというものをいただいてみると、「こうやって繋がっていくのか」というのがやっと納得できてきた。それとともにトラックバックの怖さというものも、いきなり実感する事になった。
実は始めてもらったトラックバックというのが「アダルトサイトへの誘導」という歓迎できないもの。当然のように速攻で削除させていただいたが、数時間の間は自分のブログからアダルトサイトへリンクが張られていたと思うと、あまり気持ちの良いものではない。というより、ぶっちゃけ不快。(--; 通常のホームページは数年前からやっているが、その感覚で言うと「自分のサイトに相手へのリンクを張る主導権が相手側にある」ということになる。これは今までのリンクとは大違い、気をつけないと大変なことになるのではないかと、始めたばかりで大したアクセスもないブログには不要な心配をしてみたり。

そこで遅ればせながらココログの「トラックバック入門」を読むと、トラックバックのルールやマナーが何人かのココログユーザーさんとの対談形式で紹介されていた。これは非常にわかりやすく、初心者がトラックバックを理解し、怖がらずにトラックバックを送るのにとても役に立つ。
そして、そこからリンクを辿っていくつかのブログを拝見し、自分なりのトラックバックに対する考えが整理できたと思う。結果的に「トラックバック・ポリシー」として掲げる程のことでもないので、ここで語っておこう。

**********************
  “ふらっと☆ぶらっと”のトラックバック・ポリシー
**********************
基本的にトラックバックはフリーとします。「新たな意見がないと~」とか、「こちらへのリンクがないと~」とおっしゃる方もいらっしゃるようですが、当ブログとしては見ていただいて反応を残していただけるだけでもありがたいことだと思います。
ただし、当方の都合で予告なく削除させていただく場合もありますが、そのようなことがあるということも予めご了承ください。削除させていただく場合とは、アダルトサイト等へのリンク、spam・商用サイトからの広告・アフェイリトが主目的といったトラックバック、公序良俗に反すると管理人が判断したもの、内容が全く無関係だったりあまりにも内容がないトラックバック、トラックバック元の記事が削除されている場合、その他管理人が不適当と判断した場合などです。
また、トラックバックをいただいた場合でも、必ずしもこちらからコメントさせていただく、またはトラックバック返しをさせていただくとは限りませんので、こちらもご了承ください。

参考とさせていただいたサイト
 ココログ・ブログ虎の穴「トラックバック入門」
 トラックバック・ポリシーを作ろう。ルールやマナーに悩む人のための作成ガイド
 トラックバックは止められない。

(byぶらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

2005スバル大感謝祭!

スバル好きを『スバリスト』と呼びます。そしてそんな人たちが『聖地』と崇める群馬県太田市。ここは富士重工業(株)が本工場と矢島工場の二つを持つスバル発祥の地なのです。そして今日はその『工場祭』と言うイベントがあり、旦那様のおつき合いで行ってきました。

1002subaru 工場見学やビジターセンター見学と言ったPRやお笑いショー、吹奏楽部演奏、歌謡ショーなどなど、かなり盛りだくさんの内容でした。私は出店で「まずは粉ものよ。ソースたっぷり!」(山田風fromハチクロ)と行こうかと思いましたが、主役は旦那様だったので飲まず食わずで歩き回りました。空腹と暑さで死ぬかと思ったよ。(笑)
写真は『アイデアコンテスト』にエントリーしていたインプレッサ・ロボットです。我が家にも3体(も)ある『車が変形するロボットのおもちゃ』を実車でやったおバカさん・・・もとい強者です。子供にとっても人気がありました。いろんなアイデアの車がありましたが、中でもR1をカブリオレに改造していたのが気に入りました。商品化考えないかな~。

なんだか思いの外楽しかったです。古い車を見るのも、工場見学で車の組立ラインを見るのも結構よかった。あまり大きな声で言いたくないが(また行こうと誘われると大変)面白かったです。

うちのホームページで後日詳しいレポート書く予定です。興味のある方はそちらもご覧ください。多分、1週間くらいかかるかな。(^^;

(byふらっと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

白井ヴィンセント見参!

vincent TVKの人気番組『saku saku』の新管理人『白井ヴィンセント』。黒幕も時々忘れる「オランダとベルギーの国境あたり」から来たフワフワ系パペット。その初グッズが本日発売です。
思えばジゴちゃんからヴィンちゃんへの突然の交代劇やご意見番の訃報と、辛く悲しいことが続きました。もう『saku saku』を見ることは精神的に無理かもしれないとさえ思えました。ゴイゴイさん、大好きだったので。(ぐすん)
しかし『サクサカー』は不滅です。何度でも立ち直って番組を応援するんだ!と言うことで、買ってきました。ヴィンちゃんのキーホルダー、それも2個。なんで2個も必要なんだよーとブツブツ言って、隣のレジを見るとサラリーマンらしい男性が同じものを2個持って並んでました。だからなぜ2個?
いや、人気商品のようでヨカッタ、ヨカッタ。(^^;
さーてバックに付けて、これからお出かけはヴィンちゃんも一緒だーい。(笑)

p.s.本日の散財記。
shopping
HDD・DVDレコーダー:安かったので衝動買い。
フィギュア3種:運試しに購入。2勝1敗かな。
スバルてんとう虫チョロQ:欲しいんだね。
ロボットに変形するインプレッサ:呆れたよ。ノーマル、WRCarに続き埼玉県警だよ。同じもん3つ目だ。
Photoshop elements:XPマシン用
写真外でネクタイとか・・・しばらくお米にイモ混ぜて食べようかな。

(byふらっと)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »